株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

デスクトップ仮想化におけるストレージ、サーバー、ユーザー・カスタマイズ

Storage, Servers, and User Personalization in Desktop Virtualization

発行 Ovum, Ltd. 商品コード 143078
出版日 ページ情報 英文 13 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
こちらの商品の販売は終了いたしました。
Back to Top
デスクトップ仮想化におけるストレージ、サーバー、ユーザー・カスタマイズ Storage, Servers, and User Personalization in Desktop Virtualization
出版日: 2010年11月30日 ページ情報: 英文 13 Pages

当商品の販売は、2016年07月01日を持ちまして終了しました。

概要

資本コストの適切な予想の失敗は、デスクトップ仮想化の成功における最大のリスクのひとつです。ストレージとサーバーは資本支出の大きな部分を占めることになり、ストレージは容量要件評価とコスト削減の最大の課題です。

当レポートは、管理経費削減とストレージ消費提言のための、いわゆるステートレス・デスクトップとカスタマイズ・ソフトウェアの利用への助言や、デスクトップ仮想化によるストレージへのトラフィック増大の縮小方法などについて、概略以下の構成で取り上げています。

サマリー

  • 発展媒体
  • Ovumの見解
  • 主なメッセージ

仮想化の構造

  • 提供モデルの混合と適合
  • ホスト型仮想デスクトップ(HVD)
  • プレゼンテーションの仮想化
  • アプリケーションの仮想化

提言

  • 鍵となるコンポーネント化
    • より良いサービスのためのデスクトップの機能分解
    • メンテナンスとストレージを削減するシン・デスクトップとステートレス・デスクトップ
    • カスタム化問題を起こすコンポーネント化
    • カスタマイズ・セラピー
  • ストレージのトラフィックへの注意喚起
    • I/OジェネレータとしてのHVD
    • Windowsサービスの調整と機能オフ
    • 起動時の波とその他のピークの測定
    • すべてをSANに入れないこと

サーバーの密度

サーバー密度における経験則 HVD密度の参照構造

付属資料

  • 関連報告書
  • 著者
  • Ovumコンサルティング
  • 免責
目次
Product Code: OI00043-006

Abstract

Introduction

Failure to adequately predict capital costs is one of the biggest risks to the success of desktop virtualization. Storage and servers will collectively form a very large share of capital expenditure, and storage presents the greatest challenges in terms of assessing required capacity, and limiting costs.

Features and benefits

  • Advice on the use of so-called stateless desktops and personalization software to reduce management overheads snd lower storage consumption.
  • Advice on how to minimize the heavy storage traffic generated by desktop virtualization

Highlights

  • Management and storage costs are significantly reduced by the use of stateless desktops, which are created on demand as near-clones of master images. However, for typical businesses, this approach only suits a minority of end users. Over-use of stateless desktops threatens end-user satisfaction, and so can stall virtualization projects.

Your key questions answered

  • What are the pitfalls of using so-called stateless desktops, and what are the benefits of end-user personalization software?
  • How many servers are required to host a given number of virtual desktops?

Table of Contents

SUMMARY

  • Catalyst
  • Ovum view
  • Key messages

VIRTUALIZATION ARCHITECTURES

  • Mix and match delivery models
  • Hosted virtual desktops (HVD)
  • Presentation virtualization
  • Application virtualization

RECOMMENDATIONS

  • Componentization is key
    • Break down the desktop for better service
    • Thin or stateless desktops cut maintenance and storage
    • Componentization triggers personality problems
    • Personalization therapy
  • Watch out for storage traffic
    • HVD as I/O generator
    • Tune up and turn off Windows Services
    • Measure boot storms and other peaks
    • Don' t put everything in the SAN

SERVER DENSITY

  • Rules of thumb for server densities
  • Reference architecture HVD densities

APPENDIX

  • Further reading
  • Author
  • Ovum Consulting
  • Disclaimer
Back to Top