デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
543673

自動液体充填機市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)

Automatic Liquid Filling Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.29円
自動液体充填機市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

自動液体充填機の市場規模は2020年に2兆4,149億5,000万米ドル、2026年には3兆6,241億9,000万米ドルに達し、予測期間(2021~2026年)のCAGRは7%で成長すると予測されています。組立ライン工程を最適化し、効率を高める必要性が高まる中、自動充填機は、コンピュータの助けを借りて操作するため、人的ミスを最小限に抑え、組立ライン工程の短縮に役立っています。

主なハイライト

  • このような食品、飲料、製薬などの業界では、プロセスが任意の汚染から自由であることが必要であり、製品が自動充填機で充填されている場合は、人間のタッチはありません、したがって、自動充填機の市場の成長をサポートしています。
  • また、市場競争が激化する中、各社は作業効率の最適化とコスト削減を図り、利益率を高めるために、様々な業務改革を継続的に行っています。したがって、柔軟な充填ソリューションの需要が増加しているように、自動充填機は、容積、速度、および容器の種類などの多様な充填ニーズに、多くのコストを負担することなく、変化するパッケージング要件に適応することができます。
  • しかし、高い初期投資と、これらのマシンを操作するために企業の人員を訓練することは、予測期間中に抑制として機能するいくつかの欠点があります。

主な市場動向

化粧品産業は潜在的な成長を提供する

  • 今日、化粧品は生活必需品のひとつと考えられています。市場が急速に発展し、世界の化が進む中、市場に登場した化粧品は魅力的なパッケージングスタイルを要求しており、パッケージング業界全体が消費者の好みを中心に回っています。このような革新的なパッケージへの要求は、売上を促進する上で重要な役割を担っています。
  • 例えば、フェイスクリームに関して言えば、男性は瓶の中に指を突っ込むのを嫌がります。そこで、各社はクリームをポンプ式のパッケージで提供しています。その際、液体自動充填機が重要な役割を担っています。
  • さらに、ヘアケア製品では、シャンプーの需要が非常に高いです。ドラッグストアニュースによると、シャンプーの販売額は、2018年には、5億5418万米ドルであり、毎年増加することが予想されます。したがって、シャンプーメーカーにとって、液体自動充填装置は、需要を満たすのに役立つ可能性があります
  • さらに、化粧品の下では、フレグランス産業が最も高い成長を遂げており、2019年には、欧州のフレーバーとフレグランスの市場は50億米ドルに達するかもしれないと、国際フレーバーとフレグランスによって予測されています。働く女性の間では、可処分所得の増加により、フレグランスの需要が高まっています。そして、これは自動液体充填機の巨大な市場機会を創出する可能性があります。
  • したがって、オイル、クリーム、または任意のゲルベースの製品など、他の化粧品製品の需要の増加に伴い、化粧品サプライヤーは肯定的な機会を参照してくださいです。その結果、化粧品メーカーに自動充填機の市場が生まれる可能性があります。

アジア太平洋地域が最速の成長を示す

  • アジア太平洋地域は、スキンケア、特に高級品に対する需要が最も高い地域であると、L'Orealは述べています。これは、消費者の可処分所得の増加、オンラインショッピングの動向、そして個人の衛生や外見に関心を持つ消費者の増加によるものです。これを支えているのは、インドや中国といった人口の多い国々です。
  • さらに、健康志向の高まりにより、製品のさまざまな効果に関する意識が高まり、人々は有機フルーツジュースや無糖の清涼飲料水など、健康的な飲み物へと移行しつつあります。このような動向は、液体自動充填装置の市場を形成しています。このような背景から、液体自動充填機の市場が形成されつつあります。これがマーケットの起爆剤になっています。
  • さらに、International Wine and Spirits Record(IWSR)によると、中国は2019年にワインの輸入量を8%、増加させると予想されています。ワインの需要の増加は、ヒューマンエラーを最小限に抑えることによって、組み立てラインのプロセスを減らすのに役立つ可能性があるため、製造業者の間で、自動液体充填機の間接的な需要を創出する可能性があります。
  • したがって、上記の要因は、アジア太平洋地域における自動液体充填機市場の需要を増加させるのに役立つと予想されます。

競合情勢

液体自動充填市場は細分化されており、競争が激しい市場です。この市場の主要なプレーヤーには、Bosch Packaging Technology、Krones Group AG、E-PAK Machineryなどがあります。製品の調査、研究開発(R&D)に高い費用、パートナーシップや買収などは、激しい競争を維持するために、これらの企業が採用する主要な成長戦略です。最近の動向の一部を紹介します。

  • 2019年5月-JBTは、スポーツ、オン・ザ・ゴー朝食ドリンク、乳児栄養製品向けの「現在のパウチ包装に関連する問題を克服する」AsepFlex Fillerを発売しました。この充填は、液体のような水からスムージーのような高粘度製品まで、さまざまな製品を充填することができます。さらに、マルチフレーバー充填やプラスチックボトルやパウチへの同時充填の技術的構成も可能です。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 本調査の前提条件
  • 本調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因と抑制要因のイントロダクション
  • 市場促進要因
    • 包装された液体の消費量増加
    • 液体充填の高精度化、高速化、多用途化
  • 市場抑制要因
    • 高い初期投資
    • 熟練工の不足
  • 業界バリューチェーン分析
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 技術スナップショット

第6章 市場のセグメンテーション

  • 液剤カテゴリー別
    • 消耗品用液体
    • 薬用液剤
    • 産業用液体
    • 液体化学品
    • 化粧品
    • その他液体
  • 充填バリエーション別
    • 圧力
    • 粘度
    • 発泡特性
  • タイプ別
    • アセプティックフィラー
    • ロータリー充填機
    • 容量式充填機
    • 正味量充填機
    • ピストン充填機
    • その他のタイプ
  • エンドユーザー産業別
    • 飲食品業界
    • ヘルスケア・製薬
    • 化粧品
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • その他アジア太平洋地域
    • その他の地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Bosch Packaging Technology
    • GEA Group AG
    • JBT Corporation
    • Filling Equipment Co. Inc.
    • Krones Group AG
    • Tetra Laval
    • Scholle Packaging
    • E-PAK Machinery
    • ProMach(Federal Mfg. Co.)
    • Accutek Packaging Equipment Companies Inc.
    • Coesia Group SpA
    • KHS GmbH
    • Ronchi Mario SpA

第8章 投資分析

第9章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 51607

The automatic liquid filling market was valued at USD 2414.95 billion in 2020 and is expected to reach USD 3624.19 billion by 2026 and grow at a CAGR of 7% over the forecast period (2021-2026). With the increase in the need for optimizing the assembly line process, to increase efficiency, the automatic filling machine helps in reducing the assembly line process, by minimizing human errors, as they are operated with the help of computers.

Key Highlights

  • In the industries, such as food, beverage, and pharmaceutical, which require the process to be free from any contamination, and if the products are filled with the automatic filling machine, there is no human touch, and thus, supports the growth of the automatic filling machine market.
  • Furthermore, with the intense competition in the market, companies are continuously undergoing various business reengineering practices, to optimize their working efficiency and reduce operating costs, so as to increase the profit margins. Therefore, as the demand for flexible filling solutions is increasing, automatic filling machine can adapt to the changing packaging requirements without incurring much of the costs, to varied filling needs, such as volume, speed, and type of container.
  • However, high initial investments, and training the company personnel to operate these machines, are few drawbacks, which act as restraints during the forecasted period.

Key Market Trends

Cosmetics Industry Offers Potential Growth

  • Nowadays, cosmetics are considered to be one of the essential commodities of life. As the market is evolving rapidly, and globalization is at its peak, cosmetics emerging in the market have been demanding attractive packaging styles, and the whole packaging industry revolves around consumer preference. This demand for innovative packaging has played an important role in driving sales.
  • For instance, when it comes to face creams, men do not like to stick their fingers into a jar. Thus, the companies are offering creams in pump packages. And for this, the automatic liquid filling machines play a crucial role.
  • Furthermore, under hair care products, the demand for shampoo is very high. According to Drug Store News, the sales value of shampoo was valued at USD 554.18 million, in 2018, and it is expected to increase every year. Therefore, for shampoo manufacturers, automatic liquid filling equipment may help in fulfilling the demand
  • Furthermore, under cosmetics, the fragrance industry has the highest growth, and it is forecasted by International Flavors and Fragrances, that in 2019, the market for flavor and fragrance in Europe may be valued at USD 5 billion. The demand for fragrances is increasing among the working women, because of the increase in disposable income. And this may create a huge market opportunity for the automatic liquid filling machines.
  • Therefore, with the increase in demand for other cosmetics products, such as oils, creams, or any gel-based products, cosmetics suppliers see a positive opportunity. Thus, in return, it may create a market for automatic liquid filling equipment, among the manufactures.

Asia- Pacific to Witness Fastest Growth

  • The Asia-Pacific regions feature the highest demand for skincare, and particularly luxury products, as stated by L'Oreal. It is favored by the rising disposable income of consumers, the trend of online shopping, coupled with an increasing consumer base of people interested in personal hygiene and physical appearance. This is supported by highly populated countries, like India and China.
  • Furthermore, with health-conscious consumers increasing awareness regarding the various benefits of products, the people are shifting toward healthy drinks, such as organic fruit juices, sugarfree liquid refreshments, etc. This trend is creating a market for automatic liquid filling equipment. As the entire process is operated through computers, there is no chance of any contamination. This acts as a catalyst for this market.
  • Furthermore, according to the International Wine and Spirits Record (IWSR), China is expected to increase its wine imports by 8 %, in 2019. The increase in demand for wines may create an indirect demand for automatic liquid filling, among the manufactures, because it may help in reducing the assembly line process, by minimizing human errors.
  • Therefore, the abovementioned factors are expected to help in increasing the demand for the automatic liquid filling market, in the Asia-Pacific regions.

Competitive Landscape

The automatic liquid filling market is fragmented and is competitive in nature. Some of the key players in this market are Bosch Packaging Technology, Krones Group AG, E-PAK Machinery, etc. Product launches, high expense on research and development (R&D), partnerships and acquisitions, etc. are the prime growth strategies adopted by these companies, to sustain the intense competition. Some of the recent developments are:

  • May 2019 - JBT launched the AsepFlex Filler, 'to overcome problems associated with current pouch packaging' for sports, on-the-go breakfast drinks, and infant nutrition products. This filling can fill a range of products, from the water, like liquids to high viscous products, like smoothies. Furthermore, it can be technically configured for multi-flavor filling or filling plastics bottles or pouches at the same time.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Introduction to Market Drivers and Restraints
  • 4.3 Market Drivers
    • 4.3.1 Increased Consumption of Packaged Liquids
    • 4.3.2 Focus on Precision, Speed, and Versatility, in Liquid Filling
  • 4.4 Market Restraints
    • 4.4.1 High Initial Investment
    • 4.4.2 Lack of Skilled Personnel
  • 4.5 Industry Value Chain Analysis
  • 4.6 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.6.1 Threat of New Entrants
    • 4.6.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.6.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.6.4 Threat of Substitute Products
    • 4.6.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 TECHNOLOGY SNAPSHOT

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Liquid Category
    • 6.1.1 Consumable Liquids
    • 6.1.2 Liquid Drugs
    • 6.1.3 Industrial Liquids
    • 6.1.4 Liquid Chemicals
    • 6.1.5 Cosmetics
    • 6.1.6 Others Liquids
  • 6.2 By Filling Variation
    • 6.2.1 Pressure
    • 6.2.2 Viscosity
    • 6.2.3 Foaming Characteristics
  • 6.3 By Type
    • 6.3.1 Aseptic Filler
    • 6.3.2 Rotary Filler
    • 6.3.3 Volumetric Filler
    • 6.3.4 Net Weight Filler
    • 6.3.5 Piston Filler
    • 6.3.6 Other Types
  • 6.4 By End-user Industry
    • 6.4.1 Food and Beverage
    • 6.4.2 Healthcare and Pharmaceutical
    • 6.4.3 Cosmetic
    • 6.4.4 Other End-users Industries
  • 6.5 Geography
    • 6.5.1 North America
      • 6.5.1.1 United States
      • 6.5.1.2 Canada
    • 6.5.2 Europe
      • 6.5.2.1 United Kingdom
      • 6.5.2.2 Germany
      • 6.5.2.3 France
      • 6.5.2.4 Rest of Europe
    • 6.5.3 Asia-Pacific
      • 6.5.3.1 China
      • 6.5.3.2 India
      • 6.5.3.3 Japan
      • 6.5.3.4 Rest of Asia-Pacific
    • 6.5.4 Rest of the World

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Bosch Packaging Technology
    • 7.1.2 GEA Group AG
    • 7.1.3 JBT Corporation
    • 7.1.4 Filling Equipment Co. Inc.
    • 7.1.5 Krones Group AG
    • 7.1.6 Tetra Laval
    • 7.1.7 Scholle Packaging
    • 7.1.8 E-PAK Machinery
    • 7.1.9 ProMach ( Federal Mfg. Co.)
    • 7.1.10 Accutek Packaging Equipment Companies Inc.
    • 7.1.11 Coesia Group SpA
    • 7.1.12 KHS GmbH
    • 7.1.13 Ronchi Mario SpA

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS