市場調査レポート
商品コード
946754

軍事用レーザーシステム市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Military Laser Systems Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 89 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=137.31円
軍事用レーザーシステム市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 89 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

軍事用レーザーシステム市場は、予測期間中(2021年~2030年)にCAGR7%以上で成長すると予測されています。

COVID-19は、通常、世界の貿易ショックに強い防衛サプライチェーンに悪影響を及ぼしています。既存の保護主義の慣行は取引コストを増加させ、以前に確立された取り決めを非経済的なものにしています。場合によっては、特定の貿易制裁により、特にハイテク製品に関して、生産者がサプライヤーとの関係を維持することが不可能になっています。貿易障害はCOVID-19によってエスカレートし、いくつかの軍事機器の生産スケジュールはすでに中断しています。パンデミックは、中所得国、特に低所得国に対する有害かつ非対称な経済的影響を通じて、短・中期的に紛争力学に悪影響を及ぼす可能性が高いです。一部は現地での規制によるものだが、より重要なのは、高所得国からの主要輸出品に対する需要が減少していることです。COVID-19の流行は、戦略的優先順位が変化し、社会の回復力と非軍事的脅威がより高い優先順位となるため、地域の能力計画にも影響を及ぼす可能性があります。さらに、複数の部品を調達している防衛企業は、同様のサプライチェーン混乱の可能性があるため、他地域の部品への依存度を下げることが利益になると考えるかもしれないです。さらに、国際的なサプライヤーへの依存を減らす潜在的な動きは、武器生産者のサプライチェーンコストを増加させる可能性があります。

軍事用レーザーシステム市場は、世界の軍隊が様々な兵器に搭載するために、このようなシステムの需要が増加していることが原動力となっています。また、高精度、高速、費用対効果など、このようなシステム特有の利点も、このようなシステムの採用を促進しています。しかし、研究開発の関連コストが高いため、防衛エレクトロニクス産業には資本集約的な性質があり、最近のCOVID-19による世界のなサプライチェーンの混乱は、予測期間中に注目すべき市場の成長を阻害する要因の一部となっています。

主な市場動向

予測期間中に最も高いCAGRを示すと予測される指向性エネルギー兵器セグメント

複数キロワットレーザーの組み合わせ技術、エネルギー調整のためのビーム制御技術、人工知能の利用などの革新が、レーザー指向エネルギー兵器(DEWs)の成長を促進しています。既存のDEWは、ミサイル、ドローン、ボートから重要施設を守るなど、防衛的な機能に重点を置いています。防衛企業や組織は、DEWsの現在のアプリケーションを拡大するためにR&Dに投資しています。指向性エネルギー兵器分野は、世界の軍事大国間の軍拡競争により、将来的に急増することが予想されます。2025年までには、指向性エネルギー兵器が戦闘プラットフォームに搭載され、通常兵器と一緒に配備されると予想されます。米国は、2021年から駆逐艦にレーザー防衛兵器システムHELIOS(High Energy Laser and Integrated Optical-Dazzler with Surveillance)を搭載する予定です。これらのシステムは、ミサイル防衛システム「イージス」さえも回避する極超音速弾に対する防衛力を強化し、軍の空中防衛能力を高めることになります。このような開発により、予測期間中の同分野の成長が促進されると予想されます。

予測期間中は北米が市場を独占

この地域の防衛産業は成熟しており、強固な研究開発インフラに強く支えられています。同国は近年、レーザベースの兵器技術の開発を目的としたいくつかのプログラムを打ち出しています。軍は現在、地上車両、船舶、さらに航空機に様々なレーザベースの武器・防衛システムを搭載することを目指しています。2019年、米国陸軍はブラックホークとチヌークヘリコプターにノースロップ・グラマンのDIRCM(指向性赤外線対策)システムを装備し、人型携帯防空システムなどの熱探知弾に対する防御を行う作業を開始しました。さらに、米国陸軍は、間接火器保護能力-高エネルギーレーザー(IFPC-HEL)プログラムにおいて、これまでで最も強力なレーザー兵器の開発も行っています。米国軍はすでに100kW~150kWのレーザー兵器を使用しており、超音速巡航ミサイルに対抗するため、より強力な300kWのレーザー兵器を開発中です。ロッキード・マーチン社のHELIOSは、高エネルギーレーザーと光学ダズラーを組み合わせたもので、現在米国海軍がArleigh Burke Flight IIA駆逐艦に搭載してイージス戦闘システムでテストを行っています。さらに、米国空軍は、レイセオン・テクノロジーズ社が開発したH2という高エネルギーレーザー兵器システムのテストを行っています。このような新興国市場は、予測期間中に北米の市場成長を後押しすることが期待されています。

競合情勢

軍事用レーザーシステム市場の有力企業には、ロッキード・マーチン・コーポレーション、MBDA、ボーイング・カンパニー、レイセオン・テクノロジーズ・コーポレーション、ノースロップ・グラマン・コーポレーションなどが含まれます。世界中で軍用レーザーシステムの採用が拡大しているのは、様々な防衛メーカー間のコラボレーションやパートナーシップの拡大に起因しています。レーザ技術の利用は軍事分野で急成長しており、技術革新の余地が大きいです。プレイヤーは、新しい顧客を獲得するために、いくつかのタイプの高度なレーザーシステムを開発しています。2020年2月、ラファエルはドローンドームC-UAS(対無人航空機システム)のテストを行い、その際、このシステムは高出力レーザービームを使って複数の移動するUAVを識別し、迎撃した。このような技術の開発は、予測期間中に市場におけるプレイヤーの成長を助けるでしょう。

その他の特典。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション(金額別市場規模:100万米ドル)

  • 技術分野
    • 固体レーザー
    • ガスレーザー
    • その他の技術
  • 応用分野
    • 指向性エネルギー兵器
    • 誘導システム
    • レーザー照準器・指示器・距離計
    • その他の用途
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • その他のラテンアメリカ地域
    • 中東・アフリカ地域
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • イスラエル
      • その他の中東・アフリカ地域

第6章 競合情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • 企業プロファイル
    • Lockheed Martin Corporation
    • Raytheon Technologies Corporation
    • Rafael Advanced Defense Systems Limited
    • The Boeing Company
    • Rheinmetall AG
    • MBDA
    • Northrop Grumman Corporation
    • Dynetics Inc.
    • IAI Group
    • BAE Systems PLC
    • Thales Group
    • Elbit Systems Ltd

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 57162

The Military Laser Systems Market is projected to grow at a CAGR of more than 7% during the forecast period (2021 - 2030).

COVID-19 has deleteriously affected the defense supply chain, which has usually been resilient to global trade shocks. The existing practice of protectionism has increased the transaction costs, making previously established arrangements uneconomical. In some cases, specific trade sanctions have made it impossible for producers to maintain relationships with suppliers, especially with respect to high technology goods. The trade obstacles were escalated by COVID-19 and the production schedules for several military equipment have already been disrupted. The pandemic is likely to negatively affect conflict dynamics in the short to medium term through its detrimental and asymmetric economic impact on middle and particularly low-income countries, partly due to local restrictions, but more importantly due to falling demands for key exports from high-income countries. The COVID-19 pandemic could also influence regional capability planning as strategic priorities change and societal resilience and non-military threats become higher priorities. Furthermore, defense firms using multi-sourced components may consider that it is in their interests to reduce reliance on components from other regions due to the potential of similar supply chain disruptions. In addition, a potential move to reduce dependency on international suppliers could increase supply chain costs for arms producers.

The military laser systems market is driven by the increasing demand for such systems from the global armed forces for integration into a variety of weaponry. The inherent benefits of such systems, including high accuracy, traversal speed, and cost-effectiveness, are also driving the adoption of such systems. However, the inherent capital-intensive nature of the defense electronics industry due to the high associated cost of R&D, and the recent COVID-19 induced disruption in the global supply chain are some of the factors that may hinder the growth of the market in focus during the forecast period.

Key Market Trends

Directed Energy Weapons Segment Projected to Exhibit the Highest CAGR During the Forecast Period

The innovations in multiple kilowatt laser combination techniques, beam control technology for energy adjustment, and the use of artificial intelligence are propelling the growth of laser-directed energy weapons (DEWs). The existing DEWs are focused on defensive functions such as safeguarding critical facilities against missiles, drones, and boats. Defense firms and organizations are investing in R&D for expanding the current applications of DEWs. The directed energy weapons segment will see a surge in the future owing to the arms race between the global military powerhouses. DEWs are expected to be equipped with combat platforms and deployed along with conventional weapons by 2025. The United States plans to install laser defense weapon system HELIOS (High Energy Laser and Integrated Optical-Dazzler with Surveillance) on its destroyers from 2021. These systems will enhance the defense against hypersonic projectiles that can evade even the AEGIS missile defense system, thereby enhancing the aerial defense capabilities of the military. Such developments are expected to propel the growth of the segment during the forecast period.

North America to Dominate the Market During the Forecast Period

The defense industry in the region is mature and strongly supported by a robust R&D infrastructure. The country has put forth several programs in recent years aimed at developing laser-based weapon technologies. The military is currently aiming to install various laser-based weapon and defense systems on ground vehicles, ships, as well as aircraft. In 2019, the US Army started working on equipping Black Hawk and Chinook helicopters with Northrop Grumman's DIRCM (Directional Infrared Countermeasure) systems to provide protection against man-portable air defense systems and other heat-seeking projectiles. Additionally, the US Army is also developing the most powerful laser weapon to date, under the Indirect Fires Protection Capability-High Energy Laser (IFPC-HEL) program. The US military is already using 100kW-150kW laser weapons and is developing more powerful 300kW laser weapons to counter supersonic cruise missiles. Lockheed Martin's HELIOS, which combines high-energy laser with optical dazzler, is currently being tested by the US Navy on the Aegis Combat System aboard the Arleigh Burke Flight IIA destroyer. Further, the US Air Force is testing a high-energy laser weapon system named H2, which was developed by Raytheon Technologies Corporation. Such developments are expected to boost the market growth of North America during the forecast period.

Competitive Landscape

Prominent players in the military laser systems market include Lockheed Martin Corporation, MBDA, The Boeing Company, Raytheon Technologies Corporation, and Northrop Grumman Corporation, among others. The growing adoption of military laser systems across the globe is accredited to growing collaboration and partnerships between various defense manufacturers. The use of laser technologies is growing rapidly in the military, with a lot of scope for innovation. Players are developing several types of advanced laser systems to attract new customers. In February 2020, Rafael tested its Drone Dome C-UAS (Counter Unmanned Aerial System) during which the system identified and intercepted multiple moving UAVs using a high-powered laser beam. The development of such technologies will help the growth of the players in the market during the forecast period.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 Technology
    • 5.1.1 Solid State Lasers
    • 5.1.2 Gas Lasers
    • 5.1.3 Other Technologies
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Directed Energy Weapons
    • 5.2.2 Guidance Systems
    • 5.2.3 Laser Sights, Designators and Rangefinders
    • 5.2.4 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 United Kingdom
      • 5.3.2.2 Germany
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 India
      • 5.3.3.3 Japan
      • 5.3.3.4 South Korea
      • 5.3.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Latin America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Rest of Latin America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 United Arab Emirates
      • 5.3.5.2 Saudi Arabia
      • 5.3.5.3 Israel
      • 5.3.5.4 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles
    • 6.2.1 Lockheed Martin Corporation
    • 6.2.2 Raytheon Technologies Corporation
    • 6.2.3 Rafael Advanced Defense Systems Limited
    • 6.2.4 The Boeing Company
    • 6.2.5 Rheinmetall AG
    • 6.2.6 MBDA
    • 6.2.7 Northrop Grumman Corporation
    • 6.2.8 Dynetics Inc.
    • 6.2.9 IAI Group
    • 6.2.10 BAE Systems PLC
    • 6.2.11 Thales Group
    • 6.2.12 Elbit Systems Ltd

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS