デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
543529

欧州の自動マテリアルハンドリング(AMH)市場 - 成長、動向、予測(2022年 - 2027年)

Europe Automated Material Handling (AMH) Market - Growth, Trends, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.55円
欧州の自動マテリアルハンドリング(AMH)市場 - 成長、動向、予測(2022年 - 2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

欧州の自動マテリアルハンドリング市場は、2019年に112億2000万米ドルとなり、2026年には184億6000万米ドルに達し、予測期間2021年~2026年のCAGRは8.7%と予測されています。

主なハイライト

  • 英国および欧州全域で、政治、経済、技術の発展が製造業の成長に比例して影響を与えています。BREXIT投票はすべての産業に衝撃を与えたが、製造業は前向きな姿勢を保っています。
  • 欧州は、インダストリー4.0革命への投資の増加により、産業用オートメーションの最も顕著な導入国となっています。CBI外務省によると、欧州は世界のインダストリー4.0投資の3分の1以上を占めています。西欧と北欧州はその主要な市場であり、特にドイツはこの言葉が最初に作られた国であり、フロントランナーでもあります。
  • 北欧は伝統的に、倉庫の自動化に関して最も発展した市場です。高い人件費と工場での労働条件への特別な配慮が、洗練された高度なオートメーションの導入を促しているのです。スカンジナビアでは、System Logisticsは、倉庫管理、ピッキング、マテリアルハンドリング業務の効率化において、食品・飲料部門の重要なお客様をサポートしてきました。
  • さらに、投資管理会社のJLLによると、欧州中の倉庫では、人と機械がますます密接に連携するようになっており、効率的で熟練した人材の不足が自動化をさらに加速させる可能性があります。
  • 電子食料品チャネルは、COVID-19のロックダウンにより、さらに加速しました。欧州の主要市場では2020年に50%以上の成長を遂げ、効率的な電子食料品フルフィルメント・ソリューションに対するニーズがさらに高まりました。このため、KNAPP、Ocado、Swisslog、Takeoff Technologies、WITRONなどのテクノロジーおよびプラットフォームプロバイダーは、ソフトウェアとハードウェアを組み合わせた自動化ソリューションのポートフォリオを拡大するよう促されています。

主な市場動向

自動車産業が大幅な成長を記録する見込み

  • 欧州連合(EU)は、世界最大の自動車生産国の一つです。また、自動車産業は、研究開発に対する最大の民間投資を行っています。自動車産業の競争力を強化し、技術的なリーダーシップを維持するために、欧州委員会は世界の技術調和を支援し、研究開発への資金提供を提案しています。
  • さらに、ACEAの報告書によると、EUでは人口1,000人あたり569台の自動車が走っています。ルクセンブルグはEUで最も自動車密度が高く(人口1,000人あたり694台)、ラトビアはEU加盟国の中で最も低いです。また、OICAは、2020年の欧州における乗用車の総販売台数は1,416万台となることを示唆しました。
  • 英国における自動車サプライチェーンの需要主導型(自動車内のパーソナライゼーションレベルの上昇を伴う)の性質により、OEMのサプライヤーはより高いレベルの柔軟性を備えた自動化を選択せざるを得なくなっています。このことが、調査対象市場における自動車分野の成長につながっています。
  • 自動車製造プロセスにおける自動化の採用の増加、デジタル化とAIの出現は、オランダの自動車分野におけるデジタル化の需要を促進する主な要因の一部です。

ドイツが最大の市場シェアを占めると予想される

  • ドイツの自動車産業は、世界最大級の製造部門を有しています。ドイツ貿易投資庁(GTAI)によると、全世界で生産されるプレミアムブランド車のうち、70%以上がドイツOEM生産品です。
  • ドイツは、世界における自動マテリアルハンドリングソリューションの主要な消費国の1つです。国際ロボット連盟(IFR)の最近の推計によると、ドイツは韓国や日本などの国に次いでロボット密度が高い(労働者1万人あたり294台)。
  • 自動車産業に加えて、郵便・小包産業も同国におけるAMHの成功に貢献しています。ドイツに本社を置くシーメンス郵便・小包・空港物流は、郵便物仕分けシステムの世界のマーケットリーダーとして位置づけられています。シーメンスの技術を用いた23,000台以上のシステムが、60カ国以上で信頼性の高い郵便物の仕分けを行っています。また、郵便・小包物流、オートメーション、手荷物・貨物ハンドリングを含む空港物流向けの革新的な製品・ソリューションを提供するリーディングカンパニーでもあります。
  • 医薬品分野も自動化を導入しており、緩やかな成長を記録すると予想されます。ドイツの医薬品包装大手による戦略的な動きは、ボトルとブリスター、ガラスとプラスチック注射器に関する医薬品包装の動向に光を当て、ドイツにおける包装機械・設備の需要の伸びにつながっています。

競合情勢

欧州の自動マテリアルハンドリング市場は競争が激しく、複数の大手企業で構成されています。市場シェアの観点からは、現在、少数の大手企業が市場を独占しています。市場シェアの高いこれらの大手企業は、海外における顧客基盤の拡大に注力しています。これらの企業は、市場シェアと収益性を高めるために、戦略的な協力体制を活用しています。また、この市場に参入している企業は、製品力を強化するために、欧州の自動マテリアルハンドリング技術に取り組んでいる新興企業を買収しています。

  • 2021年2月- 食品加工、包装、マテリアルハンドリング分野にエンジニアリング機器と自動化ソリューションを提供する世界の企業Duravant LLCは、オランダに拠点を置く袋充填機、パレタイザー機、ストレッチフード機、パレット搬送システムの大手メーカーVotech GS B.V.を買収しました。
  • 2021年7月-ABBは本日、同社のソフトウェア・スイートによって実現されるすべての主要なアプリケーションにわたる幅広いポートフォリオを持つ世界有数の自律移動ロボット(AMR)メーカーであるASTI Mobile Robotics Group(ASTI)を買収することを発表しました。この買収により、ABBはロボティクスとオートメーションの提供を拡大し、次世代の柔軟なオートメーションのための完全なポートフォリオを提供する唯一の企業になります。

追加のメリット

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場の概要
  • COVID-19が市場に与える影響
  • 市場促進要因
    • 倉庫アプリケーションにおける自動化の広範な採用
    • 自動化に対する政府の支援政策
    • 自動化とマテリアルハンドリングの需要を促進するインダストリー4.0への投資
  • 市場の抑制要因
    • 熟練労働者の不足
    • 高い初期コスト
  • バリューチェーン/サプライチェーン分析
  • 業界の魅力- ポーターズファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品タイプ別
    • ハードウェア
    • ソフトウェア
    • サービス
  • 機器タイプ別
    • 移動型ロボット
      • 無人搬送車(AGV)
      • 自動フォークリフト
      • 牽引車・トラクター・タグ
      • ユニットロード
      • 組立ライン
      • 特殊用途
      • 自律移動ロボット(AMR)
      • レーザー誘導型車両
    • 自動倉庫(ASRS)
      • 固定通路(スタッカークレーン+シャトルシステム)
      • カルーセル(横型カルーセル+縦型カルーセル)
      • 垂直昇降式モジュール
    • 自動搬送装置
      • ベルト
      • ローラー
      • パレット
      • オーバーヘッド
    • パレタイザー
      • 従来型(高段式+低段式)
      • ロボット
    • ソートシステム
  • 業界別内訳
    • 空港
    • 自動車
    • 飲食品
    • 小売/倉庫/物流センター/ロジスティックセンター
    • 一般製造業
    • 製薬
    • 郵便・宅配便
    • その他のエンドユーザー
  • 国別
    • 英国
    • フランス
    • イタリア
    • ドイツ
    • 中欧・東欧
    • スペイン
    • その他の欧州地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • SSI SCHAEFER AG
    • Daifuku Co. Limited
    • Kardex Group
    • Honeywell Intelligrated
    • Beumer Group GMBH & Co. KG
    • Vanderlande Industries BV
    • Murata Machinery Limited
    • TGW Logistics Group GmbH
    • KUKA AG
    • Witron Logistik
    • Mecalux SA
    • Viastore Systems GmbH

第7章 投資分析

第8章 市場の将来性

目次
Product Code: 57246

The European automated material handling market was valued at USD 11.22 billion in 2019 and is expected to reach USD 18.46 billion by 2026, at a CAGR of 8.7% over the forecast period 2021 - 2026.

Key Highlights

  • Throughout the United Kingdom and Europe, political, economic, and technological developments are impacting the growth of the manufacturing industry proportionally. Although the BREXIT vote sent shockwaves across all industries, the manufacturing industry remained positive.
  • Europe has been the most prominent adopter of industrial automation, owing to increasing investments in the Industry 4.0 revolution. According to the CBI Ministry of Foreign Affairs, Europe accounts for more than one-third of the global Industry 4.0 investments. Western and Northern Europe are its main markets, especially Germany, where the term was originally coined and a frontrunner.
  • Northern Europe is traditionally the most developed market regarding the use of automation in warehouses. The high labor costs and special attention to the working conditions at the factory have prompted the adoption of sophisticated and advanced automation. In Scandinavia, System Logistics has supported important clients in the food and beverage sector in the efficient management of warehousing, picking, and material handling operations.
  • Moreover, in warehouses across Europe, man and machine are increasingly working more closely together, and a lack of efficient and skilled manpower could accelerate automation further, according to JLL, an investment management company.
  • The e-grocery channel accelerated further because of the COVID-19 lockdown. It grew by more than 50% growth in 2020 for key European markets, creating an even stronger need for efficient e-grocery fulfillment solutions. This has encouraged technology and platform providers such as KNAPP, Ocado, Swisslog, Takeoff Technologies, and WITRON to extend their ever-growing portfolio of automation solutions combining software and hardware.

Key Market Trends

Automotive is Expected to Register a Significant Growth

  • The European Union (EU) is among the world's biggest producers of motor vehicles. The sector represents the largest private investor in R&D. To strengthen the automotive industry's competitiveness and preserve its technological leadership, the European Commission supports global technological harmonization and offers to fund R&D.
  • Moreover, according to an ACEA report, The European Union counts 569 cars per 1,000 inhabitants. Luxembourg has the highest car density in the EU (694 per 1,000 people), and Latvia has the lowest among the EU members. The OICA also suggested that the total sales of passenger vehicles in Europe stood at 14.16 million in 2020.
  • The demand-driven nature of the automotive supply chain in the United Kingdom (involving increasing levels of personalization within a vehicle) is forcing suppliers of OEMs to opt for automation with greater levels of flexibility. This is leading to the growth of the automotive segment in the market studied.
  • The increasing adoption of automation in the automotive manufacturing process and the advent of digitization and AI are some of the primary factors driving the demand for digitalization in the automotive sector of the Netherlands.

Germany is Expected to Have the Largest Market Share

  • The German automotive industry has one of the largest manufacturing sectors in the world. According to the Germany Trade and Investment (GTAI) agency, of all premium brand vehicles produced globally, over 70% are German-OEM manufactured.
  • Germany is one of the major consumers of automated material handling solutions in the world. According to the recent estimates of the International Federation of Robotics (IFR), Germany has a high robot density (294 units per 10,000 workers), after countries, like South Korea and Japan.
  • In addition to the automotive industry, the post and parcel industry is also contributing toward the success of AMH in the country. Siemens Postal, Parcel, and Airport Logistics, headquartered in Germany, ranks as a global market leader for mail sorting systems. More than 23,000 systems, using Siemens technology, are reliably sorting mail in more than 60 countries. The company is also a leading provider of innovative products and solutions for mail and parcel logistics, automation, and airport logistics, including baggage and cargo handling.
  • The pharmaceutical sector is also adopting automation and is expected to record moderate growth. Strategic moves by the German pharmaceutical packaging giants are shedding light on drug packaging trends related to bottles vs. blisters and glass vs. plastic syringes, leading to a growth in the demand for packaging machinery and equipment in Germany.

Competitive Landscape

The European automated material handling market is highly competitive and consists of several major players. In terms of market share, few of the major players currently dominate the market. These major players with prominent shares in the market are focusing on expanding their customer base across foreign countries. These companies are leveraging on strategic collaborative initiatives to increase their market shares and profitability. The companies operating in the market are also acquiring start-ups working on European automated material handling technologies to strengthen their product capabilities.

  • February 2021 - Duravant LLC, global engineered equipment and automation solutions provider to the food processing, packaging, and material handling sectors, acquired Votech GS B.V., a leading manufacturer of bag filling machines, palletizer machines, stretch hood machines, and pallet transport systems based in The Netherlands.
  • July 2021 - ABB today announced to acquire ASTI Mobile Robotics Group (ASTI), a leading global autonomous mobile robot (AMR) manufacturer with a broad portfolio across all major applications enabled by the company's software suite. The acquisition will expand ABB's robotics and automation offering, making it the only company to offer a complete portfolio for the next generation of flexible automation.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Impact of Covid-19 on the Market
  • 4.3 Market Drivers
    • 4.3.1 Wide Adoption of Automation in Warehouse Applications
    • 4.3.2 Supporting Government Policies for Automation
    • 4.3.3 Industry 4.0 investments driving the demand for automation and material handling
  • 4.4 Market Restraints
    • 4.4.1 Shortage of Skilled Workforce
    • 4.4.2 High Initial Costs
  • 4.5 Value Chain / Supply Chain Analysis
  • 4.6 Industry Attractiveness - Porters Five Forces Analysis
    • 4.6.1 Threat of New Entrants
    • 4.6.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.6.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.6.4 Threat of Substitute Products
    • 4.6.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Product Type
    • 5.1.1 Hardware
    • 5.1.2 Software
    • 5.1.3 Services
  • 5.2 By Equipment Type
    • 5.2.1 Mobile Robots
      • 5.2.1.1 Automated Guided Vehicle (AGV)
      • 5.2.1.1.1 Automated Forklift
      • 5.2.1.1.2 Automated Tow/Tractor/Tug
      • 5.2.1.1.3 Unit Load
      • 5.2.1.1.4 Assembly Line
      • 5.2.1.1.5 Special Purpose
      • 5.2.1.2 Autonomous Mobile Robots (AMR)
      • 5.2.1.3 Laser Guided Vehicle
    • 5.2.2 Automated Storage and Retrieval System (ASRS)
      • 5.2.2.1 Fixed Aisle (Stacker Crane + Shuttle System)
      • 5.2.2.2 Carousel (Horizontal Carousel + Vertical Carousel)
      • 5.2.2.3 Vertical Lift Module
    • 5.2.3 Automated Conveyor
      • 5.2.3.1 Belt
      • 5.2.3.2 Roller
      • 5.2.3.3 Pallet
      • 5.2.3.4 Overhead
    • 5.2.4 Palletizer
      • 5.2.4.1 Conventional (High Level + Low Level)
      • 5.2.4.2 Robotic
    • 5.2.5 Sortation System
  • 5.3 By End-user Vertical
    • 5.3.1 Airport
    • 5.3.2 Automotive
    • 5.3.3 Food and Beverage
    • 5.3.4 Retail/Warehousing/ Distribution Centers/Logistic Centers
    • 5.3.5 General Manufacturing
    • 5.3.6 Pharmaceuticals
    • 5.3.7 Post and Parcel
    • 5.3.8 Other End Users
  • 5.4 By Country
    • 5.4.1 United Kingdom
    • 5.4.2 France
    • 5.4.3 Italy
    • 5.4.4 Germany
    • 5.4.5 Central/Eastern Europe
    • 5.4.6 Spain
    • 5.4.7 Rest of Europe

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 SSI SCHAEFER AG
    • 6.1.2 Daifuku Co. Limited
    • 6.1.3 Kardex Group
    • 6.1.4 Honeywell Intelligrated
    • 6.1.5 Beumer Group GMBH & Co. KG
    • 6.1.6 Vanderlande Industries BV
    • 6.1.7 Murata Machinery Limited
    • 6.1.8 TGW Logistics Group GmbH
    • 6.1.9 KUKA AG
    • 6.1.10 Witron Logistik
    • 6.1.11 Mecalux SA
    • 6.1.12 Viastore Systems GmbH

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 FUTURE OF THE MARKET