市場調査レポート

ウェブコンテンツ管理の基礎

The Fundamentals of Web Content Management

発行 Ovum, Ltd. 商品コード 290440
出版日 ページ情報 英文 12 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=102.12円で換算しております。
Back to Top
ウェブコンテンツ管理の基礎 The Fundamentals of Web Content Management
出版日: 2013年11月11日 ページ情報: 英文 12 Pages
概要

ここ数年、各組織はウェブサイトを販売チャネルとして活用してきており、多くの場合顧客との接点はインターネットのみとなっています。そのため、顧客がそのサイトを再訪するためには、関与度の高い、パーソナライズされた体験を提供することは極めて重要となります。

当レポートでは、ウェブコンテンツ管理(WCM)の市場を取り上げ、WCMシステムの選択において各組織が注目すべき諸技術を評価し、WCMシステムが保持すべき主な機能を特定するとともに、検討すべき導入オプションならびにオープンソースWCMの実行可能性について調査分析するなど、概略以下の構成で取り上げています。

サマリー

  • 発展要因
  • Ovumの見解
  • 主なメッセージ

WCMの中核機能はあまり差別化されていない

  • WCMは概ね商品化されている
  • オープンソースはWCMに新たな次元を加える
  • オープンソースソリューションは2種類ある

アナリティクスがパーソナライズされた関与度の高いコンテンツを実現

  • アナリティクスはウェブサイト改善の鍵となる
  • アナリティクスはソーシャルネットワークサイトにも拡大すべき

デジタル資産は独自の管理機能を要する

  • デジタル資産管理(DAM)はWCMシステムにおける重要な要素

WCMベンダー各社はソーシャルメディア機能の提供において先んじている

  • 企業ソーシャルネットワークツールは社内におけるソーシャルコンテンツの導入を可能にする
  • 顧客は効果的なマーケティングツールを提供できる
  • 消費者はすでにソーシャルメディアツールを顧客サービスツールとして使っている

ウェブサイト訪問者はモバイル機器からのアクセスを欲している

  • ユーザーはコンテンツに何時でも、どのデバイスからもアクセスしたい
  • 専用アナリティクスツールはモバイルコンテンツの設計において有用となり得る

各組織は利用可能な導入モデルを検討する必要がある

  • 業務用(施設内)が依然として最大の導入モデル
  • WCM用SaaSモデルは十分に発達されている

提言

  • 企業への提言
  • ベンダーへの提言

付属資料

  • 調査手法
  • 関連報告書
  • 著者
  • Ovumコンサルティング
  • 免責

図表

目次
Product Code: IT014-002827

Organizations have been employing their websites as a sales channel for several years now, and for many, the Internet is the only touchpoint they have with their customers. It is therefore vitally important that they offer customers an engaging, personalized experience that will keep them returning to the site.

Highlights

  • The areas of differentiation in WCM are not in the core features, but in analyitics and social capabilities

Features Benefits

  • Assesses the technologies organizations should look for when selecting a WCM system.
  • Identifies the main features that should be present in a WCM system.

Questions Answers

  • What deployment options should be considered?
  • Is open source WCM a viable option?

Table of Contents

Headings

  • SUMMARY
    • Catalyst
    • Ovum view
    • Key messages
    • little differentiation in the core features of WCM
      • WCM has become largely commoditized
      • Open source offers a different dimension to WCM
      • Open source solutions come in two flavors
  • ANALYTICS ENABLES PERSONALIZED AND ENGAGING CONTENT
    • Analytics are key to improving websites
    • Analytics should be extended to social network sites
  • DIGITAL ASSETS NEED THEIR OWN MANAGEMENT FACILITY
    • Digital asset management (DAM) is an important element of a WCM system
  • WCM VENDORS ARE TAKING THE LEAD IN PROVIDING SOCIAL MEDIA CAPABILITIES
    • Enterprise social network tools allow organizations to deploy social content internally
    • Customers can provide an effective marketing tool
    • Consumers are already using social media as a customer service tool
  • WEBSITE VISITORS WANT ACCESS FROM MOBILE DEVICES
    • Users want access to content anytime, on any device
    • Specialist analytics tools can be useful in the design of mobile content
  • ORGANIZATIONS NEED TO CONSIDER THE DEPLOYMENT MODELS AVAILABLE
    • On-premise is still the biggest deployment method
    • The SaaS model for WCM is well-developed
  • RECOMMENDATIONS
    • Recommendations for enterprises
    • Recommendations for vendors
  • APPENDIX
    • Methodology
    • Further reading
    • Author
    • Ovum Consulting
    • Disclaimer
Back to Top