デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
989381

PCベースオートメーション市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)

PC Based Automation Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 104 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.29円
PCベースオートメーション市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 104 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

PCベースのオートメーション市場は、予測期間(2021年~2026年)にCAGR4.66%で成長すると予想されています。導入されるオートメーションシステムは、ネットワーク化され、より多くのデータストレージを必要とし、オープンスタンダードを通じて相互に通信する機能を備えている必要があります。PCは、データの保存や通信、数値計算などの作業を行うように設計されているため、このような導入に適しています。このような要因から、産業用PCはオートメーションコントローラとして使用される傾向にあり、PLC制御とオープンPCアーキテクチャの機能を1つの産業用デバイスに統合しています。

主なハイライト

  • PCベースのオートメーションシステムは、機械工学におけるオープンループおよびクローズドループ制御、飲食品産業における可視化、自動車産業における測定およびテスト、半導体および電子産業におけるデータ処理および通信などの分野で重要な役割を担っています。
  • また、センサーの状態やパラメータ、診断データの高速転送を可能にするセンサーゲートウェイと、エンタープライズレベルまたはクラウドベースのシステムの導入により、製造現場におけるIoT(Internet of Things)の導入が進んでいます。2020年2月、SICKは、センサーデータを上位システムに透過的に統合するためのSIG200 ProfiNet Sensor Integration Gatewayを発表しました。
  • しかし、サイバーセキュリティリスクの高まりなどの抑制要因が、予測期間中の市場成長に影響を与える可能性があります。産業界では、Ethernet/TCP/IP、Microsoft Windows、Intel PCベースのコンピュータなどの一般的な技術が使用されているため、重要なプロセスや生産管理システムが、企業のIT部門が以前に受けたセキュリティ脅威やスパムの脅威にさらされる可能性があります。

主な市場動向

産業用モノのインターネットの進化とスマートオートメーションソリューションの需要増加

  • Industrial Internet of Things(IIoT)は、ソフトウェアツールやサードパーティのプラットフォーム技術を通じて接続・同期された多数のデバイスやマシンを活用する産業用フレームワークです。工場フロアや複雑な機械における多くのローカルIoTアプリケーションは、クラウドベースのデータ集約と監視制御システムを使用して、複数の近接ネットワークをリンクさせ始めています。
  • さらに、IoT技術が民生分野や産業分野で普及するにつれ、IoTアプリケーションは分散型アーキテクチャを採用するようになると予想されます。大規模な展開と相互運用性(ベンダー間、サイロ間、組織間など)の必要性から、ソリューションアーキテクチャは、複数のサブシステムとピアおよび中央クラウドシステムの相互リンクを保証する新しい標準化イネーブラーへの依存度が高くなる可能性があります。
  • このように、製造業のセットアップにおけるIoT環境のサポートに対するニーズは、PLCのアップグレードにつながっています。PCベースのオートメーション市場は、PLCとPAC(プログラマブル・オートメーション・コントローラ)の機能の融合によって促進されると予想されます。
  • PCベースのオートメーションのイントロダクションは、コスト削減と製造セットアップの競争力強化につながると期待されています。GEの試算によると、世界各地の製造拠点で生産性が1%向上すると、年間5億米ドルの節約になります。
  • さらに、政府の取り組みも市場の成長に拍車をかけると予想されます。例えば、フランス政府は「La Nouvelle France Industrielle」という10年計画を導入しました。これは、フランスで活動する企業が将来の市場で競争力を発揮できるよう支援するために開始されました。この計画は、2023年までに完了する予定です。

北米が最大の市場シェアを占める

  • 北米地域には、センサー、ロボティクス、デジタル化、産業用IoT、詳細なデータ分析などを供給できる複数のベンダーが活動するエコシステムが存在します。したがって、レガシーシステムから自動化されたPCベースのシステムへの切り替え率が非常に高くなっています。さらに、スマートな製造技術は生産性の向上を保証し、低賃金国との比較で競争優位につながります。
  • このため、この地域の政府は、製造設備の自動化の増加を確保するためのイニシアチブをとっています。2018年10月、ホワイトハウスの科学技術室は「先進製造業におけるアメリカのリーダーシップ戦略」を発表し、ビッグデータ解析と高度なセンシングおよび制御技術の活用による製造業のデジタル変革を促進することを発表しました。
  • さらに、カナダ政府は、今後3~5年以内にカナダの製造業にAIを導入するために、ドイツの組織との産業研究開発協力の機会に注力しています。在ベルリン・カナダ大使館と国家研究会議産業研究支援プログラム(NRC-IRAP)を通じて、カナダ政府はインダストリー4.0イニシアティブを実施しています。

競合情勢

PCベースのオートメーション市場は、大小さまざまなプレーヤーが存在し、非常に競争が激しいです。市場は適度に集中しているようで、大手企業が採用する主な戦略には、製品革新やM&Aなどがあります。PCベースオートメーション市場のエコシステムは、原材料サプライヤー、コンポーネントメーカー、システムインテグレーター、ディストリビューターで構成されています。市場の主要なプレーヤーは、ABB、シーメンス、オムロン、ゼネラルエレクトリックなどです。

  • 2020年2月- ベッコフオートメーションは、マテリアルハンドリングとイントラロジスティクスアプリケーション向けの自動化技術を発表しました。提案されたスマート物流センターソリューションは、モーター駆動ローラー(MDR)コンベア用コントローラEP7402と、TwinCAT/BSD代替オペレーティングシステムPCベースのコントローラ、超小型産業用PC C6025です。
  • 2019年5月-Haltianは、AWS IoT Greengrassエッジコンピューティング機能を搭載した、5G対応のスマートファクトリーソリューションを発表しました。同組織によると、このエンドツーエンドのスマートファクトリーサービスにより、スマートファクトリーのコストを最大90%削減することができます。

その他の特典です。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3カ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • コンプライアンスに対するニーズの高まり
    • Industrial Internet of Thingsの進化とスマートオートメーションソリューションの需要増
  • 市場抑制要因
    • 高いスイッチングコストが阻害要因となる可能性
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • デプロイメント別
    • オンプレミス
    • クラウド
  • エンドユーザー産業別
    • 自動車
    • 石油・ガス
    • 飲食品業界
    • エレクトロニクス
    • エネルギー・電力
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域別情報
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • その他の地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • ABB Ltd
    • Emerson Electric Co.
    • Honeywell International Inc.
    • Siemens AG
    • Omron Corporation
    • General Electric Company
    • Robert Bosch GmbH
    • Advantech Co. Ltd
    • Beckhoff Automation GmbH & Co.

第7章 投資分析

第8章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 68729

The PC-based automation market is expected to grow at a CAGR of 4.66% over the forecast period (2021-2026). Automation systems that are being deployed need to be networked, require more data storage, and should have the capability of communicating with each other through an open standard. PCs are suitable for this kind of deployment, as they are designed to undertake tasks like data storage, communication, and number crunching. This factor is leading to a trend where industrial PCs are being used as automation controllers, integrate the functioning of PLC-Control and open PC-Architecture on a single industrial device.

Key Highlights

  • PC-based automation systems have significant applications in open-loop and closed-loop control in mechanical engineering, visualization in the food and beverage industry, measuring and testing in the automotive industry, and data processing and communication in the semiconductor and electronics industries.
  • Moreover, the introduction of sensor gateways that enable the high-speed transfer of sensor status, parameter, and diagnostics data, accompanied by enterprise-level or cloud-based systems, is enabling the introduction of the Internet of Things (IoT) in the manufacturing setups. In February 2020, SICKunveiled its SIG200 ProfiNet Sensor Integration Gateway that is designed to integrate sensor data transparently into higher level systems.
  • However, restraining factors, like growing cybersecurity risks, may affect the growth of the market over the forecast period. The use of common technologies, like Ethernet/TCP/IP, Microsoft Windows, and Intel PC-based computers, in industries means that vital process and production control systems can be exposed to security threats and spams that corporate IT departments have been exposed to earlier.

Key Market Trends

Evolution of Industrial Internet of Things and Increase in Demand for Smart Automation Solutions

  • The Industrial Internet of Things (IIoT) is an industrial framework that utilizes a large number of devices or machines connected and synchronized through software tools and third-party platform technologies. Many local IoT applications on factory floors and in complex machines have started linking multiple proximal networks using cloud-based data aggregation and supervisory control systems.
  • Additionally, as the IoT technology becomes more widespread across the consumer and industrial sectors, IoT applications are expected to employ distributed architectures. Large-scale deployments and the need for interoperability (e.g., cross-vendor, cross-silo, cross-organizational) may lead to solution architectures becoming increasingly dependent on new and standardized enablers that ensure interlinking of multiple sub-systems to peers and central cloud systems.
  • This need for supporting IoT environments in manufacturing setups is leading to the up-gradation of PLCs. The PC-based automation market is expected to be fueled by the fusion of PLC and PAC (programmable automation controller) functions.
  • The introduction of PC-based automation is expected to reduce costs and increase the competitiveness of manufacturing setups. According to GE estimates, a 1% improvement in its productivity across its manufacturing base, established globally, translates into USD 500 million in annual savings.
  • Furthermore, government initiatives are expected to fuel market growth. For instance, the French government introduced 'La Nouvelle France Industrielle,' a 10-year plan that was launched to assist companies operating in the country to competitively position themselves in the future markets. This program is expected to be completed by 2023.

North America to Hold the Largest Market Share

  • The North American region has an ecosystem where multiple vendors that are capable of supplying sensors, robotics, digitalization, industrial IoT, and in-depth data analysis operate. Hence, the rate of switching from legacy systems to automated pc-based systems is much higher. Additionally, smart manufacturing techniques ensure increased productivity, leading to a competitive advantage compared to low wage countries.
  • This has led to the governments in the region undertaking initiatives to ensure increased automation of manufacturing facilities. In October 2018, the White House Office of Science and Technology announced a "Strategy for American Leadership in Advanced Manufacturing", to facilitate the digital transformation of the manufacturing sector by using Big Data analytics and advanced sensing and control technologies.
  • Furthermore, the Canadian government has been focusing on industrial R&D collaboration opportunities with German organizations, to introduce AI in the Canadian manufacturing set-up within the next 3-5 years. Global Affairs Canada, through the Embassy of Canada in Berlin and the National Research Council Industrial Research Assistance Program (NRC-IRAP), has been undertaking the Industry 4.0 initiatives for the government.

Competitive Landscape

The PC-based automation market is highly competitive, with the presence of many big and small players. The market appears to be moderately concentrated, and the key strategies adopted by the major players include product innovation and mergers and acquisitions. The PC-based automation market's ecosystem comprises raw material suppliers, component manufacturers, system integrators, and distributors. The key players of the market are ABB, Siemens, Omron, and General Electric, among others.

  • February 2020 - Beckhoff Automation introduced automation technologies for material handling and intralogistics applications. The proposed smart distribution center solutions are EP7402 controller for motor-driven roller (MDR) conveyors, and TwinCAT/BSD alternative operating system PC-based controllers and C6025 ultra-compact Industrial PC.
  • May 2019 - Haltian launched a 5G-ready smart factory solution, with AWS IoT Greengrass edge computing capabilities. According to the organization, this end-to-end smart factory service can reduce smart factory costs by up to 90%.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Growing Need for Better Compliance
    • 4.2.2 Evolution of Industrial Internet of Things and Increase in Demand for Smart Automation Solutions
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Switching Costs May Act as a Restraint
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Deployment
    • 5.1.1 On-premise
    • 5.1.2 Cloud
  • 5.2 By End-user Industry
    • 5.2.1 Automotive
    • 5.2.2 Oil and Gas
    • 5.2.3 Food and Beverage
    • 5.2.4 Electronics
    • 5.2.5 Energy and Power
    • 5.2.6 Other End-user Industries
  • 5.3 By Geography
    • 5.3.1 North America
    • 5.3.2 Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
    • 5.3.4 Rest of the World

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 ABB Ltd
    • 6.1.2 Emerson Electric Co.
    • 6.1.3 Honeywell International Inc.
    • 6.1.4 Siemens AG
    • 6.1.5 Omron Corporation
    • 6.1.6 General Electric Company
    • 6.1.7 Robert Bosch GmbH
    • 6.1.8 Advantech Co. Ltd
    • 6.1.9 Beckhoff Automation GmbH & Co.

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS