市場調査レポート

インドにおけるマネージドネットワークサービス:分析

Managed Network Services in India: An Analysis

発行 Ovum, Ltd. 商品コード 166604
出版日 ページ情報 英文 17 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
こちらの商品の販売は終了いたしました。
Back to Top
インドにおけるマネージドネットワークサービス:分析 Managed Network Services in India: An Analysis
出版日: 2010年12月16日 ページ情報: 英文 17 Pages

当商品の販売は、2016年07月01日を持ちまして終了しました。

概要

世界的不況からの回復途中にある経済環境下、インドのマネージドサービス市場は成熟に向けて進化を続けています。企業は通信予算を削減し、新しい投資やアップグレードなどを延期していますが、主力製品への注力の重要性にも気づき始めています。少ない予算での高レベルのトラフィック管理や複雑なネットワーク運用に直面し、企業はコア戦略への注力だけでなく、マンパワーの削減を進めるために、マネージドサービス・プロバイダを頼っています。

当レポートは、マネージドネットワークサービス(MNS)市場の現況や活性要素、抑制要素などについて、概略以下の構成で取り上げています。

  • エグゼクティブサマリー
  • 概要
  • Ovumの見解
  • 世界不況がもたらした新たな市場機会
  • IT/BPO、銀行、政府が主なターゲット市場
  • 設備投資ベースの請求モデルの導入を進める中小企業
  • 全マネージドサービス市場分類においてもっとも人気のあるマネージドWAN
  • いまだ全潜在力に気付いていないユニファイドコミュニケーション
  • 重大な阻害因子となっている政府による暗号化への制限
  • ベンダーとの連携が中小企業の今後の成長の鍵
  • サービス・プロバイダへの提言
  • 「ネットワーク・モニタリング」から「アプリケーション実績管理」へ
  • 選択的カスタマイズ−主に大企業
  • テレプレゼンス・サービス導入の中期的共有モデルの開発を
  • サービス・プロバイダの戦略
  • インドMNS市場の主なプレーヤー
  • サービスの差別化
  • サービスの流れ
  • 市場戦略
  • 依然として主なマーケティング・メッセージであるコスト削減
  • 組織内の複数グループにターゲットを
  • 中小企業にりーつするためのツールとしての提携
  • 市場の動向
  • 次世代WAN導入を活性化するイーサネット
  • 所有者のトータルコストが一番の評価基準
  • マネージドLANサービスの小規模ながら順調な導入
  • 市場活性因子と抑制因子
  • 需要を促進するグローバル化と経済不況
  • 拡大する複雑性とスキルの可用性
  • 事業の価値連鎖に新たなサービスを導入するSMART
  • 阻害要素としての低い暗号化制限
  • 依然競争を提供する内部支援部門
  • 管理問題は残るが現在関連性は薄い
  • 残る産業別の市場機会
  • 今後の展望
  • 家庭の初期導入者のメリットの推進
  • 付属資料
  • 調査手法
  • 関連報告書
目次
Product Code: 052842

Abstract

In an economic environment still recovering from global recession, the Indian managed services market has continued to evolve and mature. Companies have cut back their communications budgets, thereby postponing new investments and upgrades, but they have also become more aware of the importance of focusing on core competencies. Faced with managing high levels of traffic and complex network operations on a reduced budget, companies are turning to managed service providers not only to stay focused on core strategies but to help reduce manpower.

Table of Contents

Executive Summary
In a nutshell
Ovum view
Global recession has brought new opportunities
IT/BPO, banking, and government are the key target markets
SME segment is driving the take-up of opex-based billing models
Managed WAN is the most popular managed service across market segments
Unified communications has yet to realize its full potential
Government limits on encryption is a significant inhibitor
Partnering with vendors is seen as key to future growth in SME segment
Recommendations for Service Providers
Move from ‘network monitoring’ to ‘application performance management’
Customize selectively - mostly for large enterprise play
Develop shared models to increase medium-term uptake of telepresence services
Service Provider Strategies
Key players in the Indian MNS market
Service differentiation
The service flow
Marketing strategies
Cost savings remain the key marketing message
Targeting multiple entities within an organization
Partnerships as a tool to reach SME segment
Market Trends
Ethernet driving the adoption of next-generation WAN
Total cost of ownership is the top evaluation criterion
Small but growing adoption of managed LAN services
Market Drivers and Inhibitors
Globalization and economic slowdown boosting demand
Increased complexity and availability of skills
SMART play puts new services in business value chain
Low encryption limits as an inhibitor
Internal support departments still provide competition
Control issues remain but are less relevant today
Vertical opportunities still remain
Future Outlook
Driving home early-mover advantage
Appendix
Methodology
Further reading








List of Tables
Table 1: Key managed network service providers in India












List of Figures
Figure 1: Typical service flow for managed network providers
Figure 2: India Enterprise Ethernet revenue forecasts (2008-15)
Figure 3: Evolution for enterprise services in India





Back to Top