デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
964138

木質系繊維の市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Wood-based Fibers Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=135.89円
木質系繊維の市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

木質系繊維の市場は、予測期間中に世界全体でCAGR6%以上を記録すると予想されています。

*繊維産業からの需要増が市場成長を牽引しています。

*合成繊維、綿、ウールなどの代替品の入手が市場成長の妨げになる可能性が高いです。

主な市場動向

繊維産業からの需要拡大

*近年、木材を原料とするセルロース系繊維は、その持続可能な特性により、関心が著しく高まっています。

*これらの繊維は、植物由来の原料から抽出された天然ポリマーであるセルロースを原料とし、さらにポリマーを成形して、綿やウールなどの天然繊維と同じ化学構造を持つさまざまな技術(ビスコース、モダール、リヨセルなど)を用いて繊維にしたものです。

*各繊維は、それぞれ繊維産業で評価される特別な特性を持っているため、今後、繊維産業で広く使用されるようになります。全体的に、いくつかの国の繊維産業の上昇は、木質系繊維の市場成長を促進することが期待されます。

*SelectUSAによると、米国の繊維・アパレル産業は、2019年に約700億米ドルの価値があり、製造業の最も重要な分野の1つであり続けました。

*国家発展改革委員会によると、中国の繊維産業は2019年の最初の11ヶ月で安定した発展を遂げています。アパレルとニットウェアの国内小売売上高は、2019年に1兆2,000億元(172兆4千億米ドル)となり、2018年から3%の伸びを生み出しました。

*さらに、2020年インド連邦予算によると、繊維産業は同国の経済において重要な役割を果たし、工業生産高の13%以上、同国のGDPに2%以上貢献しています。

*上記の要因は、予測期間中に繊維産業における木質系繊維の市場を牽引すると予想されます。

アジア太平洋地域が世界市場を独占する見込み

*アジア太平洋地域は、中国やインドなどの国からの需要の増加により、木質系繊維の市場を独占すると予想されます。

*国家発展改革委員会によると、中国の繊維産業は2019年の最初の11ヶ月で安定した発展を見せています。アパレルとニットウェアの国内小売売上高は、2019年に1兆2千億人民元(172兆4,000億米ドル)となり、2018年から3%増加しました。

*さらに、2020年インド連邦予算によると、繊維産業は経済において重要な役割を果たし、工業生産高の13%以上、同国のGDPに2%以上寄与しています。

*インドの繊維産業は、手紡ぎ、手織りの繊維部門、ニット部門と、非常に多様です。インドの繊維産業は、India Brand Equity Foundation(IBEF)が提供する統計によると、2019年に2,500億米ドルと評価されています。

*繊維産業は、日本の国民経済において重要な役割を担っています。日本製品への高い需要のおかげで、製造業は国内で成長を遂げています。また、最新技術の導入が、日本の繊維製品の需要を押し上げています。

*インドネシアの繊維および繊維製品(TPT)は、127億8,000万米ドルの輸出額を記録しました。工業省は、2019年の繊維製品輸出額は135~138億米ドル程度と推定しており、2020年末にはさらに増加し、150億米ドルに達すると推定しています。これにより、インドネシアの総輸出額に占める同分野の割合は1.6%に上昇する見込みです。

*このような要因が、アジア太平洋地域における木質系繊維の市場を牽引すると予想されます。

競合情勢

世界の木質系繊維市場は、少数のプレイヤーが主要なシェアを占めており、統合的な性質を持っています。木質系繊維市場の主要企業には、Lenzing、Sappi、Bracell、Grasim Industries Limited(Aditya Birla Group)、Aoyang Technology、Rayonier Advanced Materialsなどがあります。

その他の特典。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 促進要因
    • 繊維産業での使用量増加
    • その他の促進要因
  • 抑制要因
    • 合成繊維、コットン、ウールなどの代替品の利用可能性
    • その他の制約要因
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い

第5章 市場セグメンテーション

  • 種類
    • ビスコース
    • モダール
    • リヨセル
    • キュプラ
    • その他のタイプ
  • 用途
    • アパレル・テキスタイル
    • ヘルスケア(パーソナルケア含む)
    • 自動車・輸送機器
    • その他の用途
  • 地域別
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • その他の欧州地域
    • その他の地域
      • 南米
      • 中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、共同研究、契約書
  • 市場シェア/ランキング分析
  • リーディングプレイヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • Aoyang Technology
    • Asahi Kasei Corporation
    • Bracell
    • Grasim Industries Limited(Aditya Birla Group)
    • Lenzing
    • Rayonier Advanced Materials
    • Sandong Yamei
    • Sappi

第7章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 71424

The market for wood-based fibers is expected to register a CAGR of more than 6% globally during the forecast period.

* Rising demand from the textile industry is driving the market growth.

* Availability of substitutes such as synthetic fibers, cotton, and wool are likely to hinder the growth of the market.

Key Market Trends

Growing Demand from Textile Industry

* In the recent years, interest in wood-based cellulosic fibers has increased significantly, due to its sustainability characteristics.

* These fibers are produced from the natural polymer cellulose, that has been extracted from plant-based materials, and then further shapes the polymers into fibers using different technologies (such as viscose, modal, lyocell) with the chemical structure identical to natural fibers such as cotton and wool.

* Each of the fiber types has its own special characteristics that are valued in the textile industry, thus widely preferred in textile industry through the upcoming years. Overall, rising textile industry across several countries is expected to drive the market growth of wood-based fibers.

* According to SelectUSA, the United States' textile and apparel industry was worth around USD 70 billion and remained one of the most significant sectors of the manufacturing industry in 2019.

* According to National Development and Reform Commission, China's textile industry have seen stable development in the first 11 months of 2019. Domestic retail sales of apparel and knitwear stood at CNY 1.2 trillion (USD 172.4 trillion), in 2019, generating a growth of 3% from the year 2018.

* Moreover, according to Union Budget 2020 India, textile industry plays a significant role in the economy of the country, contributing over 13% of the industrial output and over 2% to the GDP of the country.

* The above mentioned factors are expected to drive the market for wood-based fibers in textile industry during the forecast period.

Asia-Pacific Region to Dominate the Global Market

* Asia-Pacific region is expected to dominate the market for wood-based fibers owing to rising demand from countries such as China and India.

* According to National Development and Reform Commission, China's textile industry has seen stable development in the first 11 months of 2019. Domestic retail sales of apparel and knitwear stood at CNY 1.2 trillion (USD 172.4 trillion), in 2019, increased by 3% from the year 2018.

* Moreover, According to Union Budget 2020 India, textile industry plays a significant role in the economy, contributing over 13% of the industrial output and over 2% to the GDP of the country.

* The Indian textiles industry is extremely varied, with the hand-spun and hand-woven textiles sectors, knitting sector. The Indian textiles industry valued USD 250 billion in 2019, as per the statistics provided by India Brand Equity Foundation (IBEF).

* The textile industry plays a vital part in the national economy of Japan. Owing to the higher demand for Japanese goods, the manufacturing industry has been witnessing growth in the country. Additionally, the adoption of the latest technologies is boosting the demand for textiles in Japan.

* Indonesian textile and textile products (TPT) recorded an export value of USD 12.78 billion. The Ministry of Industry estimated that textile exports will be valued at around USD 13.5-13.8 billion in 2019 and are estimated to increase further to USD 15 billion by the end of 2020. This is likely to increase the sector's share of Indonesia's total exports to 1.6%.

* Such factors are expected to drive the market for wood-based fibers in the Asia-Pacific region.

Competitive Landscape

The global wood-based fibers market is consolidated in nature with few players occupying a major share in the global market. Some of the major companies in wood-based fibers market includes Lenzing, Sappi, Bracell, Grasim Industries Limited (Aditya Birla Group), Aoyang Technology, Rayonier Advanced Materials among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Rising Usage from Textile Industry
    • 4.1.2 Other Drivers
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Availability of Substitutes like Synthetic Fibers, Cotton, and Wool
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Viscose
    • 5.1.2 Modal
    • 5.1.3 Lyocell
    • 5.1.4 Cupro
    • 5.1.5 Other Types
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Apparel & Textile
    • 5.2.2 Healthcare (Including Personal Care)
    • 5.2.3 Automotive & Transportation
    • 5.2.4 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 France
      • 5.3.3.4 Italy
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 Rest of the World
      • 5.3.4.1 South America
      • 5.3.4.2 Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share/Ranking Analysis**
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Aoyang Technology
    • 6.4.2 Asahi Kasei Corporation
    • 6.4.3 Bracell
    • 6.4.4 Grasim Industries Limited (Aditya Birla Group)
    • 6.4.5 Lenzing
    • 6.4.6 Rayonier Advanced Materials
    • 6.4.7 Sandong Yamei
    • 6.4.8 Sappi

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS