デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
925345

家庭用血圧モニタリング装置市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Home Blood Pressure Monitoring Devices Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=135.89円
家庭用血圧モニタリング装置市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

家庭用血圧モニタリング装置市場は、予測期間中に約5.3%のCAGRで成長すると予測されました。市場の成長をもたらす主な要因は、心臓発作、動脈瘤、メタボリックシンドロームなどの血圧関連疾患の発生率の増加です。欧州心臓病学会によると、インドの若年成人の5人に1人が高血圧であり、第70回インド心臓病学会年次総会で発表された研究によると、約8000万人ということです。循環器系疾患の増加により、家庭用血圧測定装置の需要が高まると予想されます。しかし、機器のコストと精度が市場成長の主な欠点となっています。

主な市場動向

家庭用血圧モニタリングデバイス市場を独占しているのはリストモニター部門です。

  • 血圧の簡便な測定に対する患者の嗜好の高まりにより、リストモニター部門が市場の主要なシェアを占めると予想され、市場参加者に成長の機会を提供しています。リストモニターは、シンプルでかさばらないのが特徴です。上腕式に比べると馴染みが薄いですが、携帯性に優れているため、より普及しています。手首用モニターは、小型であることを除けば、上腕用モニターと同じコンポーネントと機能を備えています。リストカフはまた、腕や手のモビリティの制限を持つ人々や大きな上腕を持つ人々のために理想的ですが、リストモニターは、より快適で、代替品を使用する方が簡単ですすることができます。
  • セグメントの成長を後押しする主な要因は、心臓発作などの血圧に関連する疾患の発生率が増加していることです。また、家庭用血圧計の利用が拡大していること、機器の進歩、機器に関するプロモーションが活発に行われていることも、セグメントの成長を後押ししています。

北米が市場を独占し、予測期間中も同様と予測

北米は、予測期間中、市場全体を支配すると予想されます。市場成長の要因としては、主要企業の存在、高血圧患者の数の多さ、確立された医療インフラなどが挙げられ、これらは市場において大きなシェアを占めています。CDCによると、米国だけでも7,500万人が高血圧を患っています。さらに、政府の有益な取り組みや研究提携の増加が、市場の成長を促進する要因として期待されています。この地域では、医療政策の支援、患者数の多さ、医療市場の発展により、米国が最大のシェアを占めています。

競合情勢

家庭用血圧モニタリング装置市場は、複数の大手企業によって構成されており、競争は緩やかです。現在市場を独占している企業には、American Diagnostic Corporation、Halma plc、A&D Medical、Beurer GmbH、Omron Healthcare, Inc、Qardio, Inc、Spengler SAS、Rossmax International Ltd、Welch Allyn, Inc、Koninklijke Philips N.V.などが含まれます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 調査の前提
  • 本調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 血圧関連疾患の負担増
    • 家庭用血圧計の使用率上昇
    • 積極的なプロモーションとデバイスの進化
  • 市場抑制要因
    • デバイスの高コストと精度
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品別
    • アッパーアームモニター
    • リストモニター
    • アクセサリー
  • 販売チャネル別
    • 病院内薬局
    • オンライン薬局
    • その他
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ地域
      • GCC
      • 南アフリカ共和国
      • その他の中東・アフリカ地域
    • 南米地域
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • American Diagnostic Corporation
    • Halma plc
    • A&D Medical
    • Beurer GmbH
    • Omron Healthcare, Inc.
    • Qardio, Inc.
    • Spengler SAS
    • Rossmax International Ltd.
    • Welch Allyn, Inc.
    • Koninklijke Philips N.V.

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 67887

The home blood pressure monitoring devices market studied was projected to grow with a CAGR of nearly 5.3% over the forecast period. The major factor attributing to the growth of the market is the increase in the incidence of blood pressure-related diseases like heart attack, aneurysm, Metabolic syndrome. According to the European Society of Cardiology, one in five young adults in India has high blood pressure, according to research presented at the 70th Annual Conference of the Cardiological Society of India, that is around 80 million people. The rise in cardiovascular diseases is expected to increase the demand for the home blood pressure monitoring devices. However, the cost of the devices and accuracy are the major drawbacks of market growth.

Key Market Trends

Wrist Monitors Segment is Dominating the Home Blood Pressure Monitoring Devices Market.

  • Wrist monitors segment is expected to hold a major share of the market due to the rising preference of patients for convenient observing of blood pressure thus providing growth opportunities for market players. The wrist monitors are simple and less bulky. Though they are less familiar than the upper arm monitors, they have become more popular due to their portability. They have all the same components and features as the upper arm monitors except in a small size. Wrist cuffs are also ideal for people with arm or hand mobility limitations or for those with larger upper arms, the wrist monitor can be more comfortable and easier to use the alternative.
  • The major factors boosting the growth of the segment are increasing incidence of blood pressure-related diseases like heart stroke etc. Moreover, the growing usage of home blood pressure monitors and the advancements in the devices, and the active promotions regarding the devices is boosting the segment growth.

North America Dominates the Market and Expected to do Same in the Forecast Period

North America is expected to dominate the overall market, throughout the forecast period. The market growth is due to factors such as the presence of key players, the high number of people with hypertension, established healthcare infrastructure are some of the key factors accountable for its large share in the market. According to the CDC, 75 million people have high blood pressure in the United States alone. Furthermore, beneficial government initiatives and an increase in the number of research partnerships are some of the drivers expected to increase market growth. In this region the United States has the maximum share due to supportive healthcare policies, the high number of patients, and a developed healthcare market.

Competitive Landscape

The home blood pressure monitoring devices market is moderately competitive and consists of several major players. Some of the companies which are currently dominating the market are American Diagnostic Corporation, Halma plc, A&D Medical, Beurer GmbH, Omron Healthcare, Inc., Qardio, Inc., Spengler SAS, Rossmax International Ltd., Welch Allyn, Inc., Koninklijke Philips N.V.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Growing Burden of Blood Pressure-Related Diseases
    • 4.2.2 Rise in the Use of Home Blood Pressure Monitors
    • 4.2.3 Active Promotions and Advancements in the Devices
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Cost and Accuracy of Devices
  • 4.4 Porter's Five Force Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Product
    • 5.1.1 Upper Arm Monitors
    • 5.1.2 Wrist Monitors
    • 5.1.3 Accessories
  • 5.2 By Distribution Channel
    • 5.2.1 Hospital Pharmacies
    • 5.2.2 Online Pharmacies
    • 5.2.3 Others
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle-East and Africa
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 American Diagnostic Corporation
    • 6.1.2 Halma plc
    • 6.1.3 A&D Medical
    • 6.1.4 Beurer GmbH
    • 6.1.5 Omron Healthcare, Inc.
    • 6.1.6 Qardio, Inc.
    • 6.1.7 Spengler SAS
    • 6.1.8 Rossmax International Ltd.
    • 6.1.9 Welch Allyn, Inc.
    • 6.1.10 Koninklijke Philips N.V.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS