デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
850157

細胞表面マーカー検出市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、および予測(2022年 - 2027年)

Cell Surface Markers Detection Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 114 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.29円
細胞表面マーカー検出市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、および予測(2022年 - 2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 114 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

細胞表面マーカー検出市場は、予測期間中に8.2%のCAGRで推移すると推定されました。

COVID-19のパンデミックは、市場に大きな影響を及ぼすと予想されます。細胞表面マーカーとは、細胞膜に付着している糖質やタンパク質を指し、そのため、細胞表面マーカーは細胞間のシグナル伝達において重要な役割を果たすことができます。COVID-19抗体と細胞表面マーカーとの相互作用を利用した研究が多く行われています。例えば、2021年2月、「COVID-19 Impairs Immune Response to Candida Albicans」と題された研究論文がFrontiers in Immunologyに掲載されました。この研究論文では、COVID-19患者の単球と健常対照者の単球の細胞表面マーカー発現を調査・比較しました。その結果、患者のCOVID-19期間中に真菌の二次感染率が上昇することが判明しました。COVID-19患者の多くでは、免疫力の低下により二次的な真菌感染率が上昇します。したがって、真菌感染症の研究に細胞表面マーカーを使用することは、成長を後押しすることが期待されます。このような取り組みは、治療法を見つけるための革新的な方法につながる病気に対するより良い理解を促進するのに役立ちます。COVID-19の効果を研究するために細胞表面マーカーを使用する、そのような研究プロジェクトが世界中でより多く実施されています。したがって、このような新興国市場が市場の成長を後押しすると期待されています。

市場成長の主な要因としては、精密医療に対する需要の高まり、診断薬の使用の増加、スループットの向上と自動化に関連する技術的進歩などが挙げられます。例えば、肺がんでは200を超える細胞表面マーカーが過剰発現していることが確認されています。これらには、サイトケラチン断片21-1やEGFR遺伝子変異のようなマーカーが含まれます。これらのマーカーを通じて、血液中の腫瘍細胞の存在を検出する診断方法がとられています。世界のがん患者数の増加は、バイオマーカーの需要にプラスの影響を与え、細胞表面マーカー検出市場の成長を押し上げると予想されます。例えば、Globocan 2020レポートによると、2020年の乳がんの総数は2,261,419件、次いで肺がんが2,206,771件、前立腺がんが1,414,259件とされています。細胞表面マーカーは、細胞を識別・分類するためのモノグラムとして機能するため、がん細胞の表面に発現するタンパク質は、特定の腫瘍の種類のマーカーとして機能します。この分子識別は、病気の診断、病気に対する直接的な治療法の発見、創薬など、多くの用途に役立っています。このことは、市場の成長を後押しすると期待されています。マーカー調製に携わる企業は多く、市場成長を後押しする可能性が高いです。例えば、Becton, Dickinson, and Company社は、研究所で使用されるBD Lyoplate Human Cell Surface Marker Screening Panelを製造しています。BD Lyoplate Human Cell Surface Marker Screening Panelは、初代細胞や組織、細胞株のスクリーニングに使用でき、フローサイトメトリーやバイオイメージング技術のプラットフォームで使用できるよう互換性を持っています。このような幅広い用途に対応した革新的な製品は、市場の成長を後押しすると期待されています。

主な市場動向

フローサイトメトリーセグメントが最も速い速度で成長すると予想される

フローサイトメトリー技術は、集団内の細胞タイプの存在を検出するために使用されます。高集光レーザーに単一細胞を通過させることで実施されます。対象となる細胞表面マーカーに特異的な抗体をサンプルに加え、細胞と結合させます。これらの抗体は、様々な波長で発光する特性を持つ蛍光色素と結合しています。細胞集団にレーザーを照射すると、蛍光色素が励起され、放出された光が捕捉されます。その後、ゲーティング戦略と呼ばれる一連のヒストグラムやドットプロットを通じて、存在するマーカーに基づいて細胞を亜集団に分類することができます。細胞表面に発現するマーカーを蛍光標識抗体で標識し、フローサイトメトリーで解析すると、細胞のサブタイプや機能の定義に利用できます。臨床フローサイトメトリーでは、免疫機能に関連する細胞内タンパク質を同定・定量することができます。細胞表面ベースのフローサイトメトリーは、稀な事象を検出することができます。そのため、幹細胞や癌細胞の検出に広く使用されています。例えば、末梢血中のCD341造血幹細胞を安静時で検出することができます。また、毛様細胞性白血病などの血液悪性腫瘍患者の微小残存病変の評価にも用いることができます。

フローサイトメトリーの役割は、細胞表面マーカーを用いることで、原発性免疫不全症を含む免疫系疾患の研究にも広がっています。例えば、フローサイトメトリーによる細胞表面染色は、リンパ球のクローナリティの研究によく用いられます。T細胞のクローナリティの調査は、制限されたT細胞を伴う原発性免疫不全症の評価に特に有用です。フローサイトメトリー」と題された研究によると、「表面マーカーとその先」と題された研究です。2019年にJACI Onlineに掲載された「Surface Markers and beyond」によると、臨床検査法としてのフローサイトメトリーの応用は、細胞表面マーカーの同定から細胞内タンパク質の特性評価へと発展し、免疫機能の評価や免疫疾患の特性評価および診断に複数の異なるアプローチを提供しています。フローサイトメトリーは、がんの診断に広く用いられています。人間開発指数(HDI)が高い国はヘルスケアへの投資が多いため、がん診断検査の実施件数も多く、これらの国ではより多くのがん患者が発見される(国際がん研究機関、2020年)。このことが市場の成長を後押しすると考えられます。

北米が市場を独占し、予測期間中も市場シェアを維持すると予想される

北米地域は、細胞表面マーカーにおいて最大の市場です。疾病診断におけるアプリケーションの急速な拡大、確立された研究機関の存在、バイオテクノロジー産業が、市場規模拡大の主な理由です。北米における細胞表面マーカー検出の市場は現在米国が独占しており、今後数年間はその牙城が続くと予想されます。高いヘルスケア支出、高い技術適応率、正確でタイムリーな診断への注目の高まりが、米国の市場成長を後押ししています。米国にはこの分野で事業を展開する企業が多く、そのため同国の需要は予測期間中に堅調に推移するものと思われます。米国特有の企業としては、Nexcelom Bioscience LLC、Cofactor Genomics Inc.、Abbott Laboratories、Beckman Coulter Inc.など、多数の企業が挙げられます。これらの企業による製品発売の増加は、市場の成長を後押しすると予想されます。例えば、2020年11月、米国の研究・臨床診断会社であるBio-Rad Laboratories, Inc.は、フローサイトメトリー用に特別に開発された3種類のStarBright Dyesを発売しました。染料にはStarBright Blue 700、StarBright Violet 440、StarBright Violet 610があり、これらは蛍光ナノ粒子で、バイオラッド社のフロー抗体と結合し、最大限の輝度と分解能を向上させることが可能です。市場検出における表面タンパク質の検出に使用することができます。大手企業によるこのような取り組みは、成長を後押しするものと思われます。

競合情勢

細胞表面マーカー検出市場は、特に装置分野では多くの世界のプレーヤーで構成されています。これらの企業には、Becton, Dickinson and Company、日本光電工業株式会社、Luminex Corporation、Sysmex Corporation、Thermo Fisher Scientific Inc.などの企業が含まれます。一方、試薬や消耗品などニッチな分野では、バイオテクノロジーの新興企業が数社活動しています。新技術の取得を中心に、さらなる統合の動きが続いています。また、主要な市場参加者間で製品ラインやブランドの買収が行われる例もあります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 診断分野での利用拡大
    • スループット向上と自動化に関する技術的進歩
    • プレシジョンメディシンへの需要の高まり
  • 市場抑制要因
    • 機器の高コスト
    • 技術の複雑さ
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品名
    • フローサイトメトリー
    • ヘマトロジーアナライザー
    • セルイメージングシステム
    • 試薬・キット
    • その他の製品
  • アプリケーション
    • 疾病の診断と同定
    • 研究・創薬
    • その他の用途
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ地域
      • GCC
      • 南アフリカ共和国
      • その他の中東・アフリカ地域
    • 南米地域
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Abbott Laboratories
    • Danaher Corporation(Beckman Coulter, Inc)
    • Becton, Dickinson and Company
    • Bio Rad Laboratories Inc.
    • F. Hoffmann-La Roche Ltd
    • Diasorin SpA(Luminex Corporation)
    • Nihon Kohden Corporation
    • Qiagen NV
    • Siemens Healthineers
    • Thermo Fisher Scientific Inc.
    • Grifols SA
    • Nexcelom Bioscience LLC
    • IVD Medical Holding Limited(Immucor Inc.)
    • Agilent Technologies Inc.
    • Sysmex Corporation

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 66039

The cell surface markers detection market was estimated to register a CAGR of 8.2% during the forecast period.

The COVID-19 pandemic is expected to have a significant impact on the market. Cell surface markers refer to carbohydrates and proteins that are attached to the cell membrane, thus, allowing cell surface markers to play a crucial role in intercellular signaling. Many research projects are being carried out that involve the interaction of COVID-19 antibodies with cell surface markers. For example, in February 2021, a research article titled 'COVID-19 Impairs Immune Response to Candida Albicans' was published in Frontiers in Immunology. The research paper studied and compared the cell surface marker expression on the monocytes of COVID-19 patients with healthy controls. The study found an increased rate of fungal coinfections during COVID-19 in patients. The rate of secondary fungal infections increases in many COVID-19 patients due to their decrease in immunity. Thus, the use of cell surface markers to study fungal infection is expected to boost growth. Such initiatives help to drive a better understanding of the disease leading to innovative ways to find a cure. More such research projects are being conducted across the globe, where cell surface markers are used to study the effect of COVID-19. Thus, developments such as these are expected to boost market growth.

The major factors that are driving the market growth include the increasing demand for precision medicine, increased use of diagnostics, and technological advances related to increased throughput and automation. For example, over 200 cell-surface markers have been identified as being overexpressed in lung cancers. These include markers like Cytokeratin fragment 21-1 and EGFR gene mutation. Diagnostic procedures are used to detect the presence of tumor cells in the blood through these markers. An increase in the number of cancer cases worldwide is expected to positively impact the demand for biomarkers, thus boosting the growth of the cell surface markers detection market. For instance, according to the Globocan 2020 report, the total number of breast cancer in 2020 was 2,261,419, followed by lung cancer at 2,206,771 cases and prostate cancer at 1,414,259 cases. Since cell surface markers serve as monograms to help identify and classify cells, the proteins expressed on the surface of cancerous cells serve as markers of specific tumor types. This molecule identification helps in disease diagnoses, to find direct treatment for the disease, drug discovery, and has many other uses. This is expected to boost the market growth. There are many companies that are involved in marker preparation which is likely to boost the market growth. For instance, Becton, Dickinson, and Company manufacture the BD Lyoplate Human Cell Surface Marker Screening Panel for use in research laboratories. The BD Lyoplate Human Cell Surface Marker Screening panel can be used for screening primary cells or tissues and cell lines, and it is compatible for use with flow cytometry and bioimaging technology platforms. Such innovative products with a wide variety of applications are expected to boost the market growth.

Key Market Trends

Flow Cytometry Segment is Expected to Grow at the Fastest Rate

The flow cytometry technique is used to detect the presence of cell types within a population. It is conducted by passing single cells through a highly focused laser. Antibodies that are specific to cell surface markers of interest are added to a sample and are then allowed to bind with the cells. These antibodies are coupled with fluorochromes which have a characteristic of emitting light at various wavelengths. The cell population is then passed through a laser, and the process excites the fluorochromes and captures the light that is emitted. The cells can then be subsequently sorted into subpopulations based on the markers present through a series of histograms, and dot plots called a gating strategy. Cell surface markers expressed on the cell surface can be used to define cell subtypes and function when they are labeled with fluorescent-labeled antibodies and analyzed by flow cytometry. Clinical flow cytometry has the capacity to identify and quantify intracellular proteins associated with immune function. Cell surface-based flow cytometry is able to detect rare events. Thus it is used extensively for detecting stem cells or cancerous cells. For example, cell surface-based flow cytometry can be used to detect CD341 hematopoietic stem cells in peripheral blood under resting conditions. It can also be used to evaluate minimal residual disease in patients with hematologic malignancy, such as hairy cell leukemia.

The role of flow cytometry has broadened to include the study of immune system disorders, including primary immunodeficiency disorders, by using cell surface markers. For instance, cell-surface staining by using flow cytometry is often used for investigating lymphocyte clonality. T-cell clonality studies are particularly useful in the evaluation of primary immunodeficiency disorders associated with a restricted T-cell. According to a study titled, 'Flow cytometry: Surface markers and beyond' published in JACI Online in 2019, the application of flow cytometry as a clinical laboratory method has evolved from the identification of cell-surface markers to characterizing intracellular proteins and providing multiple different approaches to assess immune function and characterizing and diagnosing immunologic disorders. Flow cytometry is used extensively in diagnosing cancer. Since the countries with a high Human Development Index (HDI) invest more in healthcare, there is a greater number of cancer diagnostic tests that are conducted, and more cancer cases are detected in these countries (International Agency for Research on Cancer, 2020). This is likely to boost the market growth.

North America Dominates the Market and is Expected to Retain its Market Share During the Forecast Period

The North American region is the largest market for cell surface markers. Rapidly growing applications in disease diagnostics, the presence of well-established research institutions, and the biotech industry are primary reasons behind the large market size. The United States currently dominates the market for cell surface marker detection in North America and is expected to continue its stronghold for a few more years. High healthcare expenditure, a high technological adaptation rate, and an increasing focus on precise and timely diagnostics are driving the market growth in the United States. The United States has many companies operating in this sector, due to which demand from the country is expected to be robust during the forecast period. Some of the United States-specific companies include Nexcelom Bioscience LLC, Cofactor Genomics Inc., Abbott Laboratories, Beckman Coulter Inc., and many others. The increased product launches by these players are expected to boost the market growth. For example, in November 2020, Bio-Rad Laboratories, Inc., a United States-based research and clinical diagnostic company, launched three StarBright Dyes specifically developed for flow cytometry. The dyes include StarBright Blue 700, StarBright Violet 440, and StarBright Violet 610, and they are fluorescent nanoparticles that are conjugated to Bio-Rad's flow antibodies, providing maximal brightness and improved resolution. They can be used for detecting surface proteins in market detection. Initiatives like these by major players are likely to boost growth.

Competitive Landscape

The cell surface markers detection market is comprised of many global players, especially on the instrument front. These companies include Becton, Dickinson and Company, Nihon Kohden Corporation, Luminex Corporation, Sysmex Corporation, and Thermo Fisher Scientific Inc., among others. Several biotech startups, however, are active in the reagent, consumables, and other niche fields. There is an ongoing trend of further consolidation, with the acquisition of new technology being a major focus. There are also some instances of acquisition of product lines and brands between key market participants.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increased Use in Diagnostics
    • 4.2.2 Technological Advances Related to Increased Throughput and Automation
    • 4.2.3 Increasing Demand for Precision Medicine
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Cost of Instruments
    • 4.3.2 Complexity of Techniques
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Product
    • 5.1.1 Flow Cytometry
    • 5.1.2 Hematology Analyzers
    • 5.1.3 Cell Imaging Systems
    • 5.1.4 Reagents and Kits
    • 5.1.5 Other Products
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Disease Diagnosis and Identification
    • 5.2.2 Research and Drug Discovery
    • 5.2.3 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle-East and Africa
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Abbott Laboratories
    • 6.1.2 Danaher Corporation (Beckman Coulter, Inc)
    • 6.1.3 Becton, Dickinson and Company
    • 6.1.4 Bio Rad Laboratories Inc.
    • 6.1.5 F. Hoffmann-La Roche Ltd
    • 6.1.6 Diasorin SpA (Luminex Corporation)
    • 6.1.7 Nihon Kohden Corporation
    • 6.1.8 Qiagen NV
    • 6.1.9 Siemens Healthineers
    • 6.1.10 Thermo Fisher Scientific Inc.
    • 6.1.11 Grifols SA
    • 6.1.12 Nexcelom Bioscience LLC
    • 6.1.13 IVD Medical Holding Limited (Immucor Inc.)
    • 6.1.14 Agilent Technologies Inc.
    • 6.1.15 Sysmex Corporation

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS