株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

スマートフォンのトラフィック対策における展望と課題

Measures to Smartphone Traffic: Outlook and Challenges

発行 ROA Holdings 商品コード 234172
出版日 ページ情報 和文 56 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
<PDF版の印刷>
PDF版の印刷およびテキストのコピーはできない設定となっています。
Excelデータの場合は印刷は可能ですが、データ加工ができない設定となっています。
<PDFレポートの閲覧人数と価格>
1. 表示価格は1ユーザー向けとなります。
2. 同一会社内で2〜5ユーザーまでは表示価格の2倍。
3. 同一会社内で6ユーザー以上は表示価格の3倍。
印刷版の場合は上記ライセンスは当てはまりません。
Back to Top
スマートフォンのトラフィック対策における展望と課題 Measures to Smartphone Traffic: Outlook and Challenges
出版日: 2012年03月15日 ページ情報: 和文 56 Pages
概要

2011年後半から2012年にかけて、モバイルキャリアのネットワークが複数の通信障害を引き起こしました。携帯普及率が100%を超えた日本において、モバイルネットワークはライフラインとして必要不可欠な重要インフラになっており、通信障害はまさに一般ユーザーの生活に深刻な影響を与えた事件だったと言えます。

当レポートでは、単にスマートフォン急増による通信障害やその周辺の課題に焦点を定めた内容ではなく、今後のトラフィック対策としてキャリアや関連プレイヤーが推進していくべき具体的な施策やヒントに焦点を絞り提示すると共に、その市場規模を現時点での推測をベースに算出しており、概略以下の構成でお届けします。

エグゼクティブサマリー

第1章 トラフィック対策の概要

  • スマートフォンによるトラフィック問題提起
  • トラフィック対策の定義
    • キャリア対処
    • ユーザートラフィックコントロール

第2章 事業分析

  • バリューチェーン

第3章 ロードマップ分析

第4章 各社の取り組み

  • 移動体通信事業者
    • NTTドコモ
    • KDDI
    • ソフトバンクモバイル
  • ネットワーク機器ベンダー
    • NEC
  • 新規通信参入事業者
    • セブン&アイ・ホールディングス
    • アサヒビール
    • イオン
    • MVNO

第5章 市場成長性

第6章 インプリケーション

  • 通信キャリア
  • デバイスベンダー
  • ネットワーク機器ベンダー/エンジニアリング

図目次

  • Global Mobile Data Traffic(2011〜2016年)
  • 増加し続ける日本のモバイルトラフィック量
  • 急増する日本スマートフォン市場(2011年〜2012年)
  • トラフィック対策分類
  • 新技術の基地局のイメージ
  • ユーザー視点のオフロード戦略
  • High Capacity RNC
  • 韓国SKテレコムのHeterogeneous Network
  • 韓国KTのLTE超過データプラン(オプション)
  • トラフィック関連事業のバリューチェーン
  • トラフィック対策ロードマップ
  • NTTドコモのパケット交換機処理能力総点検
  • au Wi-Fi SPOTによるオフロード利用
  • ソフトバンクモバイル基地局設置推移(2010年3月〜2011年9月)
  • セブン&アイとNTT東日本の買い物支援サービス
  • ヨドバシSIMの月額料金
  • 日本トラフィック対策市場規模予測(2012〜2016年)

表目次

  • 主要キャリアの最近の通信障害
  • オフロード先の各種3.9Gサービス
  • 日本におけるWi-Fiサービスのアクセスポイント数(2012年1月現在)
  • 日本国内主要キャリアの速度制限
  • AT&T データプラン
  • トラフィック対策におけるユーザー依存度
Back to Top