デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
964565

実用航空機の市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Utility Aircraft Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 78 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.18円
実用航空機の市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 78 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

実用航空機市場は、予測期間中に4*%以上のCAGRで成長すると予測されています。

主なハイライト

  • 市場の成長を促す主な要因は、軍事近代化計画や、各国の航空機の強化や古い航空機の代替に向けた支出の増加、消防、農業、スポーツ活動などさまざまな分野での航空機の利用が拡大していることです。
  • 実用航空機の利点は、人や物資の輸送など、状況に応じてさまざまな使い方ができること、また、大型で重い(特殊)航空機が使用できない場合や実際に必要ない場合は、同じ航空機を代用できることなどが、市場での需要を支えています。
  • ただし、パンデミック(COVID-19)の影響により、2021年後半までは市場は減速すると予想されています。

主な市場動向

軍用機が最大の市場シェアを占める

実用航空機は、用途別に軍用、民間、商用に分類されます。軍用セグメントは2019年に最大の市場シェアを占め、予測期間を通じて市場を独占することが予想されます。

先進国だけでなく、発展途上国も軍事技術や装備の強化に向けた支出を増やしています。先進国は、軍事力を強化するために古い航空機群を新しい先進的な航空機群に置き換えており、インドのような発展途上国は、軍隊を近代化し、敵対者からのあらゆる可能な攻撃に備えるために古い航空機群を置き換えるだけでなく、新しい航空機を導入しています。

例えば、次のようなことです。

  • 2019年12月、米国とチェコ共和国は約6億5000万米ドルの契約を締結し、これはUH-1Yヴェノム実用ヘリコプター8機とAH-1Zヴァイパー攻撃ヘリコプター4機を売却するためのものです。
  • 2020年2月、HALはDefExpo 2020で開催された「Bandhan」プログラムにおいて、老朽化したチーターとチェタックヘリコプターの後継機としてDRDOから初期運用許可証を受領しました。

アジア太平洋地域は最も高いCAGRで成長

2019年の間に、アジア太平洋地域は世界的に最も高い市場シェアを記録し、予測期間中に最も高いCAGRで成長すると予想されています。防衛技術の近代化プログラムの下で古い技術を置き換えるために、この地域の政府の防衛分野への支出が増加していることや、この地域の経済状況や活動におけるその他の技術的進歩のために、アジア太平洋地域の実用航空機市場は世界市場を独占すると予想されます。

例えば、2019年7月、インド海軍は、フランス設計のチェタックチョッパーの古くなった艦隊を置き換えるために、戦略的パートナーシップモデルの下、インドで111機の海軍用多目的ヘリコプター(NUH)を製造する計画であると発表しています。米国Lockheed Martin、欧州Airbus Helicopters、ロシアHelicoptersは、インド企業との提携により現地でヘリを製造する21,738クローネのプロジェクトに注目しています。

2019年10月、中国航空工業集団(AVIC)傘下のHarbin Aircraft Industry Groupは、アクティブ振動制御、フライバイワイヤ、ローターの低騒音設計、ローターの高性能空力設計などの先進技術を含むZ-20ユーティリティヘリコプターを発表しています。

競合情勢

実用新案航空機市場は細分化されており、多くの企業が小さな市場シェアを獲得しています。実用航空機市場における著名な企業には、ボンバルディア社、レオナルド社、ベル社、エアバス社、テキストロン社などがあります。同市場のプレイヤーは、市場シェアを獲得するために、顧客基盤の拡大や市場への参入を進めています。

例えば、2020年6月、Helinet Aviation社は、カリフォルニア州の空中消防隊にUH-60ブラックホークヘリコプターを追加することを発表し、これをもって実用機市場に参入しました。

2020年1月、ロールス・ロイスは、2019年に4つの新しいヘリコプターの顧客を、同社のプレミアトータルケアエンジンサービシングプログラムに追加したことを発表しました。Collier Mosquito Control District、Life Flight Network、Red River Ranch、Centaurium Aviationの追加により、TotalCareヘリコプターの顧客は合計21社となっています。

2020年5月、MagnixとAeroTECは、初めて全電気セスナ機の空中テストに成功しました。MagniX社の750馬力のMagni500推進システムを搭載したCessna 208B Grand Caravan。セスナ・キャラバンは、その頑丈な実用性と柔軟性で知られ、最も広く使用されている実用機です。

その他の特典。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターズファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 航空機の種類
    • 固定翼
      • ターボプロップ
      • ターボシャフト
    • ロータークラフト
      • 軽飛行機
      • 中型
  • アプリケーションタイプ
    • 軍用
    • 民生・商業
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • インド
      • 中国
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ地域
      • カタール
      • アラブ首長国連邦
      • 南アフリカ共和国
      • その他の中東・アフリカ地域

第6章 競合情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • 企業プロファイル
    • Lockheed Martin
    • Airbus S.A.S.
    • Bombardier Inc.
    • Textron Inc.
    • Hindustan Aeronautics Limited
    • Leonardo S.p.A.
    • Bell Textron
    • Atlas Aircraft Corporation
    • Changhe Aircraft Industries Corporation
    • Harbin Aircraft Industry Group
    • United Aircraft Corporation

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 71319

The Utility Aircraft Market is projected to grow with a CAGR of more than 4*% during the forecast period.

Key Highlights

  • The primary factor driving growth for the market are military modernization programs and increased spending of several nations to enhance their aircraft fleets and replace old aircrafts, the increasing use of aircrafts in different fields like firefighting, agriculture, sports activities and others.
  • The advantage of using utility aircrafts are supporting its demand in the market, it can be used in different ways according to the situational demand, like transporting people, other supplies and the same aircraft can be used in place of big and heavy (specialized) aircraft when they are not availale or they are actually not required.
  • However, because of the ongoing pandemic COVID-19, the market is expected to witness slowdown till second half of the calendar year 2021 until things return to normal.

Key Market Trends

Military Holds Largest Market Share

By application type, Utility aircraft are segmented into military, civil and commercial. The military segment held the largest market share in 2019 and is expected to dominate the market throughout the forecast period.

The developed nations as well as the developing nations are increasing their spending in enhancing the military technology and equipment. The developed nations are replacing their old aircraft fleet with the new advanced fleet to strengthen their military might and the developing nations like India are including new aircrafts as well as replacing old fleets to modernize their army and be prepared for any possible attacks from their adversaries.

For instance,

  • In December 2019, United States and Czech Republic entered into a contract of about USD 650 million which is for the sale of eight UH-1Y Venom utility helicopters with four AH-1Z Viper attack helicopters.
  • In February 2020, HAL received the initial operational clearance certificate from DRDO, at the 'Bandhan' program held at the DefExpo 2020 to replace the ageing fleet of Cheetah and Chetak helicopters.

Asia-Pacific Grows with Highest CAGR

During the year 2019, the Asia-Pacific region registered the highest market share globally and is expected to grow with the highest CAGR during the forecast period. Owing to the increased spending of the government in the region in defense sector to replace the old technology under the modernization program of the defense technology and other technological advancements in the economic conditions and activities in the region the Utility Aircraft Market in Asia-Pacific region is expected to dominate the global market.

For instance, in July 2019, the Indian Navy announced that they are planning to build 111 naval utility helicopters (NUH) in India under the strategic partnership model to replace its outdated fleet of French-designed Chetak choppers. US firm Lockheed Martin, European Airbus Helicopters and Russian Helicopters are eyeing the INR 21,738-crore project that involves manufacturing the choppers locally in partnership with Indian firms.

In October 2019, Harbin Aircraft Industry Group under the Aviation Industry Corporation of China (AVIC), has unveiled the Z-20 utility helicopter which includes advanced technologies like active vibration control, fly-by-wire, low-noise design for rotor and high-performance aerodynamic design of the rotor.

Competitive Landscape

The Utility Aircraft Market is*fragmented, with*many players accounting for a small market share. Some of the prominent companies in Utility Aircraft Market are Bombardier Inc., Leonardo S.p.A., Bell, Airbus S.A.S. and Textron Inc. The players in the market are expanding their customerbase and entering in the market to gain the market share.

For instance, in June 2020, Helinet Aviation has announced addition of a UH-60 Black Hawk Helicopter to California's aerial firefighting fleet and with this they entered the utility aircraft market.

In January 2020, Rolls-Royce announced that they have added four new Helicopter customers in 2019 to its premier TotalCare engine servicing program. The addition of Collier Mosquito Control District, Life Flight Network, Red River Ranch, and Centaurium Aviation brings the total number of TotalCare helicopter customers to twenty-one.

In May 2020, MagniX and AeroTEC successfully tested all electric Cessna airplane in air for the first time. Cessna 208B Grand Caravan powered by MagniX's 750-horsepower Magni500 propulsion system. Cessna caravan is a utility aircraft which is most widely used and s known for its rugged utility and flexibility.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Restraints
  • 4.3 Porters Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Aircraft Type
    • 5.1.1 Fixed Wings
      • 5.1.1.1 Turboprop
      • 5.1.1.2 Turboshaft
    • 5.1.2 Rotorcrafts
      • 5.1.2.1 Light
      • 5.1.2.2 Medium
      • 5.1.2.3 Heavy
  • 5.2 Application Type
    • 5.2.1 Military
    • 5.2.2 Civil & Commercial
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia Pacific
      • 5.3.3.1 India
      • 5.3.3.2 China
      • 5.3.3.3 Japan
      • 5.3.3.4 South Korea
      • 5.3.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle-East and Africa
      • 5.3.4.1 Qatar
      • 5.3.4.2 United Arab Emirates
      • 5.3.4.3 South Africa
      • 5.3.4.4 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles
    • 6.2.1 Lockheed Martin
    • 6.2.2 Airbus S.A.S.
    • 6.2.3 Bombardier Inc.
    • 6.2.4 Textron Inc.
    • 6.2.5 Hindustan Aeronautics Limited
    • 6.2.6 Leonardo S.p.A.
    • 6.2.7 Bell Textron
    • 6.2.8 Atlas Aircraft Corporation
    • 6.2.9 Changhe Aircraft Industries Corporation
    • 6.2.10 Harbin Aircraft Industry Group
    • 6.2.11 United Aircraft Corporation

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS