市場調査レポート
商品コード
642106

エチルアルコール(エタノール)市場- 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Ethyl Alcohol (Ethanol) Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecast (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.29円
エチルアルコール(エタノール)市場- 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

エチルアルコール(エタノール)の市場規模は、予測期間(2021年~2026年)に5%を超えるCAGRで推移すると予測されています。

市場は、2020年のCOVID-19によってマイナスの影響を受けました。飲料メーカーは、生産工程に不可欠な労働力と原材料の不足の影響を受けます。また、パンデミックによって健康的な食習慣が急増し、いくつかの政府が特にレストランでの大勢での集まりを禁止するなどの予防策に着手したため、消費者は家庭での食事に重点を置いており、需要は不確定要素によって影響を受けると予想されます。

主なハイライト

  • 短期的には、バイオ燃料としてのエタノール需要の増加、ビール製造や食品加工での利用拡大、化石燃料の使用を制限する政府の厳しい政策が、調査対象市場の成長を促す主要因となっています。一方、アルコール摂取の悪影響に関する意識の高まりやハイブリッド電気自動車の登場は、調査対象市場の成長を阻害する可能性があります。
  • 燃料分野は、世界中でガソリンにエタノールを混合する動きが活発化していることから、市場の大半を占め、予測期間中も成長が見込まれます。
  • トウモロコシと砂糖からエタノールを製造する需要の急増は、予測期間中に調査対象市場に機会を提供すると思われます。
  • 北米は、規制の強化や食品加工業界における需要の増加により、世界的に市場を独占しています。

主な市場動向

燃料セグメントが市場の需要を独占

  • エタノールは再生可能な資源であり、環境に優しく、排出量も少ないことから、燃料としての利用が支持されています。エタノールはガソリンよりもオクタン価が高く、混合燃料として優れた特性を有しています。
  • ローオクタンガソリンにエタノールを10%混合すると87オクタンとなります。また、エタノール燃料はガソリンエンジンに比べて一酸化炭素の発生量が非常に少ないです。
  • さらに、エタノールはガソリンよりも燃焼がきれいなため、ここ数年、製油所ではエタノールを燃料に添加しており、二酸化炭素排出量の削減に役立っています。さらに、エタノールを燃料として使用することは、石油依存度の低減にもつながります。
  • インドの石油天然ガス省によると、同国はエタノール混合燃料の20%達成目標を5年前倒しし、現在は2025年までに目標を達成することを目指しています。エタノールを10%混合するためには40億リットルのエタノールが必要であり、20%混合するためには1,000兆リットルのエタノールが必要で、そのコストは約65,000カロールインドルピーです。
  • 欧州諸国では、主に5%のエタノール混合燃料を使用しています。この地域では、各国のインフラに基づき、10%~20%のエタノール混合燃料によって輸送に伴う二酸化炭素排出量を削減することに重点を置いています。
  • カリフォルニア州では、ガソリン成分としてメチル・ターシャリー・ブチルエーテル(MTBE)に代わり、エタノールが使用されるようになっています。最も一般的な混合燃料の一つであるE10は、燃料に酸素を供給して排出ガスを減らすために、ガソリン90%とエタノール10%を混合しています。
  • ブラジルでは、燃料用エタノールの消費は、エタノール混合義務付けとガソリンとの価格差によって大きく左右されます。しかし、ブラジルの燃料用エタノールの価格は、特にブラジルの沿岸部では農産物原料のコストが高いため、米国の燃料用エタノールとの競争力がありません。
  • したがって、このような市場の動向は、予測期間中に燃料用エタノールの需要を促進するものと思われます。

北米地域が市場を独占

  • 世界市場のシェアは北米地域が圧倒的に高いです。化石燃料の使用を減らすための厳しい規制と食品加工産業からの需要の増加が、この地域のエタノール需要を牽引しています。
  • 米国、カナダ、メキシコなどの政府は、化石燃料の使用量とそれによる公害を減らすことに重点を置いています。この点で、この地域はエタノール混合燃料に頼っており、エタノールはよりクリーンな資源であるため、この地域のエタノール市場の成長を促進する主要な要因の1つとなっています。
  • Renewable Fuel Associationによると、米国は2019年に158億ガロンを生産し、そのうち90%のエタノールは輸出され、残りの10%は国内で利用されています。
  • さらに、2019年には日本政府のバイオ燃料政策により、米国産のトウモロコシエタノールをエチルtert-ブチルエーテル(燃焼を改善するためにガソリンに使用する添加剤)の製造に44%まで使用できるようになり、エチルアルコールの需要に影響を与えました。
  • メキシコ化粧品会議所(CANIPEC)によると、メキシコの化粧品市場は2019年に約100億米ドルとなり、ラテンアメリカ市場で2位、世界では11位を占めました。プレミアムスキンケア製品への需要の高まりは、より良いライフスタイルへのニーズとともに、同国のパーソナルケア市場を牽引し、エチルアルコールの需要にプラスの影響を及ぼしています。
  • 例えば、米国では、ガソリンの97%以上にエタノールが含まれています。最も一般的な混合燃料の一つであるE10は、燃料に酸素を供給し排出ガスを削減するために、ガソリン90%とエタノール10%を混合しています。2001年からは、エタノールを15%含むE15という混合燃料も認可されています。
  • 食品加工業界は、加工食品、調理済み食品、冷凍食品、包装食品への依存度が高いため、著しく成長しています。このように、新規出生や移住による人口増加により、この産業の需要も増加しており、この地域の産業からのエタノールの生産量と需要をさらに増加させています。
  • したがって、このような市場動向は、予測期間中に同地域のエタノール需要を促進することが期待されます。

競合情勢

エチルアルコール(エタノール)市場は、その性質上、断片的です。市場の主要なプレーヤーには、ADM、POET LLC、Valero、Bunge North America Inc.、Flint Hills Resourcesなどがあります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 促進要因
    • バイオ燃料としてのエタノール需要の増加
    • 食品加工産業におけるエタノール需要の増加
    • ビール製造における使用量の増加
    • 化石燃料の使用を制限する厳しい政府政策
  • 抑制要因
    • アルコール摂取の悪影響に関する意識の高まり
    • ハイブリッド車の登場
    • COVID-19の発生による影響
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い
  • 輸出入の動向
  • 価格動向

第5章 市場セグメンテーション

  • グレード
    • 食品グレード
    • 工業用グレード
    • 製薬グレード
    • ラボグレード
  • 純度
    • 未変性エタノール
    • 変性エタノール
  • 用途
    • 工業用溶剤
    • 燃料・燃料添加剤
    • 殺菌剤・消毒剤
    • 飲料
    • パーソナルケア
    • その他の用途
  • 地域別
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東・アフリカ地域
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東・アフリカ地域

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、協業、契約
  • 市場シェア/ランキング分析
  • リーディングプレイヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • Advanced BioEnergy LLC
    • The Andersons Inc.
    • ADM
    • Braskem
    • bp PLC
    • Cargill Incorporated
    • Flint Hills Resources
    • Green Plains Inc.
    • INEOS
    • HPCL Biofuels Limited
    • Kirin Holdings Company Limited
    • LyondellBasell Industries Holdings BV
    • Mitsubishi Chemical Corporation
    • Alto Ingredients Inc.
    • SABIC
    • Sasol Limited
    • POET LLC
    • Solvay
    • Valero

第7章 市場機会と今後の動向

  • トウモロコシと砂糖からエタノールを製造する需要の急増
目次
Product Code: 50935

The ethyl alcohol (ethanol) market size is projected to register a CAGR of over 5% during the forecast period (2021-2026).

The market was negatively impacted by COVID-19 in 2020. Beverage manufacturers are affected by the shortage of labor and raw materials essential for the production process. The demand is also expected to be affected by the uncertainties in consumer demand as pandemics have surged healthy food habits, and consumers are focusing on home dining as several governments have initiated preventive measures such as banning mass gatherings, especially in restaurants.

Key Highlights

  • Over the short term, major factors driving the growth of the market studied are the rising demand for ethanol as biofuel, growing to use in beer production and food processing, and stringent government policies to restrict the usage of fossil fuels. On the flip side, an increase in awareness about the ill effects of alcohol consumption and the advent of hybrid electric vehicles are likely to hamper the growth of the market studied.
  • The fuel segment dominated the market, and it is likely to grow during the forecast period, owing to increased practice of ethanol blending with gasoline across the world.
  • The surging demand to produce ethanol from corn and sugar is likely to provide opportunities for the market studied during the forecast period.
  • North America dominated the market across the world due to increasing regulations and rising demand for the food processing industry.

Key Market Trends

Fuel Segment to Dominate the Market Demand

  • Ethanol is gaining support for application as fuel, owing to its renewable source and eco-friendliness with lower emissions. Ethanol has a higher octane number than gasoline, providing premium blending properties.
  • Low-octane gasoline is blended with 10% ethanol to attain the standard 87 octane. Carbon monoxide production from ethanol fuel is significantly lower when compared to gasoline engines.
  • Moreover, for the past several years, refiners have been adding ethanol to fuel, as it burns cleaner than pure gas, which helps in cutting the carbon footprint. Additionally, the use of ethanol as a fuel helps to reduce oil dependency.
  • According to the Ministry of Petroleum and Natural Gas, India, the country has preponed the target of achieving 20% ethanol-blended fuel by five years and now to complete the target by 2025. The country needs 4 billion liters of ethanol for 10% ethanol blend, and for 20% ethanol blend, the country needs 1,000 crore liters of ethanol, which will cost approximately INR 65,000 crores.
  • European countries are majorly using 5% ethanol-blended fuel. The region is focusing on reducing the carbon dioxide emission from transportation through 10%-20% ethanol blending based on the countries' infrastructure.
  • In California, ethanol replaced methyl tertiary butyl ether (MTBE) as a gasoline component. E10, one of the most common blends, contains 90% gasoline and 10% ethanol in order to oxygenate the fuel and reduce emissions.
  • In Brazil, fuel ethanol consumption is driven largely by an ethanol blending mandate and lower prices relative to gasoline. However, the country's fuel ethanol prices are not competitive with fuel ethanol from the United States, primarily on account of higher agricultural feedstock costs, especially along with the Brazilian coastal areas.
  • Hence, all such trends in the market are likely to drive the demand for ethanol for fuel application during the forecast period.

North American Region to Dominate the Market

  • The North American region dominated the global market share. Stringent regulations toward reducing the usage of fossil fuels and rising demand from the food processing industry have been driving the demand for ethanol in the region.
  • The government in the countries such as the United States, Canada, and Mexico, have been focusing on reducing the usage of fossil fuels and the pollution caused by them. In this regard, the region has been resorting to ethanol-blended fuels, with ethanol being a cleaner resource, which serves as one of the major factors driving the growth of the ethanol market in the region.
  • According to Renewable Fuel Association, the United States produced 15.8 billion gallons in 2019, out of which 90% of ethanol was exported and the rest 10% was domestically utilized.
  • Additionally, in 2019, the Japanese government's biofuel policy allowed the use of the US-based corn ethanol to be used up to 44% for the production of ethyl tert-butyl ether, additves used in petrol to improve combustion, impacting the demand for ethyl alcohol.
  • According to the Mexican Chamber of Cosmetic Products (CANIPEC), the Mexican cosmetics market was valued at around USD 10 billion in 2019 and held the second position in the Latin American market and 11th in the world. Growing demand for premium skin care products, along with the need for a better lifestyle, is driving the market for personal care in the country, positively impacting the demand for ethyl alcohol.
  • For instance, in the United States, more than 97% of gasoline contains ethanol. E10, one of the most common blends, contains 90% gasoline and 10% ethanol in order to oxygenate the fuel and reduce emissions. Since 2001, the E15 blend, which contains 15% ethanol, has also been approved for use.
  • The food processing industry is significantly growing, owing to higher dependency on processed, ready-to-eat, and frozen and packaged food. Thus, owing to the growing population through new births and migration, the demand for the industry has also been increasing, which is further increasing the output of, and demand for, ethanol from the industry in the region.
  • Hence, all such market trends are expected to drive the demand for ethanol in the region during the forecast period.

Competitive Landscape

The ethyl alcohol (ethanol) market is fragmented in nature. Some of the key players in the market include ADM, POET LLC, Valero, Bunge North America Inc., and Flint Hills Resources, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Rising Demand for Ethanol as Biofuel
    • 4.1.2 Increasing Demand for Ethanol in the Food Processing Industry
    • 4.1.3 Growing Use in Beer Production
    • 4.1.4 Stringent Government Policies to Restrict the Use of Fossil Fuels
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Increase in Awareness About the Ill Effects of Alcohol Consumption
    • 4.2.2 Advent of Hybrid Electric Vehicles
    • 4.2.3 Impact of the COVID-19 Outbreak
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition
  • 4.5 Import Export Trends
  • 4.6 Price Trends

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Grade
    • 5.1.1 Food Grade
    • 5.1.2 Industrial Grade
    • 5.1.3 Pharmaceutical Grade
    • 5.1.4 Lab Grade
  • 5.2 Purity
    • 5.2.1 Undenatured Ethanol
    • 5.2.2 Denatured Ethanol
  • 5.3 Application
    • 5.3.1 Industrial Solvent
    • 5.3.2 Fuel/Fuel Additive
    • 5.3.3 Bacteriacide/Disinfectant
    • 5.3.4 Beverages
    • 5.3.5 Personal Care
    • 5.3.6 Other Applications
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 Asia-Pacific
      • 5.4.1.1 China
      • 5.4.1.2 India
      • 5.4.1.3 Japan
      • 5.4.1.4 South Korea
      • 5.4.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.2 North America
      • 5.4.2.1 United States
      • 5.4.2.2 Canada
      • 5.4.2.3 Mexico
    • 5.4.3 Europe
      • 5.4.3.1 Germany
      • 5.4.3.2 United Kingdom
      • 5.4.3.3 France
      • 5.4.3.4 Italy
      • 5.4.3.5 Rest of Europe
    • 5.4.4 South America
      • 5.4.4.1 Brazil
      • 5.4.4.2 Argentina
      • 5.4.4.3 Rest of South America
    • 5.4.5 Middle-East and Africa
      • 5.4.5.1 Saudi Arabia
      • 5.4.5.2 South Africa
      • 5.4.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Advanced BioEnergy LLC
    • 6.4.2 The Andersons Inc.
    • 6.4.3 ADM
    • 6.4.4 Braskem
    • 6.4.5 bp PLC
    • 6.4.6 Cargill Incorporated
    • 6.4.7 Flint Hills Resources
    • 6.4.8 Green Plains Inc.
    • 6.4.9 INEOS
    • 6.4.10 HPCL Biofuels Limited
    • 6.4.11 Kirin Holdings Company Limited
    • 6.4.12 LyondellBasell Industries Holdings BV
    • 6.4.13 Mitsubishi Chemical Corporation
    • 6.4.14 Alto Ingredients Inc.
    • 6.4.15 SABIC
    • 6.4.16 Sasol Limited
    • 6.4.17 POET LLC
    • 6.4.18 Solvay
    • 6.4.19 Valero

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Surging Demand to Produce Ethanol from Corn and Sugar