市場調査レポート

コンプライアンスにおけるレコード管理(RM)とアーカイブの役割

The Role of Records Management and Archiving in Compliance

発行 Ovum, Ltd. 商品コード 264282
出版日 ページ情報 英文 12 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=102.06円で換算しております。
Back to Top
コンプライアンスにおけるレコード管理(RM)とアーカイブの役割 The Role of Records Management and Archiving in Compliance
出版日: 2013年01月04日 ページ情報: 英文 12 Pages
概要

レコード管理(RM)とアーカイブなどの企業コンテンツ管理(ECM)のための技術は長期保存の管理に役立ちますが、検索と保存、スキャニングなどの他のECMソリューションによってサポートされている必要があります。

本レポートは、コンプライアンスにおけるレコード管理(RM)とアーカイブの役割に注目し、長期保存がRMシステムの管理の複雑さを増加させている中で、複数の規制を前提としてどうすれば組織がコンテンツの保存要件を管理できるか、どうすればアーカイブが大きなRMのリポジトリ負担を軽減できるか、なぜ組織はもはや有効ではない記録をアーカイブすること検討すべきなのか、なぜウェブは保持するコンテンツの種類を増加させるかなどをお伝えしつつ、概略下記内容でお届け致します。

概要

  • きっかけ
  • Ovum社の見解
  • キーメッセージ

レコード管理(RM)システムは今やコンテンツと並んでデータを管理する

  • RMの機能が変化している
    • 紙文書はリスクをもたらす
    • ECMプラットフォームの一部としてRMには利点がある
  • ウエブが保持するコンテンツの種類を増加させている

長期保存がRMシステムの管理の複雑さを増加させている

  • 同じコンテンツに対する複数の保持期間は混乱のもと
  • ベンダーはRMシステムでの長期保存に対する条項を含める必要がる
  • 実際のシステムでは全てのコンテンツを長期保存することは不可能

アーカイブはRMを補完

  • 組織はもはや有効ではないレコードを管理するためにアーカイブを検討すべき
  • アーカイブは長期保存にソリューションを提供できる

組織は異なる展開方法を検討すべき

  • クラウドはオンプレミスRMとアーカイブに実行可能な代替案を提供
  • クラウド内でのコンテンツのセキュリティ確保

提言

  • 企業に対する提言
  • ベンダーに対する提言

補遺

  • 参考文献
  • 調査方法
  • 著者
  • Ovumコンサルティングについて
  • 免責事項
目次
Product Code: IT014-002687

Abstract

Introduction

Enterprise content management (ECM) technologies such as records management (RM) and archiving can help manage long-term retention, but they need to be supported by other ECM solutions, including search and capture, and scanning.

Highlights

  • Long-term retention is increasing the complexity of managing RM systems

Features Benefits

  • Discover how organizations can manage the retention requirements of content subject to multiple regulations
  • Find out how archiving can help to relieve the burden of large RM repositories

Questions Answers

  • Why should organizations consider archiving records that are no longer live?
  • Why is the web driving the increase in content types to be retained?

About Ovum, Ltd.

Table of Contents

Headings

  • SUMMARY
    • Catalyst
    • Ovum view
    • Key messages
  • RECORDS MANAGEMENT SYSTEMS NOW MANAGE DATA ALONGSIDE CONTENT
    • The capabilities of RM are changing
      • Paper documents pose risks
      • RM as part of an ECM platform has advantages
    • The Web is driving an increase in content types to be retained
  • LONG-TERM RETENTION IS INCREASING THE COMPLEXITY OF MANAGING RM SYSTEMS
    • Multiple retention periods for the same content causes confusion
    • Vendors must include provision for long-term retention in their RM systems
    • It is not feasible to keep all content with a long-retention period in the live system
  • ARCHIVING COMPLEMENTS RM
    • Organizations should consider archiving to manage records that are no longer live
    • Archives can provide a solution to long-term retention
  • ORGANIZATIONS SHOULD CONSIDER DIFFERENT DEPLOYMENT METHODS
    • The cloud offers a viable alternative to on-premise RM and archiving
    • Securing content in the cloud
  • RECOMMENDATIONS
    • Recommendations for enterprises
    • Recommendations for vendors
  • APPENDIX
    • Further reading
    • Methodology
    • Author
    • Ovum Consulting
    • Disclaimer

Figures

  • Figure 1: Checklist for organizations considering RM or archiving in the cloud
Back to Top