デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
989356

半自動および手動充填装置市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Semi-Automatic and Manual Filling Equipment Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.29円
半自動および手動充填装置市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

自動および手動充填装置市場は、予測期間(2021年~2026年)にCAGR4.5%で成長すると予測されています。組立ライン工程の最適化と効率化の要求が高まる中、自動充填機の動向は、工程がコンピュータの助けを借りて操作されているため、人的ミスを最小限に抑え、組立ライン工程の低減に役立っています。自動機械では、センサーが装備されているインラインフィラーは、ボトルや容器をカウントし、完全に、より強力で近代的なPLCが装備されています。これらの機械は、包装ラインの制御、タンクレベルの表示、製品バルブやポンプの操作、機械化された調整、さらにはメンテナンスやトラブルシューティングのチェックリストを提供する機能を備えています。

主なハイライト

  • 液体食品分野での充填装置に対する需要の高まりが市場を牽引しています。FAO(Food &Agriculture Organization of the United Nations)によると、先進国や新興国における乳製品需要は過去数年間、特に北米地域で増加しており、世界中で増加しているフルーツジュースの需要は2017年に350億リットルに上昇し、これも市場成長に欠かせないものとなっています。
  • また、Canadean limitedによると、2018年に北米は22.7と18.9と西欧であるフルーツジュースのリットルあたりの一人当たりの最高の消費量を示しました。これは、これらの地域で主に半自動充填装置の需要が増加することにより、これらの液体包装の成長を駆動します。
  • 継続的なワクチン接種を必要とする慢性疾患の治療への需要の高まりは、市場を駆動します。慢性疾患は、世界的に死亡や身体障害の主な原因となっています。これらの疾患による疾病率は世界的に加速しており、あらゆる地域で進行し、あらゆる社会経済階級に浸透しています。WHOによると、慢性疾患の推定患者数は全世界で約60%に達する可能性があります。このような疾患に対するワクチンはプレフィルドシリンジの形で提供されているため、その消費量の増加が市場の成長を後押しすると予想されます。
  • 充填装置の高いメンテナンスコストが市場成長の抑制要因となっています。これらの機械は故障率が高く、修正メンテナンスコストも高いため、生産速度が意図的に遅くなります。

主な市場動向

市場成長の鍵を握る医薬品

  • ジェネリック医薬品や生物製剤の需要増加に伴い、充填装置の需要は世界的に高まっています。IQVIAによると、2018年に米国が個別に世界の医薬品販売の47%を占め、欧州が20%、新興国が21%を示したように、医薬品販売の分布は毎年上昇しています。これらの統計は、ベンダーがプロセスに入る任意の汚染物質のリスクを減らすために設計されている彼らの機器に機能を組み込んでいる充填装置の需要を駆動します。
  • 企業は、液体充填機、粉末充填機、チューブ充填機などのような包装機械の広い範囲を提供しています。シリンジ充填機は、大規模な充填を提供し、半自動充填機の使用が広く使用されている無菌と正しい容量の調剤を保証し、バイアル充填機は、製品の損失や一貫性のないボリュームに対して確保しながら、毎分数百のバイアルを充填することができます。
  • カプセル充填機は広く使用されており、医薬品用途で大きな需要があります。最近では、カプセルの形で薬を摂取することを好む人が大半を占めています。その結果、カプセルの需要は、そのような機械のコスト、バッチ操作の大きさ、それが困難な粉末や製品を扱うことになると主に手動カプセルフィラーなどの要因に基づいて、企業が半自動および手動充填装置を好む製薬業界で増加しています。
  • 例えば、製薬用充填装置の大手メーカーであるLodha International社は、両方のタイプの装置で充填を行っています。半自動では、同社は主に精密な製造要件に優先し、GMP基準に従って開発されており、時間当たり25000から47000カプセルの出力速度を生成する能力を持っています。手動充填装置は、それが300サイクルあたりの速度でカプセルを充填し、閉じることができ、毎時8000カプセルを生産する能力を有する小規模なアプリケーションに好まれている間。

アジア太平洋地域が大幅な伸びを見せる

  • アジア太平洋地域は、スキンケア、特に高級品の需要が最も高い地域であるとL'Orealは述べています。また、消費者の可処分所得の増加、オンラインショッピングの動向、個人の衛生や外見に関心を持つ消費者の増加も追い風になっています。また、インドや中国など人口の多い国では、化粧クリーム、ヘアジェル、ローション、スクラブなどの半自動・手動の充填装置の利用が増加しており、これを後押ししています。
  • また、WHOによると、東南アジア地域では、心血管疾患、慢性呼吸器疾患、糖尿病、がんなどが、医薬品需要が高まる主要な疾患であるとしています。化学肥料省に属する医薬品局によると、インドでは医薬品市場の売上高は2018年に129,015ルピー(181億2000万米ドル)に達し、前年比9.4%増、輸出収入は2018年度に172億8000万米ドル、19年度には191億4000万米ドルでした。これらの統計は、この国の充填装置の需要を牽引しています。
  • また、いくつかの製薬包装プレーヤーは、市場の成長に起因する彼らの工場を拡大しています。例えば、2019年3月、医薬品包装会社のSchott Kaishaは、バイアル、プレフィルドシリンジ、および無菌溶液の製造能力を拡大しました。同社の拡張計画には、グジャラート州と北インドの新拠点、およびグジャラート州のダマンとジャンブサルの既存工場の拡張とアップグレードが含まれています。これらの動きに伴い、同国では半自動・手動の充填装置の需要が効果的に上昇します。
  • さらに、これらの機器の世界のサプライヤーとして、同地域の市場拡大に貢献しているプレイヤーもいます。例えば、中国のGuangdong Rich Packing Machinery Co.は、中国国内の約30の省・市に手動充填機を供給しているほか、東南アジア、日本、米国、欧州などの国・地域にも手動充填機を供給しています。

競合情勢

自動および手動充填装置市場は、様々なエンドユーザーセグメントで充填工程を持つプレーヤーがそれぞれ地域的・世界的に分散しているため、その性質上断片的です。また、新しいプレーヤーはまた、より多くの競争を増加させる彼らのステップを配置しています。KeyplayerはNordson Corporation、LFA Machines Oxford Ltd.などです。市場の最近の動向は-。

  • 2018年1月-ProMach製品ブランドのNJMは、RayDyLyoキャップ付き滅菌バイアル用の無菌充填・閉鎖機、Dara SX-310-RDLを導入します。ここでは、トレイを手動でSX-310-RDLに供給するか、システムを上流の洗浄機や脱パイロジェネレーショントンネルと統合して連続的に自動供給することが可能です。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 液体食品分野での充填装置の需要拡大
    • 継続的なワクチン接種を必要とする慢性疾患の治療需要の拡大
  • 市場抑制要因
    • 高いメンテナンスコスト
  • 産業バリューチェーン分析
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 素材タイプ別
    • 固体
    • 半固体
    • 液体
  • エンドユーザー
    • 食品
    • 飲料
    • 医薬品
    • 化粧品・家庭用品
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Nordson Corporation
    • LFA Machines Oxford Ltd.
    • MachPack Process Machines
    • Universal Filling Machine Co.
    • Vitro Pharma Machinery
    • Shanghai Gieni Industry Co., Ltd.
    • Liquid Packaging Solutions, Inc.
    • Neostarpack Co., Ltd.
    • Jet Pack Machines Pvt Ltd.
    • Accutek Packaging Equipment Companies, Inc.
    • Lodha International LLP
    • GEA Group AG
    • Guangdong Rich Packing Machinery Co., Ltd.
    • Shenzhen Penglai Industrial Corporation Limited
    • Technibag Inc.
    • IC Filling Systems

第7章 投資分析

第8章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 68060

The semi-automatic and manual filling equipment market is expected to grow at a CAGR of 4.5% over the forecast period (2021-2026). With the increase in the requirement for optimizing the assembly line process and to increase efficiency, the trend towards automatic filling machine is helping in lowering the assembly line process, by minimizing human errors, as the process is being operated with the help of computers. In the automatic machines, the inline fillers which are equipped with a sensor count the bottles or containers and are fully equipped with more powerful and modern PLCs. These machines provide the capability to control the packing line, display the tank levels, operate product valves and pumps, have mechanized adjustments and even offer maintenance and troubleshooting checklists.

Key Highlights

  • The growing demand for filling equipment in the liquid food sector drives the market. According to the FAO( Food & Agriculture Organization of the United Nations), the dairy product demand in the developed and developing countries has been increasing for the past few years particularly in the North American region and the growing demand for fruit juice worldwide rose to 35 billion liters in 2017 which has also been crucial to the market growth.
  • Also according to Canadean limited, in 2018 North America showed the highest consumption per capita per liter of fruit juice which is 22.7 and Western Europe with 18.9. This drives the growth of these liquid packaging by which the demand for mostly semi-automatic filling equipment increases in these regions.
  • The growing demand to treat chronic diseases that requires continuous vaccination drives the market. Chronic diseases are the primary causes of death and disability globally. Disease rates from these conditions are accelerating globally, advancing across every region and pervading all socioeconomic classes. According to WHO, the estimated cases for chronic disease may reach around 60% globally. As the vaccines for such cases are available in pre-filled syringes form, its increased consumption is expected to boost the market growth.
  • High maintenance costs for filling equipment restraints the growth of the market. These machines have a high failure rate and high corrective maintenance cost which deliberately slows down the production rate.

Key Market Trends

Pharmaceutical Accounted for the Market Growth

  • With the increasing demand for generic medicines and biologics, the demand for filling equipment is raising globally. According to IQVIA, the distribution of pharma sales is rising every year as in 2018, United States individually accounted for 47% of the global pharma sales, Europe accounted for 20% and emerging markets showed 21% of the sales. These stats drive the demand for filling equipment where vendors are incorporating the features into their equipment which are designed to reduce the risk of any contaminants entering the process.
  • The companies are providing a wide range of packaging machinery like a liquid filling machine, powder filling machine, tube filling machine, etc. Syringe filling equipment provides large scale filling and ensures sterility and dispensing of correct volume where the usage of semi-automatic filling equipment is widely used, while vial filling equipment can fill hundreds of vials per minute while securing against product loss and inconsistent volume.
  • The capsule filling machine is widely used and are in huge demand in pharmaceutical applications. These days, the majority of people are preferring to intake medications in the form of capsules. As a result, the demand for capsules is increasing in pharmaceutical industries where the companies prefer semi-automatic and manual filling equipment based on factors such as machine cost, size of batch operations and mostly manual capsule filler when it comes to handling difficult powders and products.
  • For instance, Lodha International, one of the prominent players in manufacturing filling equipment for pharma provides filling in both types of equipment. In semi-automatic, the company mostly preferred to precision manufacturing requirements and has been developed as per the GMP standards and has the competency to produce an output rate of 25000 to 47000 capsules per hour. While manual filling equipment is preferred for small scale applications where it can fill and close capsules at a rate of 300 per cycles and is capable of producing 8000 capsules per hour.

Asia-Pacific to Witness Substantial Growth

  • The Asia-Pacific regions attribute to the highest demand for skincare, and particularly luxury products, as stated by L'Oreal. Also, it is being favored by the rising disposable income of consumers, the trend of online shopping and with an increasing consumer base of people interested in personal hygiene and physical appearance. This is supported by highly populated countries, like India and China by which the usage of semi-automatic and manual filling equipment increases in this region for cosmetic creams, hair gel, lotion, scrubs, etc.
  • Moreover, according to WHO, in the Southeast Asia region, cardiovascular diseases, chronic respiratory diseases, diabetes, and cancer are the foremost diseases by which the demand for medicines rises. According to the Department of Pharmaceuticals which comes under the Ministry of Chemicals and Fertilizers, in India pharmaceutical market turnover reached Rs 129,015 crore (USD 18.12 billion) in 2018, growing 9.4 percent year-on-year and exports revenue was USD 17.28 billion in FY18 and USD 19.14 billion in FY19. These stats drive the demand for filling equipment in this country.
  • Also, some pharma packaging players are expanding their plants which attribute to the market growth. For instance, in March 2019, the pharmaceutical packaging company Schott Kaisha expanded its capacity to manufacture vials, pre-filled syringes, and sterile solutions. The company's expansion plans include new sites in Gujarat and North India, along with the expansion and up-gradation of existing plants in Daman and Jambusar in Gujarat. With these developments, the demand for semi-automatic and manual filling equipment rises effectively in this country.
  • Moreover, some players are a global supplier for these equipments and contribute to the growth of the market for this region. For instance, China's Guangdong Rich Packing Machinery Co. provides its manual filling equipment to about 30 provinces and cities in China country, and also to Southeast Asia, Japan, United States, Europe and other countries and regions.

Competitive Landscape

The semi-automatic and manual filling equipment market is fragmented in nature as players are dispersed locally and globally with the filling processes in various end-users segment respectively. Moreover, new players are also placing their steps which increase more competition. Keyplayers are Nordson Corporation, LFA Machines Oxford Ltd., etc. Recent developments in the market are -

  • Jan 2018 - NJM, a ProMach product brand, introduces the Dara SX-310-RDL, an aseptic filling and closing machine for sterilized vials with RayDyLyo caps. Here trays can be manually fed to the SX-310-RDL or the system can be integrated with an upstream washer and depyrogenation tunnel for continuous automated feeding.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Growing Demand of Filling Equipment in the Liquid Food Sector
    • 4.2.2 Growing Demand to Treat Chronic Disease that Require Continuous Vaccination
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Maintenance Cost
  • 4.4 Industry Value Chain Analysis
  • 4.5 Industry Attractiveness - Porter's Five Force Analysis
    • 4.5.1 Threat of New Entrants
    • 4.5.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.5.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.5.4 Threat of Substitute Products
    • 4.5.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Material Type
    • 5.1.1 Solid
    • 5.1.2 Semi-Solid
    • 5.1.3 Liquid
  • 5.2 End-User
    • 5.2.1 Food
    • 5.2.2 Beverage
    • 5.2.3 Pharmaceutical
    • 5.2.4 Cosmetics & Household
    • 5.2.5 Other End-Users
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
    • 5.3.2 Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
    • 5.3.4 Latin America
    • 5.3.5 Middle-East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Nordson Corporation
    • 6.1.2 LFA Machines Oxford Ltd.
    • 6.1.3 MachPack Process Machines
    • 6.1.4 Universal Filling Machine Co.
    • 6.1.5 Vitro Pharma Machinery
    • 6.1.6 Shanghai Gieni Industry Co., Ltd.
    • 6.1.7 Liquid Packaging Solutions, Inc.
    • 6.1.8 Neostarpack Co., Ltd.
    • 6.1.9 Jet Pack Machines Pvt Ltd.
    • 6.1.10 Accutek Packaging Equipment Companies, Inc.
    • 6.1.11 Lodha International LLP
    • 6.1.12 GEA Group AG
    • 6.1.13 Guangdong Rich Packing Machinery Co., Ltd.
    • 6.1.14 Shenzhen Penglai Industrial Corporation Limited
    • 6.1.15 Technibag Inc.
    • 6.1.16 IC Filling Systems

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS