デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
921990

術中放射線治療市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Intraoperative Radiation Therapy Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 115 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=137.31円
術中放射線治療市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 115 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

術中放射線治療(IORT)は、手術中に行う集中的な放射線治療です。IORTは、周囲の正常な組織を温存しながら、標的部位に直接放射線を照射することができます。IORTは、手術で取り除くことが困難ながんや、微小ながんが残っていることが懸念されるがんの治療に使用されます。

がんの発生率の上昇、技術の進歩、従来の放射線治療に対するIORTの利点が、世界市場の成長を促す主な要因となっています。さらに、様々ながんへのIORTの適用を検討する臨床試験の増加が、市場関係者に有利な成長機会を提供すると期待されています。

しかし、装置を操作する熟練した人材の不足や、IORTよりも従来の放射線療法が好まれることが、市場の成長を妨げています。

主な市場動向

電子線IORTが市場で大きなシェアを占めると予想される

  • 電子線術中照射療法または術中電子線治療(IOERT)は、がん手術中に残存腫瘍または腫瘍床に直接電子線を照射するものです。電子線は、電子のエネルギーに応じて標的部位の後方で線量が急速に減少するため、下にある健康な組織を温存することができ、術中放射線治療に有用です。
  • IOERTの利点の一つは、微小な残存腫瘍細胞が最も破壊されやすい手術時に照射できることです。IOERTはまた、外部放射線治療(EBRT)と組み合わせて使用されることが多く、積分線量が少なく、治療時間が短くなります。
  • さらに、Cancer Research UKは、がんに罹患する人口が将来的に増加する見込みであることを示唆しています。この報告書によると、最近の主要ながんの発生動向と人口増加が一致した場合、2040年までに世界中で毎年2750万人が新たにがんにかかると予測されています。したがって、これは2018年(1700万人)から61.7%の増加です。
  • したがって、世界的に癌の有病率が増加しているため、IOERTのような新規治療法の需要が高まり、これらの技術に関する認知度が高まれば、従来の方法に対する利点が増すと予想されます。

北米が市場を独占すると予想される

  • 米国におけるがんの有病率は、世界で最も高い国の1つです。世界がん研究基金インターナショナルによる2018年の報告書によると、米国におけるがんの有病率は10万人あたり352.2人となっています。
  • 同じ報告書の通り、カナダもがんの有病率が高く、カナダ人10万人あたり334人がこの恐ろしい病気に罹患しています。このように癌の有病率が高いため、この地域の人々にとって癌がもたらす経済的負担は大きくなっています。
  • しかし、米国とカナダは医療制度が発達しており、構造もしっかりしています。また、これらの制度は研究開発活動を奨励しています。このような政策が、米国やカナダへの世界の企業の進出を後押ししています。
  • その結果、これらの国には多くの世界のプレーヤーが存在することになります。したがって、この地域における世界のプレーヤーのプレゼンスによって高い需要が満たされ、市場はさらに拡大すると予想されます。

競合情勢

術中放射線治療機器のほとんどは、世界の主要企業によって製造されています。より多くの研究資金とより良い流通システムを持つ市場リーダーが、市場での地位を確立しています。さらに、アジア太平洋地域では、認知度の向上により小規模な企業が台頭してきています。このように、これは市場の成長に役立っています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 調査の前提
  • 本調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 世界のがん罹患率の増加
    • がん治療技術の進歩
    • 外部放射線治療に対するIORTの優位性
  • 市場抑制要因
    • IORTの限界と訓練された人材の不足
    • 術中放射線治療に対する従来の放射線治療の優先順位
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 方式別
    • 電子線IORT
    • 術中ブラキセラピー
  • 製品・サービス別
    • 製品名
      • システム/加速器
      • アプリケーター/アフターローダー
      • 治療計画システム
      • アクセサリ
    • サービス内容
  • アプリケーション別
    • 乳がん
    • 脳腫瘍
    • 消化器癌
    • 頭頸部がん
    • その他のアプリケーション
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ地域
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他の中東・アフリカ地域
    • 南米地域
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Ariane Medical Systems Ltd
    • Eckert & Ziegler
    • Elekta AB
    • GMV Innovating Solutions
    • ICAD Inc.
    • Intraop Medical Corporation
    • Sensus Healthcare Inc.
    • Sordina IORT Technologies
    • Varian Medical Systems Inc.
    • Carl Zeiss Meditec AG

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 67633

Intraoperative radiation therapy (IORT) is an intensive radiation treatment that is administered during surgery. IORT allows direct radiation to the target area while sparing normal surrounding tissue. IORT is used to treat cancers that are difficult to remove during surgery, and when there is a concern that microscopic amounts of cancer may remain.

The rising incidence of cancer, technological advancements, and advantages offered by IORT over conventional radiotherapy are the major factors driving the growth of the global market. Additionally, the growing clinical trials exploring the use of IORT for various cancer applications are expected to offer lucrative growth opportunities to market players.

However, the lack of skilled personnel to operate the equipment and preference for conventional radiotherapy over IORT hinders the growth of the market.

Key Market Trends

Electron IORT is Expected to Cover a Large Share of the Market

  • Electron intraoperative radiation therapy or intraoperative electron radiation therapy (IOERT) is the application of electron radiation directly to the residual tumor or tumor bed during cancer surgery. Electron beams are useful for intraoperative radiation treatment, as the dose falls off rapidly behind the target site depending on the electron energy, therefore, sparing underlying healthy tissue.
  • One of the advantages of IOERT is that it can be given at the time of surgery when microscopic residual tumor cells are most vulnerable to destruction. IOERT is also often used in combination with external beam radiotherapy (EBRT), resulting in less integral doses and shorter treatment times.
  • Moreover, Cancer Research UK suggests that the population suffering from cancer is expected to increase in the future. As per the report, if recent trends in the incidence of major cancers and population growth are consistent, it is predicted that there will be 27.5 million new cancer cases worldwide each year by 2040. Thus, this is an increase of 61.7% from 2018 (17 million).
  • Hence, with the increasing prevalence of cancer globally, the demand for novel therapies, like IOERT, and their advantages over conventional methods, are expected to increase if the awareness regarding these techniques increases.

North America is Expected to Dominate the Market

  • The prevalence of cancer in the United States is one of the highest in the world. As per a 2018 report by the World Cancer Research Fund International, the prevalence of cancer in the United States is 352.2 per 100,000.
  • As per the same report, Canada also has a high prevalence of cancer, with 334 per 100,000 Canadians suffering from the dreadful disease. This high prevalence of cancer has increased the economic burden of cancer on the population of this region.
  • However, the United States and Canada have a developed and well-structured healthcare system. These systems also encourage R&D activities. These policies encourage global players to enter the United States and Canada.
  • As a result, these countries enjoy the presence of many global market players. Hence, as high demand is met by the presence of global players in the region, the market is further expected to increase.

Competitive Landscape

Most of the intraoperative radiation therapy instruments are being manufactured by the global key players. Market leaders with more funds for research and a better distribution system have established their market position. Moreover, Asia-Pacific is witnessing the emergence of some small players due to the rise of awareness. Thus, this has helped the market to grow.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Growing Global Prevalence of Cancer
    • 4.2.2 Advancements in Cancer Therapy Technologies
    • 4.2.3 Advantages of IORT over External Beam Radiotherapy
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Limitations of IORT and Shortage of Trained Personnel​
    • 4.3.2 Preference for Conventional Radiotherapy Over Intraoperative Radiation Therapy
  • 4.4 Industry Attractiveness - Porter's Five Force Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Method
    • 5.1.1 Electron IORT
    • 5.1.2 Intraoperative Brachytherapy
  • 5.2 By Products and Services
    • 5.2.1 Products
      • 5.2.1.1 Systems/Accelerators
      • 5.2.1.2 Applicators and Afterloaders
      • 5.2.1.3 Treatment Planning Systems
      • 5.2.1.4 Accessories
    • 5.2.2 Services
  • 5.3 By Application
    • 5.3.1 Breast Cancer
    • 5.3.2 Brain Tumor
    • 5.3.3 Gastrointestinal Cancer
    • 5.3.4 Head and Neck Cancer
    • 5.3.5 Other Applications
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia Pacific
    • 5.4.4 Middle-East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Ariane Medical Systems Ltd
    • 6.1.2 Eckert & Ziegler
    • 6.1.3 Elekta AB
    • 6.1.4 GMV Innovating Solutions
    • 6.1.5 ICAD Inc.
    • 6.1.6 Intraop Medical Corporation
    • 6.1.7 Sensus Healthcare Inc.
    • 6.1.8 Sordina IORT Technologies
    • 6.1.9 Varian Medical Systems Inc.
    • 6.1.10 Carl Zeiss Meditec AG

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS