表紙
市場調査レポート

スズ市場の展望 2024年:第9版 2015年

Tin: Market Outlook to 2024, 9th Edition, 2015

発行 Roskill Information Services 商品コード 341858
出版日 ページ情報 英文 312 Pages, 112 Tables and 115 Figures
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=101.50円で換算しております。
Back to Top
スズ市場の展望 2024年:第9版 2015年 Tin: Market Outlook to 2024, 9th Edition, 2015
出版日: 2015年02月28日 ページ情報: 英文 312 Pages, 112 Tables and 115 Figures
概要

スズ消費量は予測期間を通して成長が予測されており、新興市場の成長によって予測期間前半の年率1.7%から、後半には年率2.4%程度へと拡大が見込まれています。

当レポートでは、世界のスズ市場について調査し、地域・国別による生産・消費動向、国際貿易・価格動向、市場展望、および主要企業のプロファイルなどをまとめています。

イントロダクション

  • エグゼクティブサマリー
  • マクロ経済、人口統計および消費者動向

スズの消費

  • スズ消費の実績:国、地域およびアプリケーション別
  • 利用度の実績:国・地域別
  • 第一用途の分析:はんだ、ブリキ、化学品
  • 第一用途の分析:その他の合金、フロートガラス、純スズ
  • 中国における需要動向の詳細:エンドユーズ別

スズの生産

  • 採掘・精製スズの生産実績:国・地域別
  • 2次スズの生産実績
  • 中国、インドネシア、タイ、マレーシア、ペルー、ボリビア、ブラジルの産業分析
  • 過去、現在、および将来のその他の生産者に関する産業分析
  • スズの採鉱、加工および精製に用いられる生産技術
  • 主要生産諸国におけるオペレーションマップ

貿易・価格

  • スズ鉱石・濃縮物および未加工スズの貿易
  • スズ製品、廃棄物およびスクラップの貿易
  • スズ価格・LMEの実績概要、国および生産者/消費者のストック
  • アドバンスト分析:季節性、技術分析、価格の相関関係

企業・オペレーションのプロファイル

  • 生産業者トップ10のプロファイル
  • その他の進行中のスズオペレーションのプロファイル
  • 実現可能性検討中、資金調達および建設段階にあるプロジェクトのプロファイル
  • スコーピングおよび鉱物発見段階にあるプロジェクトのプロファイル

市場展望

  • スズ消費の予測:国・地域・アプリケーション別
  • 新規供給、既存および2次生産を含めたスズ生産の予測
  • 米ドルベースの名目・実質価格の予測
  • ユーロ、米ドル、オーストラリアドル、カナダドル、英国ポンド、日本円、人民元、ロシアルーブル、ブラジルレアルベースの価格予測
  • スズ利用度の予測:国・地域別
  • スズ価格の確率的展望

付録

目次
Product Code: ISBN 978 0 86214 613 9

The tin market has been in a deficit for six out of the last ten years, with gaps between production and consumption generally having been limited to around 4% of the total market. Following a slump in demand resulting from the financial crisis in 2009, the strong recovery in 2010 and 2011 pushed the market back into deficit, with the pattern being repeated over 2012 and 2013.

In 2014, despite an anticipated deficit owing to limited new supplies and a reduction in secondary supply, Roskill estimates that the market for tin was, in fact, in surplus - with the expected gap filled by new supplies from Myanmar. Increased production of refined tin in China has largely been fulfilled by increased imports of concentrates, as domestic mine production and secondary recoveries have remained largely stable.

Tin consumption is expected to grow steadily over the outlook period, increasing from 1.7%py in the near term to as much as 2.4%py in later years owing to growth in emerging markets. Roskill sees limited new supply coming on-stream in 2015 and 2016, but expects only a small deficit to emerge in these years, with slightly stronger upside potential for prices over the longer term to 2024.

Table of Contents

  • 1. Executive summary
  • 2. Macro, demographics and mega-trends
  • 3. Consumption of tin by region
  • 4. Consumption of tin by end-use
  • 5. Outlook for end use industries
  • 6. Outlook for tin consumption
  • 7. Properties, occurrence and resources of tin
  • 8. Mining and processing of tin
  • 9. Conflict-free smelter program (CFSP)
  • 10. World production of tin
  • 11. Production of tin and tin products by country
  • 12. Trade in tin
  • 13. Outlook for tin supply
  • 14. Supply/demand outlook
  • 15. Prices of tin
  • 16. Company profiles (projects and operations)
Back to Top