市場調査レポート

注目すべき2014年の動向:ビジネスインテリジェンス(BI)

2014 Trends to Watch: Business Intelligence

発行 Ovum, Ltd. 商品コード 288839
出版日 ページ情報 英文 19 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=102.18円で換算しております。
Back to Top
注目すべき2014年の動向:ビジネスインテリジェンス(BI) 2014 Trends to Watch: Business Intelligence
出版日: 2013年10月25日 ページ情報: 英文 19 Pages
概要

ビジネスインテリジェンス(BI)は成熟した健康的なソフトウェアセグメントですが、破壊的な新技術、拡張されたアーキテクチャのオプション、およびインプリメンテーションの実践の出現とアプリケーションによって一変されてきました。

当レポートでは、企業やベンダーがBIシステムの開発から多くを得るために2014年に注意すべき重要なトレンドをお伝えすると共に、BIの展望を形作る重要な力を明らかにし、またどのBIツールが業界や地域にかかわらずあらゆる企業に適しているかをお伝えします。さらに、どの新世代BI技術やテクニックが2014年に大きな注目を集めるか、成熟し効果的なBI環境を提供するために企業が考慮すべきトレンドは何か、市場に関与し続けるためにBIベンダーが遅れずについて行くべきトレンドは何かなどをお伝えしつつ概略下記内容でお届け致します。

概要

  • きっかけ
  • Ovum社の見解
  • キーメッセージ

ビジネストレンドと技術の鍵

注目すべきトレンド:ビジネスインテリジェンスと分析論

分析から発見への移行

  • セルフサービスのビジネスインテリジェンスには進歩の余地がある
  • セルフサービスと発見は互いに同じような促進要因である
    • セルフサービスは見事なインターフェース以上のものである

モビリティの効果はますます重大になる

  • モバイルBIは進行中
  • モバイルBIは再考を要する
  • 内部モバイルアプリケーションエコシステムが増加している
  • モバイルはITに対する新しい挑戦となる
  • モバイルBI成功のトラッキングと分析が重要

クラウドBIは有効な代替の展開オプションとなる

  • コストを考えるとBIは一層クラウドへ移行する
  • ベンダーはクラウドに向けウォーミングアップ中
  • インフラへの圧力が増加し続ける
  • 企業は最初にクラウドプロバイダーに変わる
  • すべてのBIクラウドが同じでわけではない
  • クラウド採用への障壁には引き続き対処する必要がある

BIと分析は一層緊密につながる

  • ラインはグレーを超えてぼやけている
  • 分析を速く実行するために現代の分析インフラが必要
  • Rは企業分析戦略とプラットフォームに分解される
  • 分析サービスが急増し、サービス会社はますます製品販売会社のようになる

ビッグデータはより大きなBIへの関心を生み続ける

  • "ビッグ"データではなく、 "異なる"データを強化することが必要
  • 果実を得るためにビッグデータのパートナーシップが遂に始まる
  • HadoopとNoSQLはEDWを置き換えてはいない
  • ビッグデータ分析は、顧客の理解を深めるための転換点である
  • 新たな基礎となるデータアーキテクチャーはそれ自体の課題を提示する

協働BI

  • 協働BI機能の優先度は低いままであろう

提言

  • 企業に対する提言
    • ユーザー主導の取り組みが成長し続け、適度に整合するだろう
    • 最近の傾向は誇大広告から生産まである
    • まずデータに焦点を当て、分析はその後で
    • モバイルBIは別のBIを再発明するほど単純ではない
    • あなたのBIリストを更新しなさい
  • ベンダーに対する提言
    • 顧客にターゲットを絞ったBI戦略を提供すべき
    • セルフサービスBIプロバイダーは新しいサイロを作らないようにする必要がある
    • 洗練された分析を無視せずに、ネイティブにRと統合することを考えるべき
    • 分析アウトソーシングは急速に成長している市場である-パートナーになる時
    • コアBIの顧客から離れるな

補遺

  • 調査方法
  • 参考文献
  • 著者
  • Ovumコンサルティングについて
  • 免責事項
目次
Product Code: IT014-002810

Business intelligence (BI) is a mature and healthy software segment. But BI is being transformed by the emergence and application of disruptive new technologies, expanded architectural options, and implementation practices. This report pegs some of the key trends for businesses and vendors to look out for in 2014 to get the most from developing BI systems.

Highlights

  • The demand for intuitive, self-service, and mobile-enabled BI tools will continue to grow in 2014. It will be imperative for both enterprises and BI vendors to align their strategy accordingly.
  • Mobile BI will boost BI adoption, and the emergence of mobile development and management platforms expands the range and popularity of mobile BI applications.
  • Big Data processing and analytics frameworks will increasingly be factored into BI architectures.

Features Benefits

  • Identify and track the key forces shaping the BI landscape.
  • Understand what BI tools are fit for any enterprises, regardless of industry or geographic region.

Questions Answers

  • What new-generation BI technology and techniques will gain significant traction in 2014, and what will not?
  • What trends do enterprises need to consider to provide a mature and effective BI environment?
  • What trends do BI vendors need to keep up with to stay relevant in the market?

Table of Contents

Headings

SUMMARY

  • Catalyst
  • Ovum view
  • Key messages

BUSINESS TRENDS AND TECHNOLOGY ENABLERS

  • Trends to watch: BI and analytics

SHIFTING FROM ANALYSIS TO DISCOVERY

  • Self-service BI remains a work in progress
  • Self-service and discovery are synonymous drivers for each other
    • Self-service is more than a pretty interface

MOBILITY'S EFFECT BECOMES MORE PROFOUND

  • Mobile BI is on the move
  • Mobile BI requires a rethink
  • The internal mobile application ecosystem is growing
  • Mobile comes with a new set of challenges for IT
  • Tracking and analyzing the success of mobile BI is key

CLOUD BI BECOMES A VALID ALTERNATIVE DEPLOYMENT OPTION

  • Cost considerations will drive more BI into the cloud
  • Vendors are warming up to the cloud
  • Pressure on infrastructure continues to grow
  • Companies will turn to cloud providers first
  • Not all BI clouds will be equal
  • Barriers to cloud adoption continue to be addressed

BI AND ANALYTICS BECOMES MORE TIGHTLY COUPLED

  • Lines are blurring beyond gray
  • Modern analytic infrastructures are needed to run analytics faster
  • R will be factored into enterprise analytics strategies and platforms
  • Analytics services will soar, and services companies will increasingly look like product companies

BIG DATA CONTINUES TO GENERATE BIGGER BI INTEREST

  • The emphasis is not necessarily on "Big" data but "different" data
  • Big Data partnerships finally start to yield fruit
    • Keeping it raw
    • Enriched data sets
    • Active archiving
  • Hadoop and NoSQL are not replacing EDWs
  • Big Data analytics is a tipping point for a better understanding of customers
  • New underlying data architectures present their own challenges

COLLABORATIVE BI

  • Collaborative BI functionality will continue to be a low priority

RECOMMENDATIONS

  • Recommendations for enterprises
    • User-driven initiatives continue to grow, align appropriately
    • Recent trends go from hype to production
    • Focus on the data first, then the analysis
    • Mobile BI is not simply about reinventing another BI wheel
    • Update your BI roster
  • Recommendations for vendors
    • Offer customers a targeted BI strategy
    • Self-service BI providers need to avoid creating new silos
    • Don't ignore sophisticated analytics, and look to integrate with R natively
    • Analytics outsourcing is a rapidly growing market - time to partner up
    • Don't run away from core BI customers

Appendix

  • Methodology
  • Further reading
  • Authors
  • Ovum Consulting
  • Disclaimer

Figures

  • Figure 1: Business trends driving BI and analytics adoption in 2014
  • Figure 2: Proportion of vertical that has enabled or is considering mobile BI
Back to Top