表紙
市場調査レポート

フィリピンにおけるCRMアウトソーシング市場の展望

The Future of the Philippines CRM Outsourcing Market

発行 Ovum, Ltd. 商品コード 283302
出版日 ページ情報 英文 15 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=102.95円で換算しております。
Back to Top
フィリピンにおけるCRMアウトソーシング市場の展望 The Future of the Philippines CRM Outsourcing Market
出版日: 2013年09月04日 ページ情報: 英文 15 Pages
概要

フィリピンは、主として競争力のある価格帯とその豊かな英語力に支えられて、今後も最も魅力的なアウトソーシング先として存続し続けることが見込まれています。代理店レベルではフィリピンの市場はまだ飽和化していませんが、アウトソーシング業者、政府、および教育部門は、中間管理ソーシングに対応する必要があります。

当レポートは、フィリピンにおけるCRMアウトソーシング市場の動向について調査し、同市場における課題を分析し、CRMアウトソーシング業者にとっての利点をまとめるとともに、ケーススタディーを提示するなど、概略以下の構成で取り上げています。

サマリー

  • 発展要因
  • Ovumの見解
  • 主なメッセージ

フィリピン市場の概観

  • 市場規模
  • 首位直分割
  • オフショアの概観
  • 主な競合相手は専属企業

フィリピンCRM市場における主な課題

  • 飽和化が問題になり得る
  • 重要な西洋市場への地理的近接性
  • 透明性の改善は緩慢
  • 英語のみのサービス提供センターとしての認識
    • 数少ないがスペイン語によるサービス提供も可能
    • カナダ向けサービス提供の制約
    • アジア言語によるサービス提供機能
  • 国家安全保障の問題

CRMアウトソーシング業者にとっての利点

  • ブランドとしての国の認知度の高さ
  • 価格
  • 幅広く、拡大しつつある政府支援
  • 急成長している国内市場
  • 世界の携帯メールの首都からの、非音声サービス提供

ケーススタディー

  • Teleperformance
  • Stream
  • Transcom

フィリピンのアウトソーシング業者への提言

  • 英語サービス提供センターとしての強みを強調
  • ベンダーはフィリピンをスペイン語語学力の第2のソースとして検討すべき
  • 低い価格帯を競争優位として活用
  • 非音声オフショアCRMハブとしてフィリピンを利用
  • 国内市場に向けた足がかりの開発

付属資料

  • 関連報告書
  • 調査手法
  • 著者
  • Ovumコンサルティング
  • 免責

図表

目次
Product Code: IT019-003255

Introduction

The Philippines continues to be one of the most attractive destinations for outsourcing, fueled in large part by competitive price points and significant pools of English language skills.

Highlights

  • The Philippines is not yet near saturation at an agent level but outsourcers, the government, and the education sector need to address middle management sourcing .

Features Benefits

  • Gain insight into the Philippine CRM outsourcing industry.
  • Understand the key challenges when entering or playing in this market.

Questions Answers

  • What are the biggest issues outsourcers and enterprises need to consider when operating in this market?
  • How saturated is the market and what measures have key stakeholders taken to mitigate associated issues?
  • What are the opportunities beyond English, voice delivery?

Table of Contents

Headings

  • SUMMARY
    • Catalyst
    • Ovum view
    • Key messages
  • PHILIPPINES MARKET SNAPSHOT
    • Market size
    • Vertical splits
    • Offshore snapshot
    • Captives are the main competitors
  • KEY CHALLENGES IN the philippines CRM MARKET
    • Saturation may become a problem
    • Geographic proximity to key Western markets
    • Transparency is only slowly improving
    • Perception as an English-only delivery center
      • Spanish delivery from the Philippines is feasible in small numbers
      • Canadian delivery limitations
      • Asian language delivery capabilities
    • National security issues
  • ADVANTAGES FOR CRM OUTSOURCERS
    • Strong country brand perception
    • Price
    • Broad and increasing government support
    • A rapidly growing domestic market
    • Non-voice delivery from the texting capital of the world
  • Case studies
    • Teleperformance
    • Stream
    • Transcom
  • RECOMMENDATIONS FOR OUTSOURCERS IN THE PHILIPINNES
    • Emphasize strength as an English language delivery center
    • Vendors should consider the Philippines as a secondary source for Spanish language skills
    • Leverage low price points as a competitive advantage
    • Use the Philippines as a non-voice offshore CRM hub
    • Develop a beach-head for the domestic market
  • APPENDIX
    • Further reading
    • Methodology
    • Author
    • Ovum Consulting
    • Disclaimer

Figures

  • Figure 1: Philippines: agent positions in contact centers, 2013-17
  • Figure 2: Verticals serviced by outsourcer operations in the Philipinnes by proportion of agents
  • Figure 3: Offshore versus domestic delivery in the Philipinnes
  • Figure 4: Markets serviced from the Philipinnes, by proportion of workstations
  • Figure 5: Likelihood to consider outsourcing to the Philippines
  • Figure 6: Price per agent, per hour in offshore outsourcing locations
Back to Top