株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
表紙
市場調査レポート

コバルト:市場展望

Cobalt: Global Industry, Markets & Outlook - 13th Edition

発行 Roskill Information Services 商品コード 48871
出版日 ページ情報 英文 336 Pages, 7 Chapters, 241 Tables, 37 Figures
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1GBP=155.89円で換算しております。
Back to Top
コバルト:市場展望 Cobalt: Global Industry, Markets & Outlook - 13th Edition
出版日: 2017年05月17日 ページ情報: 英文 336 Pages, 7 Chapters, 241 Tables, 37 Figures
概要

コバルトは、中央アフリカの産銅地帯を主要供給源とし、殆どが銅/コバルト硫化鉱床の銅あるいはニッケルの副産物として採掘されています。中でも、コンゴ共和国が世界最大の産出量を誇り、2015年は世界の供給量のおよそ60%を占めました。キューバやロシアおよびオーストラリアにおけるニッケルの採掘操業もまた重要な供給源となっています。精製コバルトの生産量は2015年に、最大で98kt近くまで達しました。その3分の2近くからコバルトの化学品が生産されました。コバルト金属需要の見通しは明るく、精製コバルトは殆どがニッケル合金や工具材料、磁石などに使われています。航空宇宙および工業生産部門からの強い需要によって、2026年までのコバルト金属の需要が安定したものになると期待されています。

当レポートでは、コバルトの産状、埋蔵量、世界分布などの分析に加え、国・企業別の生産量・消費量、エンドユーズ別製造・消費動向、輸出入動向、価格動向などについてまとめ、その結果をお届けいたします。

第1章 エグゼクティブサマリー

第2章 イントロダクション、埋蔵量・産出

第3章 コバルトの採掘・加工・コスト

第4章 世界のコバルト生産量

第5章 コバルト生産:国別

第6章 コバルトの国際貿易

第7章 世界のコバルト消費

第8章 コバルトの最終用途

第9章 コバルト価格

第10章 コバルトの展望

第11章 企業プロファイル

このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細はお問い合わせください。

目次
Product Code: ISBN: 978 1 910922 26 2

12 month subscription includes:

  • Analysis report with forecast to 2026
  • Hard copy and electronic PDF of the report for up to five users
  • Quarterly updates of the main drivers of the cobalt market
  • Access to the analysts for discussion around report content

Cobalt is mostly mined as a by-product of copper or nickel with the copper-cobalt sulphide deposits of the Central African Copper belt being the principal source. The DRC dominates global mine production and accounted for roughly 60% of global supply in 2015. Nickel operations in Cuba, Russia and Australia are also important sources. Refined cobalt production reached a peak of nearly 98kt in 2015, with production of cobalt chemicals representing nearly two-thirds of that total.

Cobalt chemicals are consumed in catalysts, pigments and decolourisers, and soaps and dryers, but rechargeable batteries are by far the largest market. With battery requirements shifting towards electric vehicles and energy storage systems, Roskill expects the share of high-cobalt containing cathode technologies to decrease in favour of nickel-rich and iron phosphate cathodes. This changing picture still leads to a positive outlook for cobalt demand, as cobalt is used as an additive.

The outlook is also positive for cobalt metal demand. Refined cobalt metal is mostly consumed in nickel alloys, tool materials and magnets. Strong demand from the aerospace and industrial manufacturing sectors in particular is expected to translate into steady growth in demand for cobalt metal over the period to 2026.

Table of Contents

  • 1. Executive summary
  • 2. Introduction, reserves, occurrence
  • 3. Mining, processing & costs
  • 4. Overview of world production
  • 5. Production by country
  • 6. International trade
  • 7. Overview of world consumption
  • 8. End-uses for cobalt
  • 9. Cobalt prices
  • 10. Outlook for cobalt
  • 11. Company profiles
Back to Top