表紙
市場調査レポート

世界のリチウム産業

Lithium: Global Industry, Markets and Outlook to 2025 - 13th Edition

発行 Roskill Information Services 商品コード 79366
出版日 ページ情報 英文 386 Pages, 11 Chapters, 197 Tables, 108 Figures
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=102.18円で換算しております。
Back to Top
世界のリチウム産業 Lithium: Global Industry, Markets and Outlook to 2025 - 13th Edition
出版日: 2016年05月03日 ページ情報: 英文 386 Pages, 11 Chapters, 197 Tables, 108 Figures
概要

世界的な経済の低迷、欧州の公的債務危機および2008年以降の中国における国内生産量の減少にも関わらず、リチウムの消費量は依然として強い成長パターンが続いています。リチウム消費量は既に2008年のレベルを超過し、2012年には15万トンLCE(炭酸リチウム換算)を上回ると予測されています。需要は予測期間(〜2017年)を通して年率約8%で成長する見込みです。

当レポートでは、リチウムの産出量および埋蔵量など基本データに加え、リチウム生産の状況、貿易概要、用途別消費量、消費量予測、価格予測などを詳細に調査分析し、概略下記の構成でお届けいたします。

第1章 サマリー

第2章 リチウムの鉱物学・産出量・埋蔵量

  • 産出量
  • 埋蔵量

第3章 採掘・加工コスト

  • リチウム塩水の抽出・加工
  • リチウム鉱石の採掘・加工
  • リチウム鉱物濃縮物からリチウム化合物への加工
  • リチウムベアリングクレイからリチウム化合物への加工
  • リチウム化合物および化学品
  • 生産コスト

第4章 リチウムの生産量

  • リチウム生産:資源別
  • リチウム生産能力の展望
  • リチウム生産量予測

第5章 リチウム生産諸国のレビュー

  • アフガニスタン
  • アルゼンチン
  • オーストラリア
  • オーストリア
  • ベルギー
  • ボリビア
  • ブラジル
  • カナダ
  • チリ
  • 中国
  • チェコ共和国
  • コンゴ民主共和国(DRC)
  • フィンランド
  • フランス
  • ドイツ
  • ギリシャ
  • インド
  • アイルランド
  • イスラエル
  • 日本
  • カザフスタン
  • マリ
  • メキシコ
  • モンゴル
  • モザンビーク
  • ナミビア
  • オランダ
  • ポルトガル
  • ロシア
  • 南アフリカ
  • 韓国
  • スペイン
  • 台湾
  • タジキスタン
  • トルコ
  • 英国
  • ウクライナ
  • 米国
  • ウズベキスタン
  • ジンバブエ

第6章 リチウムの国際貿易

  • 炭酸リチウム
  • 水酸化リチウム・酸化リチウム
  • 塩化リチウム
  • 鉱物濃縮物
  • リチウム塩水

第7章 リチウムの消費量

  • エンドユーズ別
  • 国/地域別
  • 製品別
  • 消費量の展望:エンドユーズ別
  • 消費量の展望:製品別

第8章 充電池におけるリチウムの使用

  • 充電池の種類
  • 充電池の生産
  • リチウム充電池材料の生産
  • リチウム充電池の消費量
  • NiMH ・ NiCd 電池の消費量
  • 充電池におけるリチウムの消費量
  • 充電池需要の展望
  • 充電池におけるリチウム消費量の展望

第9章 セラミックスにおけるリチウムの使用

  • セラミックスにおけるリチウムの使用
  • セラミックスの生産量と消費量
  • グレーズ・エナメルの生産量と消費量
  • セラミックス生産量・消費量の展望
  • セラミックスにおけるリチウムの消費量

第10章 ガラスセラミックスにおけるリチウムの使用

  • ガラスセラミックスにおけるリチウムの使用
  • ガラスセラミックスの生産量と消費量
  • ガラスセラミックスにおけるリチウムの消費量

第11章 潤滑油におけるリチウムの使用

  • 潤滑油の種類
  • 潤滑油の生産量
  • リチウム潤滑油の消費量
  • 潤滑油におけるリチウムの消費量

第12章 ガラスにおけるリチウムの使用

  • ガラスにおけるリチウムの使用
  • ガラスの生産量と消費量
  • ガラスにおけるリチウムの消費量

第13章 粉末冶金におけるリチウムの使用

  • 連続鋳造法
  • 従来型の鋳造法
  • 粉末冶金におけるリチウム需要の展望

第14章 樹脂におけるリチウムの使用

  • 樹脂の種類
  • 樹脂の生産量
  • 樹脂の消費量
  • 樹脂におけるリチウムの消費量

第15章 空気処理におけるリチウムの使用

  • 吸収式冷凍機
  • 除湿
  • 空気浄化
  • 空気処理におけるリチウム需要の展望

第16章 一次電池におけるリチウムの使用

  • 一次電池の種類
  • リチウム一次電池の生産量
  • 一次電池の貿易
  • リチウム一次電池材料の生産量
  • リチウム一次電池材料の消費量
  • 一次電池におけるリチウムの消費量

第17章 アルミニウム製錬におけるリチウムの使用

  • アルミニウム製錬のプロセス
  • アルミニウム製錬におけるリチウムの消費者
  • アルミニウム製錬におけるリチウムの消費量

第18章 リチウムの小規模エンドユーザー

  • 衛生
  • 有機合成
  • 建設
  • アルキド樹脂
  • 合金
  • エレクトロニクス
  • 分析用試薬
  • 色素
  • 冶金
  • 写真産業
  • 溶接用フラックス
  • エレクトロクロミックガラス
  • 医薬品
  • 特殊リチウム無機物

第19章 リチウムの価格

  • 工業用グレードのリチウム鉱物価格
  • 化学用グレードのリチウム鉱物価格
  • 工業用グレードの炭酸リチウム価格
  • 電池用グレードの炭酸リチウム価格
  • 工業用グレードの水酸化リチウム価格
  • 電池用グレードの水酸化リチウム価格
  • 塩化リチウム価格
  • リチウム金属価格
  • リチウム価格の展望?

図表リスト

このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細はお問い合わせください。

目次
Product Code: ISBN: 978 1 910922 11 8

Now updated and released every 12 months, Roskill's "Lithium: Global Industry Markets and Outlook" report brings you the very latest data and analysis in this commodity critical to energy storage.

Subscribe now and receive:

  • Electronic copy of the report for up to five users
  • Regular quarterly updates
  • Access to the Roskill specialist for key market queries
  • Forecasts over the next ten years
  • Hard copy of the report on request

Within the rechargeable battery sector, smartphone and tablet sales, together with increased momentum in electric vehicle output, have boosted lithium demand by 18%py since 2010 and batteries now account for 37% of total lithium consumption. Other markets for lithium, which are largely tied to construction and manufacturing output, have witnessed slower growth, as the global economy has stuttered after an initial China-fuelled post-downturn rebound.

The five largest lithium suppliers - SQM, Albemarle, FMC, Tianqi and Ganfeng - control two-thirds of refined output in volume terms and over 80% in value. Despite a surge in exploration and development in the early 2010s, the successful entry of new supply sources has been limited by technical and financial headwinds. Market requirements have instead been met largely by expanded high-cost Chinese production based on imported raw materials largely from Talison in Australia. Consolidation in asset ownership has handed more power to the major producers, which together with a growing imbalance in supply/demand has seen prices rise by more than 30% since 2010.

Technological and manufacturing advances in electric vehicle and battery production have cumulated in the 2016/17 launch of models by Tesla and GM with extended ranges at lower cost. Assisted by fiscal policy and incentives aimed at reducing CO2 and particulate emissions, the inflection point for an up-shift in electric vehicle sales has moved closer to reality. Meanwhile, growth in renewable energy generation and its intermittent output has put greater attention on balancing electricity supply through energy storage systems. The impact on lithium demand from these two evolving markets could be significant and has reignited interest in the development of additional supply sources, albeit that the same constraints prevail.

Subscribe now and receive:

  • Electronic copy of the report for up to five users
  • Regular quarterly updates
  • Access to the Roskill specialist for key market queries
  • Forecasts over the next ten years
  • Hard copy of the report on request

Within the rechargeable battery sector, smartphone and tablet sales, together with increased momentum in electric vehicle output, have boosted lithium demand by 18%py since 2010 and batteries now account for 37% of total lithium consumption. Other markets for lithium, which are largely tied to construction and manufacturing output, have witnessed slower growth, as the global economy has stuttered after an initial China-fuelled post-downturn rebound.

The five largest lithium suppliers - SQM, Albemarle, FMC, Tianqi and Ganfeng - control two-thirds of refined output in volume terms and over 80% in value. Despite a surge in exploration and development in the early 2010s, the successful entry of new supply sources has been limited by technical and financial headwinds. Market requirements have instead been met largely by expanded high-cost Chinese production based on imported raw materials largely from Talison in Australia. Consolidation in asset ownership has handed more power to the major producers, which together with a growing imbalance in supply/demand has seen prices rise by more than 30% since 2010.

Technological and manufacturing advances in electric vehicle and battery production have cumulated in the 2016/17 launch of models by Tesla and GM with extended ranges at lower cost. Assisted by fiscal policy and incentives aimed at reducing CO2 and particulate emissions, the inflection point for an up-shift in electric vehicle sales has moved closer to reality. Meanwhile, growth in renewable energy generation and its intermittent output has put greater attention on balancing electricity supply through energy storage systems. The impact on lithium demand from these two evolving markets could be significant and has reignited interest in the development of additional supply sources, albeit that the same constraints prevail.

Table of Contents

  • 1. Summary
  • 2. History, properties, geology and reserves
  • 3. Extraction, processing and costs
  • 4. Capacity and output
  • 5. Country profiles
  • 6. International trade
  • 7. Consumption and uses
  • 8. Supply/demand balance
  • 9. Prices
  • 10. Appendix. Notes on major producers and projects
Back to Top