表紙:アプリケーション基盤ミドルウェア市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
市場調査レポート
商品コード
648685

アプリケーション基盤ミドルウェア市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Application Infrastructure Middleware Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=137.31円
アプリケーション基盤ミドルウェア市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

アプリケーション基盤ミドルウェア市場は、2020年に380億6,400万米ドルとなり、2026年には597億850万米ドルに達し、予測期間2021~2026年に7.31%の年平均成長率を記録すると予測されています。アプリケーションインフラストラクチャミドルウェア市場は、クラウドプラットフォームやサービスへの移行、準リアルタイムデータや分析への需要の高まり、モノのインターネット(IoT)エンドポイントの急増、人工知能(AI)の導入など、幅広い技術動向により、主に成長を続けています。

主なハイライト

  • 企業だけでなく消費者の間でも、従業員と消費者の交流の増加や、複数のデバイスを利用した業務効率の向上など、モビリティは継続的な動向となっています。労働人口の約67%が業務に独自のデバイス(BYODポリシー)を採用すると予想され、このことは、モバイル、企業データセキュリティ、リモートデバイス、リモートデータアクセス管理のためのモバイルミドルウェアの必要性をさらに強調しています。
  • 企業および消費者空間の両方において、IoTデバイスの導入が著しく増加しています。2021年までの5Gネットワークの世界の普及の到来により、IoTデバイスの数は大幅に増加すると予想されます。エリクソンによると、2019年末の世界のスマートフォン契約数は56億であり、2025年には74億に達すると予想されています。
  • パブリッククラウドが主流の導入オプションとして定着するにつれ、ミッションクリティカルな顧客中心のアプリケーションや資産の移行、再構築、新規構築のためにパブリッククラウドを採用する企業が増えると予想され、通常、複雑な統合やオーケストレーションが必要となり、ミドルウェアソリューションのニーズが高まります。
  • しかし、市場成長の主な課題は、オープンソースソフトウェアの存在と、大手ベンダーが企業向けにPaaSを提供できていないことでした。
  • 近年では、COVID-19の大流行により、分散型インフラによるAPIやその他のサービスの利用が増加し、短期的な需要増が見込まれています。今後数年間は、デジタルインフラを導入する企業が増加することが予想されるため、需要の大幅な伸びに影響を与えるものと思われます。

主な市場動向

クラウドデプロイメントが最大のシェアを占めると予想される

  • 最新のクラウドアプリケーションインフラは、既存のオンプレミス展開よりも優れた効率性と拡張性を提供するように進化しています。クラウドサービスに対する動向の高まりとIoTの革新は、最新のアプリケーション基盤およびミドルウェアへの投資をさらに後押ししています。
  • アプリケーション基盤ミドルウェアは、パブリック、プライベート、またはハイブリッドクラウドコンピューティングのコンテキストで使用され、既存および新規アプリケーションのクラウド化を可能にします。例えば、既存のカスタムアプリケーションをSaaS型アプリケーションに変換し、複雑なソフトウェアアーキテクチャをすべてプラットフォームミドルウェアで処理することが可能です。
  • クラウドサービスの導入が急速に進む中、エンタープライズサービスバス(ESB)やBPMといった旧来のオンプレミス型サービスは、クラウドとの統合を想定していないため、世界中の企業で統合の課題が発生しています。
  • しかし、大企業では、各部門が独自のソフトウェアをアドホックに購入、インストール、活用する権限が与えられており、特にSaaSソリューションの場合、リアルタイム統合が求められることが多く、これが市場を牽引しています。
  • iPaaSのようなクラウドベースのソリューションは、マイクロサービスアーキテクチャを採用しており、その性質上、高い拡張性、低遅延、高パフォーマンスを実現します。そのため、オンプレミス型に比べ、成長が早いと予想されます。また、COVID-19の発生が一段落した後は、クラウドインフラサービスに対する需要や専門的なソフトウェアに対する支出が増加すると予想されます。

北米が最大のシェアを占める

  • 北米は、同地域の重要な収益源であるエンドユーザー産業において、IoTとハイブリッドクラウドの役割が増大していることから、市場の大半のシェアを占めています。
  • IoTプラットフォームベンダーは、この地域に強い足場を築いており、市場の成長に寄与しています。その中には、IBM Corporation、Microsoft Corporation PTC Inc.、Cisco Systems Inc.などのベンダーが含まれます。ベンダーは、機能性を強化したIoTプラットフォームを開発するために、継続的にR&D能力に投資しています。例えば、2018年にマイクロソフトは、IoTとインテリジェントエッジに50億米ドルを投資することを発表しました。この12カ月間で、同社はAzure IoTプラットフォームで100以上の新サービスと新機能を開始しました。
  • 米国の銀行は、デジタルトランスフォーメーションを推進するためにクラウドコンピューティングにシフトしています。例えば、バンク・オブ・アメリカは、新たなビジネス効率を実現し、デジタル文化の変革を支援し、より良い方法で顧客のニーズに応えるために、デジタル変革の一環としてマイクロソフトのクラウドと提携しました。
  • 最近、重要な国でコロナウイルスが発生したため、さまざまな業界で分散型インフラストラクチャからのAPIやその他のサービスの利用が増加し、短期的に需要が増加することが予想されます。また、デジタルインフラを導入する企業の増加に伴い、AIMの需要は予測期間中に大きく伸びると予想されます。

競合情勢

アプリケーションインフラストラクチャミドルウェア市場は競争が激しく、IBM、Oracle、Redhatなどのソフトウェアリーダーによって市場の情勢が規定されているため、統合されているように見えますが、これらは主要な市場シェアを握っていることが知られています。これらの企業は、ブランドイメージと最も要求の厳しいアプリケーション分野での専門知識を持っているため、今後も市場での優位性が続くと予想されます。クラウドは、市場のシェア獲得者とシェア喪失者を分けている注目すべき要素です。

  • 2020年3月-Software AGは、カナダを拠点とするワイヤレスおよびIoT製品設計パートナーであるSwift LabsがPowerUp Partner Programに参加したことを発表しました。この戦略的パートナーシップにより、顧客はSoftware AGのCumulocity IoTプラットフォームとSwift Labsの「Design Blocks」を搭載したセルラーハードウェアプラットフォームにアクセスし、リアルタイムで使いやすい運用ダッシュボードと分析のサポートによるIoT構想の簡略化と迅速な展開を支援します。
  • 2020年1月-TIBCOとEnfoは、北欧およびバルト地域での再販独占権を持つ戦略的パートナーシップを締結しました。TIBCO Software Inc.は、世界的に最も複雑なデータ駆動型の課題を解決し、お客様がビジネスの成果を接続、統合、そして自信を持って予測できるよう支援します。北欧における知識と幅広い顧客基盤に、TIBCOの先進的なソフトウェアソリューションとネットワークを組み合わせることで、EnfoとTIBCOの顧客双方に利益をもたらすことができます。

追加のメリット

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 本調査範囲

第2章 調査手法

  • 調査の前提
  • 分析手法
  • 調査フェーズ

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因と抑制要因のイントロダクション
  • 市場促進要因
    • 企業におけるクラウドサービス導入の増加
    • IoTデバイスの多様化により、ミドルウェアソリューションの需要が拡大
  • 市場抑制要因
    • オープンソースのAimソフトウェアの利用可能性
  • バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • コビッド-19の業界への影響評価

第5章 市場のセグメンテーション

  • デプロイメント
    • クラウド
    • オンプレミス
  • 組織規模
    • 中堅・中小企業
    • 大企業
  • エンドユーザー業界
    • BFSI
    • IT・通信業
    • ヘルスケア
    • 小売業
    • 政府機関
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • IBM Corporation
    • Microsoft Corporation
    • Amazon Web Services Inc.
    • Salesforce.com Inc.
    • SAP SE
    • Software AG
    • Fujitsu Ltd
    • Unisys Corporation
    • Oracle Corporation
    • TIBCO Software Inc.
    • Informatica LLC

第7章 投資分析

第8章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 46154

The application infrastructure middleware market was valued at USD 38064 million in 2020 and is expected to reach a value of USD 59708.5 million by 2026, register a CAGR of 7.31% over the forecast period 2021 - 2026. The application infrastructure middleware market has been primarily growing, owing to the wider technology trends, including migration to cloud platforms and services, higher demand for near-real-time data and analytics, a rapid increase of Internet of Things (IoT) endpoints, and the deployment of artificial intelligence (AI).

Key Highlights

  • Mobility among consumers, as well as businesses, is an ongoing trend towards increasing employee-consumer interaction and increased operational efficiency across multiple devices. About 67% of the workforce is expected to adopt its own devices (BYOD policy) for work, this further emphasizes the need for mobile middleware for mobile, enterprise data security, remote device, and remote data access management.
  • The increasing adoption of IoT devices in both enterprises and consumer space is increasing significantly. With the advent of global adoption of 5G network by 2021, the number of IoT devices is expected to increase significantly. According to Ericsson, by the end of 2019, global smartphone subscription stood at 5.6 billion which is expected to reach 7.4 billion by 2025.
  • As public cloud settles in as a mainstream deployment option, more enterprises are expected to adopt the public cloud to migrate, rebuild, or build new mission-critical customer-centric applications and assets, which typically requires complex integration and orchestration, which increases the need for middleware solutions.
  • However, a major challenge to the market growth has been the presence of open-source software, coupled with the failure of large vendors to deliver PaaS offerings to businesses.
  • The recent outbreak of the COVID-19 pandemic is expected to have a short-term increase in demand, owing to the increased usage of API and other services from distributed infrastructure. This is expected to influence a significant growth in the demand over the next few years, as the number of enterprises adopting digital infrastructure is expected to increase.

Key Market Trends

Cloud Deployment is Expected to Hold the Largest Share

  • The modern cloud application infrastructure has evolved to provide better efficiency and scalability than existing on-premise deployment. The growing trend towards cloud services and the innovation in IoT further help boost investments in modern application infrastructure and middleware.
  • Application infrastructure middleware is used in the context of public, private, or hybrid cloud computing for cloud enablement of existing and new applications. For instance, it is possible to turn existing custom applications into Software as a Service application with all the complex software architecture handled by platform middleware.
  • The robust rate of the adoption of cloud services is creating an integration challenge for enterprises across the globe using older on-premise services, such as enterprise service bus (ESB) and BPMs, as they were not designed to handle cloud integration.
  • However, among large enterprises, the departments are now being empowered to purchase, install, and utilize their own software on an ad hoc basis, especially in the case of SaaS solutions which often requires real-time integration, which is driving the market forward.
  • Cloud-based solutions, such as iPaaS, have microservice architecture, which, by nature, provides high scalability, low latency, and high performance. Therefore, the growth of this segment is expected to be faster than that of the on-premise segment. Moreover, It is expected that after the outbreak of COVID-19 outbreak slowdown, demand for cloud infrastructure services and spending on specialised software is expected to grow.

North America Occupies the Largest Market Share

  • North America holds a majority share of the market that has been bolstered by the growing role of IoT and hybrid cloud among the significant revenue generating end-user industries of the region.
  • IoT Platform vendors have a strong foothold in the region, which contributes to the growth of the market. Some of them include IBM Corporation, Microsoft Corporation PTC Inc., and Cisco Systems Inc., among others. The vendors are continuously investing in R&D capability to develop IoT platforms with enhanced functionality. For instance, in 2018, Microsoft announced its commitment to invest USD 5 billion in IoT and an intelligent edge. In the last 12 months, the company launched more than 100 new services and features on its Azure IoT platform.
  • Banks in the United States are shifting towards cloud computing to drive digital transformation. For instance, Bank of America tied up with Microsoft Cloud as part of its digital transformation to help deliver new business efficiencies, support digital culture change, and to meet customer needs in a better way.
  • The recent outbreak of coronavirus in significant countries is expected to have a short-term increase in demand owing to the increased usage of API and other services from distributed infrastructure across various industries. With the increasing number of enterprises adopting digital infrastructure, the demand for AIM is expected to witness significant growth over the forecast period.​

Competitive Landscape

The application infrastructure middleware market is highly competitive and it appears to be consolidated owing to the fact that the market landscape is defined by software leaders, such as IBM, Oracle, and Redhat that are known to hold a major market share. The dominance of these players in the market is expected to continue, owing to their brand image and expertise in the most demanding areas of applications. Cloud has been a noteworthy factor that has been separating market share gainers from share losers.

  • March 2020 - Software AG announced Swift Labs, Canada-based wireless and IoT product design partner, joined its PowerUp Partner Program. Through the strategic partnership, customers will gain access to Software AG's Cumulocity IoT platform and Swift Labs' cellular hardware platform powered by "Design Blocks", to help simplify and rapidly deploy IoT initiatives with the support of real-time, user-friendly operational dashboards and analytics.
  • January 2020 - TIBCO and Enfo formed a strategic partnership with reselling exclusivity in the Nordics and Baltics. TIBCO Software Inc empowers its customers to connect, unify, and confidently predict business outcomes, solving the world's most complex data-driven challenges. Combining knowledge and broad customer base in the Nordics with TIBCO's leading software solutions and network will benefit both Enfo and TIBCO customers.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

  • 2.1 Study Assumptions
  • 2.2 Analysis Methodology
  • 2.3 Research Phases

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Introduction to Market Drivers and Restraints
  • 4.3 Market Drivers
    • 4.3.1 Increasing Adoption of Cloud Services Across Enterprise
    • 4.3.2 Growing Diversity in IoT Devices Driving a Greater Demand for Middleware Solutions
  • 4.4 Market Restraints
    • 4.4.1 Availability of Open-Source Aim Software
  • 4.5 Value Chain Analysis
  • 4.6 Porter's Five Force Analysis
    • 4.6.1 Threat of New Entrants
    • 4.6.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.6.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.6.4 Threat of Substitute Products
    • 4.6.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.7 Assessment of COVID-19 Impact on the Industry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Deployment
    • 5.1.1 Cloud
    • 5.1.2 On-premise
  • 5.2 Organization Size
    • 5.2.1 Small and Medium Enterprises
    • 5.2.2 Large Enterprises
  • 5.3 End-user Industry
    • 5.3.1 BFSI
    • 5.3.2 IT and Telecommunication
    • 5.3.3 Healthcare
    • 5.3.4 Retail
    • 5.3.5 Government
    • 5.3.6 Other End-user Industries
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
    • 5.4.2 Europe
    • 5.4.3 Asia Pacific
    • 5.4.4 Latin America
    • 5.4.5 Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 IBM Corporation
    • 6.1.2 Microsoft Corporation
    • 6.1.3 Amazon Web Services Inc.
    • 6.1.4 Salesforce.com Inc.
    • 6.1.5 SAP SE
    • 6.1.6 Software AG
    • 6.1.7 Fujitsu Ltd
    • 6.1.8 Unisys Corporation
    • 6.1.9 Oracle Corporation
    • 6.1.10 TIBCO Software Inc.
    • 6.1.11 Informatica LLC

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS