デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
704758

産業用床材市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Industrial Flooring Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 180 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=136.88円
産業用床材市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 180 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

産業用床材の世界市場は、予測期間中(2021年~2026年)に5%以上のCAGRで推移すると予測されています。

市場は、2020年にCOVID-19の影響を受けました。コロナウイルスの蔓延に取り組むため、多くの産業や商業施設の建設・再開発プロジェクトが停滞しました。投資計画の喪失や予定されていたプロジェクトの終了が、2020年の産業分野の建設活動に影響を及ぼしました。しかし、規制の緩和により、今後数年間は建設活動のペースが上がると予想されます。

主なハイライト

  • 短期的には、産業用床材の利点に関する認知度の向上が市場成長の原動力になると予想されます。
  • 床材に含まれるVOCに関する厳しい規制が、市場成長の妨げになる可能性が高いです。
  • 環境に優しいバイオベースの床材の人気の高まりと、ポリアスパルティックのコーティングの有望な性能は、将来的に市場の成長の機会として作用すると予測されます。
  • 産業用床材の消費量では、アジア太平洋地域が大きなシェアを占めています。また、同地域の産業活動の伸びを背景に、予測期間中に最も速い成長を遂げると予想されています。

主な市場動向

飲食品産業からの需要拡大

  • 食品・飲料業界は、本市場で調査した主要なエンドユーザー分野の1つです。飲食品業界では、清潔さと清潔さが最も重要視されます。このため、この業界では、床に適切な樹脂やコーティングを施すことが必須となっています。
  • 食品加工施設の床は、高温の油、脂肪、血液、糖液、天然の食品酸など、あらゆる種類の食品製品にさらされています。これらの製品の中には、腐食性のあるものもあり、床に深刻なダメージを与える可能性があります。
  • これに加えて、飲食品業界では、流出による微生物繁殖のリスクも高いです。その結果、これらの汚染物質は最終的に加工食品の衛生度を低下させることになります。
  • このような問題を避けるため、飲食品業界では、エポキシ、ポリウレタン、ポリアスパラギン酸、MMAなど、さまざまな樹脂や関連コーティングを使用して保護バリアを形成し、コンクリート基材への汚染物質の浸透を防いで衛生的な表面を確保することが求められます。
  • 世界の食品安全イニシアチブ(GFSI)、食品基準庁(FSA)、欧州食品安全機関(EFSA)は、食品工場が最高水準の取り扱いと生産を維持できるように規定を設けています。
  • 最近の調査によると、世界の飲食品産業は2021年末までに約2,769億米ドルを占め、CAGR8%以上で成長し、2025年末には約3,797億米ドルになると予想されています。
  • 世界の飲食品業界では、中国、日本、米国、英国、韓国が上位5位までの主要な貢献国となっています。
  • 日本では、飲食品産業は2023年までに265億2,300万米ドルに達すると予想されています。この成長は、消費者の購買力の向上と相まって、包装された食品・飲料の需要が増加していることに起因しています。このように予想される飲食品業界の成長は、産業用床材の需要にプラスの影響を与えると考えられます。
  • しかし、COVID-19の発生により、飲食品業界も必須製品の販売を除き、若干の打撃を受け、調査した市場には中程度の影響があり、この影響は2021年も継続すると予想されます。
  • 前述のすべての要因は、予測期間中の食品および飲料業界における産業用床材の使用について、前向きな見通しを描いています。

中国がアジア太平洋地域の市場を独占する

  • アジア太平洋は世界市場を独占しており、この動向は予測期間中も続くと予想されます。中国はアジア太平洋地域の主要国の1つであり、経済成長に支えられた十分な建設活動が行われています。
  • 中国市場は、食品・飲料業界、化学業界などのエンドユーザー業界の成長により、予測期間中に大きなCAGRで推移すると予想されています。
  • 同国の化学産業は、国全体の成長や主要産業の基礎的な部分に沿って、過去20年間で劇的に成長しました。中国は世界の化学品需要の約3分の1を占めています。同国における化学薬品の製造は、今後数年間で大きな成長を記録すると予想され、同国の産業用床材の消費を増大させることになります。
  • 食品加工産業は、国内では成熟期に向かっており、緩やかな成長を遂げています。加工・包装された冷凍食品は、乳製品、ベビーフード、菓子類を中心にますます人気が高まっており、食品加工産業の原動力となっています。飲料業界では、健康的で自然、かつ便利なスムージーやジュース、ヨーグルトなどのレディ・トゥ・ドリンクが消費される傾向が現れています。
  • 現在、華北地区には約42,577社の飲食品メーカーがあり、年間売上高は2,000万人民元超となっています。同国では、加工食品の消費量が継続的に伸びています。この動向は、飲食品産業の成長を助け、ひいては予測期間中の産業用床材の消費を促進することが期待されます。
  • 中国は世界第2位の医薬品市場です。中産階級の増加や高齢化、所得水準の向上、都市化の進展により、医薬品市場は急速に拡大しています。同国の医薬品売上高は、2022年には1,750億米ドルに達すると予想されています。また、国内の医薬品産業は大規模かつ多様で、約5,000社のメーカーが存在し、その多くが中小規模の企業です。
  • これらの要因により、同地域の産業用床材市場は予測期間中に拡大すると予想されます。

競合情勢

産業用床材の世界市場は非常に細分化されており、トップ企業(上位7~10社)が売上高で市場全体の20%以下を占めているのが現状です。市場の主要プレイヤーには、Sika AG、RPM International Inc.、Akzo Nobel NV、MBCC Group、Nippon Paint Holdings Co.Ltd.などがあります。

追加のメリット

  • 市場予測(ME)シート(Excel形式)
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提
  • 本調査の対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 促進要因
    • 産業用床材の利点に関する意識の高まり
    • 飲食品産業からの需要の増加
  • 阻害要因
    • 床材に放出されるVOCに関する厳しい規制
    • COVID-19の発生による不利な状況
  • 業界バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い

第5章 市場のセグメンテーション

  • 樹脂の種類
    • エポキシ系
    • ポリアスパラギン酸
    • ポリウレタン
    • アクリル
    • その他の樹脂タイプ
  • 用途
    • コンクリート
    • 木材
    • その他の用途
  • エンドユーザー業界
    • 飲食品
    • 化学
    • 運輸・航空
    • ヘルスケア
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域別
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • ロシア
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他
    • 中東・アフリカ地域
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東・アフリカ地域

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、提携、契約
  • 市場ランキング分析
  • リーディングプレイヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • Akzo Nobel NV
    • Axalta Coating Systems
    • MBCC Group
    • CARPOLY
    • Florock
    • Fosroc Inc.
    • JOTUN
    • LATICRETE International Inc.
    • Michelman Inc.
    • Nippon Paint Holdings Co. Ltd
    • PPG Industries Inc.
    • RPM International Inc.
    • Sika AG
    • 3TREESGROUP
    • Teknos Group
    • The Sherwin-Williams Company

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 62705

The Global Industrial Flooring Market is projected to register a CAGR of over 5% during the forecast period (2021-2026).

The market was negatively impacted by COVID-19 in 2020. The construction and redevelopment projects of many industries and commercial buildings have been stalled in order to tackle the spread of the coronavirus. Loss of investment plans and termination of planned projects affected the construction activities in the industrial sector in 2020. However, with the easing of regulations, construction activities are expected to pick up pace in the coming years.

Key Highlights

  • Over the short term, growing awareness about the advantages of industrial flooring is expected to drive market growth.
  • Stringent regulations on VOCs released on the flooring are likely to hinder the growth of the market.
  • The increasing popularity of eco-friendly bio-based flooring and the promising performance of polyaspartic coatings are projected to act as an opportunity for the market's growth in the future.
  • Asia-Pacific holds the major share in the consumption of industrial flooring. The region is also expected to witness the fastest growth during the forecast period, powered by the growth in the industrial activities in the region.

Key Market Trends

Increasing Demand from the Food and Beverage Industry

  • The food and beverage industry is one of the major end-user segments for the market studied. In the food and beverage industry, cleanliness and purity are of paramount importance. Due to this, it is mandatory for this industry to apply an appropriate resin or coating on the floor.
  • The floor in the food processing facility is exposed to all sorts of food byproducts, like hot oils, fats, blood, sugar solutions, and natural food acids. Some of these byproducts are corrosive in nature, which can cause serious damage to the floor.
  • Besides this, the risk of microbial growth due to spillage is high in the food and beverage industry. Consequently, these contaminants ultimately degrade the processed food's purity.
  • To avoid such problems, the food and beverage industry requires various resins and related coatings, such as epoxy, polyurethane, polyaspartic, and MMA, to provide a protective barrier, which can help prevent contaminants from permeating the concrete substrate and ensures a hygienic surface.
  • The Global Food Safety Initiative (GFSI), the Food Standards Agency (FSA), and the European Food Safety Authority (EFSA) have issued stipulations to ensure food factories maintain the highest standards of handling and production.
  • According to a recent study, the global food and beverages industry is expected to account for approximately USD 276.9 billion by the end of 2021 and is expected to grow with a CAGR of over 8% and will account for approximately USD 379.7 billion by the end of 2025.
  • China, Japan, the United States, the United Kingdom, and South Korea are the top five major contributors in the global food and beverages industry.
  • In Japan, the food and beverage industry is expected to reach USD 26,523 million by 2023. This growth is attributed to the increase in demand for packaged food and beverage, coupled with increasing consumer affordability. This expected growth in the food and beverage industry is expected to positively influence the demand for industrial flooring.
  • However, due to the outbreak of COVID-19, the food and beverage industry also took a slight hit, except for the sale of essential products, which has a moderate effect on the market studied, and the impact is expected to continue in 2021.
  • All the aforementioned factors depict a positive outlook on the use of industrial flooring in the food and beverage industry during the forecast period.

China to Dominate the Market in the Asia-Pacific Region

  • The Asia-Pacific region dominated the global market, and the trend is expected to continue during the forecast period. China is one of the major countries in Asia-Pacific, with ample construction activities being supported by the growing economy.
  • The Chinese segment of the market studied is expected to record a significant CAGR during the forecast period, owing to the growing end-user industries, such as the food and beverage industry, chemical industry, etc.
  • The chemical industry in the country has grown drastically over the past two decades, in line with the overall growth of the country and the fundamentals of the key industries. China represents about one-third of the worldwide demand for chemicals. The manufacturing of chemicals in the country is expected to record significant growth in the coming years, thus augmenting the consumption of industrial flooring in the country.
  • The food processing industry is moving toward maturity in the country, witnessing moderate growth. Processed and packaged frozen foods are increasingly becoming popular, especially dairy, baby food, and confectionery products, which stand to be the driver for the food processing industry. In the beverage industry, the trend of consumption of healthy, natural, and convenient ready-to-drink smoothies, juices, and yogurts is emerging.
  • Currently, in North China, there are about 42,577 food and beverage manufacturers, which accounted for annual sales of over CNY 20 million. There is a continuous growth in the consumption of processed food products in the country. This trend is expected to aid the growth of the food and beverage industry, which, in turn, is expected to drive the consumption of industrial flooring during the forecast period.
  • China is the second-largest market for pharmaceuticals globally. The market for pharmaceuticals is growing rapidly, owing to the increasing middle-class and aging society present in the country, rising income levels, and increasing urbanization. The pharmaceutical sales of the country are expected to reach up to USD 175 billion by 2022. The country has a large and diverse domestic drug industry, comprising around 5,000 manufacturers, of which many are small- or medium-sized companies.
  • Owing to all these factors, the market for industrial flooring in the region is projected to rise during the forecast period.

Competitive Landscape

The global industrial flooring market is highly fragmented in nature, with the top players (top 7-10) accounting for not more than 20% of the overall market in terms of revenue. Some major players in the market include Sika AG, RPM International Inc., Akzo Nobel NV, MBCC Group, and Nippon Paint Holdings Co. Ltd.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Growing Awareness about the Advantages of Industrial Flooring
    • 4.1.2 Increasing Demand from the Food and Beverage Industry
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Stringent Regulations on VOCs Released on Flooring
    • 4.2.2 Unfavorable Conditions Arising Due to the COVID-19 Outbreak
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Resin Type
    • 5.1.1 Epoxy
    • 5.1.2 Polyaspartic
    • 5.1.3 Polyurethane
    • 5.1.4 Acrylic
    • 5.1.5 Other Resin Types
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Concrete
    • 5.2.2 Wood
    • 5.2.3 Other Applications
  • 5.3 End-user Industry
    • 5.3.1 Food and Beverage
    • 5.3.2 Chemical
    • 5.3.3 Transportation and Aviation
    • 5.3.4 Healthcare
    • 5.3.5 Other End-user Industries
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 Asia-Pacific
      • 5.4.1.1 China
      • 5.4.1.2 India
      • 5.4.1.3 Japan
      • 5.4.1.4 South Korea
      • 5.4.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.2 North America
      • 5.4.2.1 United States
      • 5.4.2.2 Canada
      • 5.4.2.3 Mexico
    • 5.4.3 Europe
      • 5.4.3.1 Germany
      • 5.4.3.2 United Kingdom
      • 5.4.3.3 Italy
      • 5.4.3.4 France
      • 5.4.3.5 Russia
      • 5.4.3.6 Rest of Europe
    • 5.4.4 South America
      • 5.4.4.1 Brazil
      • 5.4.4.2 Argentina
      • 5.4.4.3 Rest of South America
    • 5.4.5 Middle-East and Africa
      • 5.4.5.1 Saudi Arabia
      • 5.4.5.2 South Africa
      • 5.4.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Akzo Nobel NV
    • 6.4.2 Axalta Coating Systems
    • 6.4.3 MBCC Group
    • 6.4.4 CARPOLY
    • 6.4.5 Florock
    • 6.4.6 Fosroc Inc.
    • 6.4.7 JOTUN
    • 6.4.8 LATICRETE International Inc.
    • 6.4.9 Michelman Inc.
    • 6.4.10 Nippon Paint Holdings Co. Ltd
    • 6.4.11 PPG Industries Inc.
    • 6.4.12 RPM International Inc.
    • 6.4.13 Sika AG
    • 6.4.14 3TREESGROUP
    • 6.4.15 Teknos Group
    • 6.4.16 The Sherwin-Williams Company

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS