市場調査レポート

B2C向けモバイルM2Mの展望と課題 〜センサーネットワーキングが成長ドライバに〜

B2C Mobile M2M Market Outlook and Challenges

発行 ROA Holdings 商品コード 128332
出版日 ページ情報 和文 64 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
こちらの商品の販売は終了いたしました。
Back to Top
B2C向けモバイルM2Mの展望と課題 〜センサーネットワーキングが成長ドライバに〜 B2C Mobile M2M Market Outlook and Challenges
出版日: 2010年08月25日 ページ情報: 和文 64 Pages

当商品の販売は、2016年07月01日を持ちまして終了しました。

概要

今、ネットブック市場に一服感が出てきている一方で、キャリアが狙う次期市場がB2C向けのモバイル通信モジュール分野ではないでしょうか。少なくともB2B市場において各社はしのぎを削り、専門分野への普及に躍起になっており、かつての有線M2M市場の無線化に向けた積極的な取り組みは奏功してきたと言えます。

当レポートでは、無線通信モジュールを使ったビジネスモデルのB2C市場への可能性について分析を行っています。また、通信モジュールベース分野のうち、特にB2C市場で成功するビジネスモデル分析のために、日本国内の多くのビジネスモデル事例をバリューチェーン別に分類すると共に、日本国内モバイルM2M市場規模についても予測を行っており、概略以下の構成でお届けします。

エグゼクティブサマリー

第1章 モバイルM2M概要

  • モバイルM2Mの定義
  • B2Bから(B2)B2Cへ
    • B2B市場の既存モバイルM2Mモデル
    • モバイルM2M分野のB2B市場事例
    • (B2)B2Cの可能性
  • センサーネットワーキング

第2章 バリューチェーン分析

  • バリューチェーン分類
  • キャリア主導・協業型
  • モジュール主導型
  • カスタマイズ型

第3章 B2C市場におけるM2M事業エコシステム分析

第4章 事業モデル分析

  • キャリア主導・協業型
    • NTTドコモ
    • KDDI
    • オムロン
    • 東海電子
    • ドーコン
  • モジュール主導型
    • ソフトバンクモバイル
    • NECマグナスコミュニケーションズ
  • カスタマイズ主導型
    • ホンダ
    • 京王
    • テムザック

第5章 市場成長性予測

第6章 インプリケーション

  • キャリア
  • メーカー
  • モジュールメーカー
  • コンテンツ/サービスプロバイダ

図目次

  • M2Mの概念及び定義
  • M2M有力市場分野
  • 本レポートのM2M範囲
  • 現在のモバイルM2Mを取り巻く市場構造
  • DoCoリモ・ネットV2 - 自販機制御のケース
  • 見える化ソリューション「e-Watching」
  • auネットワークを使ったSiLEDシステム
  • M2M導入役割の変遷
  • センサーネットワーク概念図
  • モバイルM2Mバリューチェーン
  • M2Mキャリア主導型ビジネスモデル
  • M2Mモジュール主導型ビジネスモデル
  • M2Mカスタマイズ主導型ビジネスモデル
  • モバイルM2M市場の競争優位項目
  • キャリアによるB2C市場向けM2Mエコシステム構築要素
  • NTTドコモの基本戦略
  • ドコモ・プロスパート・プログラム
  • プロスパート・プログラム詳細
  • NTTドコモの環境センサーネットワークシステム
  • KDDIの基本戦略
  • KDDI-MSP詳細
  • オムロンのe-watchingバリューチェーン
  • 東海電子ALCシリーズバリューチェーン
  • ドーコンのサイクルシェアリングバリューチェーン
  • ソフトバンクモバイルの基本戦略
  • SBMのフォトフレームサービスバリューチェーン
  • NECマグナスコミュニケーションズのPAUシリーズバリューチェーン
  • ホンダのLink Up Freeサービスバリューチェーン
  • Link Up Freeサービスイメージ
  • 京王ほっとネットワークバリューチェーン
  • お留守番ロボットROBORIORバリューチェーン
  • 日本国内モバイルM2M市場規模予測(2005年度〜2014年度)
Back to Top