市場調査レポート

IDおよびアクセス管理の現状

The State of Identity and Access Management

発行 Ovum, Ltd. 商品コード 271107
出版日 ページ情報 英文 12 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=102.18円で換算しております。
Back to Top
IDおよびアクセス管理の現状 The State of Identity and Access Management
出版日: 2013年04月15日 ページ情報: 英文 12 Pages
概要

IDおよびアクセス管理(IAM)は、ビジネスシステムへの容易なアクセスとシステムの制御の間の適切なバランスを維持できることを保証するために必要です。モバイルユーザーの新しい世代が始まったことと、伝統的なサービスプロバイダー、クラウドベースのサービスプロバイダーやパートナー環境全般にわたるIDベースのアクセスをサポートする要件が進化し、より焦点を絞ったIAM保護の必要性が増え続けています。

当レポートでは、ビジネスシステムのユーザーはなぜより厳しいのか、アクセス権の制御を維持することに与えるビジネスシステムのユーザーの影響力などについて分析しております。さらにコストと効率の課題がIAMサービスを提供するための新たなアプローチの中でどのように取り組まれているか、モバイルユーザー、BYOD、とマルチデバイスへのアクセスはどうIAMの展望を変えつつあるかなどをお伝えしつつ、概略下記内容でお届け致します。

概要

  • きっかけ
  • Ovum社の見解
  • キーメッセージ

業務システムのユーザーは、より厳しくなってきている

  • IDおよびアクセス管理(IAM)の必要性は増大し続けている
  • クラウドは問題も機会も提供している

ソーシャルアクセスと並んでビジネスユースをよりよく理解する必要がある

  • ビジネスとソーシャル使用との境界が不鮮明になっている
  • IAMサービスの提供はビジネスや社会の変化とペースを合わせる必要がある

認証部門は変革の時期を通過している

  • トークンとそれをサポートするインフラストラクチャは問題の一部となっている
  • 適切なバランスを取ることが重要である

モバイルユーザー、BYOD、マルチデバイスのアクセスがIAMの展望を変えている

  • モビリティはより細心の注意を必要とする
  • 論理的および物理的なアクセスおよびB2BとB2Cの関係をサポートできる

クラウドはサービス提供を革命的に変化させ保護要件を変えている

  • クラウドはIAMにとってゲームチェンジャーである
  • 課題への対処

特権アクセスの管理は現在IAMモデルに含まれている

  • 特権ユーザーの管理はあまりにも長い間無視されてきた
  • 特権IDの管理は基本的な要件である

コストと効率の問題に対処する必要がある

  • 高いプロジェクトコストと長い展開時間スケールが残る

提言

  • 企業に対する提言
  • ベンダーに対する提言

補遺

  • 参考文献
  • 著者
  • Ovumコンサルティングについて
  • 免責事項
目次
Product Code: IT017-004026

Abstract

Introduction

IAM is needed to ensure that the correct balance between facilitating and controlling access to business systems can be maintained. As a whole new generation of mobile users comes on stream, and the requirement to support identity-based access across traditional, cloud-based service-provider and partner environments evolves, the need for better and more focused IAM protection continues to grow.

Highlights

  • IAM protection is needed by every business to control who/what has access to corporate information. What is less clear is why the industry has been allowed to create an identity-driven monster with tentacles that reach well beyond the remit of improving password security and providing users with the authority to access systems and do their jobs.
  • For IAM to have a sustainable future that extends beyond the large enterprise remit, and includes all types of organizations and users, there has to be a better way to make more effective use of the technology and its services.
  • Assailed by a whole new generation of mobile users with multiple devices and identities, and an extended range of cloud-based systems to support, the difficulties associated with managing users and their access rights is growing exponentially.
  • Understand why users of business systems are more demanding and the impact it is having on maintaining control over their access rights.

Features Benefits

  • Understand the need for business use alongside social access and the issues involved in supporting the approach.

Questions Answers

  • How are cost and efficiency issues being addressed within new approaches to delivering IAM services?
  • How are mobile users, BYOD, and multi-device access changing the IAM perspective?

About Ovum, Ltd.

Table of Contents

Headings

  • SUMMARY
    • Catalyst
    • Ovum view
    • Key messages
  • USERS OF BUSINESS SYSTEMS ARE BECOMING MORE DEMANDING
    • The need for IAM continues to grow
    • The cloud provides opportunities as well as problems
  • BUSINESS USE ALONGSIDE SOCIAL ACCESS NEEDS TO BE BETTER UNDERSTOOD
    • The boundaries between business and social use have become blurred
    • The delivery of IAM services needs to keep pace with business and social change
  • THE AUTHENTICATION SECTOR IS GOING THROUGH A PERIOD OF CHANGE
    • Tokens and their supporting infrastructure have become part of the problem
    • It is important to get the balance right
  • MOBILE USERS, BYOD, AND MULTI-DEVICE ACCESS ARE CHANGING THE IAM PERSPECTIVE
    • Mobility demands more care and attention
    • Logical and physical access and B2B and B2C relationships can be supported
  • THE CLOUD IS REVOLUTIONIZING SERVICE DELIVERY AND ALTERING PROTECTION REQUIREMENTS
    • Cloud is a game-changer for IAM
    • Dealing with the challenges
  • THE MANAGEMENT OF PRIVILEGED ACCESS IS NOW INCLUDED WITHIN THE IAM MODEL
    • The management of privileged users has been ignored for too long
    • The management of privileged identity is a fundamental requirement
  • COST AND EFFICIENCY ISSUES NEED TO BE ADDRESSED
    • High project costs and long deployment timescales remain
  • RECOMMENDATIONS
    • Recommendations for enterprises
    • Recommendations for vendors
  • APPENDIX
    • Further reading
    • Author
    • Ovum Consulting
    • Disclaimer
Back to Top