表紙:商業宇宙向け3Dプリンティング:民間宇宙産業におけるAMエコシステム
市場調査レポート
商品コード
1016538

商業宇宙向け3Dプリンティング:民間宇宙産業におけるAMエコシステム

3D Printing in Commercial Space: The AM Ecosystem in the Private Space Industry

出版日: | 発行: SmarTech Analysis | ページ情報: 英文 102 Pages | 納期: 即納可能 即納可能とは

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=114.86円
商業宇宙向け3Dプリンティング:民間宇宙産業におけるAMエコシステム
出版日: 2021年09月15日
発行: SmarTech Analysis
ページ情報: 英文 102 Pages
納期: 即納可能 即納可能とは
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

3Dプリンティングは、短期的には人工衛星、ロケット、宇宙船を、長期的には宇宙ステーションや地球外構造物を製造するようになると考えています。また、民間企業が開発している微小重力環境での3Dバイオプリンティングの取り組みにより、3Dプリンティングがオンデマンドでのスペア作成や宇宙医学のツールとしての役割を果たすことも想定しています。

従来の製造方法と比較した場合の積層造形の利点には、設計の柔軟性、リードタイムの短縮、重量と部品数の削減などが挙げられ、持続可能性を求める宇宙関連の新興企業や企業にとって理想的な選択肢となる見通しです。

当レポートは、商業宇宙向け3Dプリンティング市場について調査しており、人工衛星やロケット用の画期的な3Dプリント部品に焦点を当て、すでに宇宙を飛行した多くの積層造形部品や、急速に台頭する民間の宇宙産業分野で積層造形が市場を持つと思われる空間について考察しています。業界の情勢、3D印刷の新たなアプリケーション、技術、材料、市場の見通しなどの情報を提供しています。

目次

第1章 イントロダクションと調査手法

  • 当レポートの背景
  • 予測調査手法
  • 民間宇宙業界の情勢
  • 民間宇宙業界における添加剤製造

第2章 商業宇宙産業における3D印刷の新たなアプリケーション

  • 成熟した宇宙セグメント
  • 衛星産業における3D印刷
  • 打ち上げ車両製造における積層造形部品
  • 新興宇宙市場
  • 宇宙船部品の添加剤製造
  • 宇宙積層造形部品製造の予測
  • 市場の成長要因と抑制要因
  • 宇宙積層造形アプリケーションの形成に関する地理的考慮事項
  • Covid-19パンデミックの中で宇宙産業がどのように急増したか
  • 概要:宇宙産業への主な投資は?

第3章 宇宙産業アプリケーションのための添加剤製造

  • 地球の軌道およびそれ以降のコンポーネントの製造
  • 宇宙船部品製造のための積層造形プロセス
  • 10年間のハードウェア予測
  • 宇宙船部品製造用の積層造形材料
  • 10年間の材料予測
  • 宇宙産業の積層造形サービスビューロー
  • 積層造形サービスビューロー別宇宙部品製造の10年間の予測
  • 宇宙産業における添加剤製造企業
  • 将来の宇宙探査のための破壊的技術

第4章 プライベートスペースセクターにおける積層造形の未来

  • 新素材
  • 新規部品の設計と製造
  • 顧客のニーズに合わせた宇宙船
  • 宇宙技術開発のための積層造形
  • 将来の宇宙探査のための破壊的技術

SmarTech分析について

アナリストについて

当レポートで使用されている略語

目次
Product Code: SMP-AM-ECOSPACE-0621

Four years after SmarTech released the first-ever additive manufacturing for space industry forecast report, a new market research analysis offers insights into the private space activity where the 3D printing industry is thriving. Focused on today's groundbreaking 3D printed components for satellites and launch vehicles, the study reflects on the many additively manufactured parts that have already flown in space and where additive manufacturing appears to have a market in the rapidly emerging private segment of the space industry. We believe the private segment of the space industry is big enough and distinct enough to warrant its own report.

As this new environment emerges, we anticipate that 3D printing will build satellites, rockets, and space vehicles in the short term, and space stations, and off-Earth structures in the long run. In addition, we envision that 3D printing will find roles in creating spares on demand and even as a tool in space medicine thanks to 3D bioprinting initiatives being developed for microgravity by private companies. The advantages of AM over traditional manufacturing methods make the technology an ideal choice for space startups and corporations that want design flexibility, shorter lead times, weight and part count reduction, and sustainability.

Table of Contents

Chapter One: Introduction and Methodology

  • 1.1. Background to this Report
  • 1.2. Forecasting Methodology
  • 1.3. The Private Space Industry Landscape
  • 1.4. Additive Manufacturing in the Private Space Industry

Chapter Two: Emerging Applications for 3D Printing in the Commercial Space Industry

  • 2.1. Mature Space Segments
  • 2.2. 3D Printing in the Satellite Industry
  • 2.3. AM Parts in Launch Vehicle Manufacturing
  • 2.4. Emerging Space Markets
  • 2.5. Additive Manufacturing for Spacecraft Parts
  • 2.6. Forecast for Space AM Parts Manufacturing
  • 2.7. Market Drivers and Limiting Factors
  • 2.8. Geographic Considerations Shaping Space AM Applications
  • 2.9. How the Space Industry Surged Amid the Covid-19 Pandemic
  • 2.9. Outline: Major Investments in the Space Industry?

Chapter Three: Additive Manufacturing for Space Industry Applications

  • 3.1. Manufacturing Components for Earth's Orbit and Beyond
  • 3.2. AM Processes for Spacecraft Parts Manufacturing
  • 3.3. Ten-Year Hardware Forecast
  • 3.4. AM Materials for Spacecraft Parts Manufacturing
  • 3.5. Ten-year Materials Forecast
  • 3.6. AM Service Bureaus in the Space Industry
  • 3.7. Ten-year Forecast for Space Part Manufacture by AM Service Bureaus
  • 3.8. Additive Manufacturing Players in the Space Industry
  • 3.9. Disrupting Technologies for Future Space Exploration

Chapter Four: The Future of AM in the Private Space Sector

  • 4.1. New materials
  • 4.2. Design and manufacture of novel parts
  • 4.3. Spacecraft tailored to customer's needs
  • 4.4. AM for Space Technology Developments
  • 4.5. Disrupting Technologies for Future Space Exploration

About SmarTech Analysis

About the Analyst

Acronyms and Abbreviations Used In this Report