表紙:プロフェッショナルクラウドサービス市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)
市場調査レポート
商品コード
644058

プロフェッショナルクラウドサービス市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)

Professional Cloud Services Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.29円
プロフェッショナルクラウドサービス市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

プロフェッショナル向けクラウドサービス市場は、2020年の市場規模が215億1,000万米ドルであり、2021年~2026年の予測期間において、CAGR 17.76 %で、2026年までに575億4,000万米ドルに達すると予測されています。デジタルトランスフォーメーションへの取り組みに注目が集まる中、人工知能(AI)の利用が増加していることが、クラウドサービス市場に成長機会をもたらすと予想される

主なハイライト

  • さらに、サービス指向型経済の高まりは、プロフェッショナル向けクラウドサービス市場の成長の大きな要因の1つです。これは、コストを抑えてデータベース管理を支援し、それらのデータにどこからでもアクセスできるクラウドコンピューティングによって支えられています。
  • さらに、ヘルスケア分野では、24時間365日体制で、患者の利益のために処理する必要があるデータが大量に提供されています。クラウドサービスを利用すれば、医療サービスプロバイダー間でデータを簡単に共有でき、患者にヘルスケアソリューションを提供することができます。これは、AIや機械学習がクラウドサービスに搭載されることで、医療従事者がデータを分析し、患者に最適なソリューションを提供するための時間を短縮することができるため、サポートされています。
  • 例えば、2019年1月、Walgreens Boots Alliance Inc.とMicrosoft Corp.は、新しいヘルスケア提供モデル、テクノロジー、リテールイノベーションを開発し、ヘルスケアの未来を前進・向上させるために手を取り合いました。両社は、WBAの店舗と健康情報システムを、デジタルデバイスを通じてどこにいる人々にもつなげることに注力します。これはさらに、患者の医療提供者と、患者の服薬アドヒアランスの向上、緊急外来受診の減少、病院再入院の減少に積極的に関与する企業とが連携していくことになります
  • しかし、熟練した専門家の不足とサイバー攻撃の数が年々増加していることが、クラウド市場の成長に対するハードルとして作用しています。

主な市場動向

ハイブリッドクラウドが高成長を遂げる見込み

  • ハイブリッドクラウドは、GoogleクラウドやAmazonウェブサービスなどのパブリッククラウドプロバイダーとプライベートクラウドを組み合わせたもので、単一の組織で使用するように設計されています。ハイブリッドクラウドは、コンピューティングのニーズやコストの変化に応じて、パブリッククラウドとプライベートクラウドの間でワークロードを移動させることができるため、企業はより柔軟でより多くのデータ展開オプションを実現できるようになりました。
  • 現在、規模の大小を問わず、多くの組織が従来のビジネスモードからデジタルモードへの転換を図っています。この変革は、総所有コスト(TCO)の削減、高いセキュリティ、柔軟性、俊敏性といったメリットを提供するため、ハイブリッドクラウドの市場を形成しているのです。IBMは、ITリーダーの89%がビジネスクリティカルなワークロードをクラウドに移行することを期待しており、これらはすべてデジタル化の進展に後押しされたものであると述べています。
  • さらにCiscoは、2021年までにクラウドのワークロードとコンピュートインスタンスの73%が、2016年の58%からパブリッククラウドデータセンターに移行すると予測しています(2016年から2021年までのCAGRは27.5%)。この巨大な成長は、ハイブリッドクラウドサービス市場の起爆剤となりそうです。

予測期間中、アジア太平洋地域が最速の成長率を示す

  • アジア太平洋地域は、インドと中国という世界最大の経済大国の存在により、プロフェッショナルクラウドサービス市場において最も高い成長率を記録することになるでしょう。両国の経済は成長を続けており、中国は工業部門で爆発的な成長を遂げ、インドはサービス産業の拡大がその成長を後押ししています。
  • アジアクラウドコンピューティングによると、国際接続性は前年比63%増となり、2016年の62%に迫る勢いです。成長率では新興国が主導権を握っています。インド、中国、インドネシア、ベトナムは、ユーザーあたりの速度が100%を超える伸びを示しました。APACエコノミーは、クラウド規制の面でも若干優位に立っています。これは、プライバシーと知的財産の枠組みを強化するための最近の措置の成果です。
  • 例えば、日本は2020年にオリンピックを開催しますが、その際、さまざまなデバイスを相互接続して5Gサービスを提供すると公約しています。このような動きは、クラウドサービス市場に機会をもたらしています。

競合情勢

プロフェッショナルクラウドサービス市場は、シスコシステムズ、ヒューレット・パッカード、マイクロソフト、デルEMC、富士通など、多くの大手企業が存在するため、非常に競争が激しくなっています。製品の発売、研究開発への高い費用、パートナーシップ、買収は、市場での激しい競争を維持するためにこれらの企業が採用する主要な成長戦略です。

  • 2018年9月- マイクロソフトは、組織が注文し、充填した後、レッドモンドに返却してAzure環境にアップロードできる物理ボックス、Azure Data Boxの一般提供を発表しました。より多くの企業データがクラウドに転送されるようになり、時にはこのプロセスがネットワークの背骨を壊すことがあります- これは、仮想的でない、より物理的なソリューションを必要とするものです。Azure Data Boxは、このような問題を解決します。

追加のメリット

  • 市場予測(ME)シート(Excel形式)
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 本調査の前提条件
  • 本調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因と抑制要因のイントロダクション
  • 市場促進要因
    • バイヤーエクスペリエンス強化の必要性
    • ビジネスの生産性重視
  • 市場抑制要因
    • サイバー攻撃の増加
  • バリューチェーン/サプライチェーン分析
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 技術スナップショット

第6章 市場セグメンテーション

  • デプロイメントタイプ別
    • パブリック
    • プライベート
    • ハイブリッド
  • サービスモデル別
    • PaaS(Platform as a Service)
    • SaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)
    • IaaS(インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)
  • エンドユーザー業界別
    • 製造業
    • ヘルスケア
    • 小売
    • IT・通信業
    • 政府機関
    • メディア・エンターテイメント
    • BFSI
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東&アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Cisco Systems Inc.
    • Hewlett-Packard Company
    • Cognizant
    • Accenture PLC
    • Dell EMC
    • Microsoft Corporation
    • Fujitsu Limited
    • Capgemini SE
    • Infosys Limited
    • HCL Technologies Limited
    • Oracle Corporation
    • NTT DATA
    • Atos
    • Amazon Web Services
    • SAP SE

第8章 市場機会と将来動向

第9章 投資分析

目次
Product Code: 50017

The professional cloud services market was valued at USD 21.51billion in 2020 and is expected to reach a value of USD 57.54 billion by 2026, at a CAGR of 17.76 %, during the forecast period, 2021 - 2026. The increase in the use of artificial intelligence (AI) with a growing focus on digital transformation initiatives is expected to provide growth opportunities for the cloud services market

Key Highlights

  • Moreover, the increase in the service-oriented economy is one of the major factors for the growth of the professional cloud services market. This was supported by cloud computing which helps in database management with reduced cost and those data can be accessed from anywhere.
  • Furthermore, in healthcare, the need is 24*7 and this industry provides lots of data which needs to be handled for the benefit of the patients. With cloud services, data can be shared among the medical service providers without ease which will provide healthcare solutions to patients. This is supported by AI and machine learning coming with cloud service because they reduce the time taken by a healthcare professional to analyze the data and give an optimum solution to patients.
  • For instance, in January 2019, Walgreens Boots Alliance Inc. and Microsoft Corp. joined hands to develop new health care delivery models, technology, and retail innovations to advance and improve the future of health care. The companies will focus on connecting WBA stores and health information systems to people wherever they are through their digital devices. This will further work with the patients' health care providers and the companies which will proactively engage their patients to improve medication adherence, reduce emergency room visits, and decrease hospital readmissions
  • However, the lack of skilled professionals and an increase in the number of cyber attacks year on year is acting as hurdles for the growth of the cloud market.

Key Market Trends

Hybrid Cloud is Expected to Have High Growth in the Market

  • Hybrid cloud is a combination of a public cloud provider, such as Google cloud, Amazon web services with a private cloud, i.e., designed to be used by a single organization. By allowing workloads to move between public and private clouds, as computing needs and costs change, hybrid cloud has led businesses to achieve greater flexibility and more data deployment options.
  • Currently, many organizations of any size, be it small or large are transforming from traditional to digital mode of business. This transformation is creating a market for hybrid cloud because of the benefits provided like reduced total cost of ownership (TCO), high security, flexibility, and agility. IBM stated that 89% of IT leaders expect to move business-critical workloads to Cloud and all are driven by the growth in digitization.
  • Moreover, Cisco predicted that by 2021, 73% of the cloud workloads and compute instances will be in public cloud data centers, up from 58% in 2016 (CAGR of 27.5% from 2016 to 2021). This huge growth is going to be a catalyst for the hybrid cloud services market.

Asia-Pacific to Witness the Fastest Growth Rate Over the Forecast Period

  • Asia-Pacific is going to witness the highest growth in the professional cloud services market, owing to the presence of the two largest economies of the world i.e., India and China. The economies of both nations are growing and China has experienced an explosive growth in its industrial sector, whereas India's growth has been fueled by the expansion of service-producing industries.
  • According to Asia cloud computing, international connectivity has increased by 63% year-on-year, close to 2016's 62%. Emerging markets took the lead in terms of growth. India, China, Indonesia, and Vietnam all saw per-user speeds grow above 100%. APAC economies also have a slight advantage in terms of cloud regulation. This is the outcome of recent steps to strengthen privacy and intellectual property frameworks.
  • For instance, Japan is hosting Olympics 2020 and they have pledged to provide 5G coverage with a range of interconnected devices. This movement is creating opportunities for the cloud services market.

Competitive Landscape

The professional cloud services market is very competitive because of the presence of many major players like Cisco Systems Inc., Hewlett-Packard Company, Microsoft Corporation, Dell EMC, Fujitsu Limited, among others. Product launches, high expense on research and development, partnerships and acquisitions are the prime growth strategies adopted by these companies to sustain the intense competition in the market.

  • September 2018 - Microsoft announced the general availability of Azure Data Box, a physical box which organizations can order, fill up, and then return to Redmond for it to be uploaded to an Azure environment. As more and more enterprise data is being transferred to the cloud, sometimes this process can break the network's back - which calls for less virtual and more physical solutions. This is reduced by Azure Data Box.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Introduction to Market Drivers and Restraints
  • 4.3 Market Drivers
    • 4.3.1 Need for Delivering Strengthen Buyer Experiences
    • 4.3.2 Focus on Business Productivity
  • 4.4 Market Restraints
    • 4.4.1 Increasing Incidents of Cyber-attacks
  • 4.5 Value Chain / Supply Chain Analysis
  • 4.6 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.6.1 Threat of New Entrants
    • 4.6.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.6.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.6.4 Threat of Substitute Products
    • 4.6.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 TECHNICAL SNAPSHOT

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type of Deployment
    • 6.1.1 Public
    • 6.1.2 Private
    • 6.1.3 Hybrid
  • 6.2 By Type of Service Model
    • 6.2.1 Platform as a Service (PaaS)
    • 6.2.2 Software as a Service (SaaS)
    • 6.2.3 Infrastructure as a Service (IaaS)
  • 6.3 By End-user Industry
    • 6.3.1 Manufacturing
    • 6.3.2 Healthcare
    • 6.3.3 Retail
    • 6.3.4 IT and Telecommunications
    • 6.3.5 Government
    • 6.3.6 Media and Entertainment
    • 6.3.7 BFSI
    • 6.3.8 Other End-user Industries
  • 6.4 Geography
    • 6.4.1 North America
    • 6.4.2 Europe
    • 6.4.3 Asia-Pacific
    • 6.4.4 Latin America
    • 6.4.5 Middle East & Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Cisco Systems Inc.
    • 7.1.2 Hewlett-Packard Company
    • 7.1.3 Cognizant
    • 7.1.4 Accenture PLC
    • 7.1.5 Dell EMC
    • 7.1.6 Microsoft Corporation
    • 7.1.7 Fujitsu Limited
    • 7.1.8 Capgemini SE
    • 7.1.9 Infosys Limited
    • 7.1.10 HCL Technologies Limited
    • 7.1.11 Oracle Corporation
    • 7.1.12 NTT DATA
    • 7.1.13 Atos
    • 7.1.14 Amazon Web Services
    • 7.1.15 SAP SE

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

9 INVESTMENT ANALYSIS