表紙:イソホロン市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)
市場調査レポート
商品コード
629089

イソホロン市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)

Isophorone Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 110 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.18円
イソホロン市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 110 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

イソホロンの市場は、予測期間中にCAGR6%以上を記録すると予想されています。紫外線硬化型コーティング剤におけるイソホロンの使用需要の増加が、イソホロン市場を牽引しています。しかし、イソホロンの毒性は市場成長の妨げになると考えられています。

主なハイライト

  • ペイントとコーティングの分野が市場を独占しており、コーティングの流動性を高めることから予測期間中の成長が見込まれています。
  • イソホロンを用いた再生可能な高密度燃料の合成は、今後のビジネスチャンスとなりそうです。
  • 世界では、北米が最も多く消費され、市場を独占しています。

主な市場動向

接着剤製造の需要増加

  • イソホロンは、接着剤の硬化材として使用されます。接着剤は、プラスチック、ポリ塩化ビニル、ポリスチレンなど、さまざまなエンドユーザー用途で採用されています。
  • 建設分野では、接着剤はコンクリート、セラミックタイル、カーペット敷き、フローリングの下敷き、乾式壁のラミネーションとジョイントセメント、製造住宅、プレフィニッシュドパネル、弾力性のある床材、屋根材、壁材など、いくつかの用途に使用されています。
  • 接着剤は目的に応じて様々な種類が使用されています。グリーンビルディングの建設が増加し、建設資材の品質に対する関心が高まっていることもあり、接着剤の需要が加速しています。
  • 国連によると、世界人口の約50%が都市部に居住しており、2030年には60%に達すると予測されています。経済成長と人口増加のペースは、商業、住宅、施設の建設需要と調和させなければなりません。
  • 2030年には、世界人口の約40%が、1日あたり約96,150戸の住宅を必要とすると予測されています。したがって、住宅部門の成長により、コンクリート接着剤、タイル接着剤、ジョイントフィラー、ブロック接着剤の使用が増加すると予想されます。
  • 接着剤は、さまざまな物質への接着性、異種材料の接合性、柔軟性、高い凝集力、熱膨張に対する耐性、紫外線や塩水、雨などの耐候性などの物性により、紙の接着に広く使用されています。
  • アジア太平洋地域は、特に中国とインドで市場が発展していることから、かなりの成長が見込まれています。包装産業の発展により、接着剤とシーリング剤の需要は世界的に増加すると予想されます。
  • 接着剤市場は非常に広範で、航空宇宙、鉄道、車両組立、船舶、車内装飾、車外装飾、自動車モジュールシール、電子回路基板保護など、輸送産業における多くの用途があります。自動車用途では、構造用金属接合、構造用繊維強化プラスチック接合、外装トリム、ガラス接合、内装トリムなどがあります。航空宇宙産業では、航空機の軽量化設計に使用されています。
  • 輸送産業は、人口の増加、モノや人の国境を越えた移動、雇用の増加により、ほぼすべての国で成長しており、接着剤の需要を増大させ、イソホロン市場を押し上げると予想されます。

北米が市場を牽引

  • 北米では、イソホロン市場は主に塗料やコーティング剤、複合材などのエンドユーザー産業によって支配されています。
  • イソホロンの需要は、前述のエンドユーザー産業の成長により、安定的に増加することが予想されます。
  • 米国のコンポジット市場は、過去数年にわたり急成長を遂げています。また、米国は中国に次いで世界第2位の塗料・コーティング剤生産国です。
  • また、米国は中国に次いで世界第2位の塗料生産国であり、建設需要の拡大が塗料・コーティング剤の需要に拍車をかけているため、イソホロンの需要も将来的に拡大すると予想されています。
  • 米国の建設業界は4.72%以上の成長が見込まれ、過去数年よりも高い成長率を示しています。
  • したがって、建設業界ではイソホロンを使用したバインダー、塗料、コーティング剤、接着剤、複合材の使用が増加すると予想されます。
  • また、包装業界や繊維業界における印刷インキの使用量も増加しており、予測期間中に市場を牽引することが期待されます。

競合情勢

イソホロン市場は部分的に断片化されており、非常に少数のプレーヤーによって支配されています。主なプレイヤーとしては、Evonik Industries AG、Arkema Group、CHAIN FONG、Merck KGaA、BASF SEなどが挙げられます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 促進要因
    • UV硬化型コーティング剤におけるイソホロン使用の需要増加
    • アジア太平洋地域におけるコーティング用途の需要急増
  • 抑制要因
    • イソホロンの毒性
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い

第5章 市場のセグメンテーション

  • エンドユーザー産業
    • 塗料・コーティング
    • 印刷インキ
    • 人工皮革
    • 接着剤
    • 農薬
    • コンポジット
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域別
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • ロシア
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東・アフリカ地域
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東・アフリカ地域

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、提携、契約
  • 市場シェア分析
  • 主要なプレーヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • Arkema Group
    • CHAIN FONG
    • DowDuPont
    • Evonik Industries
    • Jiangsu Huanxin High Tech Materials Co. Ltd
    • Merck KGaA
    • Ningbo New Material Technology Co. Ltd
    • Prasol Chemicals Pvt Ltd
    • SI Group Inc.
    • BASF SE
    • Covestro AG

第7章 市場機会と将来動向

  • イソホロンを用いた再生可能な高密度燃料の合成
目次
Product Code: 49022

The market for isophorone is expected to register a CAGR of more tha 6%, during the forecast period. Rising demand for the use of isophorone in UV-cured coatings is driving the isophorone market. However, toxic effects of isophorone are expected to hinder the growth of the market studied.

Key Highlights

  • Paints and coatings segment dominated the market, and is expected to grow during the forecast period, owing to its ability to enhance the fluidity of coatings.
  • Synthesis of renewable high-density fuel with isophorone is likely to act as an opportunity in the future.
  • North America dominated the market across the world, with the largest consumption.

Key Market Trends

Increasing Demand for Adhesives Manufacturing

  • Isophorone is used as the hardening material in adhesive formulation. Adhesives are employed in various end-user applications, such as plastics, polyvinyl chloride, polystyrene, etc.
  • In the construction sector, adhesives are used for several applications such as in concrete, ceramic tiles, carpet laying, flooring underlayment, drywall lamination and joint cements, manufactured housing, pre-finished panels, resilient flooring, roofing, and wall covering.
  • Various types of adhesives are used depending on their purpose. The growth in green building construction, coupled with increasing concern over the quality of construction materials, is accelerating the demand for adhesives.
  • According to the United Nations (UN), around 50% of the world's population resides in urban cities, which is projected to touch 60% by 2030. The pace of economic and demographic growth has to be in harmony with the demand for commercial, residential, and institutional construction activities.
  • By 2030, around 40% of the global population is expected to require housing at the rate of about 96,150 housing per day. Hence, due to the growth in the residential sector, the use of concrete bonding agents, tile adhesives, joint filler, and block adhesives is expected to increase.
  • Adhesives, owing to their physical properties, such as adhesion to a variety of substances, bonding of dissimilar materials, flexibility, high cohesive strength, resistance against thermal expansion, and environmental resistance from UV light, salt water, rain and other weathering conditions, are widely used in paper bonding.
  • The Asia-Pacific region is witnessing considerable growth, especially due to the developing markets in China and India. The developing packaging industry is expected to increase the demand for adhesives and sealants, globally.
  • The adhesives market is quite extensive and includes many applications in the transportation industry, such as in aerospace, railways, vehicle assembly, marine, interior vehicle trim, exterior vehicle trim, automotive module sealing, and electronic circuit board protection. Its automotive applications include structural metal bonding, structural fiber-reinforced plastics bonding, exterior trim, glass bonding, and interior trim. In the aerospace industry, it is used to make lightweight designs for aircrafts.
  • The transportation industry is growing across almost all the countries, due to the increasing population, cross border movement of goods and people, and increased level of employment, which is expected to augment the demand for adhesives, thus boosting the isophorone market, during the forecast period.

North America to Dominate the Market

  • In North America, the isophorone market is mainly dominated by various end-user industries, such as paints and coatings, composites, etc.
  • The demand for isophorone is expected to increase at a steady rate, due to the growth in the aforementioned end-user industries.
  • The composite market in the United States had witnessed rapid growth, over the past few years. The United States is also the second-largest producer of paints and coatings, globally, after China.
  • The growing construction activities are fueling the demand for paints and coatings in the country, which is expected to augment the demand for isophorone in the future.
  • The construction industry in the United States is anticipated to grow by more than 4.72%, which is higher from the past few years.
  • Thus, the construction industry is expected to increase the use of binders, paints and coatings, adhesives, and composites, all of which are made using isophorone.
  • Increasing usage of printing inks in the packaging and textile industry is also expected to drive the market, during the forecast period.

Competitive Landscape

The isophorone market is partially fragmented and dominated by very few players. Some of the major players include Evonik Industries AG, Arkema Group, CHAIN FONG, Merck KGaA, and BASF SE, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Rising Demand for the Use of Isophorone in UV-cured Coatings
    • 4.1.2 Surging Demand for Coating Applications in Asia-Pacific
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Toxic Effects of Isophorone
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 End-user Industry
    • 5.1.1 Paints and Coatings
    • 5.1.2 Printing Inks
    • 5.1.3 Artificial Leather
    • 5.1.4 Adhesives
    • 5.1.5 Agrochemicals
    • 5.1.6 Composites
    • 5.1.7 Other End-user Industries
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 Asia-Pacific
      • 5.2.1.1 China
      • 5.2.1.2 India
      • 5.2.1.3 Japan
      • 5.2.1.4 South Korea
      • 5.2.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.2.2 North America
      • 5.2.2.1 United States
      • 5.2.2.2 Canada
      • 5.2.2.3 Mexico
    • 5.2.3 Europe
      • 5.2.3.1 Germany
      • 5.2.3.2 United Kingdom
      • 5.2.3.3 Italy
      • 5.2.3.4 France
      • 5.2.3.5 Russia
      • 5.2.3.6 Rest of Europe
    • 5.2.4 South America
      • 5.2.4.1 Brazil
      • 5.2.4.2 Argentina
      • 5.2.4.3 Rest of South America
    • 5.2.5 Middle-East and Africa
      • 5.2.5.1 Saudi Arabia
      • 5.2.5.2 South Africa
      • 5.2.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share Analysis**
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Arkema Group
    • 6.4.2 CHAIN FONG
    • 6.4.3 DowDuPont
    • 6.4.4 Evonik Industries
    • 6.4.5 Jiangsu Huanxin High Tech Materials Co. Ltd
    • 6.4.6 Merck KGaA
    • 6.4.7 Ningbo New Material Technology Co. Ltd
    • 6.4.8 Prasol Chemicals Pvt Ltd
    • 6.4.9 SI Group Inc.
    • 6.4.10 BASF SE
    • 6.4.11 Covestro AG

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Synthesis of Renewable High-density Fuel with Isophorone