デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
704845

麻薬検出スキャナー市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)

Narcotics Scanner Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 107 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.29円
麻薬検出スキャナー市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 107 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

麻薬検出スキャナー市場は、予測期間2021年~2026年にかけてCAGR6.21%を記録すると予想されています。麻薬検出の需要は、コカインやヘロインなどの麻薬の密売の事例が増加していることに起因しています。フェニックス(アリゾナ州)警察のような様々な法執行機関は、彼らが保護し奉仕するコミュニティの安全と福祉を向上させるために、洗練された麻薬分析技術を導入しています。

主なハイライト

  • 視覚的に区別できないカンナビノイド(K2スパイス)、ジブチロン、合成カチノン(入浴剤)が出現したため、薬物の不正な移動を制限するために麻薬検出スキャナーの配備が急務となっています。
  • カリブ海、アイルランド、カナダにある15の事前審査所を含む300以上の港で業務を管理する米国連邦法執行機関Office of Field Operationsは、米国内で観測される密輸麻薬の数が増え続けていると報告しています。
  • 米国税関・国境警備局(CBP)の最大の課題は、交通量が非常に多く、すべての車両を検査することが不可能であるため、車両の精査と検査にテクノロジーを利用することにあります。サンシドロは、西半球で最も交通量の多い陸上国境通過点の一つで、メキシコから米国に北上する車両の乗客は1日あたりおよそ7万人です。国境警備の担当者は、20秒以内に車両を精査し、通過させるか二次検査を行うかを決定するため、迅速かつ効率的に麻薬を検出する高度な技術を持つスキャナーが必要とされています。
  • COVID-19の蔓延により、世界各国の経済界では、蔓延を食い止めるための戦略的な選択肢としてロックダウンが採用されています。このような要因から、さまざまな国で取引や輸送が禁止されています。それはエンドユーザーが運用停止のために心配することなく、彼らのセキュリティとスキャンのインフラストラクチャをアップグレードするための機会を作成したように、これは市場に動的な影響を与えます。
  • しかし、スキャニングシステムのメーカーやバイヤーにとっては、重要な部品の移動が停止し、サプライチェーンに混乱が生じたため、それほど協力的ではありませんでした。さらに、取引と輸送の再開に伴い、密輸業者が違法に麻薬を移動させる新たなアプローチを模索することが予想されるため、法執行機関や当局にとって麻薬の移動を追跡・追跡することが大きな課題となることが予想されます。

主な市場動向

空港産業が市場成長を牽引

  • 麻薬スキャン技術は、空港で人気を集めています。その目的は、麻薬を扱った人を逮捕・拘留し、違法薬物の使用者や密売人を特定することであり、それゆえに市場の成長を後押ししています。
  • 空港は、しばしば麻薬取引、国際組織犯罪、テロ行為の中継点となっています。それゆえ、その地域での麻薬密売や犯罪行為の増加は、痕跡検知システムの需要にも拍車をかけています。
  • 2019年3月、米国のOSI Systems Incは、国際空港から400万米ドルの契約を獲得し、爆発物・麻薬検知システム「4DX」の複数台とフォローアップサービス、スペアパーツサポートを提供することとなっています。
  • 2020年6月、米国のViken Detection社が、現金、麻薬、武器が隠されていないか車両をスキャンするハンドヘルド・車載用X線システムを開発。
  • 2020年末までにメキシコの軍と警察を合わせた合成オピオイドの押収量は、2019年の222キログラムから推定1.3トンとなり、メキシコの麻薬ラボの数は2019年の91から2020年の175とほぼ倍増しました。
  • 政府機関も、こうした地域のセキュリティ強化に力を入れています。これにより、これらの技術の導入がさらに進むと予想されます。さらに、2018年5月には、国連薬物犯罪事務所(UNODC)と国際民間航空機関(ICAO)が協力し、上記の国際組織犯罪ネットワークに対抗するため、国際航空輸送システムのセキュリティ強化に取り組んでいます。

アジア太平洋地域が大幅な成長を遂げる見込み

  • アジア太平洋地域は、空港をはじめとする交通機関の発展のための投資流入が増加していることから、調査対象市場の大幅な成長が見込まれています。シンガポール、中国、ベトナムなどの国々では、合成麻薬アンフェタミンの生産と使用が増加しており、市場の成長に重要な役割を果たすと予想されます。
  • 国連薬物犯罪事務所(UNODC)は、アジア太平洋地域のメタンフェタミン取引だけでも、わずか5年前の推定150億米ドルから、2018年には614億米ドルもの価値があったと推定しています。この地域の国々が麻薬密売を減らすことに重点を置くようになっていることが、調査対象市場の成長を後押ししています。
  • 中国は、この地域で進行中の麻薬取引に大きく寄与しています。同国は、主に海外からの麻薬密輸を目撃してきました。海外から密輸される麻薬は、害を増大させ、国民の健康に対する潜在的な脅威の原因となっています。中国国家麻薬統制委員会(CNNCC)が発表した報告書によると、ラオス、ミャンマー、タイにまたがるゴールデントライアングルで、中国が押収した違法薬物(主に合成麻薬)は2018年に前年比17.6%増の29.6トンとなったことが分かっています。また、同委員会は昨年、南米から1.4トンのコカインを押収し、一昨年の3.4倍に増加したと報告しています。
  • さらに、国連薬物犯罪事務所は、東アジアで2億8700万錠のメタンフェタミンを大量に押収したと報告しており、中国、シンガポール、マレーシアでの薬物の過剰使用に関する懸念が高まっています。これらの要因から、各国の繁栄を支えるために、麻薬検出スキャナーの需要がさらに高まると予想されます。
  • 国際空港評議会(ACI)によると、アジア太平洋地域はこのCOVIDパンデミックの影響を大きく受けており、今年第1四半期の旅客輸送量はCOVID-19がない場合の予測輸送量と比較して24%減少しています。

競合情勢

麻薬検出スキャナー市場は断片的で、競争が激しいです。各社は、M&Aによって市場での存在感を高め、市場参入の拡大に注力しています。また、競争の激しい市場で生き残るために、高度な技術で製品ポートフォリオを強化することに注力しています。市場の主な発展には以下のようなものがあります。

  • 2021年3月-Smiths Detection Group Ltdは、ヘレニック警察から貨物スクリーニングを目的としたHCVMe高エネルギー移動式X線システム2台の供給先として選定されました。HCVM e35は、トラック、コンテナ、車両全体の爆発物、麻薬、密輸品などの脅威を検査するのに最適な強力で超小型の完全統合型軽量モバイルプラットフォームで、手動検査の必要性を低減します。
  • 2020年10月-OSI Systems Inc.は、国際的な政府顧客から、様々なRapiscan X線貨物・車両検査システム、手荷物・小包検査システム、痕跡検出システムを提供する約9300万米ドルの複数の契約を獲得したことを発表しました。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 マーケットインサイト

  • 市場概要
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • 産業バリューチェーン分析
  • 市場促進要因
  • 市場の課題
  • COVID-19の麻薬スキャナ市場への影響評価

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品タイプ
    • デスクトップ型
    • ハンドヘルド型
    • その他
  • 技術分野
    • イオンモビリティースペクトロメトリー技術
    • ラマン質量分析
    • 赤外分光法
    • その他の技術
  • エンドユーザー産業
    • 航空・税関・国境警備
    • 防衛・軍事
    • 法執行機関
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • OSI Systems Inc.
    • Bruker Corporation
    • FLIR Systems Inc.
    • Aventura Technologies Inc.
    • L-3 Security And Detection Systems Inc.
    • Smiths Detection Inc.
    • Nuctech Company Limited
    • Astrophysics Inc.
    • Chemring Group PLC
    • Viken Detection
    • Thermofisher Scientific Inc.

第7章 投資分析

第8章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 63828

The narcotics scanner market is expected to register a CAGR of 6.21% over the forecast period 2021 - 2026. The demand for narcotic detection is driven by the increasing instances of trafficking of drugs, such as cocaine, and heroin, among others. Various law enforcement agencies, like Phoenix (Arizona) Police Department, are implementing sophisticated narcotics analysis technologies that are designed to improve the safety and welfare of the communities they protect and serve.

Key Highlights

  • With the emergence of cannabinoids (K2 spice), dibutylone, and synthetic cathinones (bath salts) that are visually indistinguishable from one another, there is a dire need to deploy narcotic scanners to restrict the unauthorized movements of drugs.​
  • The Office of Field Operations, a US federal law enforcement agency managing operations at over 300 ports, including 15 pre-clearance stations in the Caribbean, Ireland, and Canada, reports continued rise in the number of drugs being smuggled observed in the United States.
  • US Customs and Border Protection's (CBP) biggest challenge is the sheer volume of traffic that made it impossible to inspect every vehicle, which made them rely on technology to scrutinize and inspect vehicles. San Ysidro, one of the busiest land border crossings in the Western Hemisphere, roughly has 70,000 vehicle passengers traveling northbound from Mexico into the United States per day. A typical officer at the border has less than 20 seconds to scrutinize a vehicle and determine whether to let it through or subject it to additional secondary screening, thus, requiring scanners with sophisticated technology to detect narcotics with speed and efficiency.
  • The spread of COVID 19 has resulted in economies across the globe using lockdown as the strategic option of containing the spread. Owing to such factors the trade and transportation have been banned in various countries. This has a dynamic impact on the market as it has created an opportunity for the end-users to upgrade their security and scanning infrastructure without worrying for the operational halt.​
  • However, for the manufacturers and buyers of the scanning systems, it has not been that supportive as it has resulted in disruption of the supply chain, where the movement of the critical components has been halted. Moreover, it is anticipated that with the trade and transportation resuming it will be a huge challenge for the law enforcement agencies and the officials to track and trace the movement of narcotics as the smugglers are expected to look for new approaches to illegally move them.

Key Market Trends

Airport Industry to Drive the Market Growth

  • The narcotic scanning technology is gaining traction in airports, the aim is to intercept and detain people who have handled narcotics and to identify either users or traffickers of illicit substances and hence driving the market growth.
  • Airports are often the transit points for drug trafficking, transnational organized crime, and acts of terrorism. Hence, the growing drug trafficking and criminal activities in the areas are also fueling the demand for trace detection systems.
  • In March 2019, the US-based company, OSI Systems Inc, was awarded a contract of USD 4 million by an international airport, to provide multiple units of its 4DX explosives and narcotics detection system and follow-on service and spare parts support.​
  • In June 2020, The US-based company, Viken Detection created a handheld and under-vehicle x-ray system that scans vehicles for hidden cash, drugs, and weapons
  • By the end of 2020, Mexico's military and police forces combinedly seized an estimated 1.3 tons of synthetic opioids, compared to 222 kilograms in 2019, and the number of drug labs in Mexico almost doubled, from 91 in 2019 to 175 in 2020.
  • The government organizations are also focusing on tightening the securities in these areas. This is expected to further increase the deployment of these technologies. Additionally, in May 2018, the UN Office on Drugs and Crime (UNODC) and International Civil Aviation Organization (ICAO) collaborated to enhance the security of international air transport systems, to counter transnational organized criminal networks mentioned above.

Asia-Pacific to Witness Significant Growth

  • Asia-Pacific is expected to have significant growth in the market studied, due to the increasing inflow of investments for the development of the transit sector, particularly airports. The escalation in the production and use of synthetic drugs amphetamines, in economies, such as Singapore, China, and Vietnam, is anticipated to play a crucial role in the growth of the market. ​
  • The United Nations Office on Drugs and Crime (UNODC) estimates that the Asia-Pacific methamphetamine trade alone was worth as much as USD 61.4 billion in 2018, up from an estimated USD 15 billion just five years earlier. The growing focus of the countries in the region to reduce drug trafficking is driving the growth of the market studied.​
  • China is a significant contributor to the ongoing narcotics trade in the region. The country has been witnessing drug trafficking majorly from the overseas. Drugs smuggled in from overseas are a source of increasing harm and a potential threat to the health of the nation. According to a report released by China's National Narcotics Control Commission (CNNCC), found that Chinese seizures of illegal drugs, mostly synthetic drugs, from the Golden Triangle which straddles Laos, Myanmar, and Thailand increased by 17.6% year-on-year to 29.6 metric ton, in 2018. The commission also reported seizing 1.4 metric ton of cocaine from South America last year, up 3.4 times from the year before.
  • Moreover, the UN Office on Drugs and Crime reported a massive seizure of 287 million methamphetamine tablets in East Asia, which has raised concerns related to excessive usage of drugs in China, Singapore, and Malaysia. These factors are further expected to drive the demand for narcotic scanners, in order to support the prosperity of countries.
  • According to the Airports Council International (ACI), the Asia-Pacific region is suffering a significant impact owing to this covid pandemic, with the passenger traffic volumes decreasing by 24% for the first quarter of the current year, as compared to the projected traffic levels without COVID-19.

Competitive Landscape

The narcotics scanner market is fragmented and highly competitive. The players are focusing on expanding their market presence and market reach by mergers and acquisitions. They are also focusing on enhancing their product portfolio with advanced technologies to sustain and survive in an intensely competitive market. Some of the key developments in the market are:

  • March 2021 - Smiths Detection Group Ltd was selected by Hellenic Police for the supply of two HCVMe High-Energy Mobile X-ray systems for the purpose of cargo screening. The HCVM e35 is a powerful, ultra-compact, and fully integrated light mobile platform ideal for inspecting whole trucks, containers, and vehicles for threats such as explosives, narcotics, contraband while reducing the need for manual inspection.
  • October 2020 - OSI Systems Inc. announced that it was awarded multiple contracts for approximately USD 93 million from an international government customer to provide various Rapiscan X-ray cargo and vehicle inspection systems, baggage and parcel inspection systems, trace detection systems.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Force Analysis
    • 4.2.1 Threat of New Entrants
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.2.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Market Drivers
  • 4.5 Market Challenges
  • 4.6 Assessment of Impact of COVID-19 on the Narcotics Scanner Market

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Product Type
    • 5.1.1 Desktop
    • 5.1.2 Handheld
    • 5.1.3 Others
  • 5.2 Technology
    • 5.2.1 Ion Mobility Spectrometry Technology
    • 5.2.2 Raman Mass Spectrometry
    • 5.2.3 Infrared Spectroscopy
    • 5.2.4 Other Technologies
  • 5.3 End-user Industry
    • 5.3.1 Aviation/Customs and Borders
    • 5.3.2 Defense and Military
    • 5.3.3 Law Enforcement
    • 5.3.4 Other End-user Industry
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
    • 5.4.2 Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
    • 5.4.4 Latin America
    • 5.4.5 Middle-East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 OSI Systems Inc.
    • 6.1.2 Bruker Corporation
    • 6.1.3 FLIR Systems Inc.
    • 6.1.4 Aventura Technologies Inc.
    • 6.1.5 L-3 Security And Detection Systems Inc.
    • 6.1.6 Smiths Detection Inc.
    • 6.1.7 Nuctech Company Limited
    • 6.1.8 Astrophysics Inc.
    • 6.1.9 Chemring Group PLC
    • 6.1.10 Viken Detection
    • 6.1.11 Thermofisher Scientific Inc.

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS