市場調査レポート
商品コード
629060

非ハロゲン系難燃剤の市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2021年 - 2026年)

Non-Halogenated Flame Retardant Chemicals Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2021 - 2026)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 180 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=137.31円
非ハロゲン系難燃剤の市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2021年 - 2026年)
出版日: 2021年04月21日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 180 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

非ハロゲン系難燃剤の市場は、予測期間中に5%を超えるCAGRで成長すると予想されています。市場を牽引する主な要因は、世界の電気・電子製品の消費者需要の増加です。水酸化物は高温に適さないため、市場の妨げになる可能性があります。

  • また、臭素系難燃剤やその他の難燃剤に関する環境および健康への懸念も、予測期間中に市場を牽引すると予想されます。
  • ハロゲン系難燃剤を禁止する法律の増加は、将来の機会として作用する可能性があります。
  • 世界では欧州が市場を独占すると予想されます。一方、アジア太平洋地域は予測期間中に最も速い成長を遂げると思われます。

主な市場動向

建築・建設業界からの需要拡大

  • 家庭での火災は、人命損失の主な原因の1つです。非ハロゲン系難燃剤は建材や製品に使用されていますが、これは主に厳しい火災安全規制のためです。建築物では、難燃剤は主に構造用断熱材に使用されています。断熱材は、住宅などの建築物において、快適な温度を保ちながら省エネルギー化を図るために使用されます。
  • 主な断熱材には、ポリスチレンフォームボードや硬質ポリウレタンフォームパネルなどがあります。また、非ハロゲン系難燃剤は、ポリオレフィンフォームに多く使用されています。これらは、主にHVAC用途の建物で、防音やパイプの断熱などに使用されています。
  • 世界的に見ると、様々な火災基準が非ハロゲン系難燃剤の市場を牽引しています。難燃剤の使用に関連する環境問題の高まりを受け、非ハロゲン系難燃剤の用途は大幅に増加しています。
  • リン系難燃剤は、ポリウレタンフォーム、特に液状物質に多く使用されている非ハロゲン系難燃剤です。硬質PUフォームに使用される難燃剤には、添加型液状難燃剤、反応型液状難燃剤、固形難燃剤の3種類があり、添加型液状難燃剤の方が難燃性が高いです。
  • 世界の建設業界は、アジア太平洋地域と中東&アフリカ地域は、住宅や人口増加のための需要の増加とともに、これらの市場で利用可能な多くの市場機会のために建設部門に巨額の投資をしている健全な速度で成長しています。
  • このような背景から、非ハロゲン系難燃剤の需要は予測期間中に拡大することが予想されます。

欧州が市場を牽引

  • 欧州地域は世界市場を独占すると予想されます。ドイツの経済規模は欧州で最大、世界でも第5位です。
  • ドイツの電子産業は欧州最大で、世界でも5番目の規模です。電気・電子産業は、ドイツの工業生産全体の10%以上を占め、同国の国内総生産(GDP)の約3%を占めています。さらに、電気・電子産業はドイツ全体のFDIの約23%を占めています。
  • ドイツの自動車産業は、ドイツの産業全体の収益の約20%を占めています。欧州地域で生産される乗用車のうち、ドイツが占める割合は約30%です。世界の自動車部品メーカー上位100社のうち16社がドイツに拠点を置いています。
  • 世界トップクラスの研究開発インフラと、完全な産業バリューチェーンの統合により、ドイツには確立された自動車環境があります。このため、企業は最先端の技術を開発し、採用することができます。また、ドイツは欧州で最も多くのOEM工場を持ち、41の組立工場とエンジン生産工場が欧州における自動車生産全体の3分の1に貢献しています。
  • ドイツの航空宇宙産業は、過去20年間に大きな成長を遂げました。連邦経済エネルギー省は、航空宇宙産業を、高い成長率と強力な産業基盤を持つドイツの主要産業と位置づけています。
  • このような背景から、非ハロゲン系難燃剤の市場規模は、予測期間中に拡大すると予想されます。

競合情勢

非ハロゲン系難燃剤の世界市場は、上位5社が大きなシェアを占めており、統合的な市場となっています。主要企業には、Nabaltec AG、Huber Engineered Materials、BASF SE、ICLなどがあります。

本レポートを購入する理由

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 促進要因
    • 臭素系難燃剤やその他の難燃剤に関する環境・健康への懸念
    • アジア太平洋地域におけるインフラ活動の活発化
    • 消費者向け電気・電子製品製造の増加
  • 抑制要因
    • 水酸化物の高温用途への非適合性
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い
  • 原材料の分析
  • 規制政策分析

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ
    • 無機系
      • 水酸化アルミニウム
      • 水酸化マグネシウム
      • ホウ素化合物
    • リン
    • 窒素
    • その他の種類
  • エンドユーザー産業
    • 電気・電子
    • ビル・建設
    • 運輸
    • 繊維・家具
  • 地域別
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東・アフリカ地域
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ共和国
      • その他中東・アフリカ地域

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、コラボレーション、契約
  • 市場シェア/ランキング分析
  • リーディングプレイヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • Apexical Inc.
    • BASF SE
    • Clariant
    • Daihachi Chemical Industry Co. Ltd
    • DIC Corporation
    • Eti Maden
    • Huber Engineered Materials
    • ICL
    • Italmatch Chemicals SpA
    • Jiangsu Jacques Technology Co. Ltd
    • LANXESS
    • MPI Chemie BV
    • Nabaltec AG
    • Nippon Carbide Indestries Co. Inc.(Sanwa Chemical Industry Co. Ltd)
    • NYACOL Nano Technologies Inc.
    • Rin Kagaku Kogyo Co. Ltd
    • Shandong Brother Sci. &Tech. Co. Ltd
    • Thor
    • TOR Minerals

第7章 市場機会と今後の動向

  • ハロゲン系難燃剤を禁止する法規制の強化
  • 非ハロゲン系難燃剤の積極的な研究開発
目次
Product Code: 47876

The market for non-halogenated flame-retardant chemicals is expected to grow at a CAGR of over 5% during the forecast period. Major factors driving the market studied are the increasing consumer demand for electrical & electronic products across the world. The non-suitability of hydroxides to high temperatures may hinder the market.

  • Environmental and health concerns regarding brominated and other flame retardants are also expected to drive the market during the forecast period.
  • Increasing legislation banning of halogenated flame retardants is likely to act as an opportunity in the future.
  • Europe is expected to dominate the market across the globe. While, Asia-Pacific region is likley to witness the fastest growth during the forecast period.

Key Market Trends

Increasing Demand from the Buildings and Construction Industry

  • Household fires are one of the primarily causes for the loss of human life. Non-halogenated flame retardants are used in building materials and products, primarily due to strict fire safety regulations. In buildings, flame retardants are majorly used in structural insulation. Insulations are used in homes and other buildings, in order to maintain comfortable temperature, while conserving energy.
  • The major insulation materials include polystyrene foam boards and rigid polyurethane foam panels. Moreover, non-halogenated flame retardants find major applications in polyolefin foams. They are used in buildings, primarily in the HVAC applications, such as sound insulation and thermal insulation for pipes.
  • Globally, various fire standards are driving the market for non-halogenated flame retardants. With the increasing environment concerns related to the use of flame retardants, the applications for non-halogenated flame retardants have been increasing significantly.
  • Phosphorus-based flame retardants are mostly used non-halogenated flame retardants in polyurethane foams, especially in liquid substances. The flame retardants used for rigid PU foams are available in three forms, such as additive liquid flame retardants, reactive liquid flame retardants, and solid flame retardants.
  • The global construction industry is growing at a healthy rate, where the Asia-Pacific and Middle East & African regions are witnessing huge investment in the construction sector due to numerous market opportunities available in these markets, along with the increasing demand for residential houses and the growing population.
  • Thus, all the aforementioned factors are expected to drive the demand for non-halogenated flame retardant chemicals, during the forecast period.

Europe to Dominate the Market

  • Europe region is expected to dominate the global market. The German economy is the largest in Europe, and fifth in the world.
  • The German electronic industry is the Europe's biggest, and the fifth largest worldwide. The electrical and electronics industry accounted for more than 10% of the total German industrial production and about 3% of the country's gross domestic product (GDP). Moreover, the electrical and electronics industry accounted for around 23% of the entire FDI of the country.
  • The German automotive industry accounted for approximately 20% of the total revenue of the German industries. Germany accounted for approximately 30% of the total passenger cars manufactured in the European region. Sixteen of the world's 100 top automotive suppliers are based in Germany.
  • The country's world-class R&D infrastructure and complete industry value chain integration create a well-established automotive environment. This enables companies to develop and adopt cutting-edge technologies. The country also has the largest number of OEM plants in Europe, with 41 assembly and engine production plants that contribute to one third of the total automobile production in Europe.
  • The German aerospace industry witnessed a substantial growth over the past two decades. The Federal Ministry of Economic Affairs and Energy lists aerospace as a key industry in Germany, with high growth rates and a strong industrial core.
  • Owing to all the aforementioned factors, the maret for non-halogenated flame retardant chemicals is projected to grow in the region during the forecast period.

Competitive Landscape

The global non-halogenated flame retardant chemicals market is consolidated in nature, with the top five players accounting for a significant share in the global market. The major companies include Nabaltec AG, Huber Engineered Materials, BASF SE, and ICL, among others.

Reasons to Purchase this report:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Environmental and Health Concerns Regarding Brominated and Other Flame Retardants
    • 4.1.2 Increasing Infrastructure Activities in Asia-Pacific
    • 4.1.3 Rising Consumer Electrical and Electronic Goods Manufacturing
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Non-suitability of Hydroxides to High Temperature Applications
  • 4.3 Industry Value-Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition
  • 4.5 Raw Material Analysis
  • 4.6 Regulatory Policy Analysis

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Inorganic
      • 5.1.1.1 Aluminum Hydroxide
      • 5.1.1.2 Magnesium Hydroxide
      • 5.1.1.3 Boron Compounds
    • 5.1.2 Phosphorus
    • 5.1.3 Nitrogen
    • 5.1.4 Other Types
  • 5.2 End-user Industry
    • 5.2.1 Electrical and Electronics
    • 5.2.2 Buildings and Construction
    • 5.2.3 Transportation
    • 5.2.4 Textiles and Furniture
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share/Ranking Analysis**
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Apexical Inc.
    • 6.4.2 BASF SE
    • 6.4.3 Clariant
    • 6.4.4 Daihachi Chemical Industry Co. Ltd
    • 6.4.5 DIC Corporation
    • 6.4.6 Eti Maden
    • 6.4.7 Huber Engineered Materials
    • 6.4.8 ICL
    • 6.4.9 Italmatch Chemicals SpA
    • 6.4.10 Jiangsu Jacques Technology Co. Ltd
    • 6.4.11 LANXESS
    • 6.4.12 MPI Chemie BV
    • 6.4.13 Nabaltec AG
    • 6.4.14 Nippon Carbide Indestries Co. Inc. (Sanwa Chemical Industry Co. Ltd)
    • 6.4.15 NYACOL Nano Technologies Inc.
    • 6.4.16 Rin Kagaku Kogyo Co. Ltd
    • 6.4.17 Shandong Brother Sci. &Tech. Co. Ltd
    • 6.4.18 Thor
    • 6.4.19 TOR Minerals

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Increasing Legislation Banning of Halogenated Flame Retardants
  • 7.2 Active R&D in Non-halogenated Flame Retardants