株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
表紙
市場調査レポート

米国のEVマネージド充電市場:市場展望とユーティリティ企業上位100社のベンチマーク

EV Managed Charging: US Outlook and Benchmark of Top 100 Utilities

発行 Northeast Group, LLC 商品コード 945100
出版日 ページ情報 英文 52 Slides + Excel
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=108.31円で換算しております。
米国のEVマネージド充電市場:市場展望とユーティリティ企業上位100社のベンチマーク EV Managed Charging: US Outlook and Benchmark of Top 100 Utilities
出版日: 2020年06月26日 ページ情報: 英文 52 Slides + Excel
概要

米国での電気自動車(EV)の販売の急成長は、ユーティリティ企業に課題をもたらしますが、さらに大きな機会ももたらします。 EVは、EV販売の伸びとAMIメーター浸透の増加を背景に、主要な分散型エネルギー資源(DER)になる可能性があり、電力需要の円滑化を助け、ユーティリティ企業と消費者の両方に大きな利益をもたらします。

2010年代のほとんどについて、ユーティリティEVプログラムは使用時間率(TOU)に焦点が当てられ、EV固有のTOU率は徐々に上昇しましたが、依然として消費者の行動に依存しています。これらは、パッシブ管理の充電プログラムとされています。最近、ユーティリティ企業は、EVの充電時期を制御できるアクティブなマネージド充電プログラムを導入しています。その傾向は増加する見込みです。マネージド充電プログラムの利用可能性は増加しましたが、顧客の参加は低く、EVがDERとして機能する能力を制限する障壁があります。これまでのところ、「オプトイン」ではなく「オプトアウト」の顧客がいるプログラムは3つだけです。参加率を上げるには、これらのインセンティブと他のインセンティブが必要になります。

マネージド充電プログラムが成長し、自動車メーカーが充電容量を改善し、顧客がプログラムへの参加を選択した場合、ユーティリティ企業は2030年までに数十億米ドルの需要応答能力を開発し、顧客は年間数億米ドルを節約できると予想されます。顧客の参加率が上昇すれば、メリットは更に大幅に増加します。

レポート内で回答済みの主な質問:

  • マネージド充電プログラムを開発したユーティリティ企業
  • EVマネージド充電がユーティリティ企業に提供すの需要応答(GW)および EVマネージド充電が顧客の節約に役立つのに必要な金額(百万米ドル)
  • EVのユーティリティプログラムと2010年代半ばの初期のプログラムの比較
  • DERとしてのEVの影響を決定する主な要因

当レポートでは、米国のEVマネージド充電市場について調査分析し、現状と予測、促進要因と障壁、主要企業について、体系的な情報を提供しています。

目次

  • 1.エグゼクティブサマリー
  • 2. DERとしての電気自動車
  • 3. EVに対するユーティリティ企業の反応
  • 4.使用時間率
  • 5.インセンティブと障壁
  • 6.付録
目次

The rapid growth of electric vehicle (EV) sales in the US creates challenges but even greater opportunities for utilities. EVs have the potential to become a major distributed energy resource (DER) on the back of EV sales growth and rising AMI meter penetration, helping to smooth demand for electricity and providing substantial benefits for both utilities and consumers. Northeast Group has been tracking the utility response to EVs since 2011.

For most of the 2010s, utility EV programs were focused on timeof- use rates (TOU), with the number of EV-specific TOU rates slowly increasing but still dependent on consumer behavior. These are known as passive managed charging programs. Recently, utilities have introduced active managed charging programs that give them control over when EVs are charged, a trend that is likely to grow. While the availability of managed charging programs has increased, customer participation remains low and there are several barriers that limit the capacity of EVs to function as a DER. So far only 3 programs have customers "opt out" instead of "opt in;" these and other incentives will be necessary to increase participation rates.

If managed charging programs grow, automakers improve charging capacity, and customers choose to participate in programs, utilities are expected to develop dozens of GW of demand response capacity while customers could save hundreds of millions of dollars per year by 2030, with benefits significantly higher if participation rates increase.

Key questions answered in this 52-slide report:

  • Which utilities have developed managed charging programs and what do they offer?
  • How many GW of demand response will EV managed charging provide for utilities? How many millions of dollars will EV managed charging help customers save?
  • How do utilty programs for EVs compare to early programs in the mid-2010s?
  • What will be the key factors that determine the impact of EVs as a DER?

Table of Contents

  • 1. Executive summary
  • 2. Electric vehicles as a DER
  • 3. Utility response to EVs
  • 4. Time-of-use rates
  • 5. Incentives and barriers
  • 6. Appendix