デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
937832

米国の精密農業ソフトウェア市場 - 成長、動向、予測(2022年~2027年)

United States Precision Farming Software Market - Growth, Trends, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 80 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.55円
米国の精密農業ソフトウェア市場 - 成長、動向、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 80 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

米国の精密農業ソフトウェア市場(以下、調査対象市場)は、2019年に5億2190万米ドルとなり、2020年~2025年の期間(以下、予測期間)にはCAGR11.1%を記録すると予測されています。用途別では、2019年に作物管理分野が31.6%と最大の市場シェアを占め、次いで財務管理、気象追跡・予報の順となっています。アプリケーション別に分類されたすべてのセグメントの中で、作物管理用セグメントは予測期間中、12.4%という最高のCAGRで推移すると予測されます。

主な市場動向

農業従事者の不足と平均農場面積の増加

米国では、農作業に従事する労働者の不足が深刻化しています。カリフォルニア州農業局の調査によると、同州の農家の40%以上が過去5年間、様々な農作業で一貫して労働力不足に直面しており、これがさらに、農業資源の管理をより確実にするための精密農業技術の採用率上昇につながりました。世界銀行のデータベースによると、全雇用に占める農業の割合は2010年の33.2%から2019年には28.14%に激減しています。米国では2002年から2014年の間に畑作・作物労働力が平均22.9%減少し、移民・農民労働者の平均年齢は2011年から2017年の間に37.3歳から41.6歳、37.4歳から38.8歳に上昇したことから、肉体労働者の代替が必要であることを示しています。平均農家規模は2016年から1農家あたり2エーカーの割合で増加しており、総農家数は2018年には1万3千戸減少し、202万9千戸になっています。そのため、大規模保有農家は、精密農業ソフトウェアを使って圃場の周辺環境を自動的に把握し、変動に対応することができるようになり、順調に成長しています。2016年に経済調査局(ERS)が実施した調査によると、大規模農場は精密農業技術を採用しやすく、3,800エーカー以上の農場で最も高い採用率が目撃されたこともあります。2013年まで、精密技術で最も採用率が高かったのはガイダンスシステムで、トウモロコシ、米、大豆、ピーナッツの作付面積の45~50%に適用され、次いでGPS土壌マッピングが30%、可変量施肥(VRT)が28~34%でした。同国のトウモロコシ畑では、VRTで約1%、GPSマッピングで3%近く収益性が向上することが明らかになっています。さらに、米国中西部のノースダコタ州で行われた調査では、34%の農場がGPSガイダンスシステムを、27%の農場がオートステアリングシステムを使用し、平均的な農場で時間と燃料の面で733.85米ドルおよび851.27米ドルの貨幣価値を節約したことが分かりました。その結果、農家の労働力不足と平均的な農場規模の拡大が、農家における精密農業技術の採用率を押し上げ、予測期間中に精密農業ソフトウェア市場全体に弾みをつけると予想されます。

作物管理ソフトウェアが市場を独占

作物管理セグメントの下でサービスを提供する精密農業ソフトウェアは、2019年に1億6480万米ドルと評価されました。長年にわたり、米国の農業部門はテクノロジーによって変革を遂げ、第一次産業部門が農場の生産性と収益性を次のレベルへ移行することを可能にしており、非常に有望だと思われます。2016年10月、米国農務省は、精密農業技術によって純収益と営業利益が増加したと報告しました。例えば、GPSマッピングは精密農業技術で最も大きな影響を示し、トウモロコシ農場で営業利益が3%近く増加したとのことでした。同様に、マッピングが純収益に与える影響もほぼ2%です。さらに、ガイダンスシステムは、営業利益を2.5%、純収益を1.5%、それぞれ向上させました。このように、精密農業による収益性と純収益の向上は、精密農業技術の採用を加速させ、それによって、ここ数年、精密農業ソフトウェアの採用を促進しているのです。米国農務省が2017年に実施した調査では、米国市場において、収量マッピングと全地球測位システム(GPS)ソフトウェアは、他と比較してトウモロコシと大豆の作物で最も高い採用率を記録したことが明らかになっています。また、同調査では、2,900エーカー以上の大規模農場では、収量モニタリングソフトウェアの採用率が2倍になり、採用率は70%から80%に及んでいると述べています。作物管理ソフトウェアの導入動向は、主に無報酬労働の増加と高い収量目標によって相殺されており、農家の自己申告による収量の可能性が米国市場における精密農業技術の導入に影響を与えていることを表しています。Trimble Inc.、AgDNA Pty Ltd、Granular Inc.、AgJunctionなど、作物管理分野で精密農業ソフトウェアソリューションを提供している主要企業は数社です。収量モニタリング、土壌マッピング、作物スカウティング、収穫モニタリングは、米国市場で人気のあるソフトウェア製品によって提供される一般的なサービスです。このように、大規模農家、特にトウモロコシや大豆の分野での作物管理ソフトウェアの導入が進み、収益性向上に向けた注目が高まっていることと相まって、製品イノベーションの高まりは、今後数年間で精密農業作物管理ソフトウェアの売上をさらに加速させると思われます。

競合情勢

市場シェア分析の結果、米国の精密農業ソフトウェア市場は非常に断片的であり、上位10社が市場全体の35.8%を占めていることがわかっています。これらのプレイヤーの市場シェアは、高度に多様化した製品ポートフォリオに起因していると考えられます。また、これらのプレイヤーは、絶え間ない研究開発と地理的プレゼンス拡大に注力しています。新製品の発売、パートナーシップ、拡張は、これらのプレーヤーが従う主要な戦略です。

その他の特典。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 調査の前提
  • 本調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • アプリケーション
    • 農作物管理
    • 財務管理
    • 農場在庫管理
    • 人事管理
    • 天候の追跡と予測
    • その他の応用分野
  • タイプ
    • ローカル/ウェブベース
    • クラウド型

第6章 競合情勢

  • 市場シェア分析
  • 最も採用されている戦略
  • 企業プロファイル
    • Trimble Inc.
    • TopCon Corporation
    • Granular Inc.
    • IBM Corporation
    • Deere & Company
    • AG DNA
    • AGJunction Inc.
    • AG Leader Technology Inc.
    • AGCO Corporation
    • Bayer CropScience AG

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 68582

The US precision farming software market (henceforth, referred to as the market studied) was valued at USD 521.9 million in 2019, and it is projected to register a CAGR of 11.1% during the period, 2020-2025 (henceforth, referred to as the forecast period). By application, the crop management segment occupied the largest market share of 31.6%, in 2019, followed by financial management, and weather tracking and forecasting. Among all the segments categorized by application, the segment for crop management is projected to witness the highest CAGR of 12.4%, over the forecast period.

Key Market Trends

Farm Labor Shortage and Rise in Average Farm Size

The United States has been witnessing an acute shortage of farm laborers. A survey by the California Farm Bureau revealed that more than 40% of the farmers have faced a consistent labor shortage, for various farm operations in the state, since the past five years, which has further led to an increased adoption rate of precision farming technologies, for ensuring better management of farm resources. According to the World Bank database, the percentage of employment in agriculture out of total employment fell drastically from 33.2% in 2010 to 28.14% in 2019. On an average, there was a decline of 22.9% in the field and crop workforce in the United States during 2002-2014, and the average age of immigrant and farmworkers rose from 37.3 years to 41.6 years and 37.4 years to 38.8 years, between 2011 and 2017, thus, signifying the need for substitution of manual laborers. The average farm size is increasing at the rate of two acres per farm since 2016, and the total number of farms declined by 13,000 to 2,029,000, in 2018. The large-holding farmers have, therefore, grown well-positioned to use precision farming software to automatically identify field surroundings and respond to variations. As per a study conducted by the Economic Research Service (ERS) in 2016, large farms were more likely to adopt precision agriculture technologies, with some of the highest adoption rates witnessed across farms of more than 3,800 acres. Till 2013, the guidance systems had the highest adoption rate in precision technology, with application in 45-50% of the area planted with corn, rice, soybean, and peanuts, followed by GPS soil mapping on 30%, and variable rate application (VRT) on 28-34% of the land. It was found that VRT increased profitability by about 1% and GPS mapping by almost 3% on cornfields in the country. Moreover, a study conducted in the mid-western state of North Dakota in the United States found that 34% farms used GPS guidance systems and 27% of the farms used autosteering systems, which saved monetized values of USD 733.85 and USD 851.27 on an average farm, in terms of time and fuel. As a result, the shortage of farm labor, accompanied with rising average farm size, is expected to drive the rate of adoption of precision farming technologies among the farmers, thereby, providing a boost to the overall precision farming software market, during the forecast period.

Crop Management Software Dominates the Market

The precision farming software offering its services under the crop management segment was valued at USD 164.8 million in 2019. Over the years, the US agriculture sector has undergone a transformation driven by technologies, and it seems very promising as it is enabling the primary sector to move to the next level of farm productivity and profitability. In October 2016, the United States Department of Agriculture reported that precision agriculture technologies reported increased net returns and operating profits. For instance, GPS mapping had shown the largest impact on precision agriculture technologies, with an increase in the operating profitability of almost 3% on corn farms. Similarly, the impact of mapping on net returns is almost 2%. Moreover, guidance systems raised operating profits by 2.5% and net returns by 1.5%, respectively. Thus, the increasing profitability and net returns from the precision agriculture are accelerating the adoption of precision farming technologies, thereby, promoting the adoption of precision farming software over the past few years. A study conducted by USDA, in 2017, revealed that yield mapping and global positioning system (GPS) software recorded the highest adoption for corn and soybean crops when compared to others in the US market. The study also mentioned that large farms of over 2,900 acreages has double the adoption of yield monitoring software, and the adoption rate ranging between 70% and 80%. The growing adoption trend of crop management software is primarily offset by the increasing levels of unpaid labor and higher yield goals, representing the farmers' self-reported yield potential is affecting the adoption of precision agriculture technologies in the US market. Trimble Inc., AgDNA Pty Ltd, Granular Inc., and AgJunction, among others, are few major companies indulged in offering precision farming software solutions under the crop management segment. Yield monitoring, soil mapping, crop scouting, and harvest monitoring are the popular services offered by the popular software products in the US market. Thus, the rising product innovation, coupled with the increasing focus toward profitability enhancement backed up with the rising adoption of crop management software in the large-scale farms, especially in the corn and soybean sectors, is likely to further accelerate the precision farming crop management software sales in the years to come.

Competitive Landscape

The results of market share analysis indicate that the precision farming software market in the United States is highly fragmented, with the top 10 players accounting for 35.8% of the overall market value. The market share of these players can be attributed to a highly diversified product portfolio. These players are also focusing on constant R&D and expanding their geographical presence. New product launches, partnerships, and expansions are the major strategies followed by these players.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Porter's Five Force's Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Application
    • 5.1.1 Crop Management
    • 5.1.2 Financial Management
    • 5.1.3 Farm Inventory Management
    • 5.1.4 Personnel Management
    • 5.1.5 Weather Tracking and Forecasting
    • 5.1.6 Other Application Areas
  • 5.2 Type
    • 5.2.1 Local/ Web Based
    • 5.2.2 Cloud-based

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Market Share Analysis
  • 6.2 Most Adopted Strategies
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 Trimble Inc.
    • 6.3.2 TopCon Corporation
    • 6.3.3 Granular Inc.
    • 6.3.4 IBM Corporation
    • 6.3.5 Deere & Company
    • 6.3.6 AG DNA
    • 6.3.7 AGJunction Inc.
    • 6.3.8 AG Leader Technology Inc.
    • 6.3.9 AGCO Corporation
    • 6.3.10 Bayer CropScience AG

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS