デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
965376

生産監視市場 - 成長、動向、予測(2022年 - 2027年)

Production Monitoring Market - Growth, Trends, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.55円
生産監視市場 - 成長、動向、予測(2022年 - 2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

生産監視市場は、予測期間である2021~2026年にCAGR8.2%を記録すると予測されています。世界中の多くの経済的、根本的、市場的な要因によって、製造業の中で大きな革命が起こっています。インダストリー4.0における拡張現実(AR)と仮想現実(VR)の両方は、デジタル/サイバー/仮想世界と物理世界の間のギャップを埋めるものです。VRとARの技術は、デバイスやセンサーを介して工場環境や設備に統合されると、製造工程や生産状況を把握するのに役立ちます。これにより、機械の生産性(量、質、スピード、柔軟性)を最適化・向上させ、企業全体のROIを向上させることができます。2020年4月、フレックスは、設計、ユーザビリティ、製品ライフサイクル管理に役立つ可能性のある拡張/仮想現実を通じて、世界のな製造プロセスの強化や顧客ソリューションの提供を決定しました。他のプレイヤーによる更なる実装が、生産監視市場の今後の動向を占うことになるかもしれません。

主なハイライト

  • 資産の予知保全を伴う集中監視システムの需要が市場を牽引。予知保全は、ガスタービン、真空ポンプ、航空機エンジンの予知保全など、近年重工業の分野で採用されています。全体として、予知保全のフレームワークは、集中型システムを通じて、リアルタイムでの検知、可視化、アラート作成、製造プロセスのさまざまな段階での修正勧告を実行することができます。
  • プレーヤーは、予知保全と統合できるソリューションの導入に注力しています。2020年4月、キスラーは、ロボット工学、包装産業、飲食品分野、OEMでの使用に適した産業用途向けの柔軟で新しいアンプとIO-Link搭載の小型チャージアンプを発表しました。IO-Link技術は、予知保全を通じて工場や計測チェーンの状態を監視するためのリアルタイムデータをユーザーに提供します。
  • 積層造形プロセスの制御と監視にIoTベースのソリューションが採用されていることが、市場を牽引しています。AMFGによると、2019年時点でアディティブマニュファクチャリング産業の市場規模は90億米ドル以上と推定されており、さらに将来的には現在の市場規模を上回る規模になると推定されています。アディティブマニュファクチャリングは、3D CADデータから直接、高速かつ柔軟でコスト効率の高い部品製造を可能にします。アディティブマニュファクチャリングマシンの管理には、ビーコン技術を工場環境に適用することで、マシンから抽出した生産指標をモバイル端末やIoT(Internet of Things)を介して通信することができます。
  • さらに、ビーコンには2種類あり、Eddystone-URLやEphemeral URLの規格に準拠したビーコンなど、URL全体をブロードキャストできるビーコンもあります。これらのビーコンは、機械のHMIインターネット・アドレスを直接送信することができます。IoTの統合により、生産監視の市場は今後、潜在的な成長を示しています。
  • COVID-19の大流行により、自動車、ヘルスケア、航空宇宙など多くのエンドユーザーで、クラウド展開と統合した生産監視ソリューションの需要が高まっています。このパンデミック時に医療機器の需要が大きく伸びています。2020年4月、インドとロシアは、COVID-19を封じ込める取り組みの一環として、双方の機器の緊急ニーズを促進することを話し合いました。双方は、機器の緊急ニーズを監視し、促進するために連絡を取り合うことにしました。これは、主にクラウドソリューションを通じて展開されるソフトウェアソリューションの需要を抑制するものです。
  • さらに、2020年4月、RecycleGOはMask Force NYCと協力し、米国で発生したCOVID-19による医療従事者への迅速な救済を実現しました。RecycleGOは、14日以内に、Mask Force NYCのために迅速な世界のサプライチェーンと流通ネットワークを構築しました。4月にマスクがニューヨークに到着すると、RecycleGOはMask Force NYCと協力して、同社のデュアルシステム物流オペレーションソフトウェアを使用して、マスクの流通ロジスティクスを整理しました。この物流ソフトウェアは、ディスパッチャー、ミッションコントロール、およびそのルート最適化アプリケーションに使用されています。
  • しかし、データセキュリティの懸念やプライバシーの問題が、市場の成長を阻んでいます。金属、資本財、エレクトロニクス業界は、製造システムへの投資が接続されたデバイスと組み込まれているとして、急速にサイバーセキュリティリスクに傾斜しています。製造業は、クラウドインフラストラクチャやサービスにシフトした後、サイバー攻撃に対してより安全でなくなっています。
  • IoT投資のハッキングから中国などの知的財産権窃盗のリスクに直面する製造業にとって、今やその脅威は非常に顕著になっています。Wiproの最近の調査によると、2019年にダークウェブで提供された重要なリソースや資産のうち、14%は製造業からのものでした。

主な市場動向

自動化および制御管理は石油・ガスで大きな成長を遂げる

  • Forbesによると、石油・ガス業界の自動化に対する依存度は過去10年間で増加し、さらに原油需要の増加に伴い2020年には倍増すると予想されています。油田をデジタル化する取り組みが行われており、生産性を高め、決められた予算とスケジュール内でプロジェクトを完了させるために、計測機器への投資が行われています。
  • オートメーション部門は、アフターサービスを伴うハードウェア機器の供給から、よりサービス指向になり、膨大な量のデータを重要なビジネス上の意思決定に活用できる有意義でインテリジェントな情報に変換できるソフトウェアツールの提供に発展してきました。2019年4月、AeonX Limited(ナイジェリア)はWFS Technologiesと石油・ガスパートナーシップ契約を締結し、ナイジェリアの既存および新規顧客に対して、資産の完全性と流量保証のモニタリングのための最先端のSeatooth製品のフルレンジを促進し提供することになりました。
  • さらに、石油・ガス会社にとって最大の出費の1つは、掘削のプロセスです。掘削はコストがかかるだけでなく、高度な技術を必要とし、作業員の安全面でも大きなリスクを伴います。パイプハンドリングや圧入などの手作業を自動化することで、安全面のリスクを大幅に低減し、掘削工程全体をスピードアップすることができます。
  • 2020年4月、ブラジルの海洋掘削サービスプロバイダーであるオシアンは、海洋掘削プラットフォームが、自動化を用いてセンサーで異なる機器をつなぐ複数の監視システムを提供する「オシアン・ウェーブス」プログラムを開始しました。このシステムは、一部の機器が最小または最大の指数を超えた場合にアラームを発することができ、オペレータに何か問題があることを警告することができます。
  • さらに、一部の企業では、自動化された深海Lセンサーを使用して、地震活動の変化や、海面や大気レベルの変化を検出するようになりました。これにより、地震やハリケーンなどの自然現象が発生するタイミングを予測し、石油・ガス会社がリアルタイムで適切な安全対策を講じることができるようになりました。本技術は高度に自動化されているため、石油採掘地域の全天候型最新モニタリングのための地理情報ウェブサービスとして実装することができます。このウェブサービスは、油田面積の決定、生産活動の制御、石油生産量の推定、開発・生産活動の監督、石油生産地域の人為的負荷の評価などに利用できます。
  • 石油の圧力と流量の測定は、自動化によって容易に改善できる作業です。スマートセンサーを設置することで、集中監視ソフトウェアに接続し、現場から圧力、流量、油面レベルを報告することができるようになり、現場作業員は必要ありません。この情報を受け取ったリグクルーは、必要に応じて監視や設定を調整することができます。
  • 横河は2020年4月、石油・ガスなどの産業用途向けに、ペーパーレスレコーダー「SMARTDAC+」とデータロギングソフトウェアのAI対応版、および環境ロバストAI対応エッジコンピューティング基盤「e-RT3 Plus」を発売しました。製造や研究開発で使用されるレコーダーは、石油・ガス産業における電圧、電流、温度、流量、圧力などのプロセス変数のデータを取得し、表示・記録します。
  • さらに、COVID-19の大流行により、自動化監視を導入する戦略も増えています。2020年4月、フィンランドとロシアの産業用デジタルソリューションプロバイダーであるZyfraは、ロシアとインドの機械、鉱山、石油・ガス分野の企業は、デジタル変革のスピードアップに注力すべきと述べています。また、Zyfraは、COVID-19の大流行がビジネスやサプライチェーンに及ぼす悪影響を最小限に抑えるために、産業用デジタル化技術を共同開発し、ベストプラクティスを共有するよう各社に呼びかけました。したがって、オートメーション生産監視の需要は、パンデミックの間に大幅に増加することが予想されます。

北米が重要な市場シェアを占める

  • 北米は、技術的に先進的な地域であるため、生産監視市場において最大の貢献者となっています。北米諸国は、インフラと熟練した労働力が発達しており、生産監視ソリューションプロバイダーが顧客に24時間365日のサポートとメンテナンスを提供するのに役立っています。
  • 米国では、ほとんどの産業がデータ分析システムの洗練されたユーザーであり、生産監視のための新しいアーキテクチャと機能を備えた新しいプラットフォームを展開する準備ができています。さらに、プレイヤーは新しいソリューションの提供に注力しています。2020年4月、アルテア社は、リアルタイムの取引・市場データをユーザー主導で監視・分析するための包括的プラットフォーム「Panopticon」のメジャーリリースを発表しました。これには、製造、物流、通信、石油・ガス生産、エネルギー流通における業務データ分析アプリケーションが含まれます。
  • さらに、従業員数が100人を超える米国では、クラウドベースのアプリケーションを採用する企業も増えています。米国の中小企業の35%近くが、BPM(ビジネスプロセス最適化)と統合したクラウドソリューションをすでに導入していると推定されています。このことは、サービス分野での生産監視の成長の可能性をさらに高めています。
  • 2020年3月、Sysdig Inc.は米国とカナダにおいて、Prometheusの完全互換性を備えたスケールでのクラウド監視を発表しました。これにより、企業は本番環境でクラウドネイティブなワークロードを自信を持って実行できるようになります。Sysdig Secure DevOps Platformにより、クラウドチームはセキュリティを組み込み、コンプライアンスを検証し、パフォーマンスと可用性を最大化することができます。
  • また、ロックウェル・オートメーションによるPredictive Maintenance-as-a-Service(PMaaS)の開始は、顧客が特定した重要な資産に対するサービスを提供し、センサー、制御システム、スマートマシンなどの接続技術からデータを分析し、通常の操作を特定してデータモデルを構築し、予防保全戦略の一環として将来の故障や問題の予測、監視、軽減に役立てることで米国の産業を支援しています。
  • 米国エネルギー情報局によると、原油、天然ガス、天然ガスプラント液(NGPL)の生産量が大幅に増加し、米国のエネルギー消費量が伸び悩んだ結果、米国は2020年にエネルギーの純輸出国になり、予測期間中もその状態が続く可能性があるとされています。このような要因が、現在および将来の生産監視ソリューションの需要を押し上げると思われます。
  • さらに、COVID-19の最も深刻なケースでは、人工呼吸器の増産競争により、フォード、ゼネラルモーターズ、テスラなどの自動車メーカーが人工呼吸器の販売業者や設計業者に変身する一方、医療機器メーカーの重要機器の生産規模拡大を支援するようになりました。2020年3月中旬の時点で米国には約16万~20万台の人工呼吸器がありますが、一部の医療専門家は、パンデミックの期間中に100万人ものCOVID-19患者が国内でこの機器を必要とする可能性があると見ています。これはさらに、これらの企業が状況を踏まえて将来的に不足を防ぐために、生産監視ソフトウェアを使用することにつながります。

競合情勢

生産監視市場は非常に細分化されており、主要企業はこの市場で足跡を増やすために、新製品の発売、契約、拡張など、さまざまな戦略を使っています。ほとんどの企業は、少なくとも2~3種類のツールを組み合わせて、生産監視を監視・運営しています。主要なプレーヤーは、Capgemini SEやSiemens AGなどです。最近の市場の動向としては

  • 2020年3月- 日本電気株式会社は、シーメンスのクラウド型オープンIoT OS「MindSphere」とNECのシステム不変性解析技術(SIAT)を接続した製造業における監視・分析ソリューションの提供に向けて、IoT分野でシーメンスとの協業を発表しました。NECは、MindSphereパートナープログラムに参加することで、シーメンスからの専門的な技術トレーニングやサポート、および多くの共同Go-to-market機能を利用することができるようになります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 調査の前提
  • 本調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 資産の集中監視と予知保全の需要
    • 積層造形プロセスの制御と監視のためのIoTベースのソリューションの採用
  • 市場の抑制要因
    • データセキュリティの懸念とプライバシーの問題
  • 業界のバリューチェーン分析
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • COVID-19の業界への影響評価

第5章 市場セグメンテーション

  • コンポーネント
    • ソリューション
    • サービス
  • デプロイメント
    • クラウド
    • オンプレミス
  • アプリケーション
    • ビジネスプロセス最適化
    • ロジスティクスとサプライチェーンマネジメント
    • 緊急事態とインシデント管理
    • 自動化・制御管理
  • エンドユーザー
    • 石油・ガス
    • 化学
    • 自動車
    • エネルギー・電力
    • 飲食品
    • 航空宇宙・防衛
    • ヘルスケア・ライフサイエンス
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • インド
      • 中国
      • 日本
      • その他アジア太平洋地域
    • その他の地域
      • ラテンアメリカ
      • 中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Capgemini SE
    • Siemens AG
    • Emerson Electric Co.
    • National Instruments Corporation
    • Rockwell Automation Inc.
    • New Relic Inc.
    • IQMS Inc.(Dassault Systemes)
    • QIMA Limited
    • Konecranes Oyj
    • Oracle Corporation

第7章 投資分析

第8章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 69452

The production monitoring market is expected to register a CAGR of 8.2% during the forecast period, 2021-2026. Due to a number of economic, radical, and market factors across the world, a significant revolution has been happening within the manufacturing industry. Both augmented reality (AR) and virtual reality (VR) in Industry 4.0 bridge the gap between the digital/cyber/virtual world and the physical world. VR and AR technology, when integrated into a factory environment and equipment via devices and sensors, can help keep track of the manufacturing processes and production. This helps optimize and enhance machine productivity (quantity, quality, speed, and flexibility), improving the overall ROI of the enterprise. In April 2020, Flex decided to enhance its global manufacturing processes and delivering customer solutions through augmented/virtual reality, which may help in design, usability, and product lifecycle management. Further implementations by other players may provide a future trend in the production monitoring market.

Key Highlights

  • Demand for a centralized monitoring system with predictive maintenance of assets drives the market. Predictive maintenance has been adopted recently in the heavy manufacturing industry, such as predictive maintenance of a gas turbine, a vacuum pump, and an aircraft engine. Overall, the predictive maintenance framework is able to perform real-time detection, visualization, alert creation, as well as recommendations for fixes on different stages of the manufacturing process through the centralized system.
  • Players are focused on implementing a solution that can be integrated with predictive maintenance. In April 2020, Kistler introduced a flexible, new amplifier for industrial applications and a miniature charge amplifier with IO-Link suitable for use in robotics, the packaging industry, the food and the beverage sector, and for OEMs. IO-Link technology supplies users with real-time data to monitor the condition of their plants and measurement chains through predictive maintenance.
  • The adoption of IoT-based solution for control and monitoring of additive manufacturing processes drives the market. According to AMFG, as of 2019, the additive manufacturing industry was estimated to be worth over USD 9 billion, and it is further estimated to be worth more than the current market value in future. Additive manufacturing enables the fast, flexible, and cost-efficient production of parts directly from 3D CAD data. For the management of additive manufacturing machines, the application of beacon technology in the factory environment allows the communication of production indexes extracted from the machines via mobile devices and IoT (Internet of Things).
  • Furthermore, two types of beacons can be used where some beacons can broadcast an entire URL, such as the beacons that follow the Eddystone-URL or Ephemeral URL standards. These beacons can directly send the machine HMI Internet Address. With the integration of IoT, the market for production monitoring signifies a potential growth in the coming future.
  • The COVID-19 pandemic is growing the demand for production monitoring solutions integrated with cloud deployment for many end users, such as automotive, healthcare, and aerospace. The demand for medical equipment is growing significantly during this pandemic. In April 2020, India and Russia discussed facilitating the emergent needs of equipment on both sides as part of their efforts to contain COVID-19. Both sides decided to be in touch with monitoring and facilitating the emergent needs of the equipment. This inhibits the demand for software solutions mostly deployed through a cloud solution.
  • Moreover, in April 2020, RecycleGO collaborated with Mask Force NYC to bring fast-track relief to healthcare providers due to the COVID-19 outbreak in the United States. In less than 14 days, RecycleGO built a fast-track global supply chain and distribution network for Mask Force NYC. Once the masks arrived in New York in April, RecycleGO worked with Mask Force NYC to organize mask distribution logistics using its dual-system logistics operations software. This logistics software is used for dispatchers, mission control, and its route optimization application.
  • However, data security concerns and privacy issues are challenging the market growth. Metals, capital goods, and electronics industries are fast becoming inclined to cybersecurity risks, as investments in manufacturing systems are incorporated with connected devices. Manufacturers have become more unsafe for cyber-attacks after shifting toward cloud infrastructure and services.
  • The threat has now become very striking to the manufacturing sector, which faces risks from the hacking of the IoT investments to the intellectual IP theft from China and other countries. According to a recent study by Wipro, out of the total critical resources or assets offered on the Dark Web in 2019, 14% were from the manufacturing sector.

Key Market Trends

Automation and Control Management to Witness Significant Growth in Oil and Gas

  • According to Forbes, the dependency of the oil and gas industry on automation increased in the last decade, which is further expected to double by 2020 with the increasing demand for crude oil. Initiatives to digitize oil fields are being implemented, which has led to investments in instrumentation to increase productivity and complete projects within defined budgets and timelines.
  • The automation sector has evolved from supplying hardware equipment with aftermarket services to becoming more service-based and offering software tools that can translate huge volumes of data into meaningful, intelligent information that can be leveraged to make important business decisions. In April 2019, AeonX Limited (Nigeria) signed the oil and gas partnership agreement with WFS Technologies to promote and deliver the full range of state-of-the-art Seatooth products for asset integrity and flow assurance monitoring to the existing and new clients in Nigeria.
  • Furthermore, one of the largest expenses for oil and gas companies comes through the process of drilling. Not only is drilling costly, but it is also highly technical and involves considerable safety risks for workers. Automating manual portions of that process, like pipe handling and pressure drilling, can significantly reduce safety risks and speed up the overall drilling process.
  • In April 2020, Brazilian offshore drilling services provider, Ocyan, launched the Ocyan Waves program, where the offshore drilling platforms provide several supervisory systems that connect different equipment by sensors using automation. The systems are able to emit alarms when some equipment exceeds its minimum or maximum index, warning the operator that something is wrong.
  • Furthermore, some companies have started using automated weather sensors to detect changes in seismic activity, as well as ocean and atmospheric levels. This can help predict when conditions are right for major natural weather events, such as earthquakes and hurricanes, thereby, enabling oil and gas companies to take the proper safety precautions in real-time. Due to a high degree of automation, the developed technology can be implemented as a geoinformation web service for all-weather up-to-the-date monitoring of oil extraction areas. This web service can be used to determine the area of fields, control production activity, and estimate oil production, supervise development and production activities, and assess anthropogenic load in oil production areas.
  • The measurement of pressure and flow of oil is a task that can easily be improved through automation. Installing smart sensors can help in connecting to centralized monitoring software, thus, allowing pressure, flow, and level of oil to be reported remotely from the field, without the need for on-site crew. Upon receiving this information, rig crews can monitor and adjust the settings as needed.
  • In April 2020, Yokogawa introduced AI-enabled versions of SMARTDAC+ Paperless Recorders and Data Logging Software, as well as Environmentally Robust AI-enabled e-RT3 Plus Edge Computing Platform, for industry applications, including oil and gas. Recorders used in manufacturing and R&D acquire, display, and record data on voltage, current, temperature, flow rate, pressure, and other process variables in the oil and gas industry.
  • Furthermore, due to the COVID-19 pandemic, the strategy to implement automation monitoring is increasing. In April 2020, a Finnish-Russian industrial digital solutions provider, Zyfra, stated that companies in the field of machinery, mining, and oil and gas from Russia and India should focus on speeding up their digital transformation. Zyfra also called upon the companies to jointly develop industrial digitalization technologies and share best practices to minimize the negative consequences of the COVID-19 pandemic on their businesses and supply chains. Hence, the demand for automation production monitoring is expected to significantly increase during the pandemic.

North America Accounts for Significant Market Share

  • North America is the largest contributor to the production monitoring market, as the region is technologically advanced. The North American countries have developed infrastructure and skilled workforce, which help the production monitoring solution providers offer 24/7 support and maintenance to their clients.
  • In the United States, most of the industries are sophisticated users of data analytics systems, and they are ready to deploy a new platform with new architecture and capabilities to monitor the production. Furthermore, players are focused on providing new solutions. In April 2020, Altair announced a major release of Panopticon, its comprehensive platform for user-driven monitoring and analysis of real-time trading and market data. These include operational data analytics applications in manufacturing, logistics, telecoms, oil and gas production, and energy distribution.
  • Furthermore, companies in the United States, where employees are more than 100 in number, are adopting cloud-based applications. It has been estimated that nearly 35% of SMBs in the country have already deployed cloud solutions integrating with BPM (Business Process Optimization). This further holds the ptential for growth for production monitoring in the services segment.
  • In March 2020, Sysdig Inc. announced cloud monitoring at scale with full Prometheus compatibility in the United States and Canada. It enables companies to confidently run cloud-native workloads in production. With the Sysdig Secure DevOps Platform, cloud teams embed security, validate compliance, and maximize performance and availability.
  • Also, the launch of Predictive Maintenance-as-a-Service (PMaaS) by Rockwell Automation is assisting industries in the United States by providing service on critical assets identified by the customer, analyzing data from connected technologies, such as sensors, control systems, and smart machines, and identifying normal operations and build out data models to help predict, monitor, and mitigate future failures or issues as part of the preventive maintenance strategy.
  • According to the U.S. Energy Information Administration, the United States may become a net energy exporter in 2020 and remain so throughout the projection period, as a result of large increases in the production of crude oil, natural gas, and natural gas plant liquids (NGPL), coupled with slow growth in the US energy consumption. This factor is likely to boost the demand for production monitoring solutions at present and in future.
  • Furthermore, in the most severe cases of COVID-19, the race to build more ventilators has seen automakers, like Ford, General Motors, and Tesla, morph into ventilator distributors and designers while helping medical device companies to scale up production of the critical equipment. While there were around 160,000-200,000 ventilators in the United States as of mid-March 2020, some health experts believe that as many as 1 million COVID-19 patients may need the devices in the country over the course of the pandemic. This further leads to the usage of production monitoring software to help these companies prevent the shortage in future, based on the situation.

Competitive Landscape

The production monitoring market is highly fragmented, and the major players have used various strategies, such as new product launches, agreements, and expansions, to increase their footprints in this market. Most businesses across the whole spectrum combine at least two or three different tools to monitor and run their production monitoring. The key players are Capgemini SE and Siemens AG, among others. Recent developments in the market are -

  • Mar 2020 - NEC Corporation announced a collaboration with Siemens in the IoT field for providing a monitoring and analysis solution in manufacturing, which connects MindSphere, the cloud-based, open IoT operating system from Siemens, and the NEC's System Invariant Analysis Technology (SIAT). NEC is joining the MindSphere Partner Program to get access to specialized technical training and support from Siemens, as well as a number of joint go-to-market capabilities.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Demand for Centralized Monitoring and Predictive Maintenance of Assets
    • 4.2.2 Adoption of IoT-based Solution for Control and Monitoring of Additive Manufacturing Processes
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Data Security Concerns and Privacy Issues
  • 4.4 Industry Value Chain Analysis​
  • 4.5 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis​
    • 4.5.1 Threat of New Entrants
    • 4.5.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.5.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.5.4 Threat of Substitute Products
    • 4.5.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.6 Assessment of Impact of COVID-19 on the Industry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Component
    • 5.1.1 Solutions
    • 5.1.2 Services
  • 5.2 Deployment
    • 5.2.1 Cloud
    • 5.2.2 On-premise
  • 5.3 Application
    • 5.3.1 Business Process Optimization
    • 5.3.2 Logistics and Supply Chain Management
    • 5.3.3 Emergency and Incident Management
    • 5.3.4 Automation and Control Management
  • 5.4 End User
    • 5.4.1 Oil and Gas
    • 5.4.2 Chemical
    • 5.4.3 Automotive
    • 5.4.4 Energy and Power
    • 5.4.5 Food and Beverage
    • 5.4.6 Aerospace and Defense
    • 5.4.7 Healthcare and Life Sciences
    • 5.4.8 Other End Users
  • 5.5 Geography
    • 5.5.1 North America
      • 5.5.1.1 United States
      • 5.5.1.2 Canada
    • 5.5.2 Europe
      • 5.5.2.1 Germany
      • 5.5.2.2 United Kingdom
      • 5.5.2.3 France
      • 5.5.2.4 Rest of Europe
    • 5.5.3 Asia-Pacific
      • 5.5.3.1 India
      • 5.5.3.2 China
      • 5.5.3.3 Japan
      • 5.5.3.4 Rest of Asia-Pacific
    • 5.5.4 Rest of the World
      • 5.5.4.1 Latin America
      • 5.5.4.2 Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Capgemini SE
    • 6.1.2 Siemens AG
    • 6.1.3 Emerson Electric Co.
    • 6.1.4 National Instruments Corporation
    • 6.1.5 Rockwell Automation Inc.
    • 6.1.6 New Relic Inc.
    • 6.1.7 IQMS Inc. (Dassault Systemes)
    • 6.1.8 QIMA Limited
    • 6.1.9 Konecranes Oyj
    • 6.1.10 Oracle Corporation

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS