デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
670030

石油・ガス用水処理化学品市場 - 成長、動向、予測(2022年~2027年)

Oil and Gas Water Treatment Chemicals Market - Growth, Trends, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.55円
石油・ガス用水処理化学品市場 - 成長、動向、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

石油・ガス用水処理化学品の世界市場は、予測期間(2021年~2026年)にCAGR4%超を記録すると予測されています。

2020年、市場はCOVID-19の影響を受けました。COVID-19の大流行により、石油の需要が大幅に低下しました。その結果、投資の減少や掘削活動の大幅な縮小を招きました。その結果、水処理化学品の需要も減少しています。パンデミック(世界的大流行)の影響で、世界的に燃料需要が30~40%減少したため、石油精製装置の処理能力を削減しました。例えば、日量500万バレルの精製能力を持つIndian Oil Corporation Ltdは、原油処理を約30~40%削減し、石油・ガス産業における廃水処理化学品の消費量減少につながっています。

主なハイライト

  • 短期的には、水質汚染につながるシェールガスの採掘量の増加や、廃水量の増加につながる世界各地の石油精製所の拡張が、石油・ガス用水処理化学品市場の成長を牽引すると予想されます。
  • 水処理に関する代替技術の利用可能性が、市場調査の抑制要因として働くと考えられます。
  • グリーンケミカルの使用に焦点を当てたシフトは、将来的に市場成長のための機会を提供すると思われます。
  • アジア太平洋地域は、予測期間中に最も高い成長率を記録する可能性があります。

主な市場動向

スケール防止剤と腐食防止剤が市場を独占

  • 腐食防止剤は、腐食媒体に少量添加することで、その腐食性を大幅に低下させるものです。これらの製品は、ごく少量の添加でも非常に効率的であり、油の物理化学的特性を変化させないよう十分に不活性です。
  • さらに、水系で腐食防止剤を使用すると、システムの効率が向上するため、熱伝達が最大限に促進され、プロセスの処理能力が向上し、洗浄のためのダウンタイムが短縮され、システムの長期稼動に役立ちます。また、循環水配管、プロセス冷却装置、熱交換器などの重要なシステム障害につながる可能性のある金属の損失を防ぎ、金属を確実に保護するよう設計されています。腐食防止剤は、腐食セルの陰極と陽極に関連する腐食電位を下げることによって金属を保護するために処理システムに添加されます。
  • したがって、石油・ガス産業では、その使用によりコストを削減し、プロセス機器、パイプライン、貯蔵タンクなどの資本資産の寿命を延ばすことができるため、再圧入井戸、ガスプラント、輸送ライン、バージなどに使用されています。
  • スケール防止剤は、石油の二次回収の際に添加されます。原油の特性を変えずにスケールを防止し、石油・ガスの流れを良くします。
  • 石油・ガス産業では、スケール防止剤を使用することで、配管壁、熱交換器、バルブなどの表面にスケールが付着しないようなシステムを維持することができます。
  • BP Statistical Review of World Energy 2020によると、2019年の天然ガスの世界生産量は3兆9,893億立方メートルで、前年比成長率は3.4%であり、したがって天然ガスの生産および流通時に使用されるスケールおよび腐食防止剤の需要増加につながり、それによって調査対象市場の需要を刺激しています。
  • EIAによると、米国の平均原油生産量は2020年に約1130万バレル/日を占め、2019年の1220万バレル/日から減少しています。平均生産量は2021年に日量1110万バレル、2022年に日量1200万バレルに達すると予想されています。今後、原油や製品別である廃水の生産量の増加が見込まれ、石油・ガス用水処理化学品の市場需要が高まることが予想されます。
  • 石油・ガス産業はスケール防止剤の最大ユーザーの1つであり、需要の大半は中東・アフリカからもたらされています。EIAによると、アラブ首長国連邦(UAE)は2019年時点で世界の10大石油生産国の一つでした。UAEは2019年に日量約310万バレルの原油を生産していたが、2030年には日量500万バレルの生産を計画しています。したがって、排水の生産量も増加し、調査対象市場の需要を喚起することが期待されます。
  • 石油・ガス産業で操業が続く限り、スケール防止剤と腐食防止剤の消費量は予測期間を通じて増加し続けると思われます。

市場を独占するのは北米地域

  • 水処理化学品の世界市場シェアは北米が圧倒的に多いです。これは、米国に多くの鉱業、石油・ガス、発電事業が存在することに起因しています。
  • 米国は、天然ガス、特にシェールガスの生産と消費において単独で最大であり、世界の生産能力の大部分を占めていました。
  • EIAの予測によると、米国の乾式天然ガスの生産量は2021年2月に日量平均878億立方フィートとなり、2020年12月の日量924億立方フィートから減少しています。2021年の乾式天然ガス全体の生産量は日量平均914億立方フィートと、2月の予測より9億立方フィート増えると推測されるため、廃水製品別生産量の増加につながり、石油・ガス水処理化学品の需要が喚起されます。
  • シェールガスの主要生産者は、新しい技術や薬品を採用することで、既存の油田からの生産量を増やしています。新たに開発された技術には、人工揚水システムや原油増進回収などがあります。
  • シェールガスの探査と生産が大幅に増加し、鉱業生産高が回復していることから、予測期間中、工業用水処理化学品の消費は安定した速度で増加すると予想されます。
  • 北米は、中東地域に次いで石油生産量が多い地域です。BP Statistical Review of World Energy 2020によると、2019年の北米地域の石油生産量は日量2461万バレルで、前年比約7%の成長率を示し、それによって廃水の生産量が増加しています。
  • カナダはオイルサンドの埋蔵量が多く、市場における原油価格の安定的な上昇に伴い、オイルサンドからの原油生産が成り立つようになっています。このことも、同地域の石油・ガス用水処理化学品市場を牽引するものと期待されます。
  • さらに、製油所から排出される廃水には、上澄み前の原石を洗浄する際に発生する脱塩水、原油と接触する蒸気ストリッピングや分留から発生する酸水、製品の洗浄、触媒の再生、脱水素反応から発生するプロセス水など、いくつかの流れが存在します。
  • BP Statistical Review of World Energy 2020によると、北米地域では2019年の製油所総処理量は約1,898万バレル/日で、前年比約1.3%の減少率となり、原油下流工程での廃水発生量が減少し、市場需要にマイナスの影響を及ぼしています。
  • したがって、前述の要因は今後数年間、市場に大きな影響を及ぼすと考えられます。

競合情勢

石油・ガス用水処理化学品の市場は、複数の主要企業によってシェアが分けられているため、部分的に断片化しています。市場の主要プレイヤーには、栗田工業株式会社、Chemtex Speciality Limited、DuPont、Avista Technologies Inc.、Veolia Water Technologiesが含まれます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 推進要因
    • 水質汚染につながるシェールガス採掘の増加
    • 世界の石油精製工場の拡大
  • 阻害要因
    • 水処理に関する代替技術の利用可能性
    • COVID-19の影響により発生する不利な条件
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い

第5章 市場セグメンテーション

  • 種類
    • スケールおよび腐食防止剤
    • 殺生物剤と殺菌剤
    • 消泡剤および消泡剤
    • 凝集剤・凝固剤
    • 乳化剤
    • 酸素捕捉剤
    • その他(エマルジョンブレーカー、フローエンハンサー、脱油機など)
  • 地域別
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • ASEAN諸国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • フランス
      • 英国
      • イタリア
      • その他の欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ共和国
      • その他の中東地域

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、協業、契約
  • 市場シェア(%)**/ランキング分析
  • リーディングプレイヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • AES Arabia Ltd
    • AECI Water
    • Aries Chemical Inc.
    • Avista Technologies Inc.
    • BASF SE
    • Buckman
    • Chemtex Speciality Limited
    • ChemTreat Inc.
    • DuPont
    • Ecolab
    • Italmatch Chemicals SpA
    • Ion Exchange
    • Kemira Oyj
    • Kurita Water Industries Ltd
    • Metito
    • Ovivo
    • SUEZ
    • Solenis
    • Thermax Limited
    • Veolia Water Technologies
    • WETICO

第7章 市場機会と今後の動向

  • グリーンケミカルへのシフト
目次
Product Code: 60967

The Global Oil and Gas Water Treatment Chemicals Market is projected to register a CAGR of over 4% during the forecast period (2021-2026).

The market was negatively impacted by COVID-19 in 2020. The COVID-19 pandemic has resulted in a huge drop in the demand for oil. This has resulted in decreased investments and a major scaling back in the drilling activities. As a result, the demand for water treatment chemicals in the industry has declined. Owing to the pandemic scenario, the petroleum refineries units had cut their throughput as the demand for fuel had been decreased by about 30% to 40% globally during the lockdown. For instance, Indian Oil Corporation Ltd, with a refining capacity of 5 million barrels per day of crude oil, had cut its crude oil processing by about 30-40%, which had led to a decrease in the consumption of wastewater treatment chemicals in the oil and gas industry.

Key Highlights

  • Over the short term, rising shale gas extraction leading to water contamination and expansion of oil refineries across the world, leading to an increase in the wastewater volume, are expected to drive the oil and gas water treatment chemicals market growth.
  • Availability of technological alternatives for water treatment is likely to act as a restraint to the market studied.
  • Shifting focus toward the usage of green chemicals is likely to provide opportunities for market growth in the future.
  • Asia-Pacific is likely to witness the highest growth rate during the forecast period.

Key Market Trends

Scale and Corrosion Inhibitors to Dominate the Market

  • Corrosion inhibitors, when added in small amounts to the corrosive medium, reduce its corrosiveness in considerable measures. These products are extremely efficient even with a very low dosage and sufficiently inert to avoid altering the physicochemical properties of the oil.
  • Additionally, the use of corrosion inhibitors in water systems improves the efficiency of the system, thus facilitating maximum heat transfer, improving process throughput, reducing the downtime for cleaning, which helps the system run for a longer time. They are designed to ensure metal protection and prevent metal loss, which may lead to critical system failures in recirculating water piping, process cooling equipment, and heat exchangers. Corrosion inhibitors are added to the treatment systems to protect the metals by reducing the corrosion potential associated with the cathode and anode of the corrosion cell.
  • Hence, in the oil and gas industry, they are used in reinjection wells, gas plants, transportation lines, barges, etc., as their usage reduces costs and extends the working life of capital assets, such as process equipment, pipelines, and storage tanks.
  • Scale inhibitors are added during the secondary recovery of oil. These chemicals improve oil and gas flow by preventing scaling without causing any change in the crude oil characteristic.
  • The usage of scale inhibitors in the oil and gas industry helps the systems maintain scale-free surfaces in pipe walls, heat exchangers, and valves.
  • According to BP Statistical Review of World Energy 2020, the global production volume of natural gas was 3989.3 billion cubic meters in 2019, with a growth rate of 3.4% compared to the previous year, thus leading to an increase in demand for scale and corrosion inhibitors used during the production and distribution of the natural gas, thereby stimulating the demand for the market studied.
  • According to EIA, the average crude oil production in the United States accounted for about 11.3 million barrels per day in 2020, down from 12.2 million barrels per day in 2019. The average production is expected to reach 11.1 million barrels per day in 2021 and 12 million barrels per day in 2022. An increase in the production of crude oil and byproduct wastewater is expected to rise in the coming years, which is likely to enhance the market demand for oil and gas water treatment chemicals.
  • The oil and gas industry is one of the largest users of scale inhibitors, with the majority of demand coming from Middle East & Africa. According to EIA, the United Arab Emirates (UAE) was among the world's 10 largest oil producers as of 2019. The UAE had produced about 3.1 million barrels per day of crude oil in 2019, and it is planning to produce 5 million barrels per day by 2030. Thus, it is expected that the production volume of wastewater will also increase, which in turn will stimulate the demand for the market studied.
  • As long as operations continue in the oil and gas industry, the consumption of scale and corrosion inhibitors will continue to increase through the forecast period.

The North American Region to Dominate the Market

  • North America dominated the global water treatment chemicals market share. This can be attributed to the presence of a large number of mining, oil and gas, and power generation activities in the United States.
  • The United States was the single largest producer and consumer of natural gas, and particularly shale gas, accounting for a large chunk of global capacity.
  • According to EIA forecasts, the production of dry natural gas in the United States averaged 87.8 billion cubic feet per day in February 2021, down from 92.4 billion cubic feet per day in December 2020. It is estimated that the overall dry natural gas production will average 91.4 billion cubic feet per day in 2021, which is 0.9 billion cubic feet per day more than the February forecast, thus leading to an increase in the wastewater byproduct production, which in turn stimulates the demand for the oil and gas water treatment chemicals.
  • Adopting the new technologies and chemicals, the major producers of shale gas are increasing the production output from their existing fields as well. Some of the newly developed technologies are artificial lift systems and enhanced oil recovery.
  • The significant growth in shale gas exploration and production, along with the recovery in the mining outputs, in the country, is expected to support the consumption of industrial water treatment chemicals at a steady rate during the forecast period.
  • North America is the second-largest region in terms of oil production after the Middle Eastern region. According to BP Statistical Review of World Energy 2020, the total oil production in the North America region accounted for 24.61 million barrels per day in 2019, with a growth rate of about 7% compared to the previous year, thereby leading to an increase in the production of wastewater.
  • Canada has a large reserve of oil sands, and with the steady higher prices of crude oil in the market, the production of crude from oil sands has become viable. This is also expected to drive the market of oil and gas water treatment chemicals in the region.
  • Furthermore, there are several wastewater streams coming out of refineries, which typically include desalter water generated from washing raw crude before topping, sour water that comes from steam stripping, and fractionating that comes in contact with crude, process water generating from product washing, regenerating catalyst, and dehydrogenation reactions.
  • According to BP Statistical Review of World Energy 2020, in the North American region, the total refinery throughput accounted for about 18.98 million barrels per day in 2019, with a decline rate of about 1.3% compared to the previous year, decreasing the production of wastewater during downstream crude oil processes and negatively impacting the market demand.
  • Therefore, the aforementioned factors are expected to significantly impact the market in the coming years.

Competitive Landscape

The market for oil and gas water treatment chemicals is partially fragmented in nature, as the market share is divided among several key players. Some key players in the market include Kurita Water Industries Ltd, Chemtex Speciality Limited, DuPont, Avista Technologies Inc., and Veolia Water Technologies.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Rising Shale Gas Extraction Leading to Water Contamination
    • 4.1.2 Expansion of Oil Refineries Across the World
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Availability of Technological Alternatives for Water Treatment
    • 4.2.2 Unfavorable Conditions Arising due to the Impact of COVID-19
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Scale and Corrosion Inhibitors
    • 5.1.2 Biocides and Disinfectants
    • 5.1.3 Defoamers and Defoaming Agents
    • 5.1.4 Flocculants and Coagulants
    • 5.1.5 Demulsifiers
    • 5.1.6 Oxygen Scavengers
    • 5.1.7 Other Types (Emulsion Breakers, Flow Enhancers, Deoilers, etc.)
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 Asia-Pacific
      • 5.2.1.1 China
      • 5.2.1.2 India
      • 5.2.1.3 Japan
      • 5.2.1.4 South Korea
      • 5.2.1.5 ASEAN Countries
      • 5.2.1.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.2.2 North America
      • 5.2.2.1 United States
      • 5.2.2.2 Canada
      • 5.2.2.3 Mexico
    • 5.2.3 Europe
      • 5.2.3.1 Germany
      • 5.2.3.2 France
      • 5.2.3.3 United Kingdom
      • 5.2.3.4 Italy
      • 5.2.3.5 Rest of the Europe
    • 5.2.4 South America
      • 5.2.4.1 Brazil
      • 5.2.4.2 Argentina
      • 5.2.4.3 Rest of South America
    • 5.2.5 Middle East & Africa
      • 5.2.5.1 Saudi Arabia
      • 5.2.5.2 South Africa
      • 5.2.5.3 Rest of Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share (%)**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 AES Arabia Ltd
    • 6.4.2 AECI Water
    • 6.4.3 Aries Chemical Inc.
    • 6.4.4 Avista Technologies Inc.
    • 6.4.5 BASF SE
    • 6.4.6 Buckman
    • 6.4.7 Chemtex Speciality Limited
    • 6.4.8 ChemTreat Inc.
    • 6.4.9 DuPont
    • 6.4.10 Ecolab
    • 6.4.11 Italmatch Chemicals SpA
    • 6.4.12 Ion Exchange
    • 6.4.13 Kemira Oyj
    • 6.4.14 Kurita Water Industries Ltd
    • 6.4.15 Metito
    • 6.4.16 Ovivo
    • 6.4.17 SUEZ
    • 6.4.18 Solenis
    • 6.4.19 Thermax Limited
    • 6.4.20 Veolia Water Technologies
    • 6.4.21 WETICO

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Shifting Focus toward Green Chemicals