デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
965351

生分解性マルチフィルム市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)

Biodegradable Mulch Film Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=136.25円
生分解性マルチフィルム市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

生分解性マルチフィルム市場は、予測期間2021年~2026年にCAGR8.5%を記録すると予想されています。土壌中での生分解性は、農園芸製品に大きなメリットをもたらします。生分解性マルチングフィルムは、耕作者が畑から回収してリサイクルするのではなく、使用後にバイオプラスチックマルチをすき込むことができ、作業効率が向上するという使い勝手の面で急速に改善されています。しかし、生分解性マルチを使用することで起こりうる環境への影響については十分に調査されておらず、安全性を検証するための国際規格であるISO 17088, ASTM D6400, ISO 17556, ASTM D5988は研究段階です。

主なハイライト

  • 温室プロジェクトの拡大が市場を牽引。世界温室野菜統計によると、世界には1,228,000エーカーの温室栽培スペースがあり、生産が行われています。生分解性プラスチックマルチの断片は、完全に生分解される前に物理的に土壌を改質します。しかし、PEプラスチック片は土壌の浸透と吸水性を低下させ、その蓄積は温室栽培の土壌生態系、ひいては植物の発芽と成長に影響を与える可能性があります。したがって、生分解性マルチフィルム市場の需要は、このセグメントで増加します。
  • また、世界各国の政府による有機マルチングに関する規制が、市場を牽引しています。例えば、欧州ではEN17033が農業や園芸で使用される生分解性マルチフィルムの新製品規格として制定されており、必要な要件や試験方法などが規定されています。この規格は、農家、流通業者、関係者が明確に参照できるように設計されています。EN 17033は、欧州で以前から存在する他の国家規格に取って代わる可能性が高くなっています。
  • 製造過程で有害な添加物が加えられることに加え、設置費用が高いことが市場の成長を阻んでいます。このような初期コストの高いマルチフィルムが入手できないことが、成長の障害となっています。また、生分解性マルチフィルムの製造において、利益を上げるために可塑剤が使用されていることが、農民の意識の高まりとともに市場の課題となる可能性があります。

主な市場動向

果物・野菜が大きなシェアを占める

  • 農業業界では、生分解性マルチフィルムが土壌圧縮、肥料溶出、水分蒸発、雑草問題の軽減、地温上昇に大きな効果を発揮し、作物の高収量獲得と初期生育を促進させ、さらに生分解性という利点もあることが認識されています。
  • 果物や野菜に使用されるマルチフィルムの割合が多く、その廃棄に関するあらゆる環境問題があるため、生分解性マルチフィルムは、従来のポリエチレンマルチに代わる最適なソリューションであると思われます。
  • また、従来のマルチフィルムの廃棄物は、土壌や野菜残渣で非常に汚染されているため、リサイクル工程に費用と時間がかかり、不経済であるという環境問題があります。生分解性マルチフィルムは、使用後は土壌やコンポストに直接投入し、土壌微生物による生分解を受けるという利点があります。そのため、時間と費用の両方を節約することができます。
  • BASF社は、バイオベース成分を含むポリマーPLA(ポリ乳酸)からなるポリマーEcovio Mを提供しており、これは完全に生分解性です。収穫後に農家が苦労してマルチフィルムを回収する必要がなく、そのまま耕すことができるため、時間とコストの節約につながるという利点があります。
  • さらに、ヒマラヤ山脈横断地域で作物の生産性向上のためにプラスチックマルチを大規模に採用する場合、残留するプラスチックフィルムによる汚染被害が大きな懸念材料になり得ます。2019年7月、DRDOは、作物の成長に関する低コストの生分解性マルチング材料の採用のためにその研究を行うことを発表しました。これはさらに市場の成長を高める。
  • さらに、イタリアは年間何トンもの新鮮な果物や野菜を他国に輸出しており、Novamontなどのプレーヤーが野菜加工用のマルチフィルム「Mater-Bi」を提供しています。イタリアは欧州の主要なトマト生産国です。Associazione Nazionale Industriali Conserve Alimentari Vegetaliによると、2018年上半期から2019年上半期にかけてのイタリアにおけるトマト製品の輸出額は、7億7950万ユーロから8億4760万ユーロに増加したとのことです。

アジア太平洋地域が大幅な市場成長を遂げる

  • アジア太平洋地域は、生分解性マルチフィルムにおいて最も高い成長率を示すと予測されており、特に中国とインドにおける人口の増加が食料需要の増加をもたらし、それが作物生産における生分解性マルチフィルムの使用量の増加につながったからです。
  • また、農作物の生産性を向上させるために、政府も必要な措置を講じています。2020年1月、中国では、政府の国家発展改革委員会が、農業分野において生分解性マルチフィルムを含む非プラスチック製品を普及させたいとしています。
  • さらに、インドでは、政府が今後数年間の豆類の生産量を試算し、生分解性マルチフィルムの需要を大幅に引き上げています。Seed Divisionによると、2020-2021年の間に3,975,165キンタルの豆類が栽培される予定で、2019-2020年と比較して308,947キンタル増加します。
  • さらに、シンガポールに本社を置くバイオテクノロジー新興企業RWDC産業は、ベンチャーキャピタルであるVickers Venture PartnersとWI Harper Groupが共同主導する1300万米ドルのシリーズA2ラウンド案件を完了したと発表しました。この資金は主に、2019年にRWDCのPHA(ポリヒドロキシアルカノエート)生産能力を拡大するために使用される予定でした。

競合情勢について

生分解性マルチフィルム市場は断片化されており、主要プレイヤーはこの市場での足跡を増やすために新製品の発売や契約など、様々な戦略を用いています。主なプレイヤーは、BASF SE、BioBag International ASなどです。市場の最近の動向は-。

  • 2019年8月-BASF社は、PBAT(ポリブチレンアジペートテレフタレート)Ecoflexとして知られる同社の生分解性コポリエステルと再生可能原料に基づく他の主要生分解性ポリマーから作られるEcovio M 2351として知られるマルチフィルム用の認定土壌生分解性プラスチックを発表しました。Ecovio M 2351で作られたマルチフィルムは、自然界に存在する微生物が土壌中のフィルムの構造を認識するため、機械的収穫後に土壌に鋤き込むことが可能です。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 調査の前提
  • 本調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 温室事業の拡大
    • 世界各国における有機マルチングに対する政府からの支持的な規制
  • 市場の抑制要因
    • 高い導入コストと製造における有害な添加物の添加
  • 産業バリューチェーン分析
  • 業界の魅力- ファイブフォース分析分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場のセグメンテーション

  • ポリマー
    • 澱粉
    • ポリヒドロキシアルカノエート(PHA)
    • ポリ乳酸(PLA)
    • その他ポリマー(脂肪族-芳香族コポリマー(AAC)
  • 用途
    • 果実・野菜
    • 花卉
    • 穀物・油糧種子
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • インド
      • 中国
      • 日本
      • その他アジア太平洋地域
    • その他の地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • BASF SE
    • BioBag International AS
    • Organix AG
    • Armando Alvarez Group
    • Novamont SpA
    • Agriplast Tech India Pvt Ltd
    • Pooja Plastic Industries
    • Barbier Group
    • Dubois Agrinovation
    • Hopewell Industries
  • Investment Analysis

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 69049

The biodegradable mulch film market is expected to register a CAGR of 8.5% during the forecast period 2021 - 2026. Biodegradability in the soil provides huge benefits for agricultural and horticultural products. Biodegradable mulching films has made rapid improvement in terms of usability that allows cultivators to plow in bioplastic mulch after use, instead of collecting them from the field for recycling, which improves operational efficiency. However, the potential environmental consequences of using biodegradable mulches have not been thoroughly studied, and the international standards, such as ISO 17088, ASTM D6400, ISO 17556, and ASTM D5988, for validating their safeness are in the ongoing research phase.

Key Highlights

  • The expansion of the greenhouse project drives the market. According to the World Greenhouse Vegetable Statistics, there are 1,228,000 acres of greenhouse growing space for production worldwide. Biodegradable plastic mulch fragments physically modify soil before they are fully biodegraded. However, PE plastic fragments reduce soil infiltration and water absorption, by which the accumulation may affect soil ecosystems in greenhouse plantation and ultimately, plant germination and growth. Thus, the demand for biodegradable mulch film market increases in this segment.
  • Supportive regulation from the governments for organic mulching across the world is driving the market. For instance, in Europe, EN 17033 is the new product standard made for biodegradable mulch films used in agriculture and horticulture and specifies the necessary requirements and test methods. The standard is designed for a clear reference to farmers, distributors, and stakeholders. EN 17033 is more likely to replace other pre-existing national standards in Europe.
  • High installation cost, along with the addition of harmful additives during the manufacturing process, challenges the growth of the market. The deficit of availability of such mulch films with high initial costs is challenging the growth. Moreover, the involvement of plasticizers in the manufacturing of biodegradable mulch film to make profits may challenge the market with growing awareness among the farmers.

Key Market Trends

Fruits and Vegetables to Account for a Significant Share

  • The agricultural industry has recognized the major benefits of biodegradable mulch films in the reduction of soil compaction, fertilizer leaching, moisture evaporation, weed problems, and increasing soil temperature, which helps to obtain higher yield and increase early growth in crops, while providing the additional benefit of biodegrading.
  • Due to the large proportion of mulch films used in fruits and vegetables and all the environmental problems related to their disposal, the biodegradable mulch films seem to be the best solution for replacing the conventional polyethylene mulches.
  • Additionally, traditional mulch film waste causes an environmental problem, because it is very contaminated with soil and vegetable residues, turning the recycling process expensive and time-consuming, being an uneconomic activity. These biodegradable mulch films have the advantage of being disposed directly into the soil or into a composting system at the end of their lifetime and undergo biodegradation by soil microorganisms. This saves time and money both.
  • BASF offers the polymer Ecovio M, which is made up of polymer PLA (polylactic acid), which contains biobased content, and it is completely biodegradable. The advantage is that the farmer does not have to laboriously collect the mulch films after harvest but can plow it directly, which helps in saving time and money.
  • Additionally, a major concern for large-scale adoption of plastic mulch for crop productivity enhancement in the trans-Himalayan region could be the resultant pollution hazards caused by residual plastic film. In July 2019, the DRDO announced to do its research for the adoption of low-cost biodegradable mulching materials on crop growth. This further increases the market growth.
  • Furthermore, Italy exports yearly tons of fresh fruits and vegetables to other countries, and players, such as Novamont, offer Mater-Bi mulch film for processing vegetables. Italy is the main European producer of tomato. According to the Associazione Nazionale Industriali Conserve Alimentari Vegetali, the export value of tomato products in Italy from the first half-year of 2018 to the first half-year of 2019 increased from EUR 779.5 million to EUR 847.6 million.

Asia-Pacific to Witness Significant Market Growth

  • The Asia-Pacific region is projected to grow at the highest rate in the biodegradable mulch film, as the increasing population, especially in China and India, resulted in the increasing demand for food, which leads to an increased usage of biodegradable mulch films in crop production.
  • The government is also taking necessary steps to improve the productivity of crops. In January 2020, in China, the government's National Development and Reform Commission stated that China wants to promote non-plastic products, including biodegradable mulch film, in the agriculture sector.
  • Additionally, in India, the government estimated the quantity production for pulses for the coming years, which significantly raises the demand for biodegradable mulch films. According to Seed Division, 3,975,165 quintal pulses are to be farmed during 2020-2021, with an increment of 308,947 quintals compared to the year 2019-2020.
  • Furthermore, the Singapore-headquartered biotech startup RWDC industry announced that it closed a USD 13 million Series A2 round deal co-led by venture capital firms, Vickers Venture Partners and WI Harper Group. The money was primarily being used to expand RWDC's PHA (polyhydroxyalkanoate) production capacity in 2019.

Competitive Landscape

The biodegradable mulch film market is fragmented, and the major players are using various strategies, such as new product launches and agreements, to increase their footprints in this market. Key players are BASF SE, BioBag International AS, etc. Recent developments in the market are -

  • Aug 2019 - BASF announced a certified soil-biodegradable plastic for mulch films known as Ecovio M 2351, which is made from its biodegradable co-polyester known as PBAT (polybutylene adipate terephthalate) Ecoflex and other major biodegradable polymers that are based on renewable raw materials. Mulch films which are made of Ecovio M 2351 can be plowed into soil after its mechanical harvest, as naturally occurring micro-organisms recognize the structure of the film in the soil.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Expansion of Greenhouse Projects
    • 4.2.2 Supportive Regulation from the Governments for Organic Mulching Across the World
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Installation Cost and Addition of Harmful Additives in Manufacturing
  • 4.4 Industry Value Chain Analysis
  • 4.5 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.5.1 Threat of New Entrants
    • 4.5.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.5.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.5.4 Threat of Substitute Products
    • 4.5.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Polymer
    • 5.1.1 Starch
    • 5.1.2 Polyhydroxyalkanoates (PHA)
    • 5.1.3 Polylactic Acid (PLA)
    • 5.1.4 Other Polymers (Aliphatic-Aromatic Copolymers (AAC))
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Fruits and Vegetables
    • 5.2.2 Flowers and Plants
    • 5.2.3 Grains and Oilseeds
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 India
      • 5.3.3.2 China
      • 5.3.3.3 Japan
      • 5.3.3.4 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Rest of the World

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 BASF SE
    • 6.1.2 BioBag International AS
    • 6.1.3 Organix AG
    • 6.1.4 Armando Alvarez Group
    • 6.1.5 Novamont SpA
    • 6.1.6 Agriplast Tech India Pvt Ltd
    • 6.1.7 Pooja Plastic Industries
    • 6.1.8 Barbier Group
    • 6.1.9 Dubois Agrinovation
    • 6.1.10 Hopewell Industries
  • 6.2 Investment Analysis

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS