TEL: 044-952-0102


Global EPOS and Self-Checkout 2016

発行 Retail Banking Research 商品コード 247090
出版日 ページ情報 英文
納期: 即日から翌営業日
本日の銀行送金レート: 1GBP=132.10円で換算しております。
Back to Top
世界のEPOS・セルフチェックアウト市場 Global EPOS and Self-Checkout 2016
出版日: 2016年06月01日 ページ情報: 英文

本調査レポートは、電子POS (EPOS) とセルフチェックアウト (SCO) 技術の世界市場に焦点を絞り込んだもので、50を超える国々の市場規模、ベンダー各社のシェア、各種の予測、詳細な分析などが盛り込まれており、POSシステムの大手メーカーが競合企業との比較を通じて業績を評価したり、事業計画を立案したり、今後の見通しを立てたりする際に活用することができます。

Retail Banking Research (RBR) は、これまで質の高い公正な調査レポートが少なかった小売部門や接客部門で、自動化技術に関する信頼性の高い分析を行っています。長年にわたり銀行部門の自動化というテーマに取り組んできたRBR は、小売部門にも同様の国際的な視野と分析の厳密性を持ち込むことにより、優れた調査レポートとコンサルティングサービスを提供しています。



  • 製品:EPOSとSCOシステムに対応するプログラム可能なハードウェア
  • 地域:世界6地域、52ヶ国の市場に関するデータを網羅
  • 市場区分:食品部門と非食品部門、総合スーパー、接客業などに関するデータ
  • 評価基準:台数 (出荷台数と設置基盤)、金額 (ハードウェアやメンテナンスサービスへの支出)
  • ベンダー:30を超えるベンダーの出荷台数ベースおよび設置基盤ベースの市場シェア


  • オーストラリア
  • 中国
  • インド
  • インドネシア
  • 日本
  • マレーシア
  • ニュージーランド
  • フィリピン
  • 韓国
  • 台湾
  • タイ
  • ベトナム
  • その他
  • カナダ
  • 米国
  • アルゼンチン
  • ブラジル
  • チリ
  • メキシコ
  • ベネズエラ
  • その他 (カリブ海諸国を含む)
  • オーストリア
  • ベルギー
  • デンマーク
  • フィンランド
  • フランス
  • ドイツ
  • ギリシャ
  • アイルランド
  • イタリア
  • オランダ
  • ノルウェー
  • ポルトガル
  • スペイン
  • スウェーデン
  • スイス
  • トルコ
  • 英国
  • その他
  • チェコ共和国
  • ハンガリー
  • ポーランド
  • ロシア
  • スロバキア
  • ウクライナ
  • その他
  • イスラエル
  • モロッコ
  • サウジアラビア
  • 南アフリカ
  • アラブ首長国連邦
  • その他



  • 世界6地域52ヶ国のEPOS市場とSCO市場の概要に加え、重要な動きについての解説も盛り込まれています。
  • 個々の市場におけるベンダー各社のシェアに関する信頼性の高いデータがまとめられています。
  • 小売・接客部門の4つの業種別市場に関するデータと2020年までの予測が示されています。



  • 成長が見込める市場や部門を特定し、販売目標を設定することができます。
  • 競合他社との比較を通じた業績評価が可能になります。
  • 戦略を評価し、改善することで、収益や利益、市場シェアを伸ばすことができます。



‘Global EPOS and Self-Checkout 2016’ sets the standard for market intelligence on electronic point-of-sale (EPOS) and self-checkout (SCO) technology. It provides market sizes, vendor shares, forecasts and in-depth analysis for more than 50 countries worldwide, and is used by all leading industry suppliers to provide competitor benchmarking and assist with business planning and forecasting.

RBR provides authoritative analysis of automation in the retail and hospitality sectors - areas which have historically been poorly served with high-quality, independent research. RBR brings the same international perspective and analytical rigour to research and consulting in the retail automation sector as it has for many years in the banking automation sector.

RBR's ‘Global EPOS and Self-Checkout’ is the only resource which provides reliable forecasts and competitive analysis in 52 countries around the world.

The study uses a mix of primary and secondary research and an extensive in-house database of historical information to produce a product of unmatched quality. Primary research includes a detailed vendor survey backed up by telephone and face-to-face interviews with key industry players.

The latest research shows that in 2015, 1.9 million EPOS terminals and 29,000 SCO units were shipped worldwide. The study forecasts how EPOS markets will evolve as economies recover, the retail sector develops and disruptive new technologies emerge. The SCO market is diversifying, with new technologies complementing “traditional” self-checkout, where the consumer scans, bags and pays unassisted. The study will help clients identify opportunities for cashless and compact self-checkout formats, modular solutions, pay towers with - or without - mobile self-scanning, and automated tunnel scanning.

Report Statistics

  • Geographic coverage: 53 countries worldwide
  • Vendor coverage: 36 hardware suppliers
  • Time period: Historical (4 years) and forecasts (6 years)
  • Segments: Food/Non-Food, General Merchandise, Hospitality and Other
  • Measures: Shipments and installed base, $ value of spending on hardware and maintenance services
  • Format: Report in PowerPoint and Market Database in Excel
Back to Top