市場調査レポート

日本B2Cウェアラブルコンピュータの進化方向性と戦略課題 〜革新UI とエコシステムが鍵〜

Japan B2C Wearable Computer Market

発行 ROA Holdings 商品コード 274744
出版日 ページ情報 和文 58 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
<PDF版の印刷>
PDF版の印刷およびテキストのコピーはできない設定となっています。
Excelデータの場合は印刷は可能ですが、データ加工ができない設定となっています。
<PDFレポートの閲覧人数と価格>
1. 表示価格は1ユーザー向けとなります。
2. 同一会社内で2〜5ユーザーまでは表示価格の2倍。
3. 同一会社内で6ユーザー以上は表示価格の3倍。
印刷版の場合は上記ライセンスは当てはまりません。
Back to Top
日本B2Cウェアラブルコンピュータの進化方向性と戦略課題 〜革新UI とエコシステムが鍵〜 Japan B2C Wearable Computer Market
出版日: 2013年06月28日 ページ情報: 和文 58 Pages
概要

米グーグルのGoogle Glassが話題を集める昨今、ウェアラブルコンピュータ分野が大きな注目を集めています。世界市場では今後のウェアラブル機器市場が大きく成長すると予想されており、日本のB2C市場においてもその可能性が指摘されています。

当レポートは、特に世界と日本のプレイヤーの状況を踏まえつつ、ウェアラブルコンピュータの定義やその意味するところ、最近の技術トレンドやデザイン方向性などに焦点を定めて解説し、今後数年間のトレンドやロードマップを導き出しながら、日本の市場規模を予測することを目的に執筆されたもので、概略以下の構成でお届けします。

エグゼクティブサマリー

第1章 ウェアラブルコンピュータ概要

  • ウェアラブルコンピュータの定義
  • ウェアラブルであるための意味
  • ウェアラブルコンピュータ利用分野

第2章 デバイス分析

  • デバイスカテゴリー
  • ハードウエア
  • ソフトウエア
  • エコシステム

第3章 ビジネスモデル分析

  • バリューチェーン
  • 収益モデル考察
  • ロードマップ

第4章 プレイヤー分析

  • 海外主要プレイヤー
    • グーグル
    • アップル
    • マイクロソフト
    • サムスン
    • ナイキ(Nike)
    • オークリー(Oakley)
  • 日本主要プレイヤー
    • テレパシー
    • ニューロウエア
    • オリンパス
    • ブラザー工業(B2B)
    • セイコーエプソン

第5章 市場成長性

第6章 インプリケーション

Back to Top