市場調査レポート

エネルギーハーベスティング(環境発電)技術の開発動向

Innovations in Energy Harvesting Technologies

発行 Technical Insights (Frost & Sullivan) 商品コード 56390
出版日 ページ情報 英文 67 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=102.06円で換算しております。
Back to Top
エネルギーハーベスティング(環境発電)技術の開発動向 Innovations in Energy Harvesting Technologies
出版日: 2013年12月27日 ページ情報: 英文 67 Pages
概要

エネルギーハーベスティングは、周囲エネルギーを取り込んで電気を発生させるという概念に基づいています。低出力装置(マイクロエレクトロニクス・デバイスなど)向けエネルギーハーベスティングは、様々な分野におけるバッテリー技術の課題を解決する可能性を秘めていることから、勢いよく成長しています。無線照明スイッチや無線センサーノード、インプラント装置、可変道路標識などの分野での活用に注目している様々な開発企業が、小規模のエネルギーハーベスティングに対して高い関心を寄せています。

当レポートでは、エネルギーハーベスティング(環境発電)に関する技術開発の最新動向や、特に各種分野における所要動力の効果的管理への対応の観点から考察し、その結果を概略下記の構成でお届けいたします。

エグゼクティブ・サマリー

技術概要

影響力の持続年数

市場の将来性

世界各地への市場展開状況

IP(知的所有権)活動:特許評価

資金調達

産業の広がり

メガトレンドへの影響

将来的な業界再編のポイント

イノベーション・エコシステムの規模

主な結論

Frost & Sullivanについて

このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細はお問い合わせください。

目次
Product Code: D51F-01-00-00-00

Nine Pronged Technology Evaluation --Energizing Microelectronic Devices with Ambient Energy

Energy harvesting technology is based on the concept of harnessing ambient energy to generate electric power. Harvesting energy for low-power devices is gaining momentum as it holds the potential to address challenges associated with battery technology for myriad applications. Harvesting energy on a small scale has been of immense interest for various developers focussing on applications, such as wireless light switches, wireless sensor nodes, implant devices, and variable traffic signs. The research service captures innovations in energy harvesting technologies that enable efficient management of power requirements for different applications.

Table of Contents

  • Executive Summary
  • Technology Overview
  • Year of Impact
  • Market Potential
  • Global Footprint
  • IP Activity-Patent Assessment
  • Funding
  • Breadth of Industries
  • Impact on Megatrend
  • Potential Points of Convergence
  • Size of the Innovation Ecosystem
  • Key Conclusions
  • The Frost & Sullivan Story
Back to Top