株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
表紙
市場調査レポート

世界のチタン金属市場:市場予測

Titanium Metal: Market Outlook to 2018, 6th Edition 2013

発行 Roskill Information Services 商品コード 135060
出版日 ページ情報 英文 356 Pages, 142 Tables and 91 Figures
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1GBP=148.37円で換算しております。
Back to Top
世界のチタン金属市場:市場予測 Titanium Metal: Market Outlook to 2018, 6th Edition 2013
出版日: 2013年08月02日 ページ情報: 英文 356 Pages, 142 Tables and 91 Figures
概要

当レポートでは、世界のチタン金属市場の現状と見通しについて調査分析し、チタン市場の背景、各種チタン製品の製造・加工・輸出入・需要・供給・消費動向、アプリケーション別のチタン金属需要見通しなどをまとめ、概略下記の構成でお届けいたします。

第1章 サマリー

第2章 チタンの歴史・産出・資源

  • 金属チタンの発見の歴史
  • 金属チタンの特徴
  • チタンの鉱物学・産出
  • 産出

第3章 チタン金属の採鉱・加工・精製

  • 採鉱・濃縮
  • チタン鉄鉱(イルメナイト)からチタン金属へのアップグレード・金属原料
  • 天然ルチル
  • ルチル・チタンスラグからチタン金属への加工
  • スポンジチタンの加工
  • チタンミル製品の生産・鍛造
  • チタン粉末冶金
  • チタン合金の生産
  • チタンスクラップの生成
  • チタン金属生産コスト

第4章 世界のチタン鉱物・金属の供給

  • チタン鉱物の供給
  • スポンジチタンの供給
  • チタンスクラップの供給
  • チタン溶融製品の供給
  • チタンミル製品の供給
  • チタン粉末の供給
  • チタン合金の供給

第5章 チタン製品の将来の供給

  • スポンジチタンの将来の供給と予測
  • チタンスクラップの将来の供給
  • チタン溶融・ミル製品の将来の供給

第6章 チタンの製造と利用:国別

  • アルメニア
  • オーストラリア
  • オーストリア
  • ベルギー
  • ブラジル
  • カナダ
  • 中国
  • チェコ共和国
  • フィンランド
  • フランス
  • ドイツ
  • インド
  • イタリア
  • 日本
  • カザフスタン
  • ケニア
  • 韓国
  • オランダ
  • ノルウェー
  • ロシア
  • 南アフリカ
  • スペイン
  • スウェーデン
  • 台湾
  • ウクライナ
  • 英国
  • 米国

第7章 チタン金属の消費

  • チタンミル製品の消費

第8章 チタン金属の形状とファブリケーション

  • 工業用純チタン
  • チタン合金
  • チタン金属・合金製品のファブリケーション

第9章 チタン金属の利用

  • 航空宇宙におけるチタン金属の利用
  • 産業アプリケーションにおけるチタン金属の利用
  • 非航空宇宙軍事アプリケーションにおけるチタン金属の利用
  • 消費者アプリケーションにおけるチタン金属の利用
  • 医療におけるにおけるチタン金属の利用
  • ハイテクノロジーアプリケーションにおけるチタン金属の利用
  • チタンベースの合金・化合物のその他のエンドユーザー
  • スチール・超合金におけるチタン需要の展望

第10章 チタン金属需要の見通し:アプリケーション別

  • 航空宇宙におけるチタン需要の見通し
  • 産業アプリケーションにおけるチタン需要の見通し
  • 消費者・その他のアプリケーションにおけるチタン需要の見通し
  • スチール・超合金におけるチタン需要の見通し

第11章 チタン金属の国際貿易データ分析

  • 未加工チタンの貿易
  • チタンミル製品・品目の貿易
  • チタン廃棄物・スクラップの貿易
  • チタン合金の貿易

第12章 チタン価格・供給・需要のバランス

  • スポンジチタン価格
  • チタンスクラップ価格
  • チタン溶融・ミル製品価格
  • チタン合金価格
  • チタン価格の見通し
  • スポンジチタンの需給予測

図表リスト

このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細はお問い合わせください。

目次
Product Code: ISBN 978 0 86214 595 8

With the new generation of large passenger aircraft, the A380 and A350 from Airbus and the B787 from Boeing, using greater volumes of carbon fibre reinforced polymers (CFRP), which are compatible with titanium but not with aluminium, titanium's position as a key material in the aerospace industry is assured and growing. The use of CFRP is strongly favoured by airline companies as it does not exhibit fatigue and requires far less costly downtime and maintenance.

In 2010 and 2011, the delayed building programmes for the A380 and B787 aircraft, as well as that for the new A350, picked up momentum and demand for aerospace grade titanium rose sharply. At the same time, strong growth in demand for industrial grade material, mainly in China, resumed. This resulted in the global market for titanium metal expanding by some 60% over the 2009 level. In 2012, the size of the market is thought to have levelled out but modest growth is being forecast for 2013.

After falling to 123.5kt in 2009, global supply of titanium sponge rose by an average of 26.5%py from 2010 to 2012 reaching 241kt; an estimated 20kt surplus to demand. Output is expected to fall to about 230kt in 2013 because of growing inventories and slowing demand growth. World titanium sponge production capacity of 330ktpy is well in excess of both demand and output. Most of this surplus is in China and is for industrial grade material, although capacity for aerospace grade sponge, mainly in Japan, Russia, the USA and Kazakhstan, is more than adequate to meet demand.

If you're involved with titanium metal in any way, it will help you make the right decisions.

  • What are the chances of much less expensive titanium becoming available - if only for industrial users?
  • In the event of significantly greater demand for titanium would producers be able to meet that demand?
  • What is the likelihood of further price volatility?
  • What is the outlook for titanium demand and where are the likely growth areas?
  • Which are the main suppliers of titanium sponge in china?

Table of Contents

  • 1. Summary
  • 2. History, occurrence, and resources of titanium
  • 3. Mining, processing and refining of titanium metal
  • 4. World supply of titanium minerals and metal
  • 5. Future supply of titanium products
  • 6. Notes on the production and use of titanium metal by country
  • 7. Consumption of titanium metal
  • 8. Forms and fabrication of titanium metal
  • 9. Uses of titanium metal
  • 10. Outlook for titanium metal demand by application to 2018
  • 11. Analysis of international trade data for titanium metal
  • 12. Titanium prices, and supply and demand
Back to Top