市場調査レポート

PV(太陽光発電)産業におけるスマートコーティング市場:2012年

Smart Coatings in Photovoltaics 2012

発行 n-tech Research, a NanoMarkets company 商品コード 230650
出版日 ページ情報 英文 67 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=106.12円で換算しております。
Back to Top
PV(太陽光発電)産業におけるスマートコーティング市場:2012年 Smart Coatings in Photovoltaics 2012
出版日: 2012年02月28日 ページ情報: 英文 67 Pages
概要

PV(太陽光発電)材料市場を7年近く調査してきた経験より、PV部門に対するスマートコーティングの販売機会が拡大しつつあるとNanoMarketsは考えています。政府による資金援助削減リスクが存在し、PVコスト低減への圧力が増しているという市場環境の中、各PVメーカーは急速な日用品化へと向かう市場における差別化戦略を見出そうとしています。その方法の1つとして、PVパネルに自己洗浄、もしくは自己修復コーティングを追加することによって、性能の向上を図り、利用コストを低減する方法があります。その一方で、BIPV(建材一体型太陽光発電)をエレクトロクロミックな高機能の窓と一体化して、エンドユーザーにとってのPVの価値命題を強化するするなど、PVパネルに新たな機能を追加する方法もあります。

当レポートでは、PV(太陽光発電)産業におけるスマートコーティング市場を取り上げ、PVアプリケーションにおける自己洗浄、自己修復、エレクトロクロミック、およびサーモクロミックコーティングの可能性を分析し、この分野のどの部分で収益が生じ、どの企業が成功を収め、どの企業が失敗するのかについての展望をまとめるとともに、PVの分野におけるスマートコーティングの詳細な8カ年予測を提示するなど、概略以下の構成でお届けします。

エグゼクティブサマリー

  • 前回レポート以来のPV(太陽光発電)産業におけるスマートコーティングの「新たな」機会
  • スマートコーティングを使ったPV性能の最大化
  • PV用スマートコーティングの追加機能のより長期にわたる可能性
  • PVにおけるスマートコーティングにとって、フレキシブルPVおよびBIPVガラスが意味を持つ理由
  • PVアプリケーションにおけるスマートコーティングの8カ年予測のサマリー

第1章 PV(太陽光発電)アプリケーションにおけるスマートコーティングのイントロダクション

  • 当レポートのイントロダクション
    • スマートコーティングの導入に影響を及ぼす可能性があるPV市場における変化
    • スマートコーティングはどのようにPVの価値命題を改善するか
    • より優れたパネル性能を実現するスマートコーティング
    • スマートコーティングと追加機能
  • 当レポートの目標と調査範囲
  • 当レポートの調査手法
  • 当レポートの構成

第2章 PV性能を強化するスマートコーティングの市場

  • PVにおける自己洗浄コーティングの機会
    • 自己洗浄PVの価値
    • 自己洗浄コーティングの技術
    • PVパネル自己洗浄技術のサプライヤー
  • PVにおける自己修復コーティングの機会
    • PVにおける自己修復の価値命題
    • 自己修復コーティングの技術
    • PVパネル自己修復技術のサプライヤー
  • スマートコーティングはどのようにPV生産に適合するか
    • 内部 vs 外部スマートコーティング
    • PVタイプ別の機会
  • 本章における重要点

第3章 PVに追加機能を加えるスマートコーティングの市場機会

  • PVへのエレクトロクロミックの追加
    • BIPVアプリケーションにおける明暗調節可能性:多機能窓(エネルギー、光、およびシェーディング)
    • オフグリッドおよび携帯型PVにおけるエレクトロクロミック
    • PVアプリケーションにおける安全性向上のためのエレクトロクロミック
    • 切替可能および明暗調節可能な技術
    • PVにおけるエレクトロクロミックの実用化に向けた挑戦
  • PVにおけるサーモクロミック機器の機会
    • サーモクロミックによるPVパネルの安全性向上および投資保護
  • PVへの機能ついかの、より長期にわたる可能性
    • 新興スマートコーティング技術
    • ディスプレイおよび照明へのPVの追加
  • 本章における重要点

第4章 PV用スマートコーティングの8カ年予測

  • 予測手法
    • 手法
    • 予測の範囲
    • 情報源
    • 代替シナリオ
    • これまでのNanoMarkets予測との差異
  • PV用自己修復および自己洗浄スマートコーティングの予測
    • 自己洗浄スマートコーティング
    • 自己修復スマートコーティング
  • PV用エレクトロクロミックおよびサーモクロミックスマートコーティングの予測
    • エレクトロクロミックおよび切替可能なスマートコーティング
    • サーモクロミックスマートコーティング
  • 予測のサマリー

当レポートで使用されている頭字語および略語

著者について

図表

目次
Product Code: Nano-513

Abstract

SUMMARY

This report is part of NanoMarkets' ongoing coverage of materials and markets in photovoltaics (PV). In this report, NanoMarkets examines the emerging opportunities for selling "smart" coatings into the solar panel industry. In this report we examine the potential for self-cleaning, self-healing, electrochromic and thermochromic coatings in the PV applications over the next eight years. It includes an assessment of where revenue generation will occur and which companies are likely to be the winners and losers in this space. The report also includes a detailed eight-year forecast of smart coating usage in the PV space, broken out by coated area and market value.

NanoMarkets has been covering the markets for PV materials for almost seven years and believes strongly that there are now growing opportunities to sell smart coatings into the PV sector. This report considers how smart coatings can create value for the PV industry under the changed circumstances that PV faces today, in which government subsidies are under threat and there are huge pressures to reduce PV costs across the industry.

In this environment, some PV module makers are seeking ways to differentiate themselves in a rapidly commoditizing market, such as through addition of self-cleaning or self-healing coatings to PV panels that improve performance and/or reduce cost-in-use. Others may seek to add new functionality to PV panels, such as by combining BIPV with an electrochromic smart window that enhances the value proposition of PV for end-users. Among firms discussed in this report are, Bayer MaterialScience, Cardinal Glass, Corning, Gentex, Nippon Sheet Glass, Nissan, PPG, Peer, SAGE Electrochromics, Saint-Gobain, and Soladigm.

Table of Contents

Table of Contents

Executive Summary

  • E.1 "New" Opportunities for Smart Coatings in the PV Industry Since our Last Report
  • E.2 Maximizing Performance of PV through Smart Coatings
  • E.3 Longer-Term Potential for Added Functionality in Smart Coatings for PV
  • E.4 Why Flexible PV and BIPV Glass Matter to the Future of Smart Coatings in PV
  • E.5 Summary of Eight-Year Forecasts of Smart Coatings in PV Applications

Chapter One: Introduction to Smart Coatings in PV Applications

  • 1.1 Introduction to this Report
    • 1.1.1 Changes in the PV Market That May Influence the Adoption of Smart Coatings
    • 1.1.2 How Smart Coatings Improve the Value Proposition for PV
    • 1.1.3 Smart Coatings for Better Panel Performance
    • 1.1.4 Smart Coatings and Added Functionality
  • 1.2 Objectives and Scope of This Report
  • 1.3 Methodology of this Report
  • 1.4 Plan of this Report

Chapter Two: Markets for Smart Coatings that Enhance PV Performance

  • 2.1 Opportunities for Self-Cleaning Coatings in PV
    • 2.1.1 The Value of Self-Cleaning PV
    • 2.1.2 Technologies for Self-Cleaning Coatings
    • 2.1.3 Suppliers of Technologies for Self-Cleaning of PV Panels
  • 2.2 Opportunities for Self-Repairing Coatings in PV
    • 2.2.1 The Value Proposition for Self-Repair in PV
    • 2.2.2 Technologies for Self-Repairing Coatings
    • 2.2.3 Suppliers of Technologies for the Self-Repair of PV Panels
  • 2.3 How Smart Coatings Fit Into PV Production
    • 2.3.1 Internal vs. External Smart Coatings
    • 2.3.2 Opportunities by PV type
  • 2.4 Key Points Made in this Chapter

Chapter Three: Market Opportunities for Smart-Coatings that Add Functionality to PV

  • 3.1 Adding Electrochromics to PV
    • 3.1.1 Dimmability in BIPV Applications  Multifunctional Windows: Energy, Light, and Shading
    • 3.1.2 Electrochromics in Off-Grid and Portable PV
    • 3.1.3 Electrochromics for Improved Safety in PV Applications
    • 3.1.4 Switchable and Dimmable Technologies
    • 3.1.5 Challenges for Commercialization of Electrochromics in PV
  • 3.2 Opportunities for Thermochromic Devices in PV
    • 3.2.1 Improving the Safety of PV Panels and Protecting Investments with Thermochromics
  • 3.3 Longer-Term Potential for Adding Functionality to PV
    • 3.3.1 Emerging Smart Coatings Technologies
    • 3.3.2 Adding PV to Displays and Lighting
  • 3.4 Key Points Made in this Chapter

Chapter Four: Eight-Year Forecasts of Smart Coatings for PV

  • 4.1 Forecasting Methodology
    • 4.1.1 Methodology
    • 4.1.2 Scope of the Forecast
    • 4.1.3 Data Sources
    • 4.1.4 Alternative Scenarios
    • 4.1.5 Differences from Earlier NanoMarkets Forecasts
  • 4.2 Forecasts of Self-Repairing and Self-Cleaning Smart Coatings for PV
    • 4.2.1 Self-Cleaning Smart Coatings
    • 4.2.2 Self-Repairing Smart Coatings
  • 4.3 Forecasts of Electrochromic and Thermochromic Smart Coatings for PV
    • 4.3.1 Electrochromic and Switchable Smart Coatings
    • 4.3.2 Thermochromic Smart Coatings
  • 4.4 Summary of Forecasts
  • Abbreviations and Acronyms Used in This Report
  • About the Author

List of Exhibits

  • Exhibit E-1: Selected Smart Coatings Firms with PV Potential
  • Exhibit E-2: Summary of Forecasts for Smart Coatings in PV Applications 2012-2019
  • Exhibit 4-1: Forecasts for Self-Cleaning Coatings in PV Applications 2012-2019
  • Exhibit 4-2: Forecasts for Self-Repairing Coatings in PV Applications 2012-2019
  • Exhibit 4-3: Forecasts for Electrochromic Coatings in PV Applications 2012-2019
  • Exhibit 4-4: Forecasts for Thermochromic Coatings in PV Applications 2012-2019
  • Exhibit 4-5: Summary of Forecasts for Smart Coatings in PV Applications 2012-2019
Back to Top