デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
963841

薄膜材料市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)

Thin Film Material Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=136.25円
薄膜材料市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

薄膜材料市場は、予測期間中に4%以上のCAGRで推移すると予想されています。市場の成長を促進する主な要因は、太陽光発電用の太陽電池に幅広く応用されていることです。また、プリント基板、センサー、コンデンサーなどの電子部品への応用も、薄膜材料市場の成長を促す要因となっています。一方、結晶シリコンなどの代替品の存在が市場の成長を妨げています。

主なハイライト

  • 薄膜材料は、従来の結晶シリコン技術に比べ、軽量、柔軟、セルの薄型化などの特性を持つため、太陽電池に多く使用されています。
  • アジア太平洋地域は、太陽光発電所の建設が盛んであることから、最大の市場シェアを占めると予想されます。

主な市場動向

光電池の需要拡大

  • 太陽光発電用の太陽電池に薄膜が使用されることで、市場規模が拡大しており、予測期間中、最大の消費分野となることが予想されます。
  • 薄膜材料は、軽量、フレキシブル、数ナノメートルから数十マイクロメートルまでのセルバリエーションなどの利点があり、結晶シリコン太陽電池(c-Si)など他の技術より好まれています。
  • このフィルムは、建築用太陽光発電や、窓に貼る半透明のグレージング材としても使用されています。
  • 技術の進歩により、建物の側面に太陽光発電(PV)を組み込むことが可能になり、従来のガラス窓を半透明の薄膜に置き換え、同時に構造物にクリーンエネルギーを生成することができます。
  • 再生可能エネルギー生産に対する政府の支援とともに、前述のすべての要因が、予測期間中、世界の薄膜材料市場を牽引すると予想されます。

アジア太平洋地域が市場を独占

  • アジア太平洋地域は、薄膜材料の世界市場において最大のシェアを占めており、予測期間中、最も急速に成長する地域であると予測されています。
  • インドと中国は、世界最大の太陽光発電所のほとんどを所有しています。
  • 中国のTengger太陽光発電所は寧夏省中尾にあり、Tengger砂漠の約1,200キロメートルをカバーし、1,547メガワットの発電量を誇ります。
  • インドのBhadla太陽光発電所は、ラジャスタン州ジョードプル地区にあり、2020年までに稼動する予定です。生産能力は2,255メガワットの見込みで、45平方キロメートルの敷地に広がります。
  • 中国広東省合歓市の薄膜ソーラーウォールプロジェクトなど、この地域の革新的なプロジェクトは、研究対象の市場に新しい扉を開くと予想されます。
  • 以上のことから、アジア太平洋地域の薄膜材料の需要は、予測期間中に大幅に増加することが予想されます。

競合情勢

薄膜材料市場は部分的に断片化されています。薄膜材料事業で活動している主要なプレーヤーは、Ascent Solar Technologies, Inc、Stanford Advanced Materials、Cicor Management AG、Hanergy Thin Film Power Group Europe、Kaneka Corporationなどです。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 促進要因
    • 光電池(PV)セルの需要拡大
    • 電子部品への応用拡大
  • 阻害要因
    • 代替品の出現
    • その他の阻害要因
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターズファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い

第5章 市場セグメンテーション

  • 種類
    • 銅インジウムガリウムセレン化物(CIGS)
    • テルル化カドミウム(CdTe)
    • アモルファスシリコン(a-Si)
    • その他のタイプ
  • 応用分野
    • 光電池(PV)セル
    • 半導体
    • マイクロエレクトロメカニカルシステム
    • その他の用途
  • 地域別
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • スペイン
      • その他の欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東・アフリカ地域
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他の中東・アフリカ地域

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、提携、契約
  • 市場シェア分析
  • 主要なプレーヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • Ascent Solar Technologies Inc.
    • Avancis GmbH
    • Cicor Management AG
    • First Solar
    • Hanergy Thin Film Power Group Europe
    • Kaneka Corporation
    • Moser Baer India Limited
    • Stanford Advanced Materials
    • Solar Frontier Kabushiki Kaisha
    • Trony Solar Holdings Co. Ltd

第7章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 68548

The thin film material market is expected to register a CAGR of over 4% during the forecast period. The major factor driving the growth of the market is its wide applications in solar photovoltaic cells for solar power generation. Other factors driving the growth of the Thin Film Material Market include its application in the electronic components such as printed circuit boards, sensors, capacitors, etc. On the flip side, the presence of close substitutes such as crystalline silicon, etc. are hindering the growth of the market.

Key Highlights

  • The major consumption of thin film materials is in photovoltaic cells because of their properties such as lightweight, flexibility, thinner cell variation, etc. compared to the traditional crystalline silicon technology.
  • The Asia-Pacific region is forecasted to own the largest market share owing to humungous photovoltaic solar power plants in the region.

Key Market Trends

Growing Demand for Photo voltaic Cells

  • Applications of thin films in the photovoltaic cells for solar power generation has amplified the market studied and is anticipated to be the largest consuming segment during the forecast period.
  • Thin film materials have advantages like lightweight, flexible, cell variation from a few nanometers (nm) to tens of micrometers (µm) due to which they are preferred over other techniques such as crystalline silicon solar cell (c-Si).
  • These films are also used in building integrated photovoltaics and as semi-transparent, photovoltaic glazing material that can be laminated onto windows.
  • With the increasing technological advancements, it's possible to integrate photovoltaics (PV) onto the sides of buildings, replacing traditional glass windows with a semi-transparent thin film, simultaneously generating clean energy for the structure.
  • All the aforementioned factors along with government support for renewable energy production is expected to drive the global thin film material market during the forecast period.

Asia-Pacific Region to Dominate the Market

  • The Asia-Pacific region accounts for the largest market share in the thin film material market globally and is also forecasted to be the fastest-growing region over the forecast period.
  • India and China own most of the largest solar photovoltaic power plants in terms of capacity across the globe.
  • The Tengger solar park in China, located in Zhongwei, Ningxia, covers about 1,200 kilometers of the Tengger desert and has an output of 1,547 megawatts of power.
  • Bhadla solar farm in India, which is in the Jodhpur district of Rajasthan, is set to be in operation by 2020. The production capacity of the plant is expected to produce 2,255 megawatts of electricity and is spread across 45 square kilometers.
  • Innovative projects from the region like Thin-Film Solar Wall Project in Heyuan City, Guangdong province from China is anticipated to open new doors for the market studied.
  • Hence, from the aforementioned factors, the demand for thin film materials in the Asia-Pacific region is expected to grow considerably over the forecast period.

Competitive Landscape

The thin film material market is partially fragmented. The major players operating in the thin film material business include Ascent Solar Technologies, Inc, Stanford Advanced Materials, Cicor Management AG, Hanergy Thin Film Power Group Europe, and Kaneka Corporation.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Growing Demand for Photo voltaic (PV) Cells
    • 4.1.2 Increasing Application in Electronic Components
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Availability of Close Substitutes
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porters Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Copper Indium Gallium Selenide (CIGS)
    • 5.1.2 Cadmium Telluride (CdTe)
    • 5.1.3 Amorphous Silicon (a-Si)
    • 5.1.4 Other Types
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Photo voltaic (PV) Cells
    • 5.2.2 Semiconductors
    • 5.2.3 Microelectromechanical systems
    • 5.2.4 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Spain
      • 5.3.3.6 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Aregentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 United Arab Emirates
      • 5.3.5.2 Saudi Arabia
      • 5.3.5.3 South Africa
      • 5.3.5.4 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share Analysis**
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Ascent Solar Technologies Inc.
    • 6.4.2 Avancis GmbH
    • 6.4.3 Cicor Management AG
    • 6.4.4 First Solar
    • 6.4.5 Hanergy Thin Film Power Group Europe
    • 6.4.6 Kaneka Corporation
    • 6.4.7 Moser Baer India Limited
    • 6.4.8 Stanford Advanced Materials
    • 6.4.9 Solar Frontier Kabushiki Kaisha
    • 6.4.10 Trony Solar Holdings Co. Ltd

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS