デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
937991

車載用ペリメーター照明市場の成長、動向、予測(2020年~2025年)

Automotive Perimeter Lighting Market - Growth, Trends, and Forecasts (2020 - 2025)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 75 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=135.89円
車載用ペリメーター照明市場の成長、動向、予測(2020年~2025年)
出版日: 2020年05月01日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 75 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

車載用ペリメーター照明市場は、予測期間(2020年~2025年)にCAGR7%超を記録すると予測されています。

  • 自動車用外周照明は、照明技術の革新と安全性・快適性の向上が主な要因となっています。自動車産業は主に、各国によって策定された保護や環境面に関する規制基準や、アップグレードされたスタイルや快適性に対する顧客の嗜好を軸に回っています。
  • 現在、メーカーは、エネルギー効率が高く、ハロゲンライトやキセノンライトよりもメンテナンスが少なくて済むLEDライトに置き換えつつあります。生産コストとメンテナンスコストを削減するため、自動車メーカーは自動車照明アプリケーションにLEDライトを採用するケースが増えています。
  • 高級車やスポーツカー、SUV、クロスオーバー車には、通常キセノンやその他のインテリジェントなLED照明システムが搭載されています。中型車では、費用対効果に優れ、高性能な周辺照明システムの利用が可能になり、これらのシステムの導入が進んでいます。フォードや日産などのOEMも、同様に費用対効果が高く、同時に品質基準を遵守する追加機能を備えたこれらの照明システムを配備しています。

自動車外周照明市場の主要メーカーには、Gentex、Koito Manufacturing、Magna International、Samvardhana Motherson Group、Setina Manufacturingなどがあります。

主な市場動向

エンドユーザーからの需要増が市場を牽引

自動車メーカーは、ナンバープレートライトやサイドドアミラーライトなどの既存の周辺照明製品とは別に、夜間走行時の美観を向上させるためにパドルランプやドアハンドルランプなどを提供しています。

サイドミラーに装着するパドルランプは、ブランドロゴとともに路面に光を照射します。当初は高級車やスポーツカーに搭載されるのが一般的でした。しかし、技術的に高度な製品をアフターマーケットで簡単に入手できるようになったため、過去5年間でパドルランプのコストは大幅に低下しています。

また、マヒンドラ・アンド・マヒンドラ、トヨタなどの企業は、競争優位性と顧客導入率を得るための動きとして、コンパクトSUVセグメントの車にこのパドルランプを搭載しています。

このような周辺照明製品の需要は、北米やアジア諸国で牽引力を増しています。また、政府の規制が厳しくないため、アフターマーケットからの需要は、2015年以降、新興市場で大きな牽引力を観測していました。

市場シェアの大部分はアフターマーケットチャネルによって獲得されており、それゆえ、資本要件が低いため、新規参入者がこれらの新製品を製造することが容易であり、それによって、非常に断片的な市場の状況を作り出しています。

ルーフランプ、補助テールランプなど、eコマースプレーヤーの価格競争力により、オンライン販売チャネルがより優位に立つカテゴリーもあります。

アジア太平洋地域が自動車用外周照明市場を独占する

自動車外周灯市場は、アジア太平洋地域が支配的です。中国は、2025年末までにアジア太平洋市場で著しく高い市場シェアを占めると予想されます。市場成長の要因としては、中産階級の可処分所得の増加により、中型車や小型SUVの販売が伸びていることが挙げられます。建設、物流、観光分野での活動増加による商用車の需要増

サイドミラーライトは、技術基準に適合しなければならない重要な分野です。この規格には、最小・最大の許容強度レベル、最小水平・垂直視認角度、すべての関連角度で視認できるよう最小照明表面積、誰かが見たときに眩しくないこと、完全な暗闇から完全な直射日光までの条件下で適切に目立つことが規定されています。さらに、この機能には、ドアミラーに合わせて成形できるLED照明が人気を博しています。

欧州は主要な地域と認識されており、乗員および歩行者の安全を重視し、自動車の安全基準を導入しています。この地域の自動車メーカーと自動車部品サプライヤーは、安全技術の研究開発に継続的に投資しています。自動車産業における急速な技術進歩に伴い、この地域の自動車メーカーと自動車部品メーカーは、安全技術の研究開発に継続的に投資しています。

競合情勢

自動車用外周照明市場は非常に断片化されています。市場の主要企業には、Gentex、Koito Manufacturing、Magna International、Samvardha Motherson Group、Setina Manufacturingなどがあります。自動車用照明市場は、主に主要な車載用ペリメーター照明メーカーによる投資と技術革新によって推進されています。

本レポートを購入する理由

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 車種
    • 乗用車
    • 商用車
  • 販売チャネル
    • OEM
    • アフターマーケット
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • その他北米地域
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • インド
      • 中国
      • 日本
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
      • メキシコ
      • ブラジル
      • アルゼンチン
    • 中東・アフリカ地域
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • その他中東地域

第6章 競合情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • 企業プロファイル
    • Gentex
    • HELLA
    • Koito Manufacturing
    • Magna International
    • Samvardhana Motherson Group
    • Feniex
    • Setina Manufacturing

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 64112

Automotive Perimeter Lighting Market is expected to register a CAGR of over 7% during the forecast period (2020 - 2025).

  • The automotive perimeter lighting is majorly driven by the innovations in lighting technologies and improving safety and comfort. The automotive industry primarily spins around the regulatory norms on protection and environmental aspects formulated by different countries and customer preferences for upgraded style and comfort.
  • Currently, manufacturers are replacing halogen lights with LED lights because of their energy-efficiency, and they require lesser maintenance than halogen and Xenon lights. To reduce production and maintenance costs, vehicle manufacturers increase their incorporation of LED light for the automotive lighting application.
  • Luxury cars, sports cars, SUVs, and crossovers are usually integrated with Xenon and other intelligent LED lighting systems. Midsize cars are also increasingly deploying these systems, with the increase in the availability of cost-efficient, but highly proficient perimeter lighting systems. OEMs, such as Ford and Nissan, are also deploying these lighting systems with additional features that are equally cost-effective and at the same time adhere to quality standards.

Some of the key manufacturers in the automotive perimeter lighting market include Gentex, Koito Manufacturing, Magna International, Samvardhana Motherson Group, and Setina Manufacturing.

Key Market Trends

Increasing Demand from End-user is Likely to Drive the Market

Apart from the existing portfolio of perimeter lightning products, like license plate lights, side door mirror lights, etc., automakers are offering puddle lamps, door handle lamps, etc., to provide an enhanced aesthetic appeal during night driving conditions.

Puddle lamps mounted on the side view mirror projects the light onto the road surface with a brand logo. These lights were initially commonly equipped in luxury and sports cars by automakers. However, as the technologically advanced products are easily accessible in aftermarket channels, the cost of puddle lamps have declined significantly over the past five years.

Also, companies, like Mahindra and Mahindra, Toyota, etc., have incorporated these puddle lights in their compact SUV segment cars, as a move to gain competitive advantage and customer adoption rate.

The demand for such perimeter lightning products has gained traction in North America and Asian countries. Additionally, as the government regulations are not stringent regarding perimeter lights, the demand from the aftermarket had observed significant traction, since 2015, in the emerging market.

The majority of the market share is captured by aftermarket channel, hence it is easier for new entrants to manufacture these new products, as the capital requirement is low, thereby creating a highly fragmented market situation.

Under the roof lights, auxiliary tail lamps, etc., are some other categories where the online sales channel is more dominant, owing to the highly competitive pricing strategy of e-commerce players.

Asia-Pacific to Dominate the Automotive Perimeter Lighting Market

The Automotive Perimeter Lightning Market is dominated by the Asia-Pacific region. China is expected to occupy a significantly high market share by the end of 2025 in the Asia-Pacific market. Some of the parameters driving the growth of the market are increasing disposable income of middle-class consumers which is giving rise to sales of medium segment cars and compact SUVs. Increase in demand for commercial vehicles due to growing activities in construction, logistics, tourism sectors.

Side mirror lights, a key and common area of focus must comply with technical standards. The standards include stipulating minimum and maximum permissible intensity levels, minimum horizontal and vertical angles of visibility, minimum illuminated surface area to ensure that they are visible at all relevant angles, ensure it does not glare when someone looks at it, and are suitably conspicuous in conditions ranging from full darkness to full direct sunlight. Moreover, led lighting is proving to be popular for this feature, as it can be molded to fit the door mirror.

Europe has been recognized as a major region, focusing on both passenger and pedestrian safety, along with implementing safety standards for vehicles. The regional automotive manufacturers, along with the automotive component suppliers, have been continually investing in R&D of safety technologies. With rapid technological advancements in the automotive industry.

Competitive Landscape

The Automobile Perimeter Lighting Market is highly fragmented. Some of the major companies in the market are Gentex, Koito Manufacturing, Magna International, Samvardha Motherson Group, Setina Manufacturing. The Automobile Lightning Market is driven mainly by investments and innovation by major Automobile Perimeter Lighting manufacturers.

Reasons to Purchase this report:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

Table of Contents

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Restraints
  • 4.3 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Vehicle Type
    • 5.1.1 Passenger Car
    • 5.1.2 Commercial Vehicle
  • 5.2 Sales Channel
    • 5.2.1 OEM
    • 5.2.2 Aftermarket
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Rest of North America
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Spain
      • 5.3.2.5 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 India
      • 5.3.3.2 China
      • 5.3.3.3 Japan
      • 5.3.3.4 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Latin America
      • 5.3.4.1 Mexico
      • 5.3.4.2 Brazil
      • 5.3.4.3 Argentina
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 United Arab Emirates
      • 5.3.5.2 Saudi Arabia
      • 5.3.5.3 Rest Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles
    • 6.2.1 Gentex
    • 6.2.2 HELLA
    • 6.2.3 Koito Manufacturing
    • 6.2.4 Magna International
    • 6.2.5 Samvardhana Motherson Group
    • 6.2.6 Feniex
    • 6.2.7 Setina Manufacturing

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS