デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
964018

オクタン価向上剤燃料添加剤市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)

Octane Improver Fuel Additives Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=137.31円
オクタン価向上剤燃料添加剤市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

オクタン価向上剤燃料添加剤市場は、予測期間中、世界的に3%を超えるCAGRで成長すると予想されています。エタノール混合燃料の需要増と高性能燃料の需要増が市場を牽引しています。一方、厳しい環境規制とCOVID-19の発生による不利な条件が、市場の成長を妨げています。

主なハイライト

  • オクタン価向上剤燃料添加剤市場は、エタノール混合燃料の需要増により、予測期間中に成長すると予想されます。
  • アジア太平洋地域は、中国やインドなどの国々が最も大きな伸びを示しており、世界市場を独占すると予想されます。

主な市場動向

エタノール混合燃料の需要拡大

  • オクタン価向上剤である燃料添加物の中で、エタノールは大きなシェアを占めており、予測期間中に急成長が見込まれます。
  • エタノールはオクタン価が約108であり、燃料のオクタン価を高めるために添加されます。エタノール混合燃料の使用は、NOX、CO、粒子状物質の排出を減少させる。エタノールは炭素と水素の比率が低いため、二酸化炭素の排出を減らし、燃費を向上させることができます。石油ベースの代わりにバイオベースから生産されたエタノールを使用することで、公害を削減し、予測期間中に市場を牽引することが期待されます。
  • 米国の一部地域では、E15、E40、E85で走行可能なフレキシブル燃料車の生産が2019-20年に大きく落ち込むことが判明しています。しかし、E15車の需要が高まり、初めてBMWのモデルがE15の使用を認可され、2020年末にはE25を発売する見込みです。
  • しかし、COVID-19の発生による未曾有の事態により、各国でのロックダウンの結果、旅行、観光、eコマースが完全に停止し、石油・ガスの消費が少なくとも日量500万バレル減少しており、2020年の消費に影響を与えると思われるが、2021年初めには通常通りになる見込みです。
  • 都市化の進展と温室効果ガス排出量削減のニーズの高まりが、予測期間中のオクタン価向上剤燃料添加剤市場を牽引すると予想されます。

アジア太平洋地域が市場を独占

  • アジア太平洋地域は、中国やインドといった国々からの需要の増加により、予測期間中にオクタン価向上剤燃料添加剤の市場を独占すると予想されます。
  • 公害や粒子状物質(PM 2.5)の排出を削減するため、中国政府は2020年末までにエタノール混合ガソリン10%の使用を義務付けるガイドラインを提案し、トウモロコシの生産を奨励することにより、中国はバイオベースの生産でエタノール需要を達成し、環境への影響を軽減することが期待されています。
  • 2010年初頭、ディーゼルはガソリンに対して約25ルピーの割引価格で購入できたが、現在ではその差は一桁になっています。価格差は縮小しており、今後はガソリン車志向が強まると予想されます。
  • インドのディーゼル車販売台数は、2012年度の50%以上に対し、2019年度は約19%であり、2020年4月からのBS-VIエンジン車の義務化により、より厳しい状況になっています。インド最大の自動車メーカーは、ディーゼル車モデルの大半の生産を中止すると発表しました。他のメーカーも戦略的なアプローチで、ハイエンドモデルや大型モデルのディーゼル車のみを生産すると見られています。ガソリン車に対する需要の高まりは、予測期間中のガソリン用オクタン価向上剤市場を牽引するものと思われます。
  • 前述の要因に加え、政府の支援が、予測期間中のアジア太平洋地域におけるオクタン価向上剤燃料添加剤市場の需要増加に寄与しています。

競合情勢

オクタン価向上剤燃料添加剤の世界市場は部分的に断片化されており、市場シェアを占める企業はわずかです。少数の企業には、Innospec、Dorf Ketal、Total、Afton Chemical、LyondellBasell Industries Holdings B.V.などがあります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 促進要因
    • エタノール混合燃料の需要拡大
    • 高性能燃料の需要拡大
  • 抑制要因
    • COVID-19の発生により生じた不利な状況
    • 厳しい環境規制
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターズファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い

第5章 市場セグメンテーション

  • 改良剤の種類
    • エタノール
    • メチル・ターシャリー・ブチルエーテル(MTBE)
    • メチルシクロペンタジエニルマンガントリカルボニル(MMT)
    • エチル・ターシャリー・ブチルエーテル(ETBE)
    • フェロセン
    • その他
  • 用途
    • ガソリン
    • レーシングフューエル
    • 航空燃料
    • その他
  • 地域別
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東・アフリカ地域
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ共和国
      • その他中東・アフリカ地域

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、コラボレーション、契約
  • 市場シェア分析/ランキング分析
  • リーディングプレイヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • Afton Chemical
    • BITA Trading GmbH
    • Cestoil Chemical Inc.
    • Dorf Ketal
    • Energizer Auto
    • Innospec
    • KENNOL Performance Oil
    • LIQUI MOLY GmbH
    • LUBRITA Europe B.V
    • LyondellBasell Industries Holdings B.V.
    • Penrite Oil
    • Ravensberger Schmierstoffvertrieb GmbH
    • Rheochemie GmbH
    • Total

第7章 市場機会と今後の動向

  • 環境負荷低減のための効率的な燃料への要求が高まる
目次
Product Code: 70752

The market for octane improver fuel additives is expected to grow at a CAGR greater than 3% globally during the forecast period. Growing demand for ethanol-blended fuels along with increasing demand for high-performance fuels are driving the market. On the flip side, stringent environmental regulations coupled with unfavorable conditions arising due to the COVID-19 outbreak are hindering the market growth.

Key Highlights

  • The octane improver fuel additives market is expected to grow during the forecast period owing to the growing demand for ethanol-blended fuels.
  • Asia-Pacific region to dominate the market across the globe with the largest growth from countries such as China and India.

Key Market Trends

Growing Demand for Ethanol-Blended Fuels

  • Among all octane improver fuel additives, ethanol occupies a major share and is expected to grow rapidly during the forecast period.
  • Ethanol has an octane rating of about 108 and is added to fuel to increase the overall octane rating of the fuel. The use of ethanol-blended fuel reduces the emission of NOX, CO, and particulate matter. Due to the lower carbon to hydrogen ratio, the use of ethanol reduces carbon-dioxide emissions and increases fuel efficiency. The use of ethanol produced from bio-based instead of petroleum-based is expected to reduce pollution and drive the market during the forecast period.
  • It is found that there is a significant drop in the production of flexible fuel vehicles in 2019-20 in some parts of the United States which can run on E15, E40, and E85. However, there is a rise in demand for E15 vehicles and for the first time BMW models were approved for use of E15 and it is expecting to launch E25 by the end of 2020.
  • However, due to unprecedented conditions arisen due to the COVID-19 outbreak the consumption of oil & gas is down by at least 5 million barrels per day due to lockdown in various countries resulting in the complete shutdown of travel, tourism, and e-commerce are likely to affect the consumption in 2020 and is expected to reach to normal by early 2021.
  • The growing urbanization and increasing need for reducing greenhouse gas emissions are expected to drive the market for the octane improver fuel additives during the forecast period.

Asia-Pacific Region to Dominate the Market

  • The Asia-Pacific region is expected to dominate the market for octane improver fuel additive during the forecast period due to an increase in demand from countries like China, and India
  • To reduce the pollution and particulate matter (PM 2.5) emissions, the Chinese government proposed guideline for the mandate adaptation of 10% ethanol-blended gasoline by the end of 2020 and by encouraging corn production, China is expecting to reach it's ethanol demand through bio-based production thereby reducing the impact on the environment.
  • In early 2010, diesel was available at a discount price of about INR 25 to petrol, but now the difference is in single digits. As the price differential is reducing, the preference for petrol(gasoline)-based vehicles is expected to grow in the future.
  • The Indian diesel cars sales accounted for about 19% in FYI 2019 compared to more than 50% in the year 2012, and the mandate of BS-VI engine vehicles from April-2020 made it much more difficult. India's largest automaker announced that it will discontinue the majority of its diesel car models production. While other manufacturers are expected to follow a strategic approach and will produce only high-end and heavy model diesel cars. The growing demand for petrol-based vehicles is expected to drive the market for gasoline octane improvers during the forecast period.
  • The aforementioned factors, coupled with government support, are contributing to the increasing demand for octane improver fuel additives market in the Asia-Pacific during the forecast period.

Competitive Landscape

The global octane improver fuel additives market is partially fragmented with players accounting for a marginal share of the market. Few companies include Innospec, Dorf Ketal, Total, Afton Chemical, and LyondellBasell Industries Holdings B.V.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Growing Demand For Ethanol-Blended Fuels
    • 4.1.2 Increasing Demand for High-Performance Fuels
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Unfavourable Conditions Arising Due to the COVID-19 Outbreak
    • 4.2.2 Stringent Environmental Regulations
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porters Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Improver Type
    • 5.1.1 Ethanol
    • 5.1.2 Methyl Tertiary Butyl Ether (MTBE)
    • 5.1.3 Methylcyclopentadienyl Manganese Tricarbonyl (MMT)
    • 5.1.4 Ethyl Tertiary Butyl Ether (ETBE)
    • 5.1.5 Ferrocene
    • 5.1.6 Others
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Gasoline
    • 5.2.2 Racing Fuels
    • 5.2.3 Aviation Fuels
    • 5.2.4 Others
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers & Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share Analysis/Ranking Analysis**
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Afton Chemical
    • 6.4.2 BITA Trading GmbH
    • 6.4.3 Cestoil Chemical Inc.
    • 6.4.4 Dorf Ketal
    • 6.4.5 Energizer Auto
    • 6.4.6 Innospec
    • 6.4.7 KENNOL Performance Oil
    • 6.4.8 LIQUI MOLY GmbH
    • 6.4.9 LUBRITA Europe B.V
    • 6.4.10 LyondellBasell Industries Holdings B.V.
    • 6.4.11 Penrite Oil
    • 6.4.12 Ravensberger Schmierstoffvertrieb GmbH
    • 6.4.13 Rheochemie GmbH
    • 6.4.14 Total

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Growing Demand for Efficient Fuels to Alleviate Impact on Environment