株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

IPv6のアップデート2013年版

IPv6 Update 2013

発行 Ovum, Ltd. 商品コード 274674
出版日 ページ情報 英文 11 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=115.27円で換算しております。
Back to Top
IPv6のアップデート2013年版 IPv6 Update 2013
出版日: 2013年06月05日 ページ情報: 英文 11 Pages
概要

IPv6は過去数年の間やらなければばならないプロジェクトとして推進されてきましたが、このメッセージは企業顧客にどう響いているでしょうか?Ovum社の調査結果では、IPv6展開は分裂したままで、IPv6プロジェクトを開始した顧客の40%は過去12か月全く進展していないと報告しています。

当レポートは、大企業顧客のサンプル調査の結果に基いており、企業顧客におけるIPV6採用に関する現状の推定と、多くの組織がIPV6プロジェクトのビジネスケースを作るのに苦労している理由を分析しております。さらに、IPv6の採用が予測普及率と一致しない理由についてインターネット業界がどう考えているか、少なくともIPV6に移行する計画を持ったことの失敗による組織への潜在的な影響は何かなどをお伝えしつつ、概略下記内容でお届け致します。

概要

  • きっかけ
  • Ovum社の見解
  • キーメッセージ

Ovum社によるエンドユーザの採用調査では過去12ヶ月間ほとんど進展していない

  • 大企業顧客のIPv6プロジェクトはあと2-3年の残りがある
  • 昨年に比べて進歩は僅か

産業界のIPV6推進は撤回されたように見える

  • 今年は公式のIPv6の日はない
  • 業界の数字はIPv4アドレスが枯渇していることを示している
  • 支持者は初期のプッシュは今のところ十分であると考えている

企業ユーザーは予算が最大の制約になっている一方、メリットが依然として判りにくいと捉えている

  • 国や市場特有の規制によりいくつかのIPv6移行は進んでいる
  • IPv6のためのビジネスケースは、多くの組織にとってその優先度や資金を調達するほど充分な魅力はない
  • アドレス空間の懸念と問題
  • 動きの速い企業は例外

IPV6の重要性に対して進まないビジネス意識

  • IPv6が事業運営に影響を与えていると信じている組織はほとんどない
  • 企業におけるプロジェクトとIPv6への移行はICTの技術変化の通常なペースで起こるであろう

提言

  • 企業に対する提言
  • ベンダーに対する提言
  • 採用の引き金になるかもしれない注意すべき要因

補遺

  • 参考文献
  • 著者
  • Ovumコンサルティングについて
  • 免責事項
目次
Product Code: IT017-004132

Abstract

Introduction

IPV6 has been promoted as a must-do project for the past few years, but how is this message resonating with the enterprise customers?This report is written from the findings of a sample survey of large enterprise customers.

Highlights

  • The results of the Ovum survey showed that progress in terms of IPv6 deployment remains split, with 40% of those who have started an IPv6 project reporting that they have not made any progress in the last 12 months.

Features Benefits

  • Learn what the current estimated state of IPV6 adoption is in enterprise customers.
  • Understand why many organizations are struggling to make a business case for an IPV6 project.

Questions Answers

  • What does the Internet industry think about why IPV6 adoption is not matching expected adoption rates?
  • What is the potential impact on organizations of the failure to have at least a plan to move to IPV6?

About Ovum, Ltd.

Table of Contents

Headings

  • SUMMARY
    • Catalyst
    • Ovum view
    • Key messages
  • OVUM END-USER ADOPTION SURVEY SHOWS LITTLE PROGRESS OVER THE PAST 12 MONTHS
    • The IPv6 project in the large enterprise customer has another two to three years remaining
    • Little if any progress compared to last year
  • THE INDUSTRY IPV6 PUSH APPEARS TO BE COOLING OFF
    • No official IPv6 day this year
    • Industry figures show IPv4 addresses are being exhausted
    • Proponents believe the initial push is enough for now
  • ENTERPRISE CUSTOMERS IDENTIFY BUDGET AS A MAJOR RESTRAINING FORCE WHILE BENEFITS REMAIN ELUSIVE
    • Country and market-specific regulation is driving some IPv6 migration
    • The business case for IPv6 is not compelling enough for many organizations to raise its priority or funding
    • Address space concerns and problems
    • Faster-moving enterprises are the exception
  • SLOW BUSINESS AWARENESS OF THE SIGNIFICANCE OF IPV6
    • Few organizations believe that IPv6 is impacting business operations
    • Enterprise projects and movement to IPv6 will happen at normal pace of ICT technology changes
  • RECOMMENDATIONS
    • Recommendations for enterprises
    • Recommendations for vendors
    • Factors to watch for that might trigger adoption
  • APPENDIX
    • Further reading
    • Author
    • Ovum Consulting
    • Disclaimer

Figures

  • Figure 1: IPv4 consumption rates
Back to Top