表紙:電子皮膚パッチ市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
市場調査レポート
商品コード
854056

電子皮膚パッチ市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Electronic Skin Patch Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=137.31円
電子皮膚パッチ市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

電子皮膚パッチ市場は、CAGR15%を記録し、予測期間(2021-2026年)終了時には100億米ドルを超えると予想されています。電子皮膚パッチは、エレクトロニクス業界のプレイヤーの間で支持を集め始めています。チップサイズが9nmから5nmになるなど、技術開発によるセンサーの小型化が、こうした製品の開発の背景となっています。

主なハイライト

  • フィットネス志向の高まりにより、予測期間中、市場は積極的に牽引されると予想されます。ヘルスケア業界では、電子皮膚パッチは接着剤を必要とし、身体のバイタルを監視するための侵襲的な手順を伴わないため、その恩恵を受けると予想されます。
  • FDAのデジタルヘルスイノベーションアクションプランなど、規制機関によるイニシアティブの高まりは、高品質で安全かつ効果的なデジタルヘルス製品を市民にタイムリーにアクセスするためのFDAのアプローチを述べており、市場を後押しすると期待されます。
  • 限られた機能性、相互運用性の欠如、データセキュリティは、電子皮膚パッチの採用を抑制する要因の一部です。しかし、政府によるデジタル化の取り組みと、IoT、仮想現実、拡張知能、人工知能などの新技術の浸透が相まって、こうした抑制要因を軽減することが期待されます。

主な市場動向

ライフスタイルの変化に伴い、心血管モニタリングは大幅な成長を記録すると予想される

  • 心機能は、心拍数、前負荷、収縮力、後負荷のような、相互に関連する4つの変数の結果です。しかし、心機能の個々の構成要素を定量化することは非常に困難であり、2つの大きな問題があります。第一に、その手法は侵襲的な圧力か、高度に専門化した心エコー検査です。第二に、すべての構成要素は相互に依存しています。したがって、ある構成要素に障害が発生すると、他の構成要素に影響を及ぼす可能性があります。このような場合、電子皮膚パッチは、侵襲的な手順を必要とせず、手軽であるため、心血管モニタリングの最適な代替手段として機能します。
  • 数キロに及ぶマラソンを走るアスリートにとって、人体の能力を最大限に引き出すために、心血管モニタリングは重要な意味を持ちます。そのため、アスリートにとって心機能を把握することは、より良いランニングプランを立てるために不可欠なのです。
  • 例えば、4月28日にデュッセルドルフで開催された「METROマラソン2018」には、運動(IMU)、心電図(ECG)、呼吸(RES)を継続的に計測・記録する貼り付け式のスマートヘルスパッチ(スマートヘルスパッチの開発には、ヘンケル、クアッドインダストリーズ、バイトフライズなど3社が参加)を装着したランナー16人が参加しました。
  • 目まぐるしい労働環境に加え、不規則な食生活や運動不足により、多くの致命的な病気が発生しており、中でも心臓病は最も一般的な病気となっています。このように、体のバイタルをモニターすることは、無視されると致命的となるため、重要です。電子皮膚パッチの使用は、そのような致命的な結果を監視し、防止するのに役立つ可能性があります。

欧州での需要は、ヘルスケアに対する意識に支えられています。

  • 従来の糖尿病モニタリングの方法は、血液中のグルコースレベルをモニタリングするために、グルコースストリップや指を刺すテストを使用していました。したがって、そのような侵襲的な手順の使用を防ぐために、2018年4月、英国バース大学の科学者は、10-15分ごとに血糖値を測定できる粘着性の電子皮膚パッチを開発しました。
  • 同様に、医療技術企業であるNemaura Medicalは、糖尿病に苦しむ人々や糖尿病予備軍向けに特別に設計された、非侵襲的で安価、かつ柔軟な連続グルコースモニター(CGM)である「sugarBEAT」を開発しました。糖尿病患者やその予備軍を対象に開発され、患者の血糖値をより適切に管理することを可能にします。
  • WHOが発表したレポートによると、2016年には、糖尿病を患う成人が4億2200万人おり、この数は増加すると予想されているため、電子皮膚パッチ市場に機会を提供しています。

競合情勢について

Sensium、Vitalconnect、Lean Healthcareなどのようないくつかの主要なプレーヤーが存在するため、電子皮膚パッチ市場のプレーヤー間の競合関係は高いです。これらの企業は、研究開発活動への多大な投資により、継続的に製品を革新することで、他の企業との競争優位性を獲得しています。戦略的パートナーシップとM&Aにより、これらの企業は市場で強力な足場を獲得しています。

  • 2016年3月-韓国ソウルの基礎科学研究所の研究者が、インスリンを投与しながら正確なグルコース測定を行うことができる電子皮膚パッチを開発しました。老年人口の増加は、市場のエンドユーザーの利益とターゲットになると予想されます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 本調査の前提条件
  • 本調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因と抑制要因のイントロダクション
  • 市場促進要因
    • 消費者のフィットネス志向の高まり
    • コネクテッドモニタリングデバイスの需要増
  • 市場抑制要因
    • 新規、既存、レガシーシステム間の相互運用性問題
  • 産業バリューチェーン分析
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • アプリケーション別
    • 心血管モニタリング
    • 糖尿病管理
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • その他の地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Vitalconnect Inc.
    • Leaf Healthcare Inc.
    • Quad industries SA
    • Loreal SA
    • Sensium Healthcare Ltd
    • iRhythm Technologies Inc.

第7章 投資分析

第8章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 66360

The electronic skin patch market is expected to register a CAGR of 15% and surpass USD 10 billion by the end of the forecast period (2021-2026). The electronic skin patches have started gaining traction among the electronics industry players. The miniaturization of sensors due to technological developments, such as a decrease in chip size from 9nm to 5nm, has been the reason for the development of such products.

Key Highlights

  • The growing trend for fitness among the population is expected to drive the market positively, during the forecast period. The healthcare industry is expected to benefit from electronic skin patches, as they need an adhesive and do not involve any invasive procedures for monitoring the body vitals.
  • The growing initiatives by regulatory bodies, such as FDA's Digital Health Innovation Action plan, which states FDA's approach to ensuring timely access to high-quality, safe, and effective digital health products to its citizens, are expected to boost the market.
  • Limited functionality, lack of interoperability, and data security are some of the factors that restrain the adoption of electronic skin patches. However, the digitization initiatives by the governments, coupled with the penetration of new technologies, like IoT, virtual reality, augmented reality, and artificial intelligence, are expected to mitigate such restraining factors.

Key Market Trends

Owing to Changing Lifestyle, Cardiovascular Monitoring is Expected to Register Substantial Growth

  • Cardiac function is the result of four interrelated variables, like heart rate, preload, contractility, and afterload. It becomes very difficult to quantify individual components of cardiac functions and poses two main problems. Firstly, the technique is either invasive pressure or highly specialized echocardiographic techniques. Secondly, all the components are interdependent. Hence, a failure in a single component may affect the other components. In such cases, an electronic skin patch works as the best alternative for cardiovascular monitoring, as it does not involve any invasive procedures and is handy.
  • Cardiovascular monitoring becomes important for athletes running marathons spread across several kilometers, as it involves stretching the capabilities of the human body. Henceforth, it becomes essential for the athletes to track the cardiac function to better plan their runs.
  • For instance, 16 runners participated in METRO Marathon 2018, in Dusseldorf, on April 28, equipped with stick-on smart health patches (three companies were engaged in developing smart health patches, such as Henkel, Quad Industries, and Byteflies) that continuously measured and recorded motion (IMU), electrocardiogram (ECG), and respiration (RES).
  • The fast-paced work life, coupled with irregular eating habits and no exercises, has resulted in many fatal diseases, with heart diseases becoming the most common. Thus, monitoring the vitals of the body is important, as it can prove fatal when ignored. The use of electronic skin patches could help in monitoring and preventing such fatal outcomes.

Demand in Europe is Driven Due to Healthcare Awareness

  • Traditional methods of diabetes monitoring involve the usage of glucose strips and finger-prick tests to monitor glucose levels in the blood. Thus, in order to prevent the usage of such invasive procedures, in April 2018, scientists from the University of Bath, the United Kingdom, developed an adhesive electronic skin patch that can measure the blood glucose levels every 10-15 minutes.
  • Similarly, Nemaura Medical, a medical technology company, developed sugarBEAT, which is a non-invasive, affordable, and flexible continuous glucose monitor (CGM), specifically designed for the people suffering from diabetes and pre-diabetics. It enables the patients to better manage their glucose levels.
  • According to a report published by WHO, in 2016, there were 422 million adults suffering from diabetes and this number is expected to grow, thus providing opportunities for the electronic skin patch market.

Competitive Landscape

The competitive rivalry among the players in the electronic skin patch market is high, owing to the presence of some key players, like Sensium, Vitalconnect, Lean Healthcare, etc. Their ability to continually innovate their products by significant investments in R&D activities has helped them achieve a competitive advantage over other players. Strategic partnerships and mergers and acquisitions have enabled these companies to gain a strong foothold in the market.

  • March 2016 - Researchers from the Institute for Basic Science in Seoul, South Korea, developed an electronic skin patch, which is capable of performing accurate glucose measurements while delivering insulin. The increasing geriatric population is expected to benefit and target the end users in the market.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Introduction to Market Drivers and Restraints
  • 4.3 Market Drivers
    • 4.3.1 Rising Trend for Fitness among the Consumers
    • 4.3.2 RisingDemand for Connected Monitoring Devices
  • 4.4 Market Restraints
    • 4.4.1 Interoperability Issues between New, Existing, and Legacy Systems
  • 4.5 Industry Value Chain Analysis
  • 4.6 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.6.1 Threat of New Entrants
    • 4.6.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.6.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.6.4 Threat of Substitute Products
    • 4.6.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Application
    • 5.1.1 Cardiovascular Monitoring
    • 5.1.2 Diabetes Management
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 North America
    • 5.2.2 Europe
    • 5.2.3 Asia-Pacific
    • 5.2.4 Rest of the World

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Vitalconnect Inc.
    • 6.1.2 Leaf Healthcare Inc.
    • 6.1.3 Quad industries SA
    • 6.1.4 Loreal SA
    • 6.1.5 Sensium Healthcare Ltd
    • 6.1.6 iRhythm Technologies Inc.

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS