表紙:ポリメラーゼ連鎖反応市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2021年~2026年)
市場調査レポート
商品コード
871438

ポリメラーゼ連鎖反応市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2021年~2026年)

Polymerase Chain Reaction Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2021 - 2026)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=136.25円
ポリメラーゼ連鎖反応市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2021年~2026年)
出版日: 2021年07月01日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ポリメラーゼ連鎖反応市場は、2020年に約51億7,037万米ドルとなり、2026年には80億9,400万米ドルに達すると予測され、予測期間である2021~2026年には7.83%のCAGRで推移する見込みです。

ポリメラーゼ連鎖反応市場の成長を促す主な要因としては、臨床診断におけるアプリケーションの増加、個別化医療や精密医療に対する需要の高まり、薬剤開発における技術の進歩と応用が挙げられます。

PCR市場には、市場の臨床診断分野での需要増加による好影響があります。当局がウイルス培養検査を推奨していないため、ほぼすべての診断検査では、COVID 19の症状があり、医療従事者から診断検査を受けるよう勧められた集団を検査するためにRT-PCRが使用されています。

また、COVID-19の出現により、感染症や遺伝性疾患の分子診断においてポリメラーゼ連鎖反応の重要性が高まっています。個別化医療を推進するためには、臨床判断の材料となる基礎疾患の分子情報を正確かつ再現性よく得るための手段を開発することが重要であり、PCR技術はそうした手段への活用が進んでいます。そのため、個別化医療と患者中心のアプローチへの注目が高まり、調査対象市場の成長を後押ししています。

個別化医療は、疾患の分子的基盤に応じて個々の患者にオーダーメイドの治療法を提供することを目的とし、近年普及が進んでいます。世界人口の高齢化と慢性疾患の増加により、世界中でヘルスケアシステムの能力と財政的な実行可能性に容赦ない圧力がかかっています。

World Population Prospects:the 2019 Revision」によると、2050年には6人に1人が65歳以上になると言われています。このように、個別化医療に対する需要の高まりは、遺伝子医療分野に多大な機会をもたらしています。個別化医療の新興分野で競争優位に立つために、バイオテクノロジーや製薬会社は、ゲノム医療や消費者向け直接遺伝子検査の根拠を探っています。これらの製品を開発するために、バイオテクノロジー業界はポリメラーゼ連鎖反応の主要なアプリケーションであるバイオテクノロジーの分野で研究開発プロセスを強化しています。

このように、個別化医療は、より良い患者ケアと高い安全マージンを提供すると同時に、総医療費の削減を約束するものです。したがって、高齢者人口の増加、個別化医療に対する需要、およびPCRがその開発において果たす役割は、市場の成長を後押ししています。

主な市場動向

臨床診断セグメントは予測期間中に良好な成長を遂げると予想される

PCRベースの分子診断検査は、特に感染症、癌、先天性異常の分野において、患者管理の指針としてますます使用されるようになってきています。世界的に、遺伝性疾患、感染症、慢性疾患の有病率は、遺伝子およびゲノム情報の利用可能性の増加と相まって増加傾向にあり、臨床検査室におけるPCR技術の急速な導入につながっています。

主要国でのCOVID-19患者の増加や病気の広がりは、疑いのある人々のウイルスの診断検査の需要を高めています。このような動向は、主にこのような疾患に対する迅速または特異的な診断検査が少ないか利用できないことに起因しています。したがって、臨床診断におけるPCRの幅広い用途に関連して、この分野は予測期間中に高い成長を記録すると思われます。

高い特異性、感度、低いサンプル要求により、PCRベースの分子アッセイは臨床診断の目的には最適な技術です。PCRベースの分子アッセイは、最近のジカウイルスやコロナウイルスのアウトブレイクのような急速な疾病発生の場合に、病原体を検出するための主要な診断モードとなりつつあります。

予測期間中は北米が市場を独占すると予想される

癌などの遺伝性疾患や慢性疾患の有病率の増加、人口の高齢化、精密医療や個別化医療に対する需要の高まり、政府の有利な取り組みなどが、市場の成長を促す主な要因となっています。

COVID-19の症例が急増しており、ウイルスの拡散が非常に速いため、感染が加速しています。容疑者数の増加により診断検査が増加し、同国の市場成長を後押ししています。

LabCorp社のPixel COVID-19は、COVID-19の問診結果に基づいて医療従事者が適切と認めた場合、患者が自宅で鼻腔スワブ検体を自己採取する検査キットです。検体は丁寧に採取され、ラボでRT-PCRを行い、結果が作成されて返送されます。このような国の先進的な取り組みにより、市場では他社よりも優位に立っています。

2020年2月には、保健福祉省もCOVID-19の検出のための診断薬の緊急使用の認可を発表しました。この認可により、同地域での診断薬製品の上市が増加しました。

また、米国の学術界やバイオテクノロジー業界では、遺伝子工学やゲノム研究の動向も活発化しています。ゲノム研究の増加は主に、慢性疾患の管理に対する標的医療や精密医療への高い需要や、疾患の遺伝子や分子基盤を理解する必要性から生じています。近年では、いくつかの政府の取り組みが開始され、それがPCR市場の成長を補完しています。

競合情勢

PCR市場は、少数の大手企業が存在するため、適度に統合された状態になっています。市場プレイヤーのいくつかは、Abbott Laboratories、Agilent Technologies Inc、Becton、Dickinson and Company、bioMerieux SA、Bio-Rad Laboratories Inc、GE Healthcare、Merck KGaA、PerkinElmer Inc、Promega Corporation、Siemens Healthcare、Thermo Fisher Scientific Inc.が含まれます。これらの大手企業は、競争力を高めるために先端技術製品の研究開発に注力していることがわかります。また、製品ポートフォリオと製造能力を強化し、競争上の差別化を図るために、パートナーシップや合併、買収に取り組んでいる企業も見受けられます。

本レポートを購入する理由

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 本調査の前提条件
  • 本調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 臨床診断におけるアプリケーションの増加
    • 個別化医療・精密医療に対する需要の高まり
    • 医薬品開発における技術的進歩とアプリケーション
  • 市場抑制要因
    • 機器の高コスト
    • 代替技術の出現
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品別
    • インスツルメンツ
      • スタンダードPCRシステム
      • デジタルPCRシステム
      • リアルタイムPCRシステム
    • 試薬・消耗品
    • ソフトウェア
  • アプリケーション別
    • 臨床診断
    • ライフサイエンス研究・産業用アプリケーション
    • その他の用途
  • エンドユーザー別
    • 学術機関
    • 臨床診断研究所・病院
    • 製薬・バイオテクノロジー企業
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ地域
      • GCC
      • 南アフリカ共和国
      • その他の中東・アフリカ地域
    • 南米地域
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Abbott Laboratories
    • Agilent Technologies Inc.
    • Becton, Dickinson and Company
    • bioMerieux SA
    • Bio-Rad Laboratories Inc.
    • GE Healthcare
    • Merck KGaA
    • PerkinElmer Inc.
    • Promega Corporation
    • Siemens Healthcare
    • Thermo Fisher Scientific Inc.
    • QIAGEN
    • F. Hoffmann-La Roche Ltd
    • Danaher Corporation

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 64490

The polymerase chain reaction market was valued at approximately USD 5,170.37 million in 2020, and it is expected to reach USD 8,094 million by 2026, registering a CAGR of 7.83% during the forecast period, 2021-2026.

The major factors driving the growth of the polymerase chain reaction market include the increasing application in clinical diagnostics, rising demand for personalized and precision medicine, and technological advancements and applications in drug development.

There is a positive impact on the PCR market due to the increasing demand in the clinical diagnostic segment of the market. As the authorities have not recommended the viral culture tests, almost all the diagnostic tests use RT-PCR to test the population who have symptoms of COVID 19 and are advised by healthcare professionals to undergo a diagnostic test.

Furthermore, the polymerase chain reaction is also gaining higher importance in the molecular diagnosis of infectious and genetic diseases with the advent of COVID-19. To facilitate personalized medicine, it is crucial to develop precise and reproducible means of gaining molecular information about the underlying disease, which can be used to guide clinical decision making, with PCR techniques being increasingly utilized in such methods. Therefore, increasing the focus on personalized medicine and patient-centered approach is driving the growth of the market studied.

Personalized medicine, which aims to provide tailor-made therapies to individual patients, depending on the molecular basis of disease, became popular over recent years. The aging global population and the rising prevalence of chronic disease are putting unrelenting pressure on the healthcare system's capacity and financial viability across the world.

According to the World Population Prospects: the 2019 Revision, one in every six people will be over 65 years of age by 2050. The rising demand for personalized medicine has thus created tremendous opportunities in the field of genetic medicine. To gain a competitive advantage in the emerging field of personalized medicine, biotechnology, and pharmaceutical firms are exploring the grounds of genomic medicine and direct-to-consumer genetic testing. To develop these products, the industry is ramping up the R&D process in the areas of biotechnology, where the polymerase chain reaction finds its major applications.

Personalized medicine thus holds the promise of providing better patient care and a high safety margin while also lowering the total healthcare costs. Therefore, the increasing geriatric population, demand for personalized medicine, and the role PCR play in developing them boost the market growth.

Key Market Trends

The Clinical Diagnostics Segment is Expected to Witness Good Growth over the Forecast Period

PCR-based molecular diagnostic tests are increasingly being used to guide patient management, particularly in the fields of infectious diseases, cancer, and congenital abnormalities. Globally, the prevalence of genetic, infectious, and chronic diseases, coupled with the increased availability of genetic and genomic information, is on the rise, and it has led to the rapid incorporation of PCR techniques in clinical laboratories.

The rising COVID-19 cases and spread of the disease in major countries have increased the demand for the diagnostic tests of the virus in the suspected population. This trend is primarily due to the low or non-availability of rapid or specific diagnostic tests for such diseases. Therefore, pertaining to broad applications of PCR in clinical diagnostics, the segment is likely to register high growth during the forecast period.

The high specificity, sensitivity, and low sample requirement make PCR-based molecular assay a go-to technique for the purpose of clinical diagnosis. PCR-based molecular assays are becoming the primary mode of diagnosis for the detection of pathogens in case of a rapid disease outbreak, such as the recent Zika and coronavirus outbreaks.

North America is Expected to Dominate the Market over the Forecast Period

The increasing prevalence of genetic and chronic disorders, such as cancer, the aging population, the rising demand for precision and personalized medicine, and favorable government initiatives are the primary factors driving the growth of the market.

As the COVID-19 cases are increasing rapidly and the spread of the virus is very rapid, speeding up the transmission. The increasing count of suspects increases the number of diagnostic tests, boosting the market growth in the country.

Pixel by LabCorp COVID-19 is a home collection test kit where the patient can self-collect nasal swab specimens at home when approved by a healthcare provider to be appropriate based on the results of a COVID-19 questionnaire. The specimen is collected carefully and sent back to the lab for RT-PCR, where the results are produced and sent back. Due to such advancements in the country, it has a cutting edge over others in the market.

In February 2020, the Department of Health and Human Services also announced the authorization of the emergency use of diagnostics for the detection of COVID-19. This authorization has increased the number of diagnostics product launches in the region.

There is also a growing trend of genetic engineering and genomic research in academia and biotechnology industries of the United States. Increasing genomic research is primarily fueled by the high demand for targeted and precision medicine for the management of chronic disorders, as well as due to the need for understanding the genetic and molecular basis of the disease. In recent years, several government initiatives were launched, which are supplementing the growth of the PCR market.

Competitive Landscape

The market studied is moderately consolidated in nature, owing to the presence of a few major players. Some of the market players are Abbott Laboratories, Agilent Technologies Inc., Becton, Dickinson and Company, bioMerieux SA, Bio-Rad Laboratories Inc., GE Healthcare, Merck KGaA, PerkinElmer Inc., Promega Corporation, Siemens Healthcare, and Thermo Fisher Scientific Inc. These major companies are found focusing on R&D to develop advanced technology products to gain a competitive edge. Companies are also found engaging in partnerships, mergers, and acquisitions, aiming to strengthen their product portfolios and manufacturing capacities and provide competitive differentiation.

Reasons to Purchase this report:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Application in Clinical Diagnostics
    • 4.2.2 Rising Demand for Personalized and Precision Medicines
    • 4.2.3 Technological Advancements and Applications in Drug Development
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Cost of Instruments
    • 4.3.2 Emergence of Alternative Technologies
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Product
    • 5.1.1 Instruments
      • 5.1.1.1 Standard PCR Systems
      • 5.1.1.2 Digital PCR Systems
      • 5.1.1.3 Real-time PCR Systems
    • 5.1.2 Reagents and Consumables
    • 5.1.3 Software
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Clinical Diagnostics
    • 5.2.2 Life Science Research and Industrial Applications
    • 5.2.3 Other Applications
  • 5.3 By End User
    • 5.3.1 Academic Institutes
    • 5.3.2 Clinical Diagnostics Labs and Hospitals
    • 5.3.3 Pharmaceutical and Biotechnology Industries
    • 5.3.4 Other End Users
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle-East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Abbott Laboratories
    • 6.1.2 Agilent Technologies Inc.
    • 6.1.3 Becton, Dickinson and Company
    • 6.1.4 bioMerieux SA
    • 6.1.5 Bio-Rad Laboratories Inc.
    • 6.1.6 GE Healthcare
    • 6.1.7 Merck KGaA
    • 6.1.8 PerkinElmer Inc.
    • 6.1.9 Promega Corporation
    • 6.1.10 Siemens Healthcare
    • 6.1.11 Thermo Fisher Scientific Inc.
    • 6.1.12 QIAGEN
    • 6.1.13 F. Hoffmann-La Roche Ltd
    • 6.1.14 Danaher Corporation

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS