表紙:ハイドロキノン市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
市場調査レポート
商品コード
625800

ハイドロキノン市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Hydroquinone Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 110 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.29円
ハイドロキノン市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 110 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ハイドロキノンの市場は、予測期間中に4%以上のCAGRで推移すると予想されています。市場を牽引する主な要因は、高吸水性ポリマーからの需要の高まりと、塗料産業からの需要の増加です。しかし、ハイドロキノンの毒性および発がん性により、市場の成長が阻害されることが予想されます。

主なハイライト

  • 酸化防止剤用途が市場を独占し、予測期間中も同じペースで成長すると予想されます。重合禁止剤は、今後数年間で最も速いペースで成長すると予想されます。
  • 塗料業界からのハイドロキノン需要の急増が市場を牽引すると予想されます。
  • アジア太平洋地域が世界のハイドロキノン市場を独占し、中国やインドなどの国々が最も多く消費しています。

主な市場動向

ゴムからの需要の増加

    ハイドロキノンは、ゴム加工産業向けの酸化防止剤の製造に使用されています。

    ゴムは、航空宇宙、自動車、電子機器、その他の製造業など、さまざまなエンドユーザー産業で重要な役割を果たしています。これらの産業の継続的な成長が、今度はゴムの需要を押し上げるのです。

    例えば、ZEVIによると、2020年までに電気・電子市場は約4兆7,000億ユーロに達し、予測期間中に急速に拡大すると予想されています。

    また、米国やドイツなどの国々で電気自動車が増加していることから、自動車産業におけるゴムの需要も増加することが予想されます。

    このような様々な産業における積極的な成長がゴム需要を押し上げ、それがゴム加工産業におけるハイドロキノンの需要を予測期間中に押し上げると予想されます。

アジア太平洋地域が市場を独占

  • アジア太平洋地域は、中国、インド、日本などの主要国からの消費の増加に支えられ、ハイドロキノンの主要な消費者であることが判明しました。インドと中国におけるハイドロキノンの需要は、大きく伸びると予想されます。
  • 韓国と日本では技術革新が進んでおり、この地域の化粧品産業は成長すると予想されます。中国は、この地域の化粧品の主要な消費者になると予想されます。
  • 同地域の塗料・接着剤産業は、GDPの伸びや自動車生産台数、工業生産と建設活動の影響を受け、緩やかな成長を遂げると思われます。
  • パーソナルケア分野は、主にベビー・子供用製品、脱毛剤、オーラルケア、カラーコスメティックス、スキンケアなどが牽引し、予測期間中に堅調な成長が見込まれています。
  • インドの建設部門は、政府による投資の増加に伴い、急成長を遂げています。インド政府による「2022年までにすべての人に住宅を」という構想も、この業界にとって大きなゲームチェンジャーとなっています。商業用不動産の成長は、サービス業、特にIT-ITeSが大きく牽引してきました。
  • 2022年までにスマートシティを開発し、約3,000万戸の住宅を建設するという政府の構想は、塗料とコーティング剤の需要を促進し、その結果、予測期間中のハイドロキノンの需要も促進されると思われます。
  • したがって、前述の動向により、同地域のハイドロキノン市場は予測期間中にプラスの影響を受けると予想されます。

競合情勢

ハイドロキノン市場は統合されており、トップ企業が市場の大きなシェアを占めています。主要企業には、Solvay、UBE Industries Ltd、Eastman Chemical Company、三井化学株式会社、Camlin Fine Sciences Ltd.が含まれます。その他の小規模なメーカーには、Tianjin Zhongxin Chemtech、YanCheng FengYang Chemical、Kawaguchi Chemical Industryなどがあります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 調査の前提
  • 本調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 促進要因
    • 高吸水性樹脂の需要増加
    • 塗料業界におけるハイドロキノンの需要増加
  • 抑制要因
    • スキンクリームの毒性、発がん性
    • デジタル写真の出現
    • その他の抑制要因
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い

第5章 市場セグメンテーション

  • 用途
    • 中間体
    • 酸化防止剤
    • 重合禁止剤
    • 感光性化学品
    • その他の用途
  • エンドユーザー産業
    • 化粧品
    • 高分子材料
    • 塗料・接着剤
    • ゴム
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域別
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
      • 北米の残りの地域
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ共和国
      • その他中東地域

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、提携、契約
  • 市場ランキング分析
  • リーディングプレイヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • Solvay
    • Eastman Chemical Company
    • Mitsui Chemicals Inc.
    • UBE INDUSTRIES LTD
    • Camlin Fine Sciences Ltd
    • YanCheng FengYang Chemical Co. Ltd
    • Haihang Industry Co. Ltd
    • TIANJIN ZHONGXIN CHEMTECH CO. LTD
    • Honeywell International Inc.
    • Shanxi Jin-jin Chemical Co. Ltd
    • Kawaguchi Chemical Industry Co. LTD

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 55013

The market for hydroquinone is expected to register a CAGR of over 4% during the forecast period. Major factors driving the market studied are the rising demand from superabsorbent polymers and increasing demand from the paint industry. However, toxic nature and carcinogenic effects of hydroquinone are expected to hinder the growth of the market studied.

Key Highlights

  • Antioxidant application dominated the market, and is expected to grow at the same pace, during the forecast period. Polymerization inhibitor is expected to grow at the fastest rate in the coming years.
  • Surging demand for hydroquinone from the paint industry is expected to drive the market.
  • Asia-Pacific dominated the hydroquinone market across the world, with the largest consumption from countries, such as China and India.

Key Market Trends

Increasing Demand from Rubber

  • Hydroquinone is used to manufacture antioxidants for the rubber processing industry

  • Rubber plays a key role in various end-user industries such as aerospace, automotive, electronics, and other manufacturing industries. The continues growth in these industries is, in turn, boosting the demand for rubber.

  • For instance, according to ZEVI by 2020, the electrical and electronics market is likely to reach about EUR 4.7 trillion and expected to increase rapidly over the forecast period.

  • The demand for rubber is also likely to increase in automotive industry owing to increasing electrical vehicle in countries such as United States, Germany, etc.

  • Such positive growth in various industries is driving up the demand for rubber, which, in turn, is expected to drive the demand for hydroquinone in the rubber processing industry through the forecast period.

Asia-Pacific Region to Dominate the Market

  • Asia-Pacific region was found to be the major consumer of hydroquinone, supported by the growing consumption from major countries, including China, India, Japan, etc. The demand for hydroquinone in India and China is expected to grow significantly.
  • The cosmetics industry is expected to grow in the region, with the ongoing innovation in South Korea and Japan. China is expected to a major consumer of cosmetics in the region.
  • The paints and adhesives industries in the region are likely to grow at a moderate rate, influenced by the growth in GDP, automotive builds, and industrial production and construction activities.
  • The personal care sector is expected to grow at a robust pace during the forecast period, primarily driven by baby and child-specific products, depilatories, oral care, color cosmetics, and skin care, among others.
  • India's construction sector has been growing rapidly, with increased investment by the government. The Indian government's 'Housing for All by 2022' initiative is also a major game changer for the industry. The growth of commercial real estate has been driven largely by service sectors, especially IT-ITeS.
  • The government's initiative to develop smart cities and build almost 30 million homes, by 2022, is likely propel the demand for paints and coatings, which, in turn, is likely to fuel the demand for hydroquinone during the forecast period.
  • Thus, owing to the aforementioned trends, the hydroquinone market in the region is expected to be positively affected during the forecast period.

Competitive Landscape

The hydroquinone market is consolidated, with top players accounting for significant share of the market. The major companies include Solvay, UBE Industries Ltd, Eastman Chemical Company, Mitsui Chemicals Inc., and Camlin Fine Sciences Ltd. Other small considerable manufacturers include Tianjin Zhongxin Chemtech Co. Ltd, YanCheng FengYang Chemical Co. Ltd, and Kawaguchi Chemical Industry Co. Ltd.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Rising Demand from Superabsorbent Polymers
    • 4.1.2 Surging Demand for Hydroquinone from the Paint Industry
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Toxicity and Carcinogenic Effects of Skin Cream
    • 4.2.2 Emergence of Digital Photography
    • 4.2.3 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Application
    • 5.1.1 Intermediate
    • 5.1.2 Antioxidant
    • 5.1.3 Polymerization Inhibitor
    • 5.1.4 Photosensitive Chemical
    • 5.1.5 Other Applications
  • 5.2 End-user Industry
    • 5.2.1 Cosmetics
    • 5.2.2 Polymers
    • 5.2.3 Paints and Adhesives
    • 5.2.4 Rubber
    • 5.2.5 Other End-user Industries
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
      • 5.3.2.4 Rest of North America
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle East & Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Solvay
    • 6.4.2 Eastman Chemical Company
    • 6.4.3 Mitsui Chemicals Inc.
    • 6.4.4 UBE INDUSTRIES LTD
    • 6.4.5 Camlin Fine Sciences Ltd
    • 6.4.6 YanCheng FengYang Chemical Co. Ltd
    • 6.4.7 Haihang Industry Co. Ltd
    • 6.4.8 TIANJIN ZHONGXIN CHEMTECH CO. LTD
    • 6.4.9 Honeywell International Inc.
    • 6.4.10 Shanxi Jin-jin Chemical Co. Ltd
    • 6.4.11 Kawaguchi Chemical Industry Co. LTD

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS