デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
912003

獣医診断イメージング市場 - 成長、動向、予測(2022年~2027年)

Veterinary Diagnostic Imaging Market - Growth, Trends, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 114 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.55円
獣医診断イメージング市場 - 成長、動向、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 114 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

獣医診断イメージング市場は、人間のパートナーである犬や猫、そして牛や豚などの動物が様々な商業目的に利用されるようになったことで、予測期間中に成長すると予想されています。先進諸国は、特に良好な経済状況などのいくつかの要因のために、コンパニオンアニマルの所有において主要な位置を占めています。ASPCA(米国動物虐待防止協会)の2017年の報告によると、毎年、全米で約650万頭のコンパニオンアニマルが動物保護施設に入所しているそうです。米国では、そのうちの約330万匹が犬で、約320万匹が猫です。また、ASPCAによると、年間320万匹の保護動物がペットとして引き取られ、そのうち約160万匹が犬、残りの約160万匹が猫であると推定されています。中国やインドなどの新興市場でも、動物の健康に対する一般的な意識とともに、動物の飼育数が急速に伸びています。インドでは家畜の飼育頭数が多いことも、この市場の成長に寄与している重要な要因の一つです。コンパニオンアニマルや家畜の飼育数の増加、動物の健康に対する支出の増加は、これらの動物に影響を与える様々な病気に対する適切な画像診断の需要の増加を間接的に生み出し、予測期間中の市場の成長をさらに促進するものと期待されます。

主な市場動向

X線撮影システムは、予測期間中に最大の市場シェアを占めると予想される装置別セグメントです。

デジタルX線撮影は、X線感光板を使用して患者の検査データを直接取り込み、即座にコンピュータシステムに転送するX線撮影の一形態です。このため、X線フィルムの代わりに、デジタルX線撮影装置で画像を取り込みます。現在では、動物の複雑な状態を把握するために、動物用X線撮影装置が広く使用されています。これにより、画像のプレビューと利用がすぐにできる、コストのかかるフィルム処理工程を省ける、ダイナミックレンジが広いため露出の過不足に寛容で、画像全体の表示品質を高める特別な画像処理技術を適用できる、などの利点が得られます。また、より少ない放射線量で、従来のX線撮影と同程度のコントラストの画像を得ることができます。2016年、IdexxはImageVue DR50 Digital Imaging Systemを発売しました。これは、緻密な解剖学的構造と微細な解剖学的構造の可視化を向上させた、動物医療における初のX線撮影システムです。このように、このセグメントの大きなシェアは、X線撮影によって提供される一貫した高品質の画像、費用対効果、獣医師によるこの技術への嗜好の高まりなど、さまざまな要因に起因するものです。

予測期間中、北米が最大の市場シェアを占めると予想される

米国は、ペットの飼育数の増加や一人当たりの動物ヘルスケア支出の増加などの要因から、大きな市場シェアを維持すると予想されます。また、さまざまな動物の病気やけがの有病率の上昇は、市場成長を促進する主要な要因として認識されています。米国ペット用品協会(APPA)が実施した「2017-2018全国ペット飼育者調査」によると、米国の世帯の68%、約8500万世帯がペットを飼育しているとのことです。これは、同調査が初めて実施された1988年の米国世帯の56%から上昇したものです。近年はペットの飼育が増加しているだけでなく、家畜の飼育頭数も2014年以降、安定したペースで増加しています。米国農務省全米農業統計局によると、米国では2017年に9370万頭だった牛と子牛が、2018年には9440万頭まで増加したことが確認されています。ペットや家畜の所有が増えたことで、米国市民もこれらの動物の健康に対して配慮するようになりました。米国ペット用品協会によると、2018年の米国におけるペットへの支出は、725億6000万米ドルでした。したがって、ペットや家畜の所有権の増加や健康に対する意識の向上は大きな要因であり、この市場の成長を後押ししています。

競合情勢について

調査した市場は、様々な市場プレイヤーの存在により断片化された市場です。市場プレイヤーのいくつかは、キヤノンメディカルシステムズ株式会社、ケアストリームヘルス、エピカアニマルヘルス、Esaote SPA、富士フィルムホールディングス、Hallmarq獣医イメージング、IDEXX Laboratories Inc、IMVイメージング、およびサウンドがあります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 調査の前提
  • 本調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • ペット飼育の増加と動物医療費の増加
    • 動物の病気や傷害の増加
  • 市場抑制要因
    • イメージングデバイスの高コスト
    • 熟練工の不足
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 機器別
    • ラジオグラフィー(X線)システム
    • 超音波画像診断装置
    • コンピュータ断層撮影装置
    • 磁気共鳴イメージング装置
    • ビデオ内視鏡画像診断装置
    • その他機器
  • アプリケーション別
    • 循環器
    • 腫瘍学
    • 神経内科
    • 整形外科
    • その他の用途
  • 動物の種類別
    • 小動物
    • 大動物
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • その他の地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Canon Medical Systems Corporation
    • Carestream Health
    • Epica Animal Health
    • Esaote SPA
    • Fujifilm Holdings
    • Hallmarq Veterinary Imaging
    • IDEXX Laboratories Inc.
    • IMV Imaging
    • Sound

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 66955

The market for veterinary diagnostic imaging is expected to grow over the forecast period owing to the significant rise in the adoption of animals, including dogs and cats as the favorite companions of human beings, as well as cattle and swine for various commercial purposes. The developed countries have the leading position in companion animal-ownership, owing to several factors, like favorable economic condition, among others. As reported in 2017, by the ASPCA (American Society for the Prevention of Cruelty to Animals), every year, around 6.5 million companion animals enter animal shelters nationwide. In the United States, out of those animals, approximately 3.3 million are dogs and 3.2 million are cats. ASPCA also estimated that 3.2 million shelter animals are adopted as pets each year; among which, around 1.6 million are dogs and the rest 1.6 million are cats. The emerging markets, such as China and India, are also experiencing fast growth in animal adoption, along with general awareness about animal health. The large livestock population in India is one of the key factor which is contributing to this market's growth. The rise in both companion and livestock animal adoption, along with the increased animal health expenditure, indirectly generates a rise in demand for proper diagnostic imaging for various diseases that can affect these animals, which is further expected to propel the market's growth over the forecast period.

Key Market Trends

Radiography (X-ray) Systems is the Segment by Equipment expected to hold Largest Market Share over the Forecast Period.

Digital radiography is a form of radiography that uses x-ray-sensitive plates to directly capture data during patient examination, immediately transferring it to a computer system. Thus, instead of X-ray film, digital radiography uses a digital image capture device. Nowadays, veterinary radiography systems are being extensively used to understand the complex conditions suffered by animals. This provides the advantages of immediate image preview and availability, elimination of costly film processing steps, and a wider dynamic range, which makes it more forgiving of over and under-exposure and provides the ability to apply special image processing techniques that enhance the overall display quality of the image. In addition, less radiation can be used to produce an image of similar contrast to conventional radiography. In 2016, Idexx launched the ImageVue DR50 Digital Imaging System. It is the first radiography system in veterinary medicine that improves the visualization of dense anatomy and fine anatomical structures. Thus, the large share of this segment is attributed to various factors, such as the consistently high quality of images provided by X-ray imaging, cost-effectiveness, and the increasing preference for this technology by veterinarians.

North America is Expected to Hold Largest Market Share over the Forecast Period

The United States is expected to retain its significant market share, owing to factors, such as rising pet adoption and the increasing per capita animal healthcare expenditure. In addition, the rise in the prevalence of various animal diseases and injuries has been identified as the major factor, fueling market growth. According to the 2017-2018 National Pet Owners Survey conducted by the American Pet Products Association (APPA), 68% of US households, or about 85 million families, own a pet. This is up from 56% of US households in 1988, the first year the survey was conducted. Not only has the pet ownership been increasing in recent years, but the number of livestock population has also increased at a steady rate since 2014. According to the US Department of Agriculture's National Agricultural Statistics Service, the United States witnessed an increase from 93.7 million cattle and calves in 2017 to 94.4 million cattle and calves in 2018. With increased ownership of pets and livestock, the US citizens have also become more considerate toward the health of these animals. According to the American Pet Products Association, the expenditure on pets in the United States in 2018 was USD 72.56 billion. Hence, the increased pet and livestock ownership and increased awareness about their health are major factors, driving the growth of this market.

Competitive Landscape

The market studied is a fragmented market owing to the presence of various market players. Some of the market players are Canon Medical Systems Corporation, Carestream Health, Epica Animal Health, Esaote SPA, Fujifilm Holdings, Hallmarq Veterinary Imaging, IDEXX Laboratories Inc., IMV Imaging, and Sound

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increased Pet Ownership and Animal Health Expenditure
    • 4.2.2 Rising Prevalence of Animal Diseases and Injuries
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Cost of Imaging Devices
    • 4.3.2 Lack of Skilled Personnel
  • 4.4 Porter's Five Force Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Equipment
    • 5.1.1 Radiography (X-ray) Systems
    • 5.1.2 Ultrasound Imaging Systems
    • 5.1.3 Computed Tomography Imaging Systems
    • 5.1.4 Magnetic Resonance Imaging Systems
    • 5.1.5 Video Endoscopy Imaging Systems
    • 5.1.6 Other Equipment
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Cardiology
    • 5.2.2 Oncology
    • 5.2.3 Neurology
    • 5.2.4 Orthopedics
    • 5.2.5 Other Applications
  • 5.3 By Animal Type
    • 5.3.1 Small Animals
    • 5.3.2 Large Animals
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Rest of the World

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Canon Medical Systems Corporation
    • 6.1.2 Carestream Health
    • 6.1.3 Epica Animal Health
    • 6.1.4 Esaote SPA
    • 6.1.5 Fujifilm Holdings
    • 6.1.6 Hallmarq Veterinary Imaging
    • 6.1.7 IDEXX Laboratories Inc.
    • 6.1.8 IMV Imaging
    • 6.1.9 Sound

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS