株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

オーストラリアのモバイルデータ市場:急増するモバイルデータの管理・貨幣化

TOO MUCH OF A GOOD THING: MANAGING AND MONETISING AUSTRALIA'S MOBILE DATA EXPLOSION

発行 Telsyte 商品コード 117016
出版日 ページ情報 英文
納期: 即日から翌営業日
価格
こちらの商品の販売は終了いたしました。
Back to Top
オーストラリアのモバイルデータ市場:急増するモバイルデータの管理・貨幣化 TOO MUCH OF A GOOD THING: MANAGING AND MONETISING AUSTRALIA'S MOBILE DATA EXPLOSION
出版日: 2010年01月25日 ページ情報: 英文

当商品の販売は、2016年07月01日を持ちまして終了しました。

概要

当レポートでは、急増するオーストラリアのモバイルデータの状況について詳細に分析しており、モバイルデータ市場の現況、スマートフォンおよびモバイルブロードバンドユーザーの5ヶ年予測、モバイルデータユーザー数の急上昇、キャリアの運営・コスト・収益・採算性に関する分析、増加するモバイルデータ需要に対応する主要キャリアのポジションなどについて、概略下記の構成でお届けいたします。

第1章 エグゼクティブサマリー

第2章 イントロダクション

  • 調査手法
  • 定義

第3章 キャリアの新しい夜明け:モバイルデータのオーバーロード

  • モバイルブロードバンドおよび市場の恩...しかし
  • ネットワーク不振およびユーザーの悪い経験
  • キャリアの利益が圧縮され始める

第4章 モバイルデータコスト/収益の差が近づく

  • コスト管理戦略
    • バックホールのアップグレードおよびIP移行
    • インテリジェントネットワークの端と「フロントホール」トラフィック
    • データ圧縮と最適化
    • 4G/LTEの導入
  • 収益拡大戦略
    • モバイルQoS
    • 個別のSLAおよび積極的な顧客サービス
    • 「オープンガーデン」のコンテンツポータル、広告およびアップストリームの貨幣化
    • 補足的なオフロードサービスおよび屋内料金

第5章 調査・結論

第6章 関連調査

図表

目次

Abstract

Produced annually as part of Telsyte' s Technology Research Series, this study offers a detailed discussion on the Australian mobile data explosion situation by providing:

  • An analysis of the current situation supported by a five-year forecast of smartphone and mobile broadband users, plus the associated growth in mobile data bandwidth;
  • An examination on the impacts of the mobile data boom on users, carriers' operations, as well as carriers' costs, revenue and profitability; and how well Telstra, Optus and VHA are positioned in response to rising mobile data demands;
  • Practical cost-control and revenue-enhancing strategies that carriers can implement to not only mitigate but also benefit from those impacts, along with key consideration factors for those strategies;
  • A focused discussion on mobile QoS, a strategy expected to be widely trialled and implemented by Australian carriers in 2010, based on Telsyte' s recent primary research into the topic across eight international markets; and
  • Telsyte observations and conclusion.

Too Much of a Good Thing: Managing and Monetising Australia' s Mobile Data Explosion is a 23-page report includes 11 Figures and 1 Tables.

Table of Contents

  • 1. EXECUTIVE SUMMARY
  • 2. INTRODUCTION
    • 2.1. Methodology
    • 2.2. Definitions
  • 3. CARRIERS' NEW DAWN: MOBILE DATA OVERLOAD
    • 3.1. Mobile broadband an industry' s boon... but
    • 3.2. Networks struggling and users getting bad experience
    • 3.3. And carrier profits being squeezed
  • 4. CLOSING MOBILE DATA COST/REVENUE GAP
    • 4.1. Cost Management Strategies
      • 4.1.1. Backhaul upgrade and IP migration
      • 4.1.2. “Fronthauling” traffic with at-the-edge intelligent networks
      • 4.1.3. Data compression and optimisation
      • 4.1.4. Deploying 4G/LTE
    • 4.2. Revenue Enhancement Strategies
      • 4.2.1. Mobile QoS
      • 4.2.2. Individualised SLAs and proactive customer service
      • 4.2.3. “Open garden” content portals, advertising and upstream monetisation
      • 4.2.4. Complementary offloading services and indoor tariffs
  • 5. OBSERVATIONS AND CONCLUSION
  • 6. RELATED RESEARCH

Figures

  • Figure 1: Australian Smartphone and Mobile Broadband Users, 2009-2014
  • Figure 2: Australian Mobile Data Traffic Forecast, 2009-2014
  • Figure 3: Australian Consumer Mobile Content Market Forecast by Content Type, 2008-2012
  • Figure 4: Optus' HSDPA Weekly Download Data Volume, 2009
  • Figure 5: Most Important Factors in Mobile Broadband Provider Selection, 2009
  • Figure 6: Growing Mobile Data Cost/Revenue Gap, 2009-2014
  • Figure 7: Mobile Backhaul Migration to IP Infrastructure
  • Figure 8: Hybrid Mobile Network with Cell Site Aggregation
  • Figure 9: Hong Kong' s CSL TIERD Mobile QoS Pricing Plans
  • Figure 10: Use of Telecom Technologies in Australian Homes, 2009
  • Figure 11: Current and Intended Adoptions of Consumer Mobile Applications, 2009

Tables

  • Table 1: Mobile Data Traffic Consumption by Application and User Type, 2009
Back to Top