デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
963819

コンクリート接着剤市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Concrete Bonding Agent Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=136.25円
コンクリート接着剤市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

コンクリート接着剤市場は、予測期間(2021-2026年)に5%以上のCAGRで推移すると予測されています。

COVID-19のため、建物の改修や建設活動が停止し、補修、床材、装飾、およびその他のいくつかの用途に使用される接着剤の需要が減少しました。州間の移動が禁止されたため、インフォーマルセクターとも呼ばれる出稼ぎ労働者が流出し、サプライチェーンに大混乱をきたしました。そのため、建設資材の消費量が減り、需要と供給が減少しました。しかし、中国やインドなどの新興経済諸国により、建設業界は今後数年間で成長を遂げる可能性が高く、建設業界におけるコンクリート接着剤市場は拡大することが予想されます。インドでは、今後4年間で約1兆3,000億米ドルの住宅投資が見込まれており、その間に6,000万戸の住宅が新たに建設されると見られています。また、2024年には手頃な価格の住宅が70%程度増加すると予想されています。

主なハイライト

  • 中期的には、建築・建設分野での用途拡大が市場成長の原動力となっています。
  • 一方で、消費者の認知度が低いことが市場成長の妨げになると予想されます。
  • アジア太平洋地域は世界市場を独占しており、中国、インド、日本が最大の消費国となっています。

主な市場動向

住宅・建築分野での需要拡大

  • 建築・建設分野では、補修、床材、装飾などさまざまな用途に使用され、建物の改修に役立っています。
  • これらの接着剤は凝集力を向上させる。その積極的な接着は、ホストコンクリートの引張強度のそれを超えています。
  • ビルや建設部門は、コンクリート接着剤のアプリケーションで道をリードしています。新興国における住宅の建設や改築活動の増加は、コンクリート接合剤の需要を増やしています。
  • 中国政府は、今後10年間で2億5,000万人をメガシティに移住させるなど、大規模な建設計画を打ち出しています。
  • 世界銀行とモルドーインテリジェンス分析によると、2019年の世界の建設産業支出は12兆米ドルで、2026年には15兆3,000億米ドルの推定値に達すると予測され、コンクリート接着剤の需要を生み出すと考えられています。
  • 米国国勢調査局は、現在の多世帯住宅の動向や都市部への移住の増加により、新築住宅の建設許可を多く出しています。
  • 米国国勢調査局によると、2020年の米国における民間・公共建築の建設支出は約1兆4,000億米ドルでした。さらに、StatCanによると、2019年のカナダにおける建設業界の基本価格での国内総生産は約1412億2000万カナダドルであると推定され、予測期間中に増加することが予想されます。
  • したがって、建設活動の増加により、コンクリート接着剤の需要は予測期間中に増加することが予想されます。

アジア太平洋地域が市場を独占

  • アジア太平洋地域は、予測期間中にコンクリート接着剤の市場を独占すると予想されます。中国、インド、ASEAN諸国など、建設活動が活発化している国々では、コンクリート接着剤の市場が急速に拡大しています。
  • コンクリート接着剤の最大の生産者は、アジア太平洋地域で大きな存在感を示しています。コンクリート接着剤製造の大手企業には、Fosroc Inc.、Flowcrete Group Ltd、Sika AG、BASF SEなどがあります。
  • インド政府は、スマートシティ計画の下、100都市の建設に31兆6500億米ドル相当の投資を行うことを発表しました。さらに、100のスマートシティと500の都市は、今後5年間で2兆ルピー(~281億8000万米ドル)相当のさらなる投資を呼び込むと見られ、これらのコンクリート接着剤の適用範囲を拡大することになります。
  • インド政府は2019-20年にインフラ部門に630億米ドルを割り当て、今後5年間で1兆4000億USDを支出する計画です。さらに、2019年10月中に未公開株やベンチャーキャピタルによる14億米ドルの投資が行われ、インドの建設業界は大きな盛り上がりを見せました。
  • さらに、中国国家発展改革委員会によると、中国政府は2019年に約1420億米ドルの推定投資額で26のインフラプロジェクトを承認し、2023年までに完了する予定であるとのことです。インフラ投資の拡大と複雑な構造物の建設は、コンクリート接着剤市場を牽引すると予想されます。また、同国は世界最大の建築市場を持ち、世界の建設投資全体の20%を占めています。同国だけで、2030年までに約13兆米ドルの建築物への投資が見込まれています。
  • シンガポールでは、石油化学施設の新規開発が民間需要を押し上げ、プンゴルデジタル地区の産業・建築プロジェクトが公共需要に貢献しています。インフラ部門も比較的健全な成長が見込まれ、主に国内の道路、鉄道、その他の公共交通インフラの整備に向けた取り組みや、エネルギー・公共事業建設プロジェクトへの投資がその原動力となっています。政府は、2022年までに交通システムの拡張とアップグレードに280億SGD(209億米ドル)の投資を計画していました。
  • 前述の要因は、政府の支援と相まって、予測期間中のコンクリート接着剤の需要増に寄与しています。

競合情勢

コンクリート接着剤市場は部分的に断片化されており、少数の大手企業が業界の重要な部分を占めています。主要企業には、Fosroc Inc.、SHIKA CORPORATION、MAPEI Corporation、MBCC Group、The Euclid Chemical Companyなどがあります。

その他の特典。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 促進要因
    • 建築・建設分野でのアプリケーションの拡大
    • その他の促進要因
  • 抑制要因
    • 消費者の認識の低さ
    • COVID-19の発生による影響
    • その他の阻害要因
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い

第5章 市場のセグメンテーション

  • 接着剤タイプ
    • セメント系ラテックス系
    • エポキシ系
  • 用途
    • 補修
    • フローリング
    • 装飾用
    • その他の用途
  • エンドユーザー業界
    • 住宅分野
    • 非住宅分野
  • 地域別
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東・アフリカ地域

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、協業、契約
  • 市場シェア(%)**/ランキング分析
  • リーディングプレイヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • Adhesives Technology Corporation(ATC)
    • ChemCo Systems Inc.
    • Flowcrete Group Ltd
    • Fosroc Inc.
    • GCP Applied Technologies Inc.
    • LafargeHolcim
    • MAPEI Corporation
    • MBCC Group
    • SIKA CORPORATION
    • The Euclid Chemical Company

第7章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 68456

The concrete bonding agent market is projected to register a CAGR of more than 5% during the forecast period (2021-2026).

Due to COVID-19, the building renovation and construction activities were halted, decreasing the demand for bonding agents that are used for repairing, flooring, decorative, and a few other applications. Due to a ban on inter-state travel, an exodus of migrant workers, also known as informal sector workers, wreaked havoc on the supply chain. This caused less consumption of construction materials and decreased demand and supply. However, the construction industry is likely to witness growth in the coming years, owing to developing economies such as China and India, thus increasing the market for concrete bonding agents in the construction industry. India is likely to witness an investment of around USD 1.3 trillion in housing over the next four years, during which the country is likely to witness the construction of 60 million new homes. The availability of affordable housing is expected to rise around 70% by 2024 in India.

Key Highlights

  • Over the medium term, the growing application in building and construction is driving the market growth.
  • On the flip side, a dearth of awareness among the consumers is expected to hinder the growth of the market.
  • The Asia-Pacific region dominates the global market, with the largest consumption being registered in China, India, and Japan.

Key Market Trends

Increasing Demand from the Residential Building and Construction Sector

  • In building and construction, these bonding agents are used for repairing, flooring, decorating, and a few other applications, which, in turn, helps renovate the buildings.
  • These bonding agents improve cohesion. Its positive adhesion exceeds that of the tensile strength of the host concrete.
  • The building and construction sector leads the way in the application of concrete bonding agents. The increasing residential construction and renovation activities in developing countries are increasing the demand for concrete bonding agents.
  • The Chinese government has rolled out massive construction plans, including making provisions for the movement of 250 million people to its new megacities over the next ten years.
  • According to the World Bank and Mordor Intelligence Analysis, the construction industry spending worldwide in the year 2019 was USD 12 trillion, and it is forecasted to reach an estimated value of USD 15.3 trillion in the year 2026, which will create the demand for the concrete bonding agent.
  • The US Census Bureau has been providing more permits for the construction of new residential buildings due to the current trend of multi-family buildings and a rise in migration to cities.
  • According to the US Census Bureau, construction spending in the United States in both private and public construction in 2020 was around USD 1,400 billion. Furthermore, according to StatCan, gross domestic product at basic prices for the construction industry in Canada in the year 2019 was estimated to be around 141.22 billion Canadian dollars, and it is expected to increase during the forecast period.
  • Hence, owing to the growing construction activities, the demand for concrete bonding agents is expected to increase over the forecast period.

Asia-Pacific Region to Dominate the Market

  • The Asia-Pacific region is expected to dominate the market for concrete bonding agents during the forecast period. In countries, like China, India, and ASEAN Countries, with the growing construction activities, the market for concrete bonding agents has been increasing rapidly.
  • The largest producers of concrete bonding agents have a significant presence in the Asia-Pacific region. Some of the leading companies in the production of concrete bonding agents are Fosroc Inc., Flowcrete Group Ltd, Sika AG, and BASF SE.
  • The Indian government announced an investment worth USD 31,650 billion for the construction of 100 cities under the smart cities plan. Additionally, 100 smart cities and 500 cities are likely to invite further investments worth INR 2 trillion (~USD 28.18 billion) over the coming five years, creating scope for the application of these concrete bonding agents.
  • The Indian government allocated USD 63 billion for the infrastructure sector in 2019-20, and it is planning to spend USD 1.4 trillion over the next five years. Furthermore, the construction industry in India received a major boost as an investment of USD 1.4 billion through private equity and venture capital investments during October 2019.
  • Moreover, according to the National Development and Reform Commission of China, the Chinese government approved 26 infrastructure projects at an estimated investment of about USD 142 billion in 2019, which are expected to be completed by 2023. The growing infrastructure investment and building of complex structures are expected to drive the market for concrete bonding agents. Also, the country has the largest building market in the world, making up 20% of all construction investment globally. The country alone is expected to spend nearly USD 13 trillion on buildings by 2030.
  • New petrochemical facilities development boosted the private sector demand, while industrial and building projects in the Punggol Digital District contributed to the public sector demand in Singapore. The infrastructure sector is also expected to post relatively healthy growth, mainly driven by the efforts to upgrade the country's road, rail, and other public transport infrastructure and investment in energy and utilities construction projects. The government had been planning to invest SGD 28 billion (USD 20.9 billion) in the expansion and upgrading of the transport system by 2022.
  • The aforementioned factors, coupled with government support, are contributing to the increasing demand for concrete bonding agents during the forecast period.

Competitive Landscape

The concrete bonding agent market is partially fragmented in nature, with a few major players holding a significant portion of the industry. Some of the major companies are Fosroc Inc., SIKA CORPORATION, MAPEI Corporation, MBCC Group, and The Euclid Chemical Company.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Growing Application in the Building and Construction Sector
    • 4.1.2 Other Drivers
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Dearth of Awareness among the Consumers
    • 4.2.2 Impact of the COVID-19 Outbreak
    • 4.2.3 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Bonding Agent Type
    • 5.1.1 Cementitious Latex-based
    • 5.1.2 Epoxy-based
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Repairing
    • 5.2.2 Flooring
    • 5.2.3 Decorative
    • 5.2.4 Other Applications
  • 5.3 End-user Industry
    • 5.3.1 Residential
    • 5.3.2 Non-residential
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 Asia-Pacific
      • 5.4.1.1 China
      • 5.4.1.2 India
      • 5.4.1.3 Japan
      • 5.4.1.4 South Korea
      • 5.4.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.2 North America
      • 5.4.2.1 United States
      • 5.4.2.2 Canada
      • 5.4.2.3 Mexico
    • 5.4.3 Europe
      • 5.4.3.1 Germany
      • 5.4.3.2 United Kingdom
      • 5.4.3.3 France
      • 5.4.3.4 Italy
      • 5.4.3.5 Rest of Europe
    • 5.4.4 South America
      • 5.4.4.1 Brazil
      • 5.4.4.2 Argentina
      • 5.4.4.3 Rest of South America
    • 5.4.5 Middle-East and Africa
      • 5.4.5.1 Saudi Arabia
      • 5.4.5.2 South Africa
      • 5.4.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share (%)**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Adhesives Technology Corporation (ATC)
    • 6.4.2 ChemCo Systems Inc.
    • 6.4.3 Flowcrete Group Ltd
    • 6.4.4 Fosroc Inc.
    • 6.4.5 GCP Applied Technologies Inc.
    • 6.4.6 LafargeHolcim
    • 6.4.7 MAPEI Corporation
    • 6.4.8 MBCC Group
    • 6.4.9 SIKA CORPORATION
    • 6.4.10 The Euclid Chemical Company

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS